Chromebook でブータブルUSB を起動する方法

ChromeOS-Flex-icon

ブータブルUSBが利用できるデバイス

Chromebookは UEFI/ BIOSを呼び出して起動デバイスの指定ができないため、ファームウェアの更新が必要になるが、すべてのモデルでファームウェアが更新できるわけではない。

USBドライブから起動しても ChlomeOS 以外の OS のインストールにはかなり面倒で高度な作業が必要になるので、基本は Live USBでの操作になる。

Chrome OS の起動モード

  • 通常モード
    Googleが署名した ChromeOSのみ起動可能で、Chromebookのデフォルトモード。
  • リカバリモード
    通常モードの起動に失敗した場合に移行し、Googleが署名した ChromeOSのリカバリ用 USB/ SDカードを起動。
  • デベロッパーモード
    署名チェックが無効になり、キーストロークで起動先の指定が可能になる。
    Ctrl + D:内部ストレージの ChromeOS
    Ctrl + U:USBの ChromeOS

デベロッパーモードへの変更

ChromeOS-recovery015

デバイスの電源オフの状態から ESC + 更新 キーを押しながら 電源ボタンを押して リカバリモード を起動。

Chromebookをデベロッパーモード に切り替えると、デバイスは工場出荷時の状態に初期化されるため、必要なデータは事前にバックアップ する。

デベロッパーモードは メーカーや Googleのサポート対象外。

Chromebook-Usbboot-013

リカバリモード 復元用の USBメモリまたは SD カードを挿入してください。の画面で Ctrl + D キー。

Chromebook-Boot-from-USB-003

OSの確認機能(OS verification)とローカルデータのクリアに関するメッセージが表示されたら Enter キー。

Chromebook-Boot-from-USB-004

OSの確認がオフになっています 。と表示されたら再度 Ctrl + D キーを押す。

デベロッパーモードに変更後は電源を入れる度に「OSの確認がオフになっています。」の画面が表示される。

Chromebook-Boot-from-USB-005

メッセージが表示された後にデベロッパーモードへの変更が実行され、処理が完了するとデバイスが再起動する。

Chromebook-Boot-from-USB-004

処理が完了するとビープ音が鳴り、「OSの確認がオフになっています。」の画面が表示されるので、ウエルカム画面が表示されるまで待つ。

Chromebook-Boot-from-USB-006

Chrome OSが起動したらセットアップしてデバイスを再起動。

Chromebook-Boot-from-USB-004

「OSの確認がオフになっています。」の画面が表示されたら Ctrl + D キーを押し、Chromebookにログイン。

Ctrl + D キーを押さなくても 30秒経過したらビープ音が鳴ってログイン画面が表示される。

ファームウェアの更新

Chromebook-Usbboot-004

Chrome OSが起動したら Ctrl + Alt + T キーを押して Crosh を開く。

Chromebook-Usbboot-006

Ctrl + Shift + Pターミナルの設定 を開き、左サイドパネルの キーボード キーボードとマウス などの項目にある Ctrl+C キーのコピーの動作Ctrl+V キーの貼り付けの動作 を有効にする。

Chromebook-Usbboot-005

crosh> の後に shell と入力して Enter キー。

デベロッパーモードになっていないと shell コマンドは受け付けない。

Chromebook-Usbboot-014

下記のコードをコピーして chronos@localhost / s の後に貼り付けて Enter キーを押すとファームウェアのダウンロードが開始する。

cd; curl -LO mrchromebox.tech/firmware-util.sh
sudo install -Dt /usr/local/bin -m 755 firmware-util.sh
sudo firmware-util.sh

Ctrl + V で ペーストできない場合は Ctrl + Shift + V を使用。

Chromebook-bootable-usb-013

ファームウェアが更新されるとデバイスの情報が表示されるので、RW_LEGACY Firmware を更新する場合は 1 と入力して Enter キー。

ライトプロテクトを解除して UEFI Firmwareを更新する場合は「2」を選択。

Chromebook-bootable-usb-014

Default to booting from USB ? と表示されたら y と入力して Enter キー。

「Default to booting from USB ?」が表示されない場合は、モデルが RW_LEGACY Firmware をサポートしているか要確認。

Chromebook-bootable-usb-015

RW_LEGACY Firmware の インストールが完了して RW_LEGACY firmware successfully installed/updated と表示されたら Enter キーでメインメニューに戻り、 R キーを押して Enter で デバイスを再起動。

スクリプトの詳細については ChromeOS Firmware Utility Script を参照。

ブータブルUSB の起動

Chromebook-Boot-from-USB-004

ファームウェアを更新したら、起動用の USBを Chromebookにセットし、デベロッパーモードの OS確認画面Ctrl + L を押す。

ChromeOS を起動する場合は Ctrl + D

Chromebook-bootable-usb-017

SeaBIOS が起動した瞬間に ESC キーを押すとブートメニュー になり、タイミングを外すとセットした USBドライブを読み込む。

レガシーブートモード の有効化

Chromebook-Boot-from-USB-004

ファームウェア更新時に Default to booting from USB を有効にしても USBドライブを読み込まない時は、レガシーブートモードを有効にするため、デベロッパーモードの OS確認画面Ctrl + D を押す。

Chromebook-Boot-from-USB-009

Chromebook のログイン画面が表示されたらログインせずに Ctrl + Alt+ → キー を押す。

Chromebook-Boot-from-USB-010

デベロッパー コンソールウインドウが開くので、localhost login: の後に chronos と入力して Enter キー。

Chromebook-bootable-usb-018

chronos@localhost / s の後に sudo crossystem dev_boot_usb=1 dev_boot_legacy=1 と入力して Enter キーを押し、sudo poweroff と入力して電源を切ってから、再度ブータブルUSBから起動。

関連記事
ChromeOS-Flex-icon

Chromebook のセットアップと基本操作

Index Chromebook の特徴Chrome OS のセットアップシャットダウンとスリープアプリストレージとファイルマネージャー共有フォルダのマウント印刷 Chromebook の特徴 Goo…

ChromeOS-Flex-icon

ChromebookでのブータブルUSB 使用条件

Index Chromebook のブータブルUSBChromeOS以外のブータブルUSB起動条件サポートデバイスの確認ファームウェアの更新 Chromebook のブータブルUSB Googleの署…

ChromeOS-Flex-icon

ChromeOS のリカバリと再インストールの手順

Index 「Chrome OS が存在しないか破損しています」の対処法デバイスの電源を入れ直すデバイスのリセット(初期化)ChromeOS のリカバリーメディア作成Chromebook のリカバリC…