Commodore64 のベアボーンを使用して自作(未完)

tournevis-icon

Commodore 64のベアボーンを使用した制作(未完)記録

1982年に発売された Commodore 64 ( コモドール64 ) は キーボード に マザーボードが格納されている 独特のフォルムが特徴の 米国で人気を博した 家庭向けの パソコンで、Commodore 64 を開発した Commodore 社 は 1994年に倒産しているが、Commodore 64 のライセンスを取得した Commodore USA という会社 が 2011年 春に 復刻版をリリース。

Homebuilt PC - Commodore64 -001

Commodore USA は 2012年の末に創業者が亡くなっており 現在 サイトは閉鎖されている。

復刻された「 Commodore 64 」は CPU に 2コアの Atom を搭載 , メモリ 2GB , HDDの容量 と 光学ドライブが DVD と Blu- rayから選択できるようになっているが、HDD 160GB の 下位モデルでも$595。
為替レートは 1ドル 80円 ~ 82円のため 本体だけで 約5万円、送料 55.6ドルを加算すると 総額で 5万 5千円と スペックに比べて随分と割高感があるため、復刻ケース と カードリーダー のみで販売されている ベアボーン を 250ドル で購入することにした。

Homebuilt PC - Commodore64 -015

予約したのは 2011年 5月 10日で 送料を含めた合計金額は305.6ドル。
PayPalで決済したので 1ドル= 82.9円のレートになり 日本円で 25,334円。

使用するフォームファクタはmini-ITXで、ケースの形状からエアーフローが悪いため TDP 35W の省電力 CPU Pentium G630T を使用。

使用パーツ
CPUINTELPentium Pentium G630T
マザーボードGIGABYTEGA-H61N-D2V
メモリCFD販売DDR3 PC3-10600 4GB
電源ユニットMini BoxpicoPSU-160-XT
ケースCommodore USACommodore64 ベアボーン
補助記憶装置(C:)WesternDigitalWD5000AALS  7200rpm
OSLinuxUbuntu
パーツの購入先

Amazon PC パーツ

パソコン工房

電源の設置 と ケースの加工

下調べもせず衝動買いしたことが原因だが、予約してから 3 ヶ月 購入当時の熱がすっかり冷めた頃に商品が届き、商品を確認すると ベアボーンに 電源がない。

mini-ITX用 の ケースには ほとんど電源が搭載されており 25,000円もするケースなので 電源がついているものと思い込んでいた。

Homebuilt PC - Commodore64 -002

ケースが特殊なため 通常のケースで使用する 電源ユニットが利用できないため、主電源 ( ATX 24pin ) と SATA に電力を供給できる DC-DCコンバータ「 PICOPSU-160-XT 」を再び米国から輸入。

当時は国内で販売されておらず ( 現在は国内で入手可能 ) 販売元の Mini Boxも海外発送をしていなかったので 輸入代行の HopShopGo を利用して送料込み8,000円。

更に 購入した PICOPSU-160-XT には 別途で 12V の電源アダプターが必要なことに気付いた。
自宅にあるラップトップ PC用の ACアダプターは 全て19V のため利用することができず、Mini-Box で 12V 16A 192Wの純正アダプターを入手。

電源アダプタが必要だと気付いた時点で 制作意欲が完全に消失し、ACアダプターを購入したのは2013年になってからだが、ACアダプターを購入しても Commodore64 のケースには ACアダプターの差込口が存在せず、PICOPSU-160-XT の DCジャックを固定するところもないため ケースを加工することにした。

PC として販売されている Commodore64 は 背面パネルに DCジャックがある。

Homebuilt PC - Commodore64 -003
赤印部分にドライバドリルでDCジャック用の穴を開ける。

Homebuilt PC - Commodore64 -004

ドリルで穴を開けたあとはテーパーリーマ で穴の大きさを整える。

Homebuilt PC - Commodore64 -005

DCジャックの固定完了。

Homebuilt PC - Commodore64 -006

穴を開けた位置は mini-ITXのマザーボードを固定した際に 24pinの主電力から近い箇所にした。

Homebuilt PC - Commodore64 -009

ACアダプターを接続すると USBのコネクタに接続されているカードリーダーの LEDが点灯。

キーボードがある 上ブタにある 電源スイッチから パワースイッチ と LEDのケーブルが伸びているので、マザーボードのフロントパネルコネクタに接続して通電テストしたところ CPUクーラーのファンが回転しない。

Homebuilt PC - Commodore64 -007

コネクタの接続を再確認したが問題ないので パワースイッチ側の上ブタを見てると ケーブルが外れてると言うより もげている。

Homebuilt PC - Commodore64 -008

パワースイッチのケーブル接続部分に使用されている ゴムが劣化して崩れている。

Homebuilt PC - Commodore64 -016

外れたケーブルを差し込んでも ゴムが劣化しているため スイッチを押すと外れてしまうため 汎用スイッチを購入。

大きさは若干大きめで LED も付いていないが 贅沢は言ってられない。

commodore64-010

汎用スイッチが届いてから スイッチの入れ替え。

commodore64-011

大きさが合わないので テーパーリーマ で 穴を広げる。

commodore64-012

スイッチとケーブル の接続は 慣れないハンダ付けを実行し、ハンダ付けの良し悪しは抜きにして溶接完了。

commodore64-013

汎用スイッチを装着。

違和感がないというより 寧ろ 汎用スイッチのチープさが Commodore64のチープさと完全にマッチして 初めから付いていたような出来栄え になった。

commodore64-014

コードを接続して取り付けてスイッチを入れると ようやく CPUクーラーのファンが回転。

通電テストでファンが回った時に、この時ほど嬉しかったのは後にも先にもない。

本来は これで OS をセットアップして 無事に完成なのだが、ケーブルがはみ出た状態で ケースを閉じてしまったらしく、上ブタの キーボード と MB を接続する USB ケーブルが断線。
代替えの USBケーブル を探してみたが見つからず 力尽きてしまった。

結局 Commodore64 は 未完のまま CPU や MB は転用したが 最近になって知った 電子部品パーツの販売サイト RSコンポーネンツに触発され 再チャレンジを計画中。
RSコンポーネンツはロット販売のほか小売もしているらしく、専門的な電子部品のほか 話題の ラズベリーパイ も取り扱っている。

関連記事

Motherboard-icon

自作PCの組立に必要な工具

パソコンを自作する際に必要な工具と便利なサプライ製品を紹介 パソコンを自作する際に不可欠なのは プラスドライバー のみで、100 円ショップ で販売している物でも 問題ないのだが、工具の良し悪しで作業効率が大きく変わるの […]

dvd-shrink0011

自作パソコンの基礎知識

パソコン を 自作する前に知っておきたい基礎知識 自作パソコンの醍醐味は 使用環境によって パソコン のスペックを自在に変更できるところで、性能 , ・省電力・静音性・見た目 など 市販の PC よりも 目的に特化した仕 […]

Motherboard-icon

自作パソコンの基本的な組立て方

デスクトップパソコンの組み立て方 と 注意点 自作パソコンは パーツの設置 と ケーブルの接続だけで 組み立てることができ、ノーマルな PC であれば 組み立てに専門知識 や 技術は必要なく、プラスドライバー 1 本 で […]

Motherboard-icon

メンテナンスの基本 – パソコン内部の掃除

パソコンの寿命に関わる 意外と重要なパソコンの物理的なメンテナンス パソコンは 発熱するパーツが多く パーツの冷却が正常に行われないと 異常発熱 や 異音、異臭 などが発生するだけでなく、場合によってはパーツが損傷して […]

Motherboard-icon

PC のトラブルシューティング

ハードウェアに起因するパソコンの不具合と対処法 パソコンを自作する際に発生する パソコンが起動しないなどの不具合は、パーツの相性 や 初期不良より 差し込みが甘いなどの初歩的ミスが原因の場合が多く、不具合発生時は 思い込 […]