Chrome OS Flex for free のインストールと設定

無料の ChromeOS 「 CloudReady 」の後継 OS

Chrome OS Flex for free は 米国のソフトウェアベンダー Neverware ( 2020年12月に Google が買収 ) が開発した CloudReady の後継 OS で、ブラウザが Google Chrome になったほか Googleアシスタント や ファミリーリンクが利用可能になり、現在は 安定版ではなく早期バージョン として公開されている。

Chrome OS Flex for free で Playストア は利用不可。
Chrome OS Flex for free を持て囃す記事を目にするが、Chrome OS Flex for free は ブラウザとウェブアプリのみ利用できる 使い勝手が微妙な 初期の Chromebook と同じで、Google の ウェブサービス利用には適しているが 汎用性はない。

システム要件

Chrome OS Flex をインストールする際に必要なものは、 8GB以上の USB フラッシュメモリ のほか、インストールメディアを作成する Windows / Mac / Chromebook いずれかのパソコン と Chrome OS Flex をインストールするアーキテクチャが 64bit のパソコン。

Chrome OS Flex for free

バージョン 100. 0 現在

CPU : Intel / AMD 64bit 互換
RAM:4GB 以上
ストレージ:16GB 以上の空き

Intel の GPU [ Intel GMA 500 / 600 / 3600 / 3650 ]  はサポート外
Chrome OS Flex には動作テスト済みの認定モデルがあるので、インストールするデバイスが存在するか事前確認を推奨。

Chrome OS Flex 認定モデル

インストールメディア作成アプリ ( ブラウザ拡張機能 )

Google Chrome または Chromium ベースの ブラウザ

ソフトの入手先

Chrome OS Flex for free は Chromebook のリカバリーメディアを作成する ブラウザ拡張機能 Chromebook リカバリ ユーティリティ を使用して インストールデバイスを作成する。

chrome ウェブストア Chromebook リカバリ ユーティリティ

Chrome OS Flex for free のダウンロードページ からは インストールガイド を確認できるが、Chrome OS Flex for free 本体のダウンロード や インストールメディアは作成できない。

インストールメディアの作成

Chromebook リカバリ ユーティリティ を使用して 8GB 以上の USBドライブ ( SanDisk製は非推奨 )  で インストールメディアを作成する。

Live USB で利用する場合は USB 3.0 以上を推奨。

ChromeOS-recovery-026

Chromeウェブストア から Chromebook リカバリ ユーティリティ を「 Chrome に追加 」で 拡張機能を追加。

Chromebook Recovery-027

拡張機能 から Chromebook リカバリ ユーティリティをクリック。

Chromebook Recovery-028

Chromebook のリカバリ メディアの作成 ウィザードが起動するので「 始める 」。

ChromeOS-Flex-early-006

Chromebook の識別 になるので リストからモデルを選択 をクリック。

ChromeOS-Flex-early-007

メーカーを選択 のリストから Google Chrome OS Flex を選択し、製品を選択 のリストから Google Chrome OS Flex ( Developer-Unstable )を選択して「 続行 」。

Chromebook Recovery-030

8GB 以上 の USBメモリを パソコンにセット。

デバイスに保存されているデータは消去されるので事前に確認しておく。

Chromebook Recovery-034

使用するデバイスを選択して「 続行 」。

Chromebook Recovery-033

「 今すぐ作成 」でリカバリメディアを作成。

Chromebook Recovery 013

プログラムをダウンロード後に 解凍して USB メモリに書き込みを行う。

インストールガイド にも記載されているが、処理中に 異常なパーセンテージを表示するのは正常なので問題ない。

ChromeOS-Flex-early-008

処理中 ドライブのフォーマットに関するダイアログが表示されるので「 キャンセル 」で閉じる。

Chromebook Recovery 014

「 完了 」をクリックすると Chromebook リカバリユーティリティ が閉じる。

Chromebook リカバリ ユーティリティ が強制終了する場合

使用環境によっては リカバリイメージのダウンロード後に 解凍 まで進むが、USBメモリ への書き込みが開始すると Chromebook リカバリ ユーティリティ が強制終了する場合がある。

強制終了時の基本的な対処法
・ブラウザを管理者モードで起動する。
・別のパソコンを使用する。
・別のUSBメモリを使用する。
・別のUSBコネクタを使用する。
Google Chromeのデベロッパー版 Chrome Canary で試行してみる。
対処法として 成功率が最も高いのは 別のパソコンを使用 で、経験則 では デスクトップ PC よりも ノート PC を使用したほうが成功する確率が高い。

Chrome OS Flex for free のインストール

Chrome OS Flex for free をインストールするパソコンで UEFI / BIOS を起動し、ブート設定で USBディスクを 1st Boot に設定。

Chrome OS Flex for free は Live USB で使用できるので、ストレージにインストールする前に Live USB で動作確認をする。

ChromeOS-Flex-early-009

USB メディアが読み込まれると  ChromeOS に組み込まれている スクリーンリーダー ChromeVox に関するダイアログが表示されるので、読み上げが不要であれば「 No,continue 」。

ChromeOS-Flex-early-010

CloudReady 2.0の ウエルカム画面が表示されたら 日本語化するため English ( United States ) をクリック。

ChromeOS-Flex-early-011

言語キーボード日本語 に変更して「 OK 」。

ChromeOS-Flex-early-012

CloudReady 2.0 へようこそになるので「 始める 」。

ChromeOS-Flex-early-013

Live USB で利用する場合は 試してみる、ストレージをフォーマットして Chrome OS Flex をインストールする場合は CloudReady 2.0 をインストールを選択して「 次へ 」

Live USB

試してみるを選択すると ネットワーク や Google アシスタントの設定後 に Chrome OS が起動する。

ChromeOS-Flex-early-014

ネットワークの接続設定。

ChromeOS-Flex-early-015

利用規約を確認して問題なければ「 同意して続行 」。

Cloudready-004

利用者を選択。

ChromeOS-Flex-early-017

Googleアカウント でログイン。

ChromeOS-Flex-early-018

アカウントの同期設定を選択。

ChromeOS-Flex-early-020

匿名のデータ収集に関する記載が表示されるので、確認して問題なければ「 同意して続行 」。

ChromeOS-Flex-early-021

Google アシスタント を設定。

ChromeOS-Flex-early-022

セットアップが完了したら「 始める 」。

ChromeOS-Flex-early-029

Chrome OS が起動する。

ChromeOS-Flex-early-030

CloudReady と同じで ブラウザ と ウェブアプリ を使用できるが、Chromebook のように Playストア から Androidアプリ をインストールすることはできない。

ChromeOS-Flex-early-023

次回起動時からは ログイン画面が表示される。

CloudReady 2.0 のインストール

デバイスに Chrome OS をインストールすると 起動時間の短縮などが期待でき、公式でも ストレージへのインストールが推奨されている。

ChromeOS-Flex-early-024

Live USB でセットアップした場合は ログイン画面の「 CloudReady をインストール 」をクリック。

ChromeOS-Flex-early-025

CloudReady 2.0 のインストール画面が開くので「 CloudReady 2.0 をインストール 」。

ChromeOS-Flex-early-027

ストレージのデータ抹消に関するダイアログが表示されるので「 インストール 」で実行。

ChromeOS-Flex-early-028

正常にインストールされていれば 再起動後に Chrome OS が起動する。

CloudReady 2.0 をインストールを 認定モデルではない ASUS X301A にインストールしたところ、ストレージのデータを抹消した状態で インストール完了になり、Chrome OS の起動には至らなかったが、同じ環境で CloudReady はインストールできたので、Chrome OS のインストールに失敗する場合は CloudReady の利用を推奨。
CloudReady-icon

CloudReady Home のインストールと設定

古いパソコンのリユースに最適な無料の Chrome OS CloudReady は 米国のソフトウェアベンダー Neverware ( 2020年12月に Google が買収 ) が開発した Chromium OS ベ […]

関連記事

android-icon

Android x86 のインストールと設定

PC にインストール可能なオープンソースの Android OS Android-x86 はモバイル用の Android を x86 系のコンピュータで使用できるようにした オープンソースで開発されている OSで、サポー […]

Google-Chrome-icon

Chromebook でブータブルUSB を起動する方法

Chromebook のファームウェアを更新して 起動用USB へのアクセスを可能にする Chromebook は UEFI / BIOS を呼び出して 起動順位を変更することができず、ブータブルUSB を使用する場合は […]

Google-Chrome-icon

Chromebook の基礎知識

Google が開発した Chrome OS 搭載のリーズナブル モバイルデバイス Chromebook は Google が開発した Linux ベースの オペレーティングシステム Chrome OS を搭載し、ブラウ […]

Google-Chrome-icon

ChromeOS のリカバリ と再インストールの手順

Chromebook が「Chrome OS が存在しないか破損しています。」 で起動しなくなった際の対処法 と ChromeOS の再インストール Chromebook がOS の不具合で起動しなくなった場合はリカバリ […]

Google-Chrome-icon

Chromebook での ブータブルUSB 使用条件

Chromebook の ファームウェア と ファームウェアのインストールが可能なデバイスの確認方法 Chromebook は ブータブルUSB からの起動が制限されており、モデルによっては物理的に不可能に近い場合もある […]

Google-Chrome-icon

Chrome OS Flex for free のインストールと設定

無料の ChromeOS 「 CloudReady 」の後継 OS Chrome OS Flex for free は 米国のソフトウェアベンダー Neverware ( 2020年12月に Google が買収 ) が […]