Kinoppy for Windows のインストールと使い方

スポンサーリンク
ebook-icon

デバイス間同期でライブラリが共有できる電子書籍アプリ

Kinoppy for Windows は 紀伊國屋書店がリリースしている電子書籍リーダーで、紀伊国屋書店ウェブストアで購入した電子書籍のほか、ローカルドライブからのアップロードや Dropboxとの連携が可能で、Calibre で変換した ePUB や PDFファイルの取り込みが可能で、右綴じ・縦書き の日本仕様も正しく表示できるスグレモノ。

ただ 問題になるのが複製した著作物の Dropbox 利用。
共有機能があるオンラインストレージは「 自動複製機器 」に該当する可能性があるため、合法の範囲内なら完全オリジナルの自作本(自炊本も禁止)のみでの利用になる。

著作物のオンラインストレージ利用の違法性

Android用の Kinoppy については下記参照
ebook-icon

Kinoppy for Android のインストールと使い方

オリジナルファイルを利用できるクラウド型の無料 電子書籍アプリ 紀伊國屋書店がリリースしている Kinoppy は、紀伊國屋書店で購入した電子書籍のほか、自炊本などのオリジナルの ePUB や PDF ファイルを取り込む […]



システム要件

バージョン 3.2.7 現在

OS:Windows 7 / 8(8.1) / 10
CPU:Core 2 Duo (1.60 GHz)  以上
RAM:2GB 以上
ブラウザ:IE11 以上 Firefox4 以上

※OpenGL1.5 以上を推奨

アプリの入手先

紀伊國屋書店 Kinoppy   for Windows 公式ダウンロードページリンク

紀伊國屋書店リンク

紀伊國屋書店 Kinoppy for Windows のインストール

Kinoppy for Windows のインストール は Kinoppy のサイトからインストーラーをダウンロードする。
アドウェアやサードパーティ製アプリのバンドルもなく、セットアップは1クリックで完了する。

Kinoppy for Windows-001

利用規約link を確認して問題なければ「利用規約に同意して無料ダウンロード」をクリック。

Kinoppy for Windows-002

インストール先と関連付けの変更を行う場合は「オプション」、変更が不要なら「セットアップ」をクリック。
デフォルト設定では ePUB ファイルは Kinoppy に関連付けられる。

Kinoppy for Windows-003

ePUBファイルを開くアプリを Kinoppy にしたくない場合は「拡張子 ”epub” の関連付け」のチェックを外しておく。

「OK」もしくは「キャンセル」で元の画面に戻ったら「セットアップ」をクリック。

Kinoppy for Windows-004

インストールが実行され「閉じる」で完了。

紀伊國屋書店 Kinoppy for Windows の使い方

Kinoppy アプリは紀伊國屋書店へ会員登録しなくても利用が可能だが、会員登録するとログインIDで本棚を共有できる。

本棚の共有は複数のデバイスで同じ本棚が表示されて便利なのだが、表示されている電子書籍は各デバイスでダウンロードが必要になる。
また、いずれかのデバイスで不具合が生じて 本棚の内容が変更されると 変更内容が反映されてしまうため、デバイスごとに本棚を作成する手間はかかるが、紀伊國屋書店の電子書籍を購入しないのであれば ログインせずに使用したほうが良いかも。

ただし、Kinoppy for Windows で Dropbox と連携する場合は 紀伊国屋書店ウェブストア のアカウントでログインが必要

Kinoppy for Windows-005

紀伊国屋書店ウェブストアを利用せず、自炊本のみで Kinoppy を利用する場合は ログインは不要なので「あとで会員登録」を選択。

紀伊国屋書店ウェブストア で電子書籍を購入する、購入している場合は 紀伊国屋書店ウェブストア のアカウントでログイン。

Kinoppy for Windows-006

アップデート情報の画面を閉じると本棚が表示される。

コンテンツの保存先

Kinoppy for Windows で ローカルストレージに保存されている電子書籍をインポートした場合、インポートしたファイルは元ファイルを参照するのではなく Kinoppy for Windows の保存フォルダにコピーされる。

デフォルトの保存先は 「 Cドライブ 」の「 ユーザーフォルダ 」にある「 Documents フォルダ 」内の「 Kinoppy フォルダ」。

Kinoppy for Windows-012

「 Cドライブ 」以外のドライブに保存先を変更する場合は「環境設定」の「その他の設定」を選択。

Kinoppy for Windows-013

「ライブラリ」の「電子書籍の保存先のフォルダ」にある「変更」をクリックして任意の場所を指定する。

自炊本などは すでにローカルストレージに保存されているはずなので、Kinoppy for Windows に取り込んだ時点で重複することになるが、バックアップしていると思えば良いかも。

本棚と棚

Kinoppy は電子書籍を「本棚」と「棚」で整理することができる。

Kinoppy for Windows-007

「本棚」を追加する場合は左ナビゲートメニューの「本棚」の「+」をクリック。

Kinoppy for Windows-008

「新しい本棚」が追加される。

Kinoppy for Windows-009

追加した本棚は本棚名をダブルクリックするか、本棚を選択してコンテキストメニュー(右クリックメニュー)から「本棚名の変更」で任意の名前に変更可能。

ただし 「メイン本棚」の本棚名の変更は不可。

Kinoppy for Windows-010

棚の名前も同様にダブルクリックで変更可能。

Kinoppy for Windows-011

名前を変更する棚の上でコンテキストメニューを展開して「棚名を変更」でも編集できる。

Kinoppy for Windows-014

本棚や棚の入れ替えは本棚の上でコンテキストメニューを展開して「本棚と棚の編集」を選択。

Kinoppy for Windows-015

本棚と棚はドラッグ・アンド・ドロップで上下の入れ替えが可能。
ただし 棚 を別の本棚へ移動することはできない。

※ 棚は通常の本棚でもドラッグ・アンド・ドロップで入れ替え可能。

Kinoppy for Windows-016

本棚の削除や背景を変更する場合は 左ナビゲートメニューから 本棚を選択して コンテキストメニューから任意の項目を選択。

Kinoppy for Windows-017

「背景を変更」では任意の背景を選択できる。

紀伊国屋書店ウェブ アカウントでログインして Dropbox と連携している場合は、Dropbox に保存されている画像ファイルの選択も可能。

Kinoppy for Windows-018

「紀伊国屋セレクション」では背景をダウンロードできる。

Kinoppy for Windows-023

「ファイル」で任意の画像を指定することも可能。

ローカルコンテンツのインポート

Kinoppy for Windows では PC に保存している電子書籍を取り込むことができるが、前述のようにインポートしたファイルは Kinoppyフォルダにコピーされるので ストレージの空き容量に要注意。

Kinoppy for Windows-019

紀伊国屋書店ウェブ アカウントでログインしていない場合は「インポート」の項目にある「ローカルコンテンツ」を選択。

Kinoppy for Windows-022

紀伊国屋書店ウェブ アカウントでログインしている場合は 「 Dropbox / ローカルコンテンツ 」を選択。

Kinoppy for Windows-021

左下にある「 ローカルファイルのインポート 」をクリックし、ファイルエクスプローラで取り込むファイルを選択する。

Kinoppy for Windows-024

新規書籍としてファイルがインポートされる。

Dropbox との連携

Dropbox と連携することで Kinoppy for Windows で取り込んだ ローカルコンテンツ(紀伊国屋書店ウェブ店で購入した書籍は対象外)を Dropbox へアップロードでき、Kinoppy for Windows で作成した ライブラリを他のデバイスで共有できる。

Kinoppy eBook Reader 010

デバイス間でライブラリを共有してダウンロード可能にするためには「 Dropbox 連携を設定 」をクリック。

Kinoppy eBook Reader 011

「 設定 」画面が開くので「 Dropbox の連携 」をオンにする。

Kinoppy eBook Reader 012

Dropbox のログイン情報を入力してログイン。

Kinoppy eBook Reader 013

「 許可 」をクリック。

Kinoppy eBook Reader 014

認証コードが表示されるのでコピーする。

Kinoppy eBook Reader 015

Kinoppy に戻ってコピーした認証コードを貼り付けて完了。

設定画面に戻るので「 本棚に戻る 」をクリック。

kinoppy-ebook-reader-027

「 Dropbox / ローカルコンテンツ 」のメニューを選択すると Dropbox にアクセスが可能になっているので、共有したい書籍を選択後 中央の「矢印アイコン」をクリックして アップロード もしくは ダウンロードする。

Dropbox へのアップロードは特殊なものではなく、普通にファイルを Dropboxフォルダ にコピーするだけなので、Kinoppy を使用せず 共有したい書籍を Dropbox へ コピー / 移動 してもOK。

Dropbox は 2019年3月より無料プランでリンク可能なデバイス数が 3台に制限されており、無料プランではデフォルトの容量が 2GB と少ないため、大量の電子書籍を利用する場合は 月額 1,500円の有料プランへ移行するか、 Dropbox 内のタイトル入れ替えが必要になる。

ビューア

Kinoppy が 他の電子書籍ビューアよりも優れてるのが「日本仕様の書籍の表示」。
日本の書籍は「 縦書き と 横書き 」「右綴じ と 左綴じ 」があり、多くの海外アプリが 縦書きを未サポートだったり、右綴じのページ送りが微妙だったりするが、 Kinoppy は国産アプリだけあって 日本仕様の書籍を正しく表示できる。

kinoppy029

ビューアで閲覧する場合は任意の書籍をクリック。

kinoppy-ebook-reader-028

表示の文字サイズを変更する場合は カーソルをビューアの左端に持ってくるとメニューが展開するので 文字アイコン「A」をクリックすると サイズ / 行間 / フォント が変更できる。

kinoppy030

「コントラスト」ではページの背景色の変更が可能。

kinoppy031

「スタイルの設定」では「綴じ方向」や「ページめくり」の設定、ページの拡大率が変更できる。

Calibre で変換した縦書きの ePUB ファイルも問題なく表示されるので、電子書籍管理アプリ Calibre を使用するなら Kinoppy は相性抜群。
2 in 1 PC などタブレット型のパソコンでの使用がオススメ。

calibre-icon

Calibre のインストールと使い方

Kindle / Kobo のDRM解除も可能な無料 電子書籍管理アプリ Calibre(キャリバー)は オープンソースの無料 電子書籍管理アプリ。 電子書籍の整理、閲覧のほかファイル形式の変換も行え、日本語もサポートし […]





関連記事

google-play-icon

Google Play Books – GooglePlay書籍&マンガの使い方

ePUB / PDF のパーソナルファイルを最大1000冊アップロード可能な無料の電子書籍プラットフォーム Android デバイスではお馴染みの Google Play ストアにある「 書籍・マンガ 」。 Androi […]

leawoprofdrm-icon

Leawo Prof DRM のインストールと使い方

iTunes / Kindle / Kobo / Audible / Spotofy をサポートした マルチ DRM 解除 アプリ Leawo Prof. DRM は、iTunes Store と Apple Music […]

Epubor-icon

Epubor Ultimate のインストールと使い方

Kindle ・ Kobo の 電子書籍 コピーガード解除アプリ Epubor Ultimate は Amazon Kindle と Kobo の保護( DRM )を解除する有料アプリ。 日本語をサポートしており 操作が […]

calibre-icon

Calibre のインストールと使い方

Kindle / Kobo のDRM解除も可能な無料 電子書籍管理アプリ Calibre(キャリバー)は オープンソースの無料 電子書籍管理アプリ。 電子書籍の整理、閲覧のほかファイル形式の変換も行え、日本語もサポートし […]

ebook-icon

Kinoppy for Windows のインストールと使い方

デバイス間同期でライブラリが共有できる電子書籍アプリ Kinoppy for Windows は 紀伊國屋書店がリリースしている電子書籍リーダーで、紀伊国屋書店ウェブストアで購入した電子書籍のほか、ローカルドライブからの […]