ASUS X301A ~ SSDへ換装


2012/12/19

ちょうど13.3インチのノートが欲しかった時に、ASUSのオンラインショップのアウトレットコーナー見つけた X301A。

Pentium B970はデュアルコアでTDP35W、Sandy Bridge世代のCPUで、Core i3の下位モデルとはいえコストパフォーマンスが高い優れもの。

ASUS X301AはHDDの換装やメモリの増設が可能なモデルではなく、無理やり抉じ開けて作業することになるので、換装した場合メーカー保証は無効。
また、ASUSの保証書に記載されているように、プリインストールされているOS以外のOSをインストールした場合も保証の対象外になる。

使用パーツ

SSD:OCZ Technology AGT3-25SAT3-120G ¥6,062



作業手順

構造が分からず手探りで作業を進めた割には意外と何とかなった。

アウトレットで箱損傷と記載があったが綺麗なもの。

X301Aの裏面。
HDDもメモリも全く交換できない作りになっているので、取り敢えず裏面に固定されているボルトを全て外してみた。

ちなみにノートPCのボルトを外すには精密ドライバーが必要。

裏面のボルトを全て外した後、本体を少ししならせるとキーボードがわずかに浮くので、そこへ「ヘラ」などを差し込み、本体やキーボードを傷つけないよう注意しながら徐々にキーボードを本体からはがしていく。

キーボードは上図のように本体のマザーボードにケーブルでつないであるので、力任せに引き剥がすのは NG。

マザーボードに接続されているケーブルは2種。
図の赤矢印部分の固定レバーを上げるとケーブルが抜ける。
レバーはマイナスの精密ドライバーで軽く押し上げるだけで難なく上がるが、ライトで中を照らしながら、キーボードを片手に持ちつつの作業になる。

キーボードの撤去完了。
ハードディスクが露出した。

HDDはボルトで赤丸部分の2箇所が固定してあるので、はじめにHDDの上をまたいでいるケーブルを取り、ボルトを外してから、スライドさせるようにしてSATAと電源を抜く。

HDDを外せば後は簡単。
外した手順と逆にSSDを固定する。

キーボードのケーブルもしっかりと奥まで差し込んで固定レバーを下ろす。

今回マイナスドライバーを使用して抉じ開けたので、本体に傷をつけてしまった。。。orz

「Delete」キーでBIOSを起動してキーボードが正しく接続されているか確認し、ついでにSSDも認識しているか確認する。

後は手元にあるWindows7 64Bitをインストールして、ASUSのサイトからドライバをダウンロード&インストールして完了。





自作PCの基本

組立に必要な工具

パソコンを自作するには様々な工具が必要な気もするが、不可欠なのは「プラスドライバー」のみ。もちろん100円ショップで販売 … “組立に必要な工具” の続きを読む

自作パソコンの基礎知識

自作パソコンの醍醐味は使用環境によってパソコンのスペックを自在に変更できるところにあり、性能、省電力、静音性、見た目、コ … “自作パソコンの基礎知識” の続きを読む

自作パソコンの基本的な組立て方

自作PCはパーツの構成さえ押さえておけば、組立そのものは意外と簡単。 特に基本構成でノーマルなPCを組み立てる場合は、小 … “自作パソコンの基本的な組立て方” の続きを読む

RAIDの設定

RAID(Redundant Arrays of Inexpensive Disks)は「レイド」と読み、直訳すると「安 … “RAIDの設定” の続きを読む

ベーシックディスクとパーティション

ハードディスクのディスク管理には、ベーシックディスクとダイナミックディスクがあるが、パソコンを購入した時点、もしくは普通 … “ベーシックディスクとパーティション” の続きを読む