OneDrive のインストールと使い方

Microsoft-OneDrive-icon
LINEで送る
Pocket

Windowsの標準オンラインストレージサービス

OneDriveはMicrosoft謹製のオンラインストレージサービスで、PCだけでなくスマホやタブレットなどマルチデバイスに対応している。

MS OfficeやWindowsに統合されており、Microsoftアカウントで利用できる各サービスと連携しているのが最大の魅力になっている。

cloud3

OneDriveはDropboxやGoogleドライブと同じローカルPCと同期型のオンラインストレージサービスで、OneDriveフォルダ内のファイルが変更されると、オンライン上のファイルも最新のものへ更新される仕組み。
また、同一アカウントのOneDriveがインストールされている別のパソコンを起動すると、そのパソコンのOneDriveフォルダも自動的に同期され、同一ファイルが各PCのローカルディスクへ保存される。

Windows10とWindows8.1ではデフォルトでデスクトップアプリを実装しており、Microsoftアカウントでログインすると、PC上のOneDriveフォルダに保存されたデータがオンライン上の保存領域に同期される。

2015年末に実施された改悪以降、OneDriveのストレージ容量は無料プランで5GB。
アップロード可能なファイルサイズは10GBになっている。
※OneDriveのストレージ容量の移り変わりはOneDriveの黒歴史を参照

OneDriveには「個人版」と「ビジネス版」があり、Windows10に実装されているOneDriveは「個人版」。
「ビジネス版」はMS Office365のビジネスプランに付属しているもので、「個人版」と「ビジネス版」は同時利用が可能。

システム要件

デスクトップアプリ バージョン2019(ビルド19.086.0502.0006)現在

OS:Windows7 / Windows8(8.1) / Windows10 (32bit & 64bit)
CPU:1.6GHz以上のPC互換機
RAM:1GB以上
解像度:1024 x 576 以上

※ブラウザに関してはIE、Chrome、Firefox、Safari の最新バージョンの使用を推奨。

ソフトの入手先

OneDrive公式デスクトップアプリ ダウンロードページlink

Windows8.1 ・ Windows10ではデスクトップアプリがWindowsの機能として実装済みなのでインストールは不要



Microsoftアカウント

OneDriveを使用するにはMicrosoftアカウントが必須なので、アカウントを持っていない場合は、事前にMicrosoftアカウントを取得しておく。

Microsoft-Tile-icon

Microsoftアカウントの取得と設定

Microsoft オンラインアカウントの作成と管理 「Microsoftアカウント」はもともとMicrosoftが提供しているOneDriveなどのウェブサー … “Microsoftアカウントの取得と設定” の続きを読む

OneDriveのインストールとセットアップ

Windows10の場合は前述のようにデフォルトでOneDriveを実装しているためインストールは不要。
アップデートも自動実行されるので、Microsoftアカウントでサインインするだけで利用できる。

OneDrive067

何らかの原因でOneDriveの再インストールが必要な場合は、ダウンロードページの「ここをクリックしてダウンロードします。」のリンクからインストーラーをダウンロードできる。

OneDrive060

Windows10でインストーラーを実行すると、セットアップは全て自動実行されるので、進捗を眺めているだけ。

OneDrive006

OneDriveの利用を開始する場合は、スタートメニューからOneDriveを実行するか、OneDriveのフォルダを開くか、タスクトレイに常駐しているOneDriveのアイコンをクリックする。

設定画面が開くので「メールアドレスを入力してください」のテキストボックスにMicrosoftアカウントを入力して「サインイン」。

OneDrive062

続いてMicrosoftアカウントのパスワードを入力してサインイン。

OneDrive008

OneDriveフォルダの場所を変更する場合は、「場所の変更」をクリックして任意の場所を指定する。

フォルダの保存場所はセットアップ後でも変更可能なので、取り敢えず「次へ」でもOK。

OneDrive063

Office Soloの広告が表示されるので「後で」をクリック。

OneDrive064

チュートリアルが開始するので「>」右矢印をクリック。

OneDrive065

チュートリアルはスキップしがちだが、Windows8に実装して不評を買った「プレースホルダー」の改良版「ファイルオンデマンド」の説明が表示されるので、目を通しておいたほうが良いかも。

OneDrive066

チュートリアルが終了して、OneDriveフォルダを開いたら完了。

OneDriveの使い方

OneDriveの大きな特徴はデフォルトで有効になっているファイルオンデマンド。
ファイルオンデマンドはローカルストレージを消費せず、使用するファイルのみダウンロードするので非常に効率的な反面、ファイルがクラウド上に保存されているためオフラインではファイルを開くことができず、ファイルを開く際も通信速度に依存し、回線速度が遅かったり、サイズが10Mを超えるようなファイルは開くまでにタイムラグが発生するなどのデメリットがあるので、使用環境に合わせた設定が必要になる。

OneDrive069

OneDriveはタスクトレイに常駐し、OneDriveフォルダに保存されたデータを自動的にオンラインストレージに同期するため、アプリケーションを操作することはほとんどない。

OneDrive073

チュートリアルで表示されていた通り、OneDriveフォルダに保存したファイルやフォルダには、現在のステータスアイコンで表示されている。

ファイルオンデマンドが有効になっていると、同期したファイルやフォルダはすべて「オンライン限定」のクラウドアイコンになっており、使用する際にオンラインであればシームレスでダウンロードが実行されるが、オフラインではファイルを開くことが出来ない。

OneDrive075

ファイルオンデマンドが有効になった状態でダウンロードしたファイルやフォルダは、「このデバイスで常に保存する」に設定せず、Windowsの「ストレージセンサー」が有効の場合は、ストレージセンサーの設定に従って「オンライン限定」の状態になる。

「ストレージセンサー」はデフォルトで無効になっているはずだが、オフライン環境で使用するつもりだったファイルが突然オンライン限定になって焦ることがないよう、「スタート」→「設定(ギアアイコン)」→「システム」→「ストレージ」で「ストレージセンサー」の設定を要確認。

OneDrive074

タスクトレイに常駐しているアイコンは現在の同期状態を表している。

進入禁止マーク:アカウントが停止している
Xマーク:同期に問題が発生している
!マーク:アカウントに問題が発生している
回転矢印マーク:同期中
一時停止マーク:同期が一時停止中
無印のグレーアウト:OneDriveにログインしていないかセットアップが未完

基本設定

OneDriveの設定では「ファイルオンデマンドの無効化」「同期するフォルダの選択」「バックアップ」「アカウントの追加」「トラフィックの制限」などがある。

OneDrive070

タスクトレイにあるOneDriveアイコンからクリックし、「その他」のメニューリストから「設定」を選択。

ファイルオンデマンドの設定

ローカルストレージを消費しないファイルオンデマンドは、モバイルデバイスでは非常に有効な機能で、指定したフォルダを常時ローカルストレージに同期させることも可能なので、特段の理由がない限りは有効のままで問題ない。

OneDrive072

ファイルオンデマンドを無効にする場合は「設定」タブの「容量を節約し、ファイルを使用する時にダウンロード」のチェックを外す。

他のPCからのアクセスを有効にする

「OneDriveを使ってこのPC上のファイルにアクセスする」を有効にすると、ウェブ版のOneDriveにPCの各ドライブが表示され、任意のファイルやフォルダにアクセスし、ダウンロードやアップロードが可能になる。

OneDrive076

ただし遠隔地からPCの操作が可能になるリモートデスクトップとは異なり、アクセスできるのはドライブ内のファイルのみだが、利用する場合はアクセスするPCが起動していることが前提条件になるため、PCを常時起動しておくかWake On Lanの設定が必要になる。

dvd-shrink0011

Windows10の Wake On Lan (WOL)設定

遠隔操作でWindowsを起動させるためのWake On Lan設定 Wake On Lan(WOL)はスリープ状態やシャットダウンしているパソコンに対して、マ … “Windows10の Wake On Lan (WOL)設定” の続きを読む

OneDrive079

「OneDriveを使ってこのPC上のファイルにアクセスする」を有効にすると、ウェブ版OneDriveの左ナビゲーションに「PC」という項目が表示され、設定を有効にしたPC名が表示される。

OneDrive078

表示されているPCがオンラインであれば、本人確認の認証を行った後にPC内のドライブなどにアクセスが可能になる。

アカウントの追加

OneDriveは個人用アカウントと、ビジネス用の「OneDrive for Business」のアカウントが併用可能になっている。

OneDrive015-1

法人向けのOffice365を利用してる場合は「アカウント」タブの「アカウントを追加」からログイン情報を入力すると、個人向けのOneDriveと同様のセットアップ方法で、新たなOneDriveフォルダが生成される。

OneDrive068

個人用とビジネス用は別々に動作し、「OneDrive for Business」のタスクトレイアイコンは青色で表示される。

設定項目などは個人用とほぼ同じだが「OneDrive for Business」ではスクリーンショットの自動保存や、他のPCからのアクセス設定、写真・動画の自動保存などの機能が削除されている。

OneDrive019

現在の同期を解除するには「このPCのリンクを解除」をクリックし、確認メッセージの「アカウントのリンク解除」を選択すれば、オンラインストレージとの同期が解除される。

同期フォルダの選択

ファイルオンデマンドが有効であれば、同期するフォルダを指定する必要性も薄れてしまうが、ファイルオンデマンドの有効・無効に関わらず、同期するフォルダは指定が可能。

OneDrive080

「フォルダーの選択」をクリックするとクラウドのOneDriveに保存されているフォルダやファイルが表示されるので、同期するオブジェクトにチェックを入れる。

バックアップ

OneDriveには「バックアップ」として「デスクトップ」「ドキュメントフォルダ」「画像フォルダ」を自動的に保存する機能を実装いる。

ただし「Googleドライブ バックアップと同期」と異なり、バックアップ設定したすべてのデバイスで「同期」されてしまうため、バックアップ設定したすべてのデバイスのデスクトップやドキュメントフォルダのデータが混在した状態になる。

OneDrive081

「バックアップ管理」をクリックしてセットアップするのだが、単にOneDriveフォルダの他に「デスクトップ」「ドキュメント」「画像」フォルダの同期を追加するだけなので、「Googleドライブ バックアップと同期」のような本来のバックアップとは少々ニュアンスが異なる。

OneDrive083

 

「バックアップ」は「デスクトップ」「ドキュメント」「画像」の各フォルダと、OneDriveフォルダが同じドライブに保存されていることが使用条件になっている。

写真や動画の自動保存はスマホでお馴染みの機能で、有効にすると対象となるデバイスを接続した際に画像と動画がOneDrive内に取り込まれる。

スクリーンショットの自動保存を有効にすると、キャプチャした画像データが自動的にpngファイルとしてOneDriveの「画像」→「スクリーンショット」フォルダに保存される。

ネットワーク

「ネットワーク」タブではアップロードおよびダウンロードの速度がデフォルトで「無制限」になっているので、同期速度を優先させるなら変更の必要はない。

OneDrive017

トラフィックを制限したい場合は任意の数値を設定する。

Office

Microsoft Officeを使用して、保存先に同じアカウントのOneDriveを指定した環境下で、WordやExcelの共同作業が可能になる。

OneDrive085

 

デフォルトでファイルの共同作業は有効になっている。

OneDrive086

Officeファイルを保存する際にOneDriveを指定する。
※個人用・ビジネス用どちらも可

OneDrive087

同じアカウントのOneDriveに接続したユーザーが、OneDrive内のOfficeファイルを開くと、共同作業が可能になる。

ファイルオンデマンドのステータス変更

ファイルオンデマンドはデフォルトですべてのオブジェクトが「オンライン限定」になっており、使用の際にダウンロードすることになるが、必要なオブジェクトは個別にオフラインでも使用できるよう常時ローカルストレージに保存するよう変更できる。

OneDrive088

「オンライン限定」の雲アイコンの付いたオブジェクトのコンテキストメニュー(右クリックメニュー)から「このデバイスで常に保持する」を選択。

OneDrive089

同様に「使用したオブジェクト」や「このデバイスで常に保持する」に設定したオブジェクトは、コンテキストメニューから「空き領域を増やす」を選択すると「オンライン限定」に変更できる。

Web版での操作

アルバムの作成や「OneDriveを使ってこのPC上のファイルにアクセスする」を有効にしているPCへ接続はオンラインOneDriveで実行する。

OneDrive091

オンラインOneDriveへのアクセスはタスクトレイアイコンから「オンラインで表示」を選択するか、OneDriveフォルダ内のオブジェクトのコンテキストメニューから「オンラインで表示」を選択。

OneDrive090

オンラインOneDriveはブラウザ上でのドラッグアンドドロップでオブジェクトの移動やアップロードが可能。
アップロード上限は1つのファイルサイズが10GB。

OneDrive092

ダウンロードなどはオブジェクトを選択してコンテキストメニューから選択するか、オブジェクト選択時に表示される上部メニューから行う。

OneDrive038

オンラインOneDriveは時折アクセスすると英語表記になったりするので、その場合は英語表記のままサインインして右上にある「ギアアイコン」から「English(もしくは表記されている言語)」をクリック。

OneDrive039

ランゲージのメッセージボックス表示されるので「日本語」を選択後に「Save」で、日本語表記になる。

バージョン管理

OneDriveではファイル単位でのバージョン管理が可能で、オンラインOneDrive上で変更したファイルを、変更前の状態でダウンロードできる。

OneDrive099

変更されたファイルをロールバックする場合は、ファイルを選択して上部メニューの「バージョン管理」を選択。

OneDrive100

ロールバックしたい「更新日」を選択すると、その時点のファイルがダウンロードする。

最新のファイルはOneDriveに保存されたままなので、ロールバックした状態で保存したい時は、ダウンロードしたファイルで上書きする必要がある。

共有

共有機能ではOneDriveユーザー間で共有されたフォルダを自分のOneDriveへ追加できる。

OneDrive093

OneDriveフォルダ内のオブジェクトへのアクセスを可能にするリンクを作成するには、共有するオブジェクトを選択し、コンテキストメニュー(右クリックメニュー)から「OneDriveリンクの共有」をクリック。

この操作で指定したオブジェクトが共有設定され、クリップボードにオブジェクトへのアクセスするためのリンクがコピーされる。

コピーされたリンクをメールなどに貼り付けて送信すれば、ブラウザ経由で対象のオブジェクトへアクセスでき、編集やダウンロードが可能になる。

ただし「OneDriveリンクの共有」で作成したリンクは、共有先に編集権限が与えられているので、「閲覧のみ」にしたい時は「その他のOneDrive共有オプション」を選択。

OneDrive094

表示されたメッセージの「編集を許可する」のチェックを外すと、閲覧とダウンロードのみの可能になる。
共有の権限に関しては後からでも変更可能。

OneDrive029

共有しているオブジェクトの確認はオンラインOneDriveの左ナビゲーションメニューから「共有」を選択。

「共有元:自分」の項目に表示されているのが共有リンクを作成したオブジェクト。
他のユーザーから共有されたオブジェクトがある場合は、共有元のユーザー名とオブジェクトが下段に表示される。

OneDrive097

 

共有を解除するには、対象のオブジェクトを選択してコンテキストメニューから「共有」を選択し、「リンクの送信」画面の「…」から「アクセス許可を管理」を選択。
もしくは対象ファイルのコンテキストメニューから「詳細」→「アクセス権許可の管理」を選択。

OneDrive098

削除するリンクの「X」をクリックするとメッセージがでるので「リンクの削除」を選択。

共有されたフォルダの追加

Dropboxでは共有の招待を承諾すると自動的に自分のDropbox内に共有されたフォルダが同期されるが、OneDriveでは自分のフォルダに共有されたフォルダを追加して同期するにはオンラインのOneDriveで手動設定が必要。
また、編集権限が与えられていない場合、フォルダの追加は不可。

OneDrive032

共有されたフォルダを選択し、上部メニューの「OneDriveへ追加」というメニューをクリック。

OneDrive033

フォルダ追加の確認メッセージがでるので「フォルダーの追加」をクリック。

OneDrive034

ローカルのOneDriveフォルダ内に追加した共有フォルダが作成されて同期が開始する。以後、追加したフォルダにオブジェクトを追加すると所有者のフォルダにもオブジェクトが追加されるようになる。

同期された共有フォルダはOneDriveフォルダ内での移動も可能で、名称も変更できる。ただし、名称変更は自分のOneDrive環境でのみ有効で、所有者のフォルダには影響を及ぼさない。
また、同期を解除するには、自身のOneDriveフォルダから追加したフォルダを削除するだけ。

OneDrive035

共有されたフォルダが不要な場合は、オンラインOneDriveの「共有」で削除するオブジェクトを選択して、上部メニューの「共有リストから削除します」をクリック。
確認メッセージが出るので「削除」をクリックすると、共有が解除される。

共有権限の変更

共有設定したフォルダの権限変更や共有の削除はオンラインOneDriveで操作する。

OneDrive037

オンラインOneDriveの「共有」から、対象のフォルダを選択すると右ペインに現在の共有状態が表示されるので、変更するユーザーの権限をクリックしてリストから選択。

所有者の操作は絶対で、編集権限を与えていたユーザーが自身のOneDriveにフォルダを追加している状態場合でも、所有者が閲覧のみの権限に変更すると、追加されていた共有フォルダは消失する。無論、「共有を停止」でも同じ。

埋め込み

OneDriveにはオブジェクトをブログやウェブページに埋め込むためのコードを発行する機能があり、任意のオブジェクトを公開できる。

OneDrive040

オンラインOneDriveで公開対象のオブジェクトを選択し、上部メニューから「埋め込み」を選択すると、右ペインにコードの生成ボタンが表示されるのでクリック。

OneDrive041

右ペインにiframeのコードが表示されるので、コードをコピーして公開する箇所に貼り付ける。

※クリックするとOneDriveに飛びます。

フォルダの場合は上記のような感じで、フォルダ内に画像があれば画像がサムネイルで表示され、テキストなどのファイルだとフォルダにサムネイルが表示されず、デフォルトのフォルダが表示される。

オンラインOffice

OneDriveを使用する最大のメリットがオンラインOffice。
DropboxもオンラインOfficeと連携しているのだが、Dropboxの場合は一旦、簡易ビュワーで開いた後、オンラインOfficeで編集する流れになっており、その点においてファイルを開いた時点でオンラインOfficeが起動するOneDriveは使い勝手が良い。

OneDrive042

OneDriveの新規作成メニューには「フォルダ」のほかに、WordやExcelなどオンラインOfficeが含まれており、オンラインOneDriveに保存されているWordやExcelファイルを開くと、オンラインOfficeが起動する。

ウェブアルバム

OneDriveは2015年3月にアルバム機能が追加され、オンラインOneDriveで保存されている画像でアルバムが簡単に作成できるようになった。

OneDrive044

手っ取り早くアルバムを作成するには、アルバムに収める画像を1つのフォルダに集めて、オンラインOneDrive上でフォルダを選択して上部メニューの「フォルダーからアルバムを作成」をクリック。

作成したアルバムに画像を追加するには、追加する画像ファイルを選択し、上部メニューの「アルバムに追加」をクリック。
右ペインに作成したアルバムが表示されるので、追加するアルバムを選択する。

OneDrive045

作成したアルバムは左ナビゲーションメニューの「写真」を選択後、上部メニューの「アルバム」で確認できる。

OneDriveで作成したアルバムlink

OneDrive046

上部メニューの「スライドショー」をクリックするとフルスクリーンでスライドショーが開始する。

OneDrive047

新しいアルバム機能と同時に写真の表示もリニューアルされ、上部メニューの「すべての写真」では画像のメタデータ(Exif)を読み込んで日付順に表示されるようになった。





オンラインストレージ

dropbox_icon

Dropbox のインストールと使い方

連携しているサービスが豊富なオンラインストレージ Dropboxは、ローカル側(パソコン側)のフォルダ内データとクラウド(ネットワーク)上の記憶領域(オンライン … “Dropbox のインストールと使い方” の続きを読む

Microsoft-OneDrive-icon

OneDrive のインストールと使い方

Windowsの標準オンラインストレージサービス OneDriveはMicrosoft謹製のオンラインストレージサービスで、PCだけでなくスマホやタブレットなど … “OneDrive のインストールと使い方” の続きを読む

netdrive-icon

NetDrive 3 のインストールと使い方

オンラインストレージを仮想ドライブ化するユーティリティソフト NetDrive はDropboxやOneDrive、Google Drive、Amazon Dr … “NetDrive 3 のインストールと使い方” の続きを読む

GDrive-Bakup-icon

Googleドライブ バックアップと同期 のインストールと使い方

自動バックアップ機能を実装したGoogleのオンラインストレージサービス Googleドライブのデスクトップアプリが2018年3月で終了することが発表され、後継 … “Googleドライブ バックアップと同期 のインストールと使い方” の続きを読む

AmazonDrive-icon

プライムフォト・Amazon Driveのインストールと使い方

Amazon プライム会員特典の容量無制限 オンラインアルバム 2016年1月にAmazonはプライム会員の特典として、画像のみ容量無制限のオンラインストレージ … “プライムフォト・Amazon Driveのインストールと使い方” の続きを読む





LINEで送る
Pocket