CloudReady Home のインストールと設定

CloudReady-icon

古いパソコンのリユースに最適な無料の Chrome OS

CloudReady は 米国のソフトウェアベンダー Neverware ( 2020年12月に Google が買収 ) が開発した Chromium OS ベースの オペレーティングシステムで、 無料利用可能な Home エディションを使用して 古いパソコンを Chromebook としてリユースできる。

CloudReady で Google Play ストア は利用不可。
2022年 2月に CloudReady の後継になる Chrome OS Flex for free の 早期バージョンが公開され、Chrome OS Flex for free の安定版がリリースされると、既存の CloudReady は Chrome OS Flex for free にアップグレードされる予定になっている。
Google-Chrome-icon

Chrome OS Flex for free のインストールと設定

無料の ChromeOS 「 CloudReady 」の後継 OS Chrome OS Flex for free は 米国のソフトウェアベンダー Neverware ( 2020年12月に Google が買収 ) が […]

・Chromium OS のサポートが 64bit 環境のみになったため、32bit 版の CloudReady は廃止され、アップデートも 2019年 8月で停止。
・Windows 10 の大型アップグレードで デュアル環境の CloudReady が破壊されるため、Windows とのデュアルブートは 2018年 6月に廃止。

システム要件

CloudReady をインストールする際に必要なものは、8GB もしくは 16GB の USB フラッシュメモリ のほか、インストールメディアを作成する Windows / Mac / Chromebook いずれかのパソコン と Chrome OS Flex をインストールするアーキテクチャが 64bit のパソコン。

CloudReady

バージョン 94. 4 現在

CPU : 64bit
RAM:2GB 以上
ストレージ:16GB 以上の空き

Intel の GPU [ Intel GMA 500 / 600 / 3600 / 3650 ]  はサポート外
CloudReady には動作テスト済みの認定モデルがあるので、インストールするデバイスが存在するか事前確認を推奨。

CloudReady 認定モデル

インストールメディア作成アプリ

OS: Windows 7 以降

ソフトの入手先

CloudReady Home エディション ダウンロードページ

インストールメディアの作成

使用する USB メモリは 8GB もしくは 16GB のみ利用可能 で、SanDisk の USB メモリは利用不可。
Live USB で使用する場合は USB 3.0 の使用を推奨。

cloudready-home-009

ダウンロードページの「 INSTALL THE HOME EDITION 」をクリック。

cloudready-home-010

インストールの手順が表示されるので、少しスクロールして「 DOWNLOAD USB MAKER 」をクリックしてインストーラーをダウンロード。

CloudReady Home 026

ダウンロードした CloudReady -usb-maker を開くと セットアップウィザードが開始するので、SanDisk 製 以外の 8GB か 16GB の USBメモリを PC にセットして「 Next 」。

CloudReady Home 028

PC にセットした USBメモリを正しく認識しているか確認の上 チェックを入れて「 Next 」。

CloudReady Home 029

USBメディアの作成が開始する。

CloudReady Home 030

処理が完了したら「 Finish 」でセットアップウィザードを終了して USB メモリを PC から外す。

CloudReady Home 032

Windows がフォーマットするか訊いてくるので「 キャンセル 」もしくは「 X 」でダイアログを閉じる。

Chromebook リカバリーユーティリティを使用する場合

USB MAKER で作成した インストールメディア が正常に動作しない時 や 作成時にエラーが発生する場合は、Chromebook リカバリーユーティリティを使用して CloudReady のイメージファイルからインストールメディアを作成することもできる。

cloudready-home-011

CloudReady のダウンロードページから Create USB installer manually の「 DOWNLOAD 64-BIT 」をクリックして Zip ファイル をダウンロード。

CloudReady Home 002

Chromebook リカバリ ユーティリティを起動し、 右上のアイコンから ローカルイメージを使用 を選択して ダウンロードした Zip ファイルを指定。

詳細は 下記参照
Google-Chrome-icon

ChromeOS のリカバリ と再インストールの手順

Chromebook が「Chrome OS が存在しないか破損しています。」 で起動しなくなった際の対処法 と ChromeOS の再インストール Chromebook がOS の不具合で起動しなくなった場合はリカバリ […]

CloudReady のインストール

CloudReady をインストールするパソコンで UEFI / BIOS を起動して、ブート設定で USBディスクを 1st Boot に設定。

CloudReady Home 037

USB メディアが読み込まれると  CloudReady のロゴが表示されので、次の画面に切り替わるまで待つ。

Cloudready-002

ウエルカム画面が表示されたら 日本語化するため English ( United States ) をクリック。

ChromeOS-Flex-early-011

言語キーボード日本語 に変更して「 OK 」。

Cloudready-003

Chrome デバイスへようこそになるので「 始める 」。

ChromeOS-Flex-early-014

ネットワークの接続設定。

ChromeOS-Flex-early-015

利用規約を確認して問題なければ「 同意して続行 」。

Cloudready-004

利用者を選択。

ChromeOS-Flex-early-017

Googleアカウント でログイン。

ChromeOS-Flex-early-018

アカウントの同期設定を選択。

Cloudready-005

セットアップが完了したら「 始める 」。

Cloudready-006

CloudReady が起動し、Live USB で利用可能になる。

CloudReady のインストール

デバイスに CloudReady をインストールすると 起動時間の短縮などが期待でき、動作も安定する。

Cloudready-007

CloudReady のインストールは Live USB で起動した状態から、システムトレイをクリックして Install OS を選択。

Cloudready-008

表示内容を確認して「 INSTALL CLOUDREADY 」をクリック。

インストール中のデータ損失 や CloudReady が正常に動作しなくても責任は負わないという主旨の内容になっている。

Cloudready-009

「 ERASE HARD DRIVE & INSTALL CLOUDREADY 」をクリックして実行。

インストールを実行するとストレージのデータはすべて消去され、インストール後は 再度 言語 や ネットワークの設定が必要。
インストールが完了すると自動的にシャットダウンするが、放置していると途中でスリープ状態になって 復帰できない可能性が高いため、定期的にカーソルを動かしておくことを推奨。

シャットダウン直前に画面が暗くなるので 完全に電源が落ちていることを確認してからUSBメモリを取り外す。

Cloudready-006

正常にインストールされていれば 電源を入れると CloudReady が起動する。

現バージョンでは メディアプラグインスワップ領域 の設定は不要。
ASUS TransBook T100TA

2014年にリリースされた10.1インチ 2 in 1の 格安ノート PC  TransBook T100TA に 64bit 版の CloudReady をインストール。

CPU :Atom Z3775(1.46GHz)
RAM:2GB

cloudready040

TransBook T100TA のBIOS の呼び出しは特殊で、 Shift キーを押しながら PC を 再起動 し、起動時に F2 キー もしくは Shift キーを押しながら PC を シャットダウン してから F2 キーを押しっぱなしで 電源を入れる。

cloudready038

USBメモリからのBoot は USBメモリを PC にセットした状態で BIOS を呼び出し、 Boot タブで Boot Option #1 をセットした USB メモリに変更し、Windows Boot Manager が表示されている場合は DisabledSecure BootDisabled にしてから 設定を保存して起動。

cloudready057

ASUS TransBook T100TA はタッチパネルなので  Chromebook 化との相性は良い。

ASUS TransBook T100TA は タブレット側に eMMCが32GB、キーボード側に 500GBの HDD のストレージを実装しているが CloudReady は HDDにインストールされる。
不具合らしきものは「 スリープ状態から復帰しない 」現象を確認しており、電源ボタンの長押しで 強制終了するしか対処法がなく モバイル PC としては結構 致命的だったりする。
Epson Direct Na01 mini

2008年にリリースされたウルトラモバイルの走り Epson Direct の Na01 miniに 32bit版の CloudReady をインストール。

現在 32bit 版 の CloudReady は提供されていません。

CPU :Atom N270(1.6GHz)
RAM:1 GB

システム要件を満たしていないが動作可能(スワップ領域設定)

cloudready007

Na01 mini は起動時に F2 で BIOS が呼び出せる。

cloudready008

USBメモリを 1st Boot に設定して CloudReady をインストール。

cloudready023

Windows XP が走っていたときよりも動作は軽く、ネットサーフィン程度なら使用できるレベルになった。

関連記事

android-icon

Android x86 のインストールと設定

PC にインストール可能なオープンソースの Android OS Android-x86 はモバイル用の Android を x86 系のコンピュータで使用できるようにした オープンソースで開発されている OSで、サポー […]

Google-Chrome-icon

Chromebook でブータブルUSB を起動する方法

Chromebook のファームウェアを更新して 起動用USB へのアクセスを可能にする Chromebook は UEFI / BIOS を呼び出して 起動順位を変更することができず、ブータブルUSB を使用する場合は […]

Google-Chrome-icon

Chromebook の基礎知識

Google が開発した Chrome OS 搭載のリーズナブル モバイルデバイス Chromebook は Google が開発した Linux ベースの オペレーティングシステム Chrome OS を搭載し、ブラウ […]

Google-Chrome-icon

ChromeOS のリカバリ と再インストールの手順

Chromebook が「Chrome OS が存在しないか破損しています。」 で起動しなくなった際の対処法 と ChromeOS の再インストール Chromebook がOS の不具合で起動しなくなった場合はリカバリ […]

Google-Chrome-icon

Chromebook での ブータブルUSB 使用条件

Chromebook の ファームウェア と ファームウェアのインストールが可能なデバイスの確認方法 Chromebook は ブータブルUSB からの起動が制限されており、モデルによっては物理的に不可能に近い場合もある […]

Google-Chrome-icon

Chrome OS Flex for free のインストールと設定

無料の ChromeOS 「 CloudReady 」の後継 OS Chrome OS Flex for free は 米国のソフトウェアベンダー Neverware ( 2020年12月に Google が買収 ) が […]