AMD RYZEN 7 1700X を使用した自作パソコン

tournevis-icon

AMD RYZEN7 1700X を使用した自作PCの制作記録

AMD FX-8350 が稼働している Corsair の PCケース CC800DW を 「 Zen 」アーキテクチャを採用した AMD の最新 CPU Ryzen 1700X に換装。

RYZEN をサポートしている OS は Windows 10 のみで Windows 7 や 8 では Windows Update でエラーが発生する。

Microsoft-Tile-icon

Ryzen 搭載 PC に Windows 7 をインストール

Windows 10 のみサポートしている AMD Ryzen 搭載 PC で Windows7 を利用 マイクロソフトは Intel  第 7 世代・AMD 第 7 世代・Qualcomm “8996″ 以 […]

使用パーツ
CPUAMDAMD Ryzen 7 1700X(3.4-3.8GHz)
マザーボードASRockAB350 Pro4
メモリCrucialQ4U2400CM-8G  8GB x 4
グラフィック・カードSAPPHIREPULSE RADEON RX 560 4G GDDR5
サウンド・カードCreativeSound Blaster Audigy Fx
電源ユニットCORSAIRCMPSU-850HXJP HX850W
ケースCORSAIRObsidian800D CC800DW
補助記憶装置(C:)CrucialSSD525GB T525MX300SSD1
補助記憶装置(D:)7200rpm 500GB x 3(RAID0 1.5TB)
光学ドライブPIONEERBRD-207DBK
CPUクーラーCooler MasterHyper TX3 EVO
ケースファンCorsairAF120 / AF140
OSMicrosoftWindows 10
パーツの購入先

Amazon PC パーツ

パソコン工房

既存パーツの撤去

Corsair Obsidian 800D は Corsair が 2009年にリリースした PC ケースの 初代モデルで、水冷システムをサポートしており 裏配線を前提とした仕様と 3 個 の 140mm ファンによって優れたエアフローを実現した リリース当時は評判になった逸品。

AMD RYZEN7 1700X 002

ケース内部を正圧にしてため ホコリが積もっているようなことはないが、微粒なホコリがファンの羽やファンからの風が当たる部分に付着しているので OA 用のウエットティッシュとエアーダスターで掃除。

fx8350-fan003

ZALMAN の CPUクーラー「 CNPS9900 MAXB 」を取り外す際に ネジ穴が完全に なめてしまったため エンジニアの「 ネジザウルス 」で 取り外し。

AMD RYZEN7 1700X -014
7年以上使用しているため ゴムの部分は経年劣化により硬化して ケーブルを取り外す際に千切れた部分がある。

組立

RYZEN の読み方は リリース前に リーゼン , レイゼン , ライゼンなど 出回ったが「 ライゼン 」で定着している。

RYZEN7 1700X は 8コア16スレッド TDP 95W 、グラフィックス機能がないため 別途 グラフィックカードが必須。

Homebuilt PC - AMD RYZEN7 1700X 030

グリスを塗って MB へ固定。

Homebuilt PC - AMD RYZEN7 1700X 028

Cooler Master の CPU クーラー「 Hyper TX3 EVO 」は 既存の CPU クーラー固定具を使用するタイプで、ヒートシンクに固定してあるファンを外してから 付属の金具をフックに掛ける。

ソケット AM4 は バックプレートの大きさと CPU ファンを取り付ける固定具の向きが AM3 から変更されているため、AM3+ や FM2 に対応している現行の CPU クーラーで バックプレートを変更するものは アタッチメントがなければ 取り付け不可。
既存のバックプレートを使用するタイプの CPU クーラーも 取り付け位置が 90度 変わるため、サイドフローの場合はリアではなくトップに向けることになる。

Homebuilt PC - AMD RYZEN7 1700X 029

反対側の金具にレバーを取り付ける。

Homebuilt PC - AMD RYZEN7 1700X 017

メモリ と グラフィックボードを取り付ける。

メモリは現在のところシングルランクの 2 枚刺しが Ryzen での定石で、動作周波数は 2400 MHz なのだが、敢えてシングルランクの4枚刺し(動作周波数2133MHz)にしてみた。
このあたりの差はベンチマークなどで視覚的に表示しないと認識できないレベルなので OC する予定もなし。

Homebuilt PC - AMD RYZEN7 1700X 018

ケースのパワースイッチのほか 24 PIN の主電源と 12V の 4PIN ケーブルを接続。

Homebuilt PC - AMD RYZEN7 1700X 020

CPU , CPUクーラー , メモリ , グラフィックボード , キーボード , モニタ の 最小構成で BIOS / UEFI が正常に起動するか確認。

Homebuilt PC - AMD RYZEN7 1700X-021

電源ユニットを設置してからマザーボードを固定して ケースファン や 光学ドライブなどを取り付けて配線。

Obsidian 800D ( CC800DW ) は HDD を収納する 3.5 インチベイに サイドから 140mm と 120mm ( オプション ) のファンで冷却する仕組みで、ボトムから吸気してケースの裏側を通り 背面から排気するエアフローになっている。

Homebuilt PC - AMD RYZEN7 1700X-026

ボトム吸気のエアフローを確実にするため 140mm ファンにはカバーを取り付ける。

Homebuilt PC - AMD RYZEN7 1700X-045

最後にサウンドーカードを取り付け LED テープで装飾して完成。

CPUクーラーを CoolerMaster MasterAir Maker8 に換装

ライゼンのリリースから 3 ヶ月経過しても ソケット AM4 に対応した CPUクーラーは選択肢が少ないが、CoolerMaster 欧州向けサイトで「 MasterAir Maker8 」の AM4アップグレードキットが無料で提供されていた。

MasterAir003

海外発送も可能で トラッキングナンバー 付きが 約3,000円 , トラッキングナンバー無しが 1,000円程度だったため購入。

MasterAir006

1週間ほどで スイス から国際郵便で届いた。

MasterAir008

MasterAir Maker8 は オプションパーツをボルトで固定するような図になっているのだが ボルトが同封されていないため 手持ちのインチネジ(6mm)を使用。

MasterAir011

本体にパーツを固定 すると 6mm のインチネジで先端が少し出る程度。

MasterAir016

メモリへの干渉はなかったが ヒートシンク付きメモリだと CPUクーラー側の 2枚は干渉が避けられない。

ryzen1700x-047

完成。

システム構成

Homebuilt PC - AMD RYZEN7 1700X-031

CPU:AMD RYZEN 1700X 3.4GHz
チップセット:AMD Promontory B350
メモリ:DDR4 PC4-19200 32GB Dual Channels
グラフィック:RADEON RX 560
ストレージ:SSD SATA 6Gb/s  SATA3Gb/s 1.5TB(RAID0)
電源:850 W
制作日:2017年7月10日

Homebuilt PC - AMD RYZEN7 1700X-033

RYZEN1700X は TDP が 9 W なので 普通に考えて TDP 125W で OC している FX 8350 よりもコアの温度は低いはずなのだが、室温 27℃ でコアの温度が 50℃ あり少々焦ったが、調べたところ RYZEN 1800X と RYZEN 1700X の 2モデルのみ CPU のモニタ温度が 20℃ オフセットされているらしい。

AMD RYZENコミュニティの該当ページ

単純に 20℃ ずれてるってことなので 実際の温度は 30℃ 前後。

Homebuilt PC - AMD RYZEN7 1700X-044

ALU は FX-8350 の 118%  , RAM もDDR3 からDDR4 になっているためか 150% ほど数値が伸びている。

Cooler Master MasterCase MC500 に移転

愛用してきた Corsair の PC ケースが 9 年の歳月で ゴムや プラスチック部分 の劣化が進み パワースイッチ裏のプラスチックが破損して 電源が入りにくくなっていたため、ケース と同様に 9 年間使用してきた 電源ユニット と合わせて換装。

Cooler Master の MasterCase MC500 は  ケース内がよく冷え 使い勝手も良い 優秀な ケース だが MasterCase の 特徴であるはずの オプションパーツ を 国内の販売代理店 アスク も アユートも 取り扱っていないため、追加する場合は Amazon などで 並行輸入品を購入するか 個人輸入が必要。
Import-Stamp

Mastercase5 の HDD ケージ を個人輸入

Cooler Master Mastercase の HDDケージを個人輸入 Cooler Master の PCケース「 Mastercase 5 」シリーズは カスタマイズ できるのが大きな特徴で、Cooler Ma […]

使用パーツ
電源ユニットCORSAIRRM850X PS795 CP-9020180-JP
ケースCooler MasterMasterCase MC500

組立

ミリタリーデザインの「 MasterCase MC500 」は スタンダードな仕様で組みやすく サイドパネルは 強化ガラス になっており 程よい 重量感 もあって チープさはない。

Cooler Master MasterCase MC500-031

電源 や ケーブル などを取り除いて マザーボード を 既存ケース から外す。

Cooler Master MasterCase MC500-034

MC500 で苦労したのが MB を固定するための 六角スペーサー の取り付けで、普通は軽く手で回すだけで固定できるのだが 全く入らないため 仕方なく ネジザウルス を使用してねじ込んだ。

Cooler Master MasterCase MC500-035

トップパネルも簡単に取り外すことができるので 裏配線で難儀する 12V ケーブル も 接続しやすい。

Cooler Master MasterCase MC500-036

フロントは Corsair のケースファンに交換。

Cooler Master MasterCase MC500-037

裏側のケーブルも比較的 きれいにまとまる。

Cooler Master MasterCase MC500-038

トップとリアも Corsair のケースファンで統一し LED ストリップを取り付けたら完成。

同じ Cooler Master だけに巨大な CPU クーラー「 MasterAir Maker8 」も問題なく設置できる。

システム構成
CPU : AMD RYZEN 1700X 3.4 GHz
チップセット : AMD Promontory B350
メモリ : DDR4 PC4-19200 32 GB Dual Channels
グラフィック : RADEON RX 560
ストレージ : SSD SATA 6Gb/s  SATA3Gb/s 1.5 TB ( RAID0 )
電源 : 850W
制作日:2019年2月7日

ryzen7-1700-m500-039

室温が 20℃ くらいの数値だが フロントファン がない Corsair のフルタワーケース「 Obsidian 800D CC800DW 」と同等の 冷却効果 がある。

Sharkoon SHA-BW9000W へ移転

メインマシンの Ryzen 5800X 換装に伴い 玉突きで Ryzen 1700 X は使用頻度の低い Sharkoon へと移転。

新調したパーツはなく MasterCase MC500 からの引っ越しだが、グラフィックカードだけ Ryzen 2700 X で使用していたものを転用。

使用パーツ
グラフィック・カードASRockPG Radeon RX560 2G
ケースSharkoonSHA-BW9000W-B

組立

初回制作から 4 年経過しているため ファン や ヒートシンク の掃除がメインなので、入れ替え作業は滞りなく終了。

Sharkoon-001

巨大な CPU クーラー「 MasterAir Maker8 」も そのまま設置できた。

システム構成
CPU : AMD RYZEN 1700X 3.4 GHz
チップセット : AMD Promontory B350
メモリ : DDR4 PC4-19200 32 GB Dual Channels
グラフィック : RADEON RX 560
ストレージ : SSD SATA 6Gb/s  
電源 : 850W
制作日:2021年9月25日

Sharkoon-002

MasterCase MC500 より ケースファンが 1つ少ないが 温度は ほぼ許容範囲。

関連記事

Motherboard-icon

自作PCの組立に必要な工具

パソコンを自作する際に必要な工具と便利なサプライ製品を紹介 パソコンを自作する際に不可欠なのは プラスドライバー のみで、100 円ショップ で販売している物でも 問題ないのだが、工具の良し悪しで作業効率が大きく変わるの […]

Motherboard-icon

PC のトラブルシューティング

ハードウェアに起因するパソコンの不具合と対処法 パソコンを自作する際に発生する パソコンが起動しないなどの不具合は、パーツの相性 や 初期不良より 差し込みが甘いなどの初歩的ミスが原因の場合が多く、不具合発生時は 思い込 […]

Motherboard-icon

PC の インターフェイスと拡張カード

PCで使用されている主なインターフェイスと拡張カード インターフェイス には ハードウェア インターフェイス ・ ソフトウェア インターフェイス ・ ユーザーインターフェイス  があり 一般的に PC の自作時 に イン […]

Motherboard-icon

自作パソコンの基本的な組立て方

デスクトップパソコンの組み立て方 と 注意点 自作パソコンは パーツの設置 と ケーブルの接続だけで 組み立てることができ、ノーマルな PC であれば 組み立てに専門知識 や 技術は必要なく、プラスドライバー 1 本 で […]

dvd-shrink0011

自作パソコンの基礎知識

パソコン を 自作する前に知っておきたい基礎知識 自作パソコンの醍醐味は 使用環境によって パソコン のスペックを自在に変更できるところで、性能 , ・省電力・静音性・見た目 など 市販の PC よりも 目的に特化した仕 […]

Motherboard-icon

メンテナンスの基本 – パソコン内部の掃除

パソコンの寿命に関わる 意外と重要なパソコンの物理的なメンテナンス パソコンは 発熱するパーツが多く パーツの冷却が正常に行われないと 異常発熱 や 異音、異臭 などが発生するだけでなく、場合によってはパーツが損傷して […]

Motherboard-icon

グラフィックカードの増設

デスクトップPCに グラフィックカード を増設してパワーアップ DVDFab.ch から Google のディープラーニングソフト「 TensorFlow 」を採用したアップスケーリングモジュールがリリースされるなど、人 […]