MakeMKV Beta for Windows のインストールと使い方

MakeMKV-icon

DVD/ BD/ UHD BD のバックアップ や MKV ファイルへの無劣化出力が可能な 無料リッピングアプリ

MakeMKV BetaGuinpinsoft が開発している コピーガード解除機能を実装したリッピングソフトで、DVD / BD と UHD Friendly ドライブを使用している場合は 4K UHD BD を 無劣化で MKV ファイルに出力できる。

DVD のリッピングは 無料で利用でき、BD / UHD BD のリッピングは シェアウェア機能 のため 利用開始から 30日間はフル機能を使用できるが、評価期間終了後は 製品の購入 ( 66 米ドル ) か、無償の 公認コード を入力して 評価期間の延長が必要になる。

 

このアプリケーションは DVD / BD の 保護解除機能があり、ディスクの保護を解除すると 著作権法の 技術的保護手段の回避 に抵触します。
著作権法と違法行為
Guinpinsoft はソフトウェアベンダーではなく、著作権団体からの訴訟を回避する目的で使用されている隠れ蓑。

システム要件

バージョン 1. 17. 1 現在

OS : Windows  XP/ Vista/ 7/ 8/10/ 11

ソフトの入手先

MakeMKV Beta 公式ダウンロードページ

MakeMKV Beta のインストール

MakeMKV Beta のインストーラーに アドウェア や スパイウェアは含まれていない。

MakeMKV-Beta-1.17-001

ダウンロードページにある MakeMKV 1. 17.1 for Windows のリンクをクリックして インストーラーをダウンロード。

MakeMKV-Beta-1.17-002

ダウンロードしたインストーラーを起動し、Microsoft Defender SmartScreen がブロックした場合は 詳細情報 を開いて「 実行 」。

MakeMKV-Beta-1.17-003

ダウンロードしたインストーラーを起動し、ユーザーアカウント制御のダイアログが表示されたら「 はい 」で許可。

MakeMKV-Beta-for-Windows-003

言語選択は 日本語 で「 OK 」。

MakeMKV-Beta-1.17-004

セットアップウィザードが開始するので「 次へ 」。

MakeMKV-Beta-1.17-005

使用許諾書 を確認して 問題なければ このライセンス契約書に同意します にチェックを入れて「 次へ 」。

MakeMKV-Beta-1.17-006

インストールするコンポーネントは デフォルト設定で「 次へ 」。

Windows CdRom device arbiter service は 管理者権限を持たないアプリケーションでも光ディスクドライブ へのアクセスを可能にする オープンソースのプログラム。

MakeMKV-Beta-1.17-007

インストール先に こだわりがなければ デフォルト設定で「 次へ 」。

MakeMKV-Beta-1.17-008

スタートメニューへの登録もデフォルト設定で「 インストール 」。

MakeMKV-Beta-for-Windows-009

インストールが完了したら「 次へ 」。

MakeMKV-Beta-1.17-009

「 完了 」でセットアップ完了。

初期設定

設定 では 出力先優先言語 を指定できる。

MakeMKV-003

ツールアイコン の 設定 をクリック。

MakeMKV-Beta-1.17-010

ファイルの保存先 は ビデオ タブ既定の出力フォルダー半自動 を選択して 保存先を指定。

半自動 にすると 出力フォルダ内に ディスクタイトルのサブフォルダを作成する。

MakeMKV-Beta-1.17-011

日本語字幕 を出力する機会が多い場合は 言語 タブ の 優先の言語jpn : Japanese を選択。

公認コード登録 と 有効期限の更新

MakeMKV Beta は Blu-ray のリッピング を最初に実行した日から 30日間 はフル機能を使用できるが、評価期間が終了すると 機能制限がかかり、製品の購入 か 公認コードを入力して 評価期間の延長が必要になる。

MakeMKV News and Announcements – 公認コード取得ページ

MakeMKV-Beta-for-Windows-012

評価期間は 保護された Blu-ray の初回リッピング時 から起算して 30日間。

MakeMKV-Beta-for-Windows-018

評価の有効期限 は メニューバーの ヘルプ から MakeMKV について で確認できる。

MakeMKV-Beta-for-Windows-019

評価の有効期限を更新する 公認コード は MakeMKV のサポートフォーラム で公開されているので、News and Announcements ページにある MakeMKV is free while in beta をクリック。

MakeMKV-Beta-for-Windows-020

The current beta key is に表示されているコードをコピー。

MakeMKV-Beta-for-Windows-022

MakeMKV の ヘルプ から 公認 を選択。

MakeMKV-Beta-for-Windows-023

Licence key : に コピーした公認コードを貼り付けて「 OK 」。

MakeMKV-Beta-1.17-016

評価期間が更新される。

公認コード の有効期限は 一ヶ月間毎月月初に更新されるので、当月20日に MakeMKV Beta の使用を開始した場合 翌月18日 か 19日 まで評価期間はあるが、公認コードを登録すると 評価期間は当月末までになり 翌月1日に再登録が必要になる。

LibreDrive の ファームウェア更新

LG・ASUS・Pioneer が製造している 特定モデル のファームウェアを 更新すると、MakeMKV で 4K UHD Blu-ray のリッピングが可能になる。

LibreDriveは ファームウェアの制限を受けずに ディスクへアクセス可能なドライブで、LG・ASUS・Pioneer 製の一部モデルで ファームウェアを書き換えると、4K UHD Blu-ray の AACS 2.0 を回避して UHD BD の読み込みが可能になる。
新品・適正価格で入手可能なサポートモデル

Amazon で 2022年 3月現在 新品・適正価格で入手できる UHD Friendlyドライブは 上記モデルで、FUJITSU/ Dell/ NEC のノートPC で使用されている Ultra HD Blu-ray ドライブ LG BU40N などもサポートしている。

パイオニアのドライブについては Ultimate UHD Drives Flashing Guide Updated 2022 を参照。

システム要件

SDFtool Flasher バージョン 1. 3. 4 現在

OS : Windows 10 ( 64 bit )
MakeMKV : バージョン 1. 15. 1 以上

Windows 11 でも動作する。

プログラムの入手先

フラッシュツール と ファームウェア を MakeMKV のサポートフォーラムからダウンロードする。

SDFtool Flasher

Custom firmware pack with LibreDrive patches – MK firmware pack

MakeMKV-Beta-for-Windows-025

SDFtool Flasher のページから Here is the link for the updated version of the SDFtool Flasher の下にある リンクをクリックして Zipファイル をダウンロード。

MakeMKV-Beta-for-Windows-027

ファームウェアパックは Custom firmware pack の ページにある The latest MK firmware pack is available for download のリンクをクリックして Zipファイルをダウンロード。

MakeMKV-011

DVDFab UHDコピー / UHDリッピング で使用する場合は MK ファームウェアを使用すると 互換性の問題で UHD BD を読込めないため、SDFtool Flasher のページにある Here is a link to my DE firmware pack の リンクからダウンロードした 公式ファームウェア を使用してダウングレードする。

LeawoRedfox は MKファームウェア を使用しても利用可能。
DE Firmware pack でサポートしているドライブ
ASUS
BC-12D2HT / BW-16D1HT

LG
BH16NS40 / BH16NS50 / BH16NS55 / WH14NS40 / WH14NS50 / WH16NS40 / WH14NS50 / WH14NS60

SDFtool Flasher の使い方

ファームウェアのダウングレードは 光学ドライブが 空 の状態で実行する。

MakeMKV-Beta-032

ダウンロードした SDFtool FlasherMK ファームウェアパック の Zipファイル を解凍。

MakeMKV-Beta-031

解凍した SDFtool Flasher フォルダ内にある SDFtool Flasher.exe を選択し、コンテキストメニュー から 管理者として実行

MakeMKV-Beta-033

ユーザーアカウント制御のダイアログが表示されたら「 はい 」で許可。

MakeMKV-Beta-034

Please select a Drive のリストから ファームウェアをダウングレードする ドライブを選択。

MakeMKV-Beta-for-Windows-028

ドライブ選択時に ダイアログが表示されたら「 続行 」。

MakeMKV-Beta-035

Please select a Firmware to Write をクリックし、解凍した MK ファームウェアパック から ダウングレードする BDドライブと同じモデルの ファームウェアを選択する。

暗号化されたファームウェアを使用してる場合は Encrypted Firmware にチェックを入れる。
暗号化されたファームウェアは LG の 一部ドライブで使用されており、詳細は SDFtool Flasherのページにある Encrypted Firmware の項目を参照。

MakeMKV-Beta-036

ドライブ と ファームウェアが一致していることを確認して「 START 」で実行。

MakeMKV-Beta-037

処理が完了して 初期画面に戻ったら 更新完了。

ファームウェアの更新後にドライブを見失い、PC の再起動 や ドライバをアンインストール しても 効果がない場合、デスクトップ PC であれば 光学ドライブ SATA ケーブル を 別のスロットに差し替えてみる。 

MakeMKV Beta の使い方

MakeMKV Beta には フォルダで出力する ディスクのフルバックアップ と、MKVファイルで出力する タイトルの保存 があり、いずれもディスクのコンテンツを 無劣化で 出力できる。

MakeMKV-009

MakeMKV Beta を起動して リッピングする ディスクを ドライブにセットすると、情報 に ディスクの内容が表示される。

バックアップ

バックアップ は BD/ UHDのディスクデータを すべて フォルダ に出力する。

DVD は タイトル保存 のみ利用可能。

MakeMKV-008

ディスクを読み込んだら ツールアイコン の バックアップ をクリック。

MakeMKV-010

保護されたディスクで コピーガードを解除する場合は ビデオファイルの 復号化  を有効にし、出力先 を指定して「 OK 」で 出力処理が開始する。

ビデオファイルの 復号化 を有効にせず 出力した場合は、コピーガードが有効な バックアップになり、再生 や コピーする場合は 復号化が必要になる。
コピー / ISO ファイル

バックアップしたフォルダは ImgBurnBurnAware などの ライティングソフトを使用して ディスクのコピー  や ISOファイル を作成できる

imgburn

ImgBurn のインストールと使い方

CD・DVD・Blu-ray への書き込みと ISO ファイルの出力が可能な 無料 ライティングソフト ImgBurn は LIGHTNING UK! が開発した 無料のライティングソフトで、CD・DVD・Blu-ray […]

BurnAware-icon-1

BurnAware Free のインストールと使い方

CD・DVD・BDに書き込みを行う無料のライティングアプリ BurnAware Free は スペインのソフトウェアベンダー BurnAware が開発している無料のライティングソフトで、 CD/ DVD/ Blu-ra […]

MP4 / MKV 出力

バックアップ データを トランスコード ( 圧縮 ) して MP4 や MKV に変換する場合は HandBrake を使用する。

HandBrake-icon

HandBrake のインストールと使い方

使いやすいオープンソースの無料ビデオトランスコーダー HandBrake は HandBrake Teams によって オープンソース で 開発が進められている トランスコーダーで、保護されていない DVD/ Blu-r […]

タイトルの保存

タイトルの保存 は ディスクに収録されているデータから、タイトル や 音声・字幕 を指定して MKVファイル で出力する。

MakeMKV-002

ディスクを読み込んだら ドライブ アイコンをクリック。

MakeMKV-014

ディスクが解析されると収録されているタイトルが表示されるので、出力する タイトル にチェックを入れ、ツリーを展開して出力する 音声・字幕 にもチェックを入れる。

Blu-ray では 多国語で 複数のメインムービーが収録されていることが多いため、 ファイルサイズ や チャプター数、字幕・音声 などで 出力するタイトルを判断する。
設定優先の言語jpn を指定すると 自動的に 日本語字幕のみにチェックが入る。

MakeMKV-017

出力先 を指定して Make MKV をクリックすると、選択したタイトルが MKVファイルで出力される。

MKVファイル は 無劣化出力 でファイルサイズが大きいため、圧縮が必要な場合は HandBrake でトランスコードする。

関連記事

vso-blu-ray-converter-ultimate-icon

VSO Blu-ray Converter Ultimate のインストールと使い方

Blu-ray のコンテンツを 動画ファイルや BDフォルダに変換する リッピングソフト VSO Blu-ray Converter Ultimate は フランスのソフトウェアベンダー VSO Software が開発 […]

blu-ray-ripper-icon

Leawo Blu-ray 変換 のインストールと使い方

保護解除機能付きのリーズナブルな 簡単操作の Blu-ray & DVD リッピングモジュール Leawo Blu-ray変換 は中国のソフトウェアベンダー Leawo Software ( 中国国内では Shenzhe […]

HandBrake-icon

HandBrake のインストールと使い方

使いやすいオープンソースの無料ビデオトランスコーダー HandBrake は HandBrake Teams によって オープンソース で 開発が進められている トランスコーダーで、保護されていない DVD/ Blu-r […]

HandBrake-icon

HandBrake v1.3.3 のインストールと使い方

低スペックの PC でも動作する 旧バージョンの HandBrake HandBrake は HandBrake Teams によって オープンソース で 開発が進められている トランスコーダーで、 保護されていない D […]

MakeMKV-icon

MakeMKV Beta for Windows のインストールと使い方

DVD/ BD/ UHD BD のバックアップ や MKV ファイルへの無劣化出力が可能な 無料リッピングアプリ MakeMKV Beta は Guinpinsoft が開発している コピーガード解除機能を実装したリッピ […]