HandBrake のインストールと使い方

スポンサーリンク
HandBrake-icon

使いやすいオープンソースの無料ビデオトランスコーダー

HandBrake は手軽にMP4またはMKVファイルに変換できるオープンソースのトランスコーダーで、保護のかかっていないDVDやBlu-rayディスクから動画ファイルを作成することも可能。

現在の HandBrake は FFmpeg を使用しているため、ほぼ全ての動画ファイルの読み込みをサポートしており、トランスコードによりデータサイズの圧縮もできる。
また、Intel・NVIDIA・AMD のハードウェアアクセラレーター もサポートし、バージョン 1.3.0 からは ( 保護されていない ) 4K UHD Blu-ray も取り扱えるようになった。

システム要件

バージョン 1. 3. 2 現在

OS:Windows 7(SP1)以降 64bitのみ
CPU:Intel Core 2 Duo、AMD Athlon x2 以上
RAM:
・SD 画質のトランスコードは 256MB 以上の空き容量
・HD 画質のトランスコードは 1GB 以上の空き容量
・4K 画質のトランスコードは 2GB 以上の空き容量
画面解像度:1024 x 768 以上

Microsoft .NET Framework 4.7.1以降が必要

※ 32bit 環境は バージョン 1.0.7 を使用。

ソフトの入手先

HandBrake 公式ダウンロードページlink

HandBrake 日本語版 は 現在 Linux版のみサポートされており、Windows版は日本語未サポート。

Windows 8 / 10 で日本語版を使用する場合は 「 .Net Framework 3.5 」を有効にして 旧バージョン( 0.9.4 )をインストールする必要がある。

日本語版は HandBrake 公式サイトではなく ホスティングサイト OSDN から入手可能。

OSDN HandBrake 日本語版ダウンロードページlink



HandBrake のインストール

Windows 10 ではデフォルトで .NET Framework 4.7 がインストールされているが、システムに .NET Framework 4.7 が未インストールの場合は セットアップ時に自動でダウンロードされる。

handbrake-video-transcoder-001-1

公式サイトのダウンロードページにある「 Windows For Windows 7 , 8.1 , 10 」の「 Download 」リンクをクリックしてインストーラーをダウンロードする。

Downloadの箇所に 64bit と表示されているとおり 現バージョンの HandBrake は 64bit 環境でのみ使用可能。

handbrake-video-transcoder-009

32bit 環境にインストールするとダイアログが表示されてインストールできない。

32bit環境で使用する場合は「 Archive 」の「 Old Release 」をクリックし、バージョン 1.0.7 の「 HandBrake-1.0.7-i686-Win_GUI.exe 」をダウンロード。

handbrake-video-transcoder-005-1

ダウンロードしたインストーラーを起動し、ユーザーアカウント制御のメッセージが出たら「はい」で許可。

セットアップウィザードが開始するので「Next」をクリック。

handbrake-video-transcoder-003-1

「 HandBrake はオープンソースのフリーソフトで、GNU一般公衆利用許諾契約書(GPL)のバージョン2の条件に基づいて使用許諾されています。」という内容の事が書かれてあるので 、確認して問題なければ「Next」。

handbrake-video-transcoder-004-1

プログラムのインストール先の指定。
特にこだわりがなければデフォルトのままで「Install」をクリック。

handbrake-video-transcoder-002-1

「Finish」でセットアップ完了。

HandBrake の使い方

HandBrake は小難しい動画の知識がなくても「 ソースを指定 」 → 「 プリセットを選択 」 → 「 キューに追加 」 → 「 トランスコードを実行 」の 4ステップで手軽にトランスコードできてしまうが 多重音声と字幕は別途設定が必要になる。

HandBrake がサポートしている動画フォーマットはMP4(M4V)・MKV・MPG(MPEG)・AVI・WMV・FLV・WEBM・MOVなどで FFmpeg を使用しているため一般的な動画ファイルならほぼ読み込みが可能。
また DVD や Blu-ray ディスクも直接読み込めるが、トランスコードする際はディスクをハードディスクへコピーして利用することが推奨されている。

HandBrake video transcoder 050

HandBrake を起動すると 左ペインにトランスコードする「 ファイル 」「 フォルダ 」と DVD / BD ディスクをセットしてる場合は メディアが表示され トランスコードする対象を選択する。

右ペインの「 Or drop a file or folder here.. 」で トランスコードする ファイル や フォルダをドラッグして追加することも可能。

HandBrake video transcoder 051

HandBrake を起動後にディスクをドライブにセットした場合は自動認識しないので、一旦「 Source Selection 」の下部にある「 Cancel 」でメインウインドウを表示してから、メニューの「 Open Source 」から選択する必要がある。

「 Folder ( Batch Scan )」は変換する元ファイル ( ソース ) を含んでいるフォルダを指定すると フォルダ内をスキャンして変換可能な動画ファイルを抽出する。

「 File 」は変換する元ファイルを指定。

HandBrake video transcoder 012

HandBrake で読み込めないファイルを選択すると「 No valid source or titles found ( 有効なソースが見つからない )」というメッセージが出る。

HandBrake video transcoder 052

ファイルやフォルダが正常に読み込まれると「 Source 」にファイルのタイトルが表示され、アングルやチャプターなどが認識され、プレビューで映像を確認できる。

HandBrake video transcoder 015

新規にファイルやフォルダを読み込む場合は「 Open Source 」をクリックすると HandBrake 起動時の画面に戻る。

HandBrake video transcoder 016

DVD や Blu-rayディスクで メニューや特典映像など複数の動画ファイルが格納されている場合は「 Title 」のリストから変換するソースを指定できる。

ディスクを読み込むと デフォルトで本編が選択された状態になっているが、Blu-rayディスクでは多国語の字幕・音声の本編と日本語の字幕・音声の本編が収録されていることがあり、音声や字幕の設定で日本語がない場合は「Title」を変更する必要があり、4K UHD Blu-ray も 本編が自動選択されないので出力するタイトルを選択する。

HandBrake video transcoder 017

アングルが選択できる場合は「Angle」から選択可能になる。

HandBrake video transcoder 018

動画を抽出して変換する場合は「 Range 」の項目で「 Chapter ( チャプター ) 」「 Seconds ( 時間 ) 」「 Frame ( フレーム ) 」の3項目から選択し、それぞれチャプター番号 , 時間 , フレーム数の始点と終点を入力する。

保存先の指定

ファイルの保存先はメイン画面の最下部にある「 Save As : 」の「 Browse 」でも指定できるが 都度の指定が必要になるため デフォルトの保存先を設定しておくと便利。

HandBrake021

上部メニューの「 Tool 」から「 Preferences 」を選択。

HandBrake020

「 Output Files 」の「 Default Path 」に任意の保存先を指定する。
保存先にドライブは選択できないため フォルダの指定が必要。

プリセットの選択

現バージョンの HandBrake にはプリセットが実装され ビットレート や フレームレート などの知識がなくても、変換後の画質や解像度 , 使用するデバイスを選択するだけで 互換性の高い設定が自動的に行われる。

handbrake-video-transcoder-006

プリセットの選択はデフォルトで「 Fast 1080p30 」になっている「 Preset: 」の項目をクリック。

General:

最も基本的なプリセットで、フォーマットは汎用性のある「 MP4 」, ビデオコーデックは「 H.264 」が使用されているため 特にこだわりがなければ「 General 」の利用を推奨。

Web:

Gmail への添付や YouTube , Vemo など動画サイトへのアップロードに適したプリセット。
通常の動画ファイルがファイルを全てダウンロードしてから再生するのに対し、ネットワーク上ですぐに再生できるようになる。

Device:

スマートフォンやタブレット , TVメディアプレイヤーなど 使用するデバイスに最適化されているプリセット。
フォーマットはほぼ「 MP4 」でビデオコーデックは「 H.264 」が使用されているが「 4K HEVCサラウンド 」の場合は「 MKV 」または「 H.265 」が使用されている。

Matroska:

コンテナフォーマットとして「 MP4 」よりも多くの要素を格納でき、全てのビデオコーデックとオーディオコーデックに対応する「 MKV 」ファイルで出力するプリセット。
Windows10 から正式にサポートされるようになったものの 汎用性の面では「 MP4 」よりも劣るため 使用環境には注意が必要。

Production:

プロ仕様のビデオ編集に適したファイルを生成するプリセット。
ファイルサイズが極端に大きくなるので、一般利用には不向き。

HandBrake054

「 General 」には「 Very Fast 」「 Fast 」「 HQ 」「 Super HQ 」があり それぞれ解像度が用意されている。
画質については「 Very Fast = 並 」「 Fast = 標準 」「 HQ = 高画質 」「 Super HQ = 超高画質 」という分類で、トランスコードにかかる時間も画質に比例して遅くなり、ファイルサイズも画質に比例して大きくなる。

HandBrake 公式がデフォルトで推奨しているのは 画質・トランスコード処理の所要時間・ファイルの汎用性 などのバランスが取れた「 Fast 1080p30 」。

1080p30 や 480p30 は解像度とフレームレートを表しており 解像度は次のようになる。

2160p = 3840 x 2160 ( UHD画質 )
1080p = 1920 x 1080( FHD画質 )
720p = 1280 x 720( HD画質 )
576p = 720 x 576( SD画質 )
480p = 720 x 480( SD画質 )

HandBrake のビデオサイズ変更は ダウンスケーリングのみでアップスケーリングは無効になっている。
そのため 1080p のソースを 720p にする場合はダウンスケーリングされるが、480pのソースで1080pのプリセットを選択しても、アップスケーリングは行われず、ソースの解像度とフレームレートでトランスコードが実行される。

プリセットの比較

Blu-ray ディスク 解像度 1920 x 1080 ビットレート36MB ( VBR ) で10秒間のファイルサイズ 約53MBを各プリセットでトランスコードした場合 下記のようになる。

VeryFast 1080p30
ビデオビットレート:2705kbps ファイルサイズ:3.43MB

Fast 1080p30
ビデオビットレート:3717kbps ファイルサイズ:4.64MB

HQ1080p30 Surround
ビデオビットレート:4408kbps ファイルサイズ:6.23MB

SuperHQ1080p30 Surround
ビデオビットレート:5083kbps ファイルサイズ:7.23MB

ファイルフォーマットは全て「 MPEG-4 」, ビデオコーデックは「 H.264/AVC 」 , オーディオコーデックは「AAC」 , オーディオビットレートは「160kbps」。

「 HQ 」や「 Super HQ 」のサラウンドに関しては ソースがステレオの場合「 Fast 」や「 Very Fast 」と同様に処理される。

画質に関しては好みやこだわりに個人差があるので一概には言えず、更に「 Very Fast 」で処理したファイルでも、それほどソースと大差がなかったり 明らかな差が出たりと ソースによっても違いがあるので 画質とファイルサイズを天秤にかけながらプリセットを選択することになる。

Sumally

選択したプリセットの詳細は「 Sumally ( 概要 ) 」タブで確認できる。
必要に応じて「 Web Optimized 」「 Align A/V start 」の調整を行う。

HandBrake055

「 Web Optimized 」はプリセットの「 Web 」と同様 ネットワーク上で動画の再生がすぐに実行できるようになるオプション。
NASなどに動画を保存する場合などにも有効。

「 Align A/V start 」はフレームを調整してビデオとオーディオの初期タイムスタンプを揃えるもので、トランスコードしたファイルに「 音ズレ 」が生じた際に使用するオプション。
現バージョンでは General のプリセットを選択時に有効になるので、トランスコード後に動画と音声の同期に問題が発生する場合は、チェックを外してみると良いかも。

Dimensions

「 Dimensions ( サイズ ) 」タブでは動画の解像度とクリッピングの設定が可能だが 変更の必要はない。

HandBrake057

「 Source 」には変換元の 解像度 と PAR ( ピクセルアスペクト比 ) が表示されており 変換後の解像度と PAR が「 Output 」に表示される。

Anamorphic ( アナモフィック )

Anamorphic は  アスペクト比 4:3 の場合に 映画など上下に黒帯 ( レターボック ) が入ってしまうところを レターボックスの部分を利用して縦伸びした画像を作り、ワイドスクリーンでの再生時に横へ引き伸ばして画面いっぱいに表示するための技術で スクィーズ方式とも呼ばれる。

レターボックスが画素を無駄にしているのに比べ、アナモフィックは全面を使用するため高画質になる。

HandBrake のアナモフィックは「 Automatic 」「 Loose 」「 None 」の3種類。
前バージョンであった「 Strict 」はなくなり「 Automatic 」になっている。

デフォルトは「 Automatic 」で 横幅 ( Width )  , 高さ ( Height ) ともに変更できず ソースの最大サイズで出力される。
「 Loose 」はアスペクト比が維持された状態で 横幅 ( Width ) のみ変更が可能になり、「 None 」は横幅・高さを変更できる。

Modulus

横幅と高さは Modulus で指定した値で割り切れる数値に自動計算され デフォルトの設定値は「 2 」。

公式サイトでは Modulus を「 2 」にすることを推奨しており、Modulusを「 2 」にして再生できないプレーヤーがある場合は「16」に設定するよう記載されている。

Cropping

HandBrake は動画の黒帯を検出して削除する機能を実装しており、デフォルトで「 Cropping 」は「 Automatic 」になっているため、トランスコードを実行すると自動的に黒帯が削除される。

ただ 自動検出は完璧ではないので クロッピングに誤りがある場合や 黒帯を残したい場合は「 Custom 」に変更して 上下左右の数値を変更する必要がある。

Filter

HandBrake のフィルターは「 逆テレシネ 」「 インターレース解除 」「 ノイズ除去 」「 グレースケール 」で 特定のソースでは有効だが 基本的には使用しない。

Detelecine

逆テレシネフィルタで、テレシネされたソースに対して有効。

テレビ放送 ( NTSC ) のフレームレートは毎秒30フレーム、フィルム映像のフレームレートは毎秒24フレームなので、フィルム映像を普通にテレビで放送すると 毎秒6フレーム分の動きが早くなってしまうため テレシネによってフレームが追加されている。

逆テレシネは テレシネで追加されたフレームを取り除き、元の24フレームに戻すフィルターでテレビ録画したソースでのみ効果がある。

Deinterlace

インターレースを解除するフィルタで「 Decomb 」と「 Yadif 」があり「 Decomb 」はインターレースになっている部分を検出してフィルタをかけるため、全てのプリセットで有効になっている。

インターレースはアナログ放送やビデオで使用されている走査線を奇数と偶数に分けて送信する方式で、その性質上デジタル化すると縞々になるので、交互に欠けている走査線を補完して表示することで、ちらつきを押さえる効果がある。

Denoise

ノイズを低減するフィルタで、画質や圧縮率の向上を期待できるが、効果はソース次第というところもあり、フィルタが強すぎると画質の劣化を招く可能性が高い。

Deblock

ブロックノイズを低減するフィルタ。
ブロックノイズを塗りつぶすような感じになるため、フィルタが強いとメリハリのない画質になってしまう。

Grayscale・Rotate・Flip

「 Grayscale 」は映像をグレースケールに変換。
「 Rotate 」は指定した角度で映像を回転。
「 Flip 」は左右反転 ( ミラー )。

Video

Video タブでは選択したプリセットのコーデックや画質、フレームレート、トランスコード方法など 細かな設定が可能。
ただ プリセットはデバイスとの互換性なども考慮した 一般的に「 最適 」と思われる設定になっており、公式サイトではプリセットをデフォルトで使用することを推奨している。

HandBrake039

Video Codec

コンテナに「 MP4 」を選択した状態で使用可能なコーデックは「 H.264 」「 H.265 」「 MPEG-4 」「 MPEG-2 」。
コンテナに「 MKV 」を選択すると「 H.264 」「 H.265 」「 MPEG-4 」「 MPEG-2 」「 Theora 」「 VP8 」「 VP9 」が利用可能。

「 H.264 」の後継として開発された「 H.265 」は H.264 の 2 倍 の圧縮率があると言われており、Windows 10 がデフォルトでサポートしているなど普及が進んでいる。

「 Theora ( セオラ ) 」は Ogg の標準ビデオコーデックだが H.264 などと比較すると汎用性は低い。

「 VP8 」「 VP9 」は主に WebM などで使用されおり「 VP9 」は「 H.265 」同様 次世代のビデオコーデックで YouTube など Web 用の動画で普及が進んでいる。

Framerate

フレームレートは1秒間に表示するフレーム数で、単位は「 fps 」。
動画はパラパラ漫画と同じで 一枚一枚の絵が連続して映し出されており、一枚の絵に相当するのがフレーム。

テレビやDVDなどは 29.97 fps で 1秒間に約 30 枚の絵が表示されており、地デジのワンセグで15fps , デジタルハイビジョン ( 地デジ ) は 60fps。

アクションシーンなど動きの早い部分では フレームレートの数値が高いほどなめらかな動きを実現するが、フレームレートが高いほどファイルサイズも肥大化する。

「 Constant Framerate 」は固定フレームレートで 指定したフレームレートでトランスコードする。
基本的にフレームレートは 固定フレームレートでソースと同じ数値にすることが望ましいが、固定フレームレートの場合は動きの少ないシーンなども同じフレーム数を使用するため ファイルサイズが大きくなる。

HandBrake のデフォルト設定は「可変フレームレート ( VFR )」で「 Peak Freamerate 」で設定した数値が最大フレームレートになり、シーンに合わせてフレーム数が調整されるため 固定フレームレートに比べ効率的にファイルサイズを小さくできる。
ただし VFRをサポートしていないプレーヤーでは音ズレが生じる可能性があるため、汎用性を高めるなら固定フレームレートを使用する。

Quality

HandBrake のビデオ品質はデフォルトで「 レート係数 ( RF )」が使用されており 各プリセットを選択した時点でレートも変動する。

RF は数値が小さいほど高画質になるが むやみにレートを下げるとファイルが肥大化し、再生できないファイルに仕上がってしまう可能性がある。

公式サイトで推奨されている「 x264 」「 x265 」のレート
  •  SD 画質( 480p・576p ) RF 18-22
  •  HD 画質( 720p ) RF 19-23
  •  フルHD( 1080p ) RF 20-24
  •  4K UHD( 2160p ) RF22-28

アニメの場合は PFを 1~2 引き上げる ( 低品質にする )ことで 同等画質でファイルサイズを抑えられる可能性がある。

「 Avg Bitrate ( kbps )」はレート係数を使用せず 平均ビットレートを指定してトランスコードする。
レート係数ではトランスコードが完了するまでビットレートが分からないので、任意のビットレートでトランスコードしたい場合に使用。

トランスコード方法はデフォルトで「 2-pass Encode 」になっており、時間はかかるがコンテンツをスキャンしてからトランスコードするため、より品質の高いトランスコードが可能。

「 Turbo first pass 」はコンテンツのスキャンがなく、予測しながら変換作業を行うため 2パストランスコードに比べ作業時間は短縮されるが 品質が低下する可能性がある。

Optimise Video

Optimise Video は特殊設定の項目なので この項目も使用しない。

「 Encode Preset 」はトランスコードの速度調整で「 Fast 」に近いほどトランスコードは早くなり圧縮率が悪くなる。

「 Encode Tune 」の「 psnr 」「 ssim 」はベンチマークを目的として使用するため 通常のトランスコードでは使用しない。
「 Grain 」はフィルムグレイン ( フィルム動画独自のノイズ ) を保持する。
「 Zero Latency 」は X.265 の設定で レイテンシを除去する。

Audio

「 Audio 」タブではトランスコードする 音声 , コーデック , ビットレート などの設定が可能で、ソースが多重音声の場合は出力する音声を指定しないと デフォルトでは1つしか出力されないので要注意。

HandBrake040

出力する音声や使用するコーデックなどを変更する場合は ドロップダウンリストから選択する。

HandBrake041

ソースに含まれている全ての音声を追加する場合は「 Clear 」をクリックしてから「 Add Track 」のリストから「 Add All Remaining Tracks 」を、個別に追加する場合は「 Add New Track 」を選択。

HandBrake058

オーディオトラックの設定はソースによって変化するものではなく、初期設定の値が一律で適用されるので 設定値を変更する場合は「 Selection Behavior 」をクリック。

HandBrake043

各項目の初期設定画面が表示されるので 設定を変更したら「 Save 」で保存。
ただし 保存した設定は HandBrake を再起動すると失われるので、その都度 設定を変更する必要がある。

HandBrake044

トラックをトランスコードせず、ソースからコピーする場合は「 Auto Passthrough 」を選択しておく。
ただし パススルーにするとトランスコード時よりもファイルサイズは大きくなる。

Subtitle

映画などの字幕は「 直接動画に焼き付ける方法 」 と「 字幕の情報をコンテナに格納する方法 」の二通りある。
ただし コンテナに字幕を格納した場合は プレイヤーが字幕表示をサポートしている必要があり、汎用性は低くなる。

HandBrake045

オーディオトラックと同じ要領で字幕を追加。

HandBrake046

「 Forced Only 」は字幕設定なしでも表示される字幕のみ追加。l
「 Burn In 」は字幕を焼付。
「 Default 」はコンテナに格納した字幕を初期設定で表示。

結果的に「Burn In」と「Default」はどちらも字幕が表示されるが「Default」は字幕機能をオフにすると非表示になる。
ただし ソースがBlu-rayディスクの場合、ファイル形式にMP4を使用すると「Burn In」「Default」に関係なく 字幕はすべて焼付けになるため、複数の字幕をコンテナに格納したい場合はMKVを使用。

HandBrake047

HandBrake048

上が字幕を焼き付けたもので、下がコンテナに格納したもの。
字幕の表示位置やフォントの大きさなどが微妙に違っており、再生環境などで字幕の見え方にも差が出てくるため Preview機能での確認を推奨。

DVD は MP4 , MKV、Blu-rayは MKV を使用した場合、複数の字幕を追加した状態で「Burn In」「Default」どちらにもチェックを入れずにトランスコードを実行すると、追加した字幕はコンテナに格納されて非表示になり、プレーヤーの字幕設定で表示することができる。

プレビュー

トランスコードには相当な時間がかかるため、トランスコード後に画質を確認していると、やり直しの際にタイムロスが大きいため、 HandBrake には設定したプリセットでトランスコードした場合の画像を確認できるプレビュー機能が実装されている。

handbrake-video-transcoder-007

上部ツールバーから「Preview」をクリック。

HandBrake035

ソースが表示され、スライドバーを動かして予め区切られている任意の開始位置を決め、「 Duration 」のリストからトランスコードする時間(秒)を指定し、「 Use system default Player 」にチェックを入れ、「 Live Preview 」でトランスコード開始。

HandBrake038

トランスコードが完了したらプレーヤーが自動起動して再生される。

Preview画像と再生画像を比較すると分かるように、Preview画像はトランスコード後の仕上がりイメージではなく、あくまで作業画面。

Previewでトランスコードしたファイルは一時ファイルではなく、メイン画面で指定した場所へ保存されているので、画質を比較する際には便利。

トランスコード

全ての設定が完了したらトランスコードを実行するため「キュー」へ追加する。

2019-10-23-9

ソースを指定してプリセットの選択が完了したら、上部のツールバーにある「Add to Queue」をクリックし、「Start Encode」でトランスコードが開始する。

トランスコードが完了すると、保存先に指定した場所へ MP4 / MKV ファイルが生成される。

HandBrake032

「Show Queue」では追加した「キュー」を確認でき、上部の「Start  Queue」をクリックするとトランスコードが開始する。

キューは HandBrake を終了すると消去されるが、連続して使用する場合はキューが残った状態になるため、トランスコードするキューの確認は必須。

4K UHD Blu-ray のリッピング

HandBrake はバージョン 1.3.0 から 保護されていない 4K UHD Blu-ray をサポートし、プリセットにも 3840 x 2160 が追加されている。

handbrake-video-transcoder-006-1

DVDFab Passkey for Blu-ray を使用して 保護を解除した 4K UHD Blu-ray は、本編タイトルを自動選択しないので 出力するタイトルを手動で選択する。

handbrake-video-transcoder-007-1

プリセットも用意されているが「 General 」には「 2160p 」の選択肢はなく、「 Web 」「 Device 」「 Matroska 」から選択。

各プリセットで使用されているビデオコーデックは「 H.265 」と「 H.264 」で、Matroska では 「 V9 」「 V8 」などのほか、HDRに対応した H.264 10bit / H.265 10bit なども選択可能。

handbrake-video-transcoder-008

出力は さすがに 通常のBlu-ray よりも時間がかかり、 DVDFab Passkey for Blu-ray で保護を解除した2時間17分の映画で 処理完了までに約4時間。

DVDFab Passkey・RedFox AnyDVD HD との併用

HandBrake 自体はノーマルなトランスコーダーで、 DVD のアクセスコントロールや Blu-ray の AACS を解除する機能は実装していないが、 DVDFab Passkey や RedFox AnyDVD HD と組み合わせることで、 Blu-ray や DVD から MP4 や MKV ファイルを作成できる。

特に Blu-ray ディスクを動画ファイルに変換する場合は、圧縮率が高いこともあって、XMedia Recode などのエンコーダーでは失敗することが多いのだが、 HandBrake の失敗率は非常に低く、クオリティの高い動画ファイルを生成できる。

ただし、保護された 4K UHD Blu-ray を動画ファイルに変換したい場合は、DVDFab Passkey for Blu-ray や DVDFab UHD コピー など UHD Blu-ray の保護解除アプリの他、UHD Friendly ドライブが必要になるので要注意。

dvdfabpasskey-icon

DVDFab Passkey for DVD / Blu-ray のインストールと使い方

CPRM もサポートしている DVDFab の DVD ・ Blu-ray  保護解除 専用ツール DVDFab PassKey はタスクトレイに常駐し ドライブに挿入された DVD や Blu-ray  , UHD B […]

redfox-icon

RedFox AnyDVD HD のインストールと使い方

復活を果たした DVD・Blu-rayの保護解除ツール RedFox AnyDVD HD はドライブに挿入された DVD や Blu-ray ディスクを自動で認識してプロテクトを解除するアプリケーション。 ドライブに挿入 […]





関連記事

HandBrake-icon

HandBrake のインストールと使い方

使いやすいオープンソースの無料ビデオトランスコーダー HandBrake は手軽にMP4またはMKVファイルに変換できるオープンソースのトランスコーダーで、保護のかかっていないDVDやBlu-rayディスクから動画ファイ […]

elbyclonedvd-icon

elby CloneDVD 2 – DVDコピーソフトのインストールと使い方

保護されていない DVD ディスクから動画ファイルや ISO ファイルを出力する定番 トランスコーダー elby CloneDVD はスイスのソフトウェアベンダー  Elaborate Bytes AG が開発した トラ […]

AmoKicon

AmoK DVD Shrinker のインストールと使い方

PCM音源も圧縮できるDVDリッピングソフト AmoK DVD Shrinker は圧縮に優れたリッピングソフトで、 DVD Shrink が苦手なリニアPCM音源を収録したものでも圧縮できる。 本体にはCSSの解除機能 […]