AMD AthlonII X3 450 ~ AMD AthlonII X3 450を使用した自作PC


今回の製作依頼は、予算が5万円以内でモニタとキーボード・マウス付き。
しかもハイスペックでLEDファンも欲しいというワガママなご注文。

モニタは18インチ~22インチのワイド、キーボード・マウスはワイヤレスが良いらしいので、これだけで15,000円程度は必要なため、本体に使用できる予算はMAX35,000円。
コストを抑えるためOSは廃棄する既存PCのものを転用。

使用パーツ

CPU AMD AMD AthlonII X3 450(3.2GHz)
マザーボード ASRock ASRock 880GM-LE
メモリ CFD販売 DDR3 PC3-10600 2048MB x 2
電源ユニット KEIAN Bull-MAX KT-520RS
ケース Value Wave KUROBe
補助記憶装置 WesternDigital WD5000AALS  7200rpm
光学ドライブ Sony Optiarc AD-7260S-OB
CPUクーラー SCYTHE 刀3クーラー SCKTN-3000
OS Microsoft Windows XP

CPUのTDPが95Wと高めな上、CPUコアのアンロックまたはオーバークロックを実施するため、CPUの冷却を考慮してCPUクーラーを強化。ケース内をCPUクーラーが占拠してしまう感があるものの、冷却効果は抜群。

組立

今回使用したKUROBeはマイクロタワーなので拡張性こそ無いが、エアフローもよく作りやすい。

今回はコアのアンロック、もしくはオーバークロックを実施するため、リテール品のCPUクーラーではなく、サイズの刀3を取り付けてCPUの冷却を強化する。

刀3 SCKTN-3000はAMDのソケットでもINTELのソケットにも対応しており、それぞれのソケットに応じてパーツを取り付けるタイプ。

リテール品には熱伝導シートが初めからついているが、この刀3にはついていないため、シリコングリスを塗布する。

CPUにグリスを塗布したらCPUクーラーの取り付け。
AMDのソケットは両サイドにある金具をツメに引っかけ、その状態で固定するだけなので至って簡単。

CPU・メモリ・CPUクーラーを設置したら、主電源24ピンと田形4ピン、フロントパネルのケーブル、モニタを接続して通電テスト。

モニタにBIOSが表示され、通電テストは問題なし。

後はサクサクとケースにパーツを取り付けていくだけ。
はじめに電源ユニットを設置。

背面パネルを取り付けて、マザーボードを設置。

ハードディスクは専用のボードに固定した。

3.5インチのシャドーベイも1つ空いているが、CPUクーラーが障害となって設置しにくく、ハードディスクの冷却効果も良さそうなので、専用ボードを使用。

ハードディスクを固定したボードをケースに取り付けたら、後は配線するだけ。

刀3はトップフローでもサイドフローでもなく、ファンが斜めに付いているため、トップフローの弱点であるケース内部のエアフローと、サイドフローの弱点であるCPU周辺の冷却効果を克服したモデルということだが。。。
MicroATXではCPU周辺の冷却効果はほぼ期待できそうにない。

KUROBeは電源ユニットとケースに10mmほどのスペースがあり、微妙に裏配線が可能。

配線が終わったら、ケースのパワーボタンで起動を確認して組み立て完了。

オーバークロック

今回のマザーボード「880GM-LE」は、PC起動時に「X」キーを押すだけで、システムが再起動してコアのアンロックとオーバークロックが自動的に行われるという「Turbo UCC」が売りの一つ。

さすがに「変態」呼ばわりされるメーカーだけに、いかつい機能が付いている。

早速、PCを起動して「X」キー押すと、確かに電源が一度落ちて再起動する。
しかし、モニタは黒いままでBIOSが起動しない。。。
オーバークロックどころかシステムダウンしてしまった。
にわかに信じがたいため、電源を落として再度起動させたが、やはりBIOSが起動しない。

仕方ないので、CMOSクリア(BIOS初期化)を実行。
これで再度、PCを起動させると見事にBIOSが起動。

念のためCMOSクリア後、再度Turbo UCCをPC起動時に「X」キーで呼び出したが、再びCMOSクリアするハメになったorz

2度目のCMOSクリア後、仕方がないのでBIOSでオーバークロック設定。

AMDの節電テクノロジーCool ‘n’ QuietをDisabledに設定してから、OC TweakerのメニューでCPUのベースクロックを引き上げる。

AthlonⅡX3 450のクロック周波数が200MHzで、それを16倍することで3.2GHzを実現している。
そのため10%クロックを引き上げると、3.52GHzで動作することになる。

CPUのベースクロックを変更すると、倍率の項目が「Auto」から「Manual」に変わり、CPUの倍率が選択できるようになるのだが、そのままではCPUの倍率が4倍になってしまったので、試行錯誤しているうちにCPUの倍率をマニュアルからオートにすると、倍率がMAXで固定されることに気がついた。

なんだかよく分からないが、結果オーライ。

Spec

CPU:AMD AthlonII X3 450(3.2GHz)
チップセット:AMD 880G + SB710
メモリ:DDR3 PC3-10600 4096MB Dual Channels
グラフィック:RADEON HD 4250(オンボード)
ストレージ:SATA 500GB
電源:520W

制作日:2011年4月3日

OC後なのでベースクロックが10%アップの220MHz、倍率が16倍でMAX。
CPUのクロックは3.52GHzになっている。

室温は22℃。
セットアップ後のため起動時間は2時間ほど。
思った以上に冷えていた。

CrystalMark

同価格のPentium Dual-Core G6950 2.8GHz と比較すると、総合で140%ほどの数値を出した。
単純にコアが1つ増え、クロックも400MHz高いため、スコアが上回って当然だが、AthlonⅡX3 450はコストパフォーマンスが非常に高い。

オンボードグラフィック RADEON HD 4250も予想以上に良いスコアを出している。

定格時のCPUの性能を比較した場合、ほぼ10%程スコアが伸びているため、OCした数値がそのまま反映されている感じ。





自作PCの製作記録

Commodore64のベアボーンで自作(未完)

事の発端は2011年4月に掲載されたITmedia NEWSの「あの8ビット機「Commodore 64」が復活」という記事。 あの8ビット機「Commodore 64」が復活 1982年に発売されたCommodore … “Commodore64のベアボーンで自作(未完)” の続きを読む

AMD RYZEN7 1700X ~ RYZEN7 1700Xを使用した自作PC

AMDの最新CPU 「Zen」アーキテクチャを採用したRyzenが発売されてから3ヶ月。 発売当初は完売続出で入手困難だったが、いまは落ち着いて普通に購入できる。 Ryzen7はインテルのハイエンドCPU Core i7 … “AMD RYZEN7 1700X ~ RYZEN7 1700Xを使用した自作PC” の続きを読む

AMD FX-8350 ~ PCケース交換

Ryzen7 1700Xの制作に伴い、4年間稼働してきたFX-8350を、CorsairのフルタワーケースObsidian 800D(CC800DW)から、CorsairのミドルタワーケースObsidian 650D(C … “AMD FX-8350 ~ PCケース交換” の続きを読む

AMD FX-6200 ~ MBの換装

サブマシンとして稼働していたFX-6200を、テスト用のPCとして別のケースに移植する際、電源ユニットがHECの「WIN+550W」だったため、PhenomⅡx4 965のMB換装時に、700Wのサイズ「剛力短2」と入れ … “AMD FX-6200 ~ MBの換装” の続きを読む

AMD PhenomⅡ x4 965BE ~ MBの換装

2017/06/28 IOデータのTVキャプチャーカードを積んで、TVに接続してあったPCが異常発熱を起こして事切れた。 使用していたCPUはAMD PhenomⅡx4 965BEで、7年前にメインPCで使用していたもの … “AMD PhenomⅡ x4 965BE ~ MBの換装” の続きを読む