Open Shell/ Classic Shell のインストールと使い方

Open-Shell-icon

Open Shell / Classic Shell の特徴

  • Windowsのスタートメニューを Windows 7や XPのようなクラシックスタイルに変更
  • Windows 11 をサポート
  • オープンソースで開発

Windows 11 のタスクバーやコンテキストメニューをクラシックスタイルにする場合は  Explorer PatcherWindows 11 Classic Context Menu などが必要。

開発元

 2017年 12月に開発が終了した Ivo Beltchev 氏の Classic Shell を継続する形で ge0rdi 氏が開発。

ダウンロード

システム要件

  • バージョン:4.4.191
  • OS:Windows  7/ 8.x/ 10/ 11

インストール

Open-Shell 4.4.190 001

GitHub から最新版のインストーラーをダウンロード。

Pre release は Beta版のため Latest release の利用を推奨。

Winaero Tweaker 1.52 001

ダウンロードしたインストーラーを起動し、Microsoft Defender SmartScreen がブロックした場合は 詳細情報 を開いて「実行」。

Open-Shell 4.4.190 002

セットアップウィザードが開いたら「Next」。

Open-Shell 4.4.190 003

使用許諾書に問題なければ I accept the terms in the License Agreement をチェックして「Next」。

Open-Shell 4.4.190 004

インストールする項目は初期設定で「Next」。

Open-Shell 4.4.190 005

インストールの準備が出来たので「Install」をクリック。

Open-Shell 4.4.190 006

ユーザーアカウント制御のプロンプトが表示されたら「はい」で許可。

Open-Shell 4.4.190 007

「Finish」でインストール完了。

日本語化

opensell-language-001

公式サイトJapanese の項目にある ja-JP.DLL のリンクをクリック。

ランゲージファイルのバージョンは 4.3.0で更新が止まっているが、Open-Shellの 4.4.190でも利用できる。

opensell-language-002

Media Fire のダウンロードページが開くので「DOWNLOAD」をクリックしてファイルをダウンロード。

ダウンロード実行時に広告が表示された場合は閉じる。

Open-Shell 4.4.190 008

ブラウザがダウンロードをブロックするので「保存」。

ダウンロードしたファイルは VirusTotal などでウイルススキャンの実行を推奨。

Open-Shell 4.4.190 009

ダウンロードした ja-JP.DLL ファイルを Program Filesフォルダの Open-Shellフォルダに移動する。

Open-Shell 4.4.190 010

Open-Shell 4.4.190 011

スタート をクリックすると Open Shell の設定画面が開くので、Show all settings にチェックを入れる。

Open-Shell 4.4.190 012

Open-Shell 4.4.190 013

Language タブで jp-JP 日本語 を選択して「OK」。

Open-Shell 4.4.190 015

ダイアログが表示されるので「OK」。

Open-Shell 4.4.190 016

スタート のコンテキストメニュー(右クリックメニュー)から 終了 を選択して Open Shellを閉じる。

Open-Shell 4.4.190 018

スタートアプリ一覧 から Open-ShellOpen-Shell Menu Settings を開くと日本語化された設定画面が開く。

Open-Shell の設定

Open-Shell 4.4.190 017

Open Shell の設定画面は スタート のコンテキストメニュー(右クリックメニュー)から 設定 で呼び出す。

Open-Shell 4.4.190 019

基本設定のみ行う場合は すべての設定を表示する のチェックを外す。

スタートメニュー

スタートメニューのデザインは クラシックスタイル2カラムのクラシックスタイルWindows 7 スタイル の 3タイプ。

Open Shell / Classic Shell 009

選択したスタイルはリアルタイムで反映されるので、スタート をクリックして確認できる。

Open-Shell 4.4.190 020

クラシックスタイル。

Open-Shell 4.4.190 021

2カラムのクラシックスタイル。

Open-Shell 4.4.190 022

Windows 7 スタイル。

Open-Shell 4.4.190 023

スタイルが決まったら スキン タブを選択し、スキン のリストから好みのカラーを選択する。

Open-Shell 4.4.190 024

基本設定タブでは Windows 10 のスタートメニューへの切替Open Shell の設定メニュー呼び出し などの キーやマウス操作の設定ができる。

すべての設定を表示する を有効にするとフォントやアイコンのサイズ、インストールしたアプリのハイライト、スタートメニューへのドラッグ・アンド・ドロップの無効化などが カスタマイズ可能になっているが、普通にWindows を使用してきた場合は 初期設定の状態が最も使いやすい。

Open-Shell 4.4.190 026

設定した内容は「バックアップ」で XMLファイルとして保存でき、「バックアップ」ボタンから保存したファイルの読み込みや設定のリセットができる。

Open-Shell 4.4.190 025

Windowsオリジナルのスタートメニューは 基本設定 で設定したショートカットやキー操作以外に、Open Shell のスタートメニューにある スタートメニュー (Windows) から呼び出せる。

Windows 11 でスタートメニューを 左揃え にする場合は、Windows の 設定 から 個人設定 を開き、タスクバータスクバーの動作 にある タスクバーの配置 で編集する。

Windowsエクスプローラ(ファイルエクスプローラ)

Open Shell をインストールすると Windowsエクスプローラにリボンとして実装されているコマンドの一部がツールバーとして追加される。

Open-Shell 4.4.190 027

追加されるのはデフォルトでナビゲーションメニュー ・フォルダオプション・カット・コピー ・ペースト・削除・プロパティ・選択項目をメールで送信と、Open Shellの Windowsエクスプローラ設定。

Open-Shell 4.4.190 028

ツールバーの設定は Open Shell のアイコンをクリック。

Open-Shell 4.4.190 029

表示するコマンドは すべての設定を表示する をチェックして、ツールバーボタン タブで アイコンをドラッグして入れ替える。

Open-Shell 4.4.190 030

アイコンの大きさは ツールバーの設定 タブで 大きいボタン のチェックを外して「OK」で設定画面を閉じる。

アイコンサイズは編集可能。

Open-Shell 4.4.190 031

Window エクスプローラを一旦閉じてから再度開くと設定が反映される。

Open-Shell 4.4.190 033

ツールバーを非表示する場合は、ツールバー上にマウスカーソルを合わせてコンテキストメニューを開いて Classic Explorer Bar のチェックを外す。

Windows 11では ツールバーを固定する を無効にしても移動できない。

Open-Shell 4.4.190 034

非表示にした Open Shellのツールバーを再表示する場合は、スタート のコンテキストメニューから エクスプローラー を選択。

関連記事
Explorer-Patcher-004-1

Explorer Patcher for Windows 11 の設定

豊富な設定項目でスタートメニューやコンテキストメニューなどの タスクバー周りを Windows10と同じクラシックスタイルに復元できる オープンソースのプログラム

Easy-Context-menu-icon

Easy Context menu のインストールと使い方

レジストリを修正せず 簡単に アプリ や コマンドをコンテキストメニュー ( 右クリックメニュー ) に追加できる 無料のコンテキストメニュー の編集ツール