スポンサーリンク

HandBrake v1.3.3 のインストールと使い方

スポンサーリンク

低スペックの PC でも動作する 旧バージョンの HandBrake

HandBrake は オープンソース で 開発が進められている 保護されていない DVD / Blu-ray / UHD Blu-ray や ビデオファイル を MP4 / MKV ファイルに 変換する 無料のトランスコーダー。

バージョン 1. 3. 3 は Linux 版のみ 日本語をサポートしており Windows版は未サポート。
日本語をサポートした 最新の HandBrake は 下記参照
HandBrake-icon

HandBrake のインストールと使い方

使いやすいオープンソースの無料ビデオトランスコーダー HandBrake は オープンソース で 開発が進められている 保護されていない DVD / Blu-ray / UHD Blu-ray や ビデオファイル を M […]

システム要件

バージョン 1. 3. 3

OS : Windows 7(SP1)以降 64bitのみ
CPU : Intel Core 2 Duo / AMD Athlon x2 以上
RAM :
・SD 画質のトランスコードは 256MB 以上の空き容量
・HD 画質のトランスコードは 1GB 以上の空き容量
・4K 画質のトランスコードは 2GB 以上の空き容量
画面解像度:1024 x 768 以上

Microsoft .NET Framework 4. 7. 1 以降が必要。
Windows 10 は デフォルトで .NET Framework 4. 8 が有効になっている。

ソフトの入手先

HandBrake 旧バージョン 公式ダウンロードページ

HandBrake 1.3.3 Video Transcoder-009

バージョン 1. 2. 0 以降 は 64bit 環境でのみ使用可能で 32bit 環境にインストールするとダイアログが表示されてインストールできない。
32bit 環境は バージョン 1.0.7 を使用。

HandBrake のインストール

HandBrake のインストーラーには アドウェア や スパイウェア は含まれていない。

HandBrake 1.3.3 Video Transcoder-001

ダウンロードページから「 HandBrake-1.3.3-x86_64-Win_GUI.exe  」をクリックして インストーラーをダウンロード。

HandBrake 1.3.3 Video Transcoder-002

ダウンロードしたインストーラーを起動しユーザーアカウント制御のダイアログが表示されたら「 はい 」で許可。

HandBrake 1.3.3 Video Transcoder-003

セットアップウィザードが開始するので「 Next 」。

HandBrake 1.3.3 Video Transcoder-004

使用許諾書 を 確認して 問題なければ「 Next 」。

HandBrake 1.3.3 Video Transcoder-005

インストール先に こだわりがなければ デフォルト設定で「 Install 」。

HandBrake 1.3.3 Video Transcoder-006

「 Finish 」でセットアップ完了。

HandBrake の使い方

HandBrake は「 ソースを指定 」 「 プリセットを選択 」 「 キューに追加 」 「 トランスコードを実行 」の 4ステップで 手軽にトランスコードできる。

DVD / BD / UHD BD のリッピング

保護されていない DVD / BD / UHD BD を MP4 / MKV に変換する場合は ディスクを ドライブセットしてから HandBrake を起動する。

コピーガードで保護されている DVD / BD ディスクは DVDFab Passkey や AnyDVD HD を併用することで 利用できる。
dvdfabpasskey-icon

DVDFab Passkey for DVD / Blu-ray のインストールと使い方

CPRM もサポートしている DVDFab の DVD ・ Blu-ray  保護解除 専用ツール DVDFab PassKey は 中国のソフトウェアベンダー Fengtao Software が開発している コピーガ […]

redfox-icon

RedFox AnyDVD HD のインストールと使い方

復活を果たした DVD・Blu-rayの保護解除ツール RedFox AnyDVD HD は ベリーズに拠点がある ソフトウェアベンダー RedFox が開発している コピーガードを解除する ユーティリティソフトで、タス […]

HandBrake 1.3.3 Video Transcoder-007

HandBrake の 左ペインに セットした ディスクが表示されるので クリックして選択。

HandBrake を起動後にディスクをドライブにセットした場合は 自動認識しないので 一旦「 Source Selection 」の下部にある「 Cancel 」でメインウインドウを表示してから メニューの「 Open Source 」から選択する。

HandBrake 1.3.3 Video Transcoder-008

DVD の ISO イメージファイル は「 File 」, DVDフォルダは 「 Folder ( Batch Scan )」から指定するか HandBrake の「 Or drop a file or folder here.. 」へドラッグして追加できる。

Blu-ray や UHD BD の ISO ファイル や BDフォルダ の読み込みは不可。
 FFmpeg を使用しているので MP4 / MKV / MPG / AVI / WMV / FLV / WEBM / MOV など 一般的な動画ファイルも 読み込み可能。

HandBrake 1.3.3 Video Transcoder011

HandBrake で読み込めないファイルを選択すると「 No valid source or titles found ( 有効なソースが見つからない )」というメッセージが出る。

HandBrake 1.3.3 Video Transcoder-016

新規に ファイル や フォルダを読み込む場合は「 Open Source 」をクリックすると HandBrake 起動時の画面に戻る。

HandBrake 1.3.3 Video Transcoder-009

ディスク や ファイルが 正常に読み込まれると タイトルなどが 表示され プレビューで映像を確認できる。

HandBrake 1.3.3 Video Transcoder-012

DVD や Blu-ray で メニュー や 特典映像など 複数の動画ファイルが格納されている場合は「 Title 」のリストから変換するソースを指定できる。

ディスクを読み込むと デフォルトで本編が選択される。
Blu-rayディスクでは 多国語の本編 と 日本語 字幕・音声の本編が収録されていることがあり、音声 や 字幕の設定で日本語がない場合は「 Title 」を変更する。
4K UHD Blu-ray は 本編が自動選択されないので 出力するタイトルの選択が必要。

HandBrake 1.3.3 Video Transcoder-013

動画を抽出して変換する場合は「 Range 」の項目で「 Chapter 」「 Seconds 」「 Frame 」の 3 項目から選択し、「 Chapter 」はチャプター番号 , 「 Seconds 」は 時間 , 「 Frames 」は フレーム数の 始点 と 終点 を入力する。

プリセットの選択

ファイルの出力設定は プリセットから選択する。

HandBrake 公式がデフォルトで推奨しているのは 画質・トランスコード処理の所要時間・ファイルの汎用性 などのバランスが取れた「 General 」の「 Fast 1080p30 」。

HandBrake 1.3.3 Video Transcoder 014

プリセット は デフォルトで「 Fast 1080p30 」が選択されている。

General : 
デフォルトでビデオコーデックに「 H.264 」を使用した MP4 ファイルで出力する 基本のプリセット。
Web : 
動作サイトへの投稿など ストリーミング再生に適した プリセット。
Device:
スマートフォン や タブレット など 使用するデバイスに最適化されているプリセット。
Matroska : 
MP4 よりも多くの 要素を格納できる「 MKV 」ファイルで出力するプリセット。
Production : 
プロ仕様のビデオ編集に適したファイルを生成するプリセットで、ファイルサイズが極端に大きくなるので 一般利用には不向き。

HandBrake 1.3.3 Video Transcoder-015

「 General 」には 解像度 別に「 Very Fast 」「 Fast 」「 HQ 」「 Super HQ 」が用意されている。

画質は「 Very Fast = 並 」「 Fast = 標準 」「 HQ = 高画質 」「 Super HQ = 超高画質 」の分類で、トランスコードにかかる時間は 画質に比例して遅くなり、画質に比例してファイルサイズは大きくなる。
UHD BD を 2160p で出力する場合「 General 」には「 2160p 」の選択肢がないため「 Matroska 」を使用する。
解像度
2160p = 3840 x 2160 ( UHD画質 )
1080p = 1920 x 1080( FHD画質 )
720p = 1280 x 720( HD画質 )
576p = 720 x 576( SD画質 )
480p = 720 x 480( SD画質 )
ビデオサイズ変更は ダウンスケーリングのみでアップスケーリングは不可。
プリセット別 ビットレートの目安

デフォルト設定では「 ビデオ品質 」を基準に出力されるため ソースによって ビデオビットレートは異なり、映画 の Blu-ray を出力した場合は おおよそ 下記のような数値になる。

Very Fast 1080p30:1500 ~ 2000 kbps
Fast 1080p30:2500 ~ 3500 kbps
HQ 1080p30 Surround:6000 ~ 6500 kbps
SuperHQ 1080p30 Surround : 9000 ~ 10000 Mbps
 ソースが サラウンドではなく ステレオの場合「 HQ 」「 Super HQ 」は「 Fast 」や「 Very Fast 」と同様に処理される。

Sumally – 概要

選択したプリセットの詳細は「 Sumally 」タブで確認でき、ファイルフォーマット などの変更も可能。

HandBrake-1.3.3-017

ファイルフォーマットは「 Format 」のリストから  MP4 / MKV / WebM を 選択できる。

Web Optimized
ネットワーク上で動画が すぐに再生されるようになるオプション。
Align A/V start
音ズレを防止するため フレームを調整してビデオ と オーディオの 初期タイムスタンプを揃えるオプション。
「 Align A/V start 」はデフォルトで有効になっているので 出力ファイルの 動画と音声に 問題が発生する場合は チェックを外してみる。

Dimensions – 解像度

「 Dimensions 」タブでは 動画の解像度 と クリッピングの設定が可能。

HandBrake-1.3.3-018

Anamorphic ( アナモフィック )

アスペクト比 4:3 の場合に入る 黒帯 ( レターボック ) を利用して 縦伸びした画像を作り、ワイドスクリーンでの再生時に横へ引き伸ばして 画面いっぱいに表示する スクィーズ方式 と呼ばれる技術。

Automatic : ソースの最大サイズで出力。
Loose : アスペクト比が維持された状態で 横幅 ( Width ) のみ変更可能。
None : 横幅 ( Width )  , 高さ ( Height ) を変更可能。
Modulus

横幅 と 高さは Modulus で 指定した値で割り切れる数値に自動計算され デフォルトの設定値は「 2 」。

公式サイトでは Modulus を「 2 」にすることを推奨しており、Modulusを「 2 」にして再生できないプレーヤーがある場合は「 16 」に設定するよう記載されている。
Cropping

「 Cropping 」は 動画の黒帯を検出して 削除する機能で デフォルト有効になっているため、トランスコードを実行すると自動的に黒帯が削除される。

自動検出で クロッピングに誤りがある場合 や 黒帯を残したい場合は「 Custom 」に変更して 上下左右の数値を変更する。

Filter

フィルターでは「 逆テレシネ 」「 インターレース解除 」「 ノイズ除去 」「 グレースケール 」などを有効にできる。

通常は 設定不要。
Detelecine – 逆テレシネ

テレビ録画などテレシネされたソースに対して有効で、テレシネで追加されたフレームを取り除き 元の 24フレームに戻すフィルタ。

テレビ放送 ( NTSC ) のフレームレートは 毎秒 30フレーム、フィルム映像のフレームレートは 毎秒 24フレームなので、フィルム映像をテレビで放送すると 毎秒 6フレーム分の動きが早くなってしまうため テレシネによってフレームが追加されている。
Deinterlace – インターレース解除

インターレースを解除するフィルタで、インターレースになっている部分を検出してフィルタをかける「 Decomb 」が デフォルトで 有効になっている。

インターレースは アナログ放送 などで使用されている 走査線を奇数 と 偶数に分けて送信する方式で、デジタル化すると 縞々になるため 交互に欠けている走査線を補完 ( インターレース解除 ) することで ちらつきを押さえる効果がある。
Denoise – ノイズ除去

ノイズを低減するフィルタで デフォルトは無効になっており、ソースにノイズがある場合は 有効にすることで 画質 の向上を期待できるが、フィルタが強すぎると 画質の劣化を招く可能性がある。

hqdn3d
ローパスフィルタで ぼかしてノイズを低減する。
NLMeans
類似したピクセルを平均化しノイズを低減するため hqdn3d のように 高周波数範囲を壊さずノイズを低減できる。
Sharpen

シャープニング は エッジ や 細部 を強調して 見栄えを向上させるもので、フィルタが強すぎると ノイズが増大して 画質が低下する可能性がある。

Deblock – ブロックノイズ低減

Deblock を有効にすると ブロックノイズを塗りつぶすような感じになるため フィルタが強いと メリハリのない画質になる。

Grayscale・Rotate・Flip
Grayscale
映像をグレースケールに変換。
Rotate
指定した角度で映像を回転。
Flip
左右反転 ( ミラー )。

Video – ビデオ

Video タブでは選択したプリセットの コーデック / 画質 / フレームレート などの設定が可能。

プリセットはデバイスとの互換性なども考慮した 一般的に「 最適 」と思われる設定になっており、公式サイトでは プリセットのデフォルト値 で使用することを推奨している。

HandBrake-1.3.3-019

Video Codec

選択したファイルフォーマットによって 利用可能な ビデオコーデックが異なる。

利用可能なビデオコーデック
MP4 : H.264 / H.265 / MPEG-4 / MPEG-2
MKV : H.264 / H.265 / MPEG-4 / MPEG-2 / Theora / VP8 / VP9
WebM : VP8 / VP9
Framerate

HandBrake のデフォルト設定は「 可変フレームレート ( VFR ) 」で「 Peak Freamerate 」で設定した数値が 最大フレームレートになり、シーンに合わせてフレーム数が調整されるため 固定フレームレートに比べ 効率的にファイルサイズを小さくできる。

 VFR をサポートしていないプレーヤーでは 音ズレが生じる可能性があるため、汎用性を高めるなら固定フレームレート ( Constant Framerate ) で ソースと同じ フレームレートに設定する。
動画 は 一枚一枚の画像を 連続して映しており、一枚の画像に相当するのがフレームで フレームレートは 1 秒間 に表示する フレーム数を表している。
DVD-Video や フルHD Blu-ray ( BDMV ) のフレームレートは 29.97 fps で 1 秒間に約 30 枚の絵が表示されている。
Quality

ビデオ品質 は H.264 / H.265 の場合 デフォルトで レート係数 ( RF ) が使用されており 選択したプリセットによって レートも変動する。

レート係数では トランスコードが完了するまでビットレートが分からないので、任意のビットレートで出力する場合は「 Avg Bitrate ( kbps )」を選択して ターゲットビットレートを指定する。
公式サイトで推奨されている「 x264 」「 x265 」のレート
SD 画質 ( 480p / 576p ) : RF 18-22

HD 画質 ( 720p ) : RF 19-23
フルHD ( 1080p ) : RF 20-24
4K UHD ( 2160p ) : RF22-28
アニメは PFを 1~2 引き上げる ( 低品質にする )ことで 同等画質で ファイルサイズを抑えられる。
RF は数値が小さいほど高画質になるが 無闇にレートを下げるとファイルが肥大化し 再生できないファイルに仕上がってしまう可能性がある。
2-pass Encode
コンテンツをスキャンしてからトランスコードするため 時間はかかるが 品質の高いトランスコードが可能。
Turbo first pass
コンテンツのスキャンがなく 予測しながら変換作業を行うため  2パストランスコードに比べ作業時間は短縮されるが 品質が低下する可能性がある。
Optimise Video

Optimise Video は 特殊設定のため 通常は使用しない。

Encode Preset
トランスコードの速度調整で「 Fast 」に近いほどトランスコードは早くなり圧縮率が悪くなる。
Encode Tune
ベンチマークを目的として使用する。
Grain
フィルムグレイン ( フィルム動画独自のノイズ ) を保持する。
Zero Latency
X.265 の設定で レイテンシを除去する。

Audio – 音声

Audio タブでは 出力する音声 / コーデック / オーディオビットレート などの設定が可能。

多重音声のソースは デフォルトで 主音声のみ選択されているので トラックの追加が必要。  

HandBrake-1.3.3-020

出力する音声 や 使用するコーデックなどを変更する場合は リストから選択する。

HandBrake-1.3.3-022

ソースに含まれている全ての音声を追加する場合は「 Clear 」をクリックしてから「 Add Track 」のリストから「 Add All Remaining Tracks 」を、個別に追加する場合は「 Add New Track 」を選択。

HandBrake-1.3.3-025

トラック を 無劣化で ソースからコピーする場合は「 Auto Passthrough 」を選択。

HandBrake-1.3.3-023

オーディオトラックの設定は 初期設定の値が 一律で適用されるので 設定値を変更する場合は「 Selection Behavior 」をクリック。

HandBrake-1.3.3-024

各項目の初期設定画面が表示されるので 設定を変更したら「 Apply 」で適用。

設定値 は HandBrake を再起動するとクリアされる。

Subtitle – 字幕

映画などの字幕は「 直接動画に焼き付ける方法 」 と「 字幕の情報をコンテナに格納する方法 」がある。

ソースが Blu-ray の場合 ファイル形式に MP4 を使用すると 設定に関係なく 字幕は すべて焼付けになるため、複数の字幕を ファイルに 格納したい場合は MKV を使用。

HandBrake-1.3.3-026

出力する 字幕 をリストから選択。

HandBrake-1.3.3-027

ファイルに焼付 か 格納 を設定。

Forced Only
強制字幕のみ追加。( 通常の字幕を出力する場合は無効にする )
Burn In
字幕 を ファイルに焼付。( 無効にすると字幕をファイルに格納 ) 
Default
初期設定で表示する字幕を指定。( 指定がない場合は 一番上の字幕がデフォルトで表示 )
強制字幕が デフォルトで 有効になっているため 通常の字幕 を出力する場合は 「 Forced Only 」のチェックを外して無効にする。

Preview – プレビュー

HandBrake には 設定したプリセットで トランスコードした場合の画像を確認できる プレビュー機能を実装している。

HandBrake-1.3.3-028

プレビュー で確認する場合は ツールアイコンから「 Preview 」を選択。

HandBrake-1.3.3-029

ソースが表示されるので スライドバーを動かして 予め区切られている任意の開始位置を決め「 Duration 」のリストから トランスコードする時間 ( 秒 ) を指定し「 Use system default Player 」にチェックを入れ「 Live Preview 」でトランスコード開始。

HandBrake-1.3.3-030

トランスコードが完了したらプレーヤーが自動起動して再生される。

トランスコード の実行

全ての設定が完了したら 出力先 を指定して トランスコードを実行する。

HandBrake-1.3.3-033

ホーム画面 左下にある「 Save As 」の「 Browse 」をクリックして保存先を指定。

デフォルトの保存先は メニューバーの「 Tool 」から「 Preferences 」を選択して「 Output Files 」の「 Default Path 」で設定できる。
保存先にドライブは選択できないため フォルダの指定が必要。

HandBrake-1.3.3-031

ツールアイコンの「Add to Queue」をクリックして 現在のタスク を キューに追加。

HandBrake-1.3.3-034

「 Start Encode 」でトランスコードが開始する。

トランスコードが完了すると 保存先に指定した場所へ MP4 / MKV ファイルが生成される。

 

関連記事

HandBrake-icon

HandBrake v1.3.3 のインストールと使い方

低スペックの PC でも動作する 旧バージョンの HandBrake HandBrake は オープンソース で 開発が進められている 保護されていない DVD / Blu-ray / UHD Blu-ray や ビデオ […]

HandBrake-icon

HandBrake のインストールと使い方

使いやすいオープンソースの無料ビデオトランスコーダー HandBrake は オープンソース で 開発が進められている 保護されていない DVD / Blu-ray / UHD Blu-ray や ビデオファイル を M […]

elbyclonedvd-icon

elby CloneDVD 2 のインストールと使い方

AnyDVD HD と相性の良い DVD コピーアプリ   elby CloneDVD はスイスのソフトウェアベンダー  Elaborate Bytes AG が開発した トランスコード(圧縮)が可能な DVD のコピー […]

AmoKicon

AmoK DVD Shrinker のインストールと使い方

PCM音源も圧縮できるDVDリッピングソフト AmoK DVD Shrinker は ドイツのコーディンググループ Amok が提供しているリッピングソフトで、DVD を元のサイズの最大 5 分の 1 まで圧縮でき、 D […]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンコーダーリッピングソフト
Easy Innovation Zone
タイトルとURLをコピーしました