Windows 11 のクリーンインストール

Windows11-icon

Windows 11 の クリーンインストール とライセンス認証の手順

Windows 11 は Windows 10 と同様に デジタルライセンス認証 と 従来の プロダクトキー による認証があり、パソコンのハードウェアと Windows 11 が紐付けられるデジタルライセンス認証 によってアクティベートされているため、一度 Windows 11 をインストール/ アップグレードしたパソコンであれば ハードウェアを交換しない限り Windows のライセンスは認証されるが、マザーボード・電源ユニット・SSD/ HDD などのパーツを換装した場合は 異なるパソコンという判断が下されて 認証されない可能性がある。

Windows 11 のデジタルライセンス認証で使用されている汎用プロダクトキー

汎用プロダクトキーは Windows 10 と共通。

Windows 11 Home の汎用プロダクトキー
YTMG3-N6DKC-DKB77-7M9GH-8HVX7
T49TD-6VFBW-VV7HY-B2PXY-MY47H
Windows 11 Pro の汎用プロダクトキー
VK7JG-NPHTM-C97JM-9MPGT-3V66T
T49TD-6VFBW-VV7HY-B2PXY-MY47H
Windows 11 Home の汎用 OEMプロダクトキー
37GNV-YCQVD-38XP9-T848R-FC2HD

Windows 11 Pro の汎用 OEMプロダクトキー
NF6HC-QH89W-F8WYV-WWXV4-WFG6P

汎用プロダクトキーのみでは ライセンス認証は得られない。

Windows 11 の初期化

Windows 11 は Windows の初期化 というインストールメディアが不要な クリーンインストール機能を実装している。

Windows11-icon

Windows 10/ 11 の リセット ( 初期化 )

Windows 10/ 11 の 設定 から実行できる Windows の初期化 Windows 10/ 11 は サードパーティ製のアプリを すべて削除し、Windows を初期状態に リセットする機能があり、SSD/ […]

Microsoft アカウント

インストールメディアを使用して 無償アップグレードした PC にクリーンインストールする場合は デジタルライセンス 認証 が通らない場合に備え、クリーンインストール の前に Microsoft アカウント の管理画面を確認する。

Win10-CleanInstall-023

スタート から 設定 を開いて アカウント名の下にある Microsoftアカウント のリンクから Microsoftアカウント にサインイン。

設定 の上部に アカウント名が表示されていない場合は、アカウント を開いて ユーザー情報Microsoft アカウントの管理 を開く。

Win10-CleanInstall-024

管理画面の デバイス の項目に使用しているパソコンが登録されているか確認。

PC ベンダーの OEM版 Windows や OEM版 のプロダクトキーを使用して認証した Windows は、 Microsoftアカウントを使用して 他の PC に移行 すると利用規約違反 になる。

システム要件

CPU : 2コア 1 GHz 以上の 64bit 互換プロセッサ
メモリ : 4 GB
ストレージ : 64GB 以上の空き
システムファームウェア : セキュアブートをサポートした UEFI
TPM : バージョン 2.0
グラフィックス :  DirectX 12 以上

インストールメディアの作成

USB 起動ドライブ を作成する Rufus を使用して Windows 11 のインストールメディア を作成する。

Rufas-icon

Rufus のインストールと使い方

USB メモリ の 起動ドライブ を作成するフリーソフト Rufus は Pete Batard 氏が開発している オープンソース の USB 起動ドライブ 作成ソフトで、OS のディスクイメージファイル ( .iso […]

Rufus を使用すると システムチェックを除去できるため、Windows 11 非対応のパソコンにインストールできる インストールメディアを作成できる。

Rufus-3.21-004

Rufus-3.21-003

Rufus の公式サイトから アプリをダウンロードし、8GB 以上の USB メモリをセットした状態で、「 選択 」のリストを ダウンロード に切り替えて「 ダウンロード 」をクリック。

Rufus-3.21-016

バージョンWindows 11 を選択して「 続ける 」。

Rufus-3.21-015

ダウンロードするビルドを選択して「 続ける 」。

Rufus-3.21-017

エディション を選択して「 続ける 」。

Rufus-3.21-019

アーキテクチャは x64 のみなので「 ダウンロード 」をクリックして 保存先を指定。

Rufus-3.21-020

Rufus-009-1

ダウンロードが完了すると イメージファイルを読み込んだ状態になるので「 スタート 」。

Rufus-3.21-021

カスタマイズ用のダイアログが表示され、デフォルトで セキュアブートTPM2.0Microsoft アカウント入力のバイパスが有効になっている。

セキュアブート・TPM2.0 をバイパスすると Windows 11 のシステム要件を満たしていないパソコンにも Windows 11 がインストールできる。

Microsoft アカウント入力 をバイパスした場合は ローカルアカウントでのセットアップも可能になるが、セットアップ時にネットワークを切断する必要がある。

 Microsoft の Windows 11 ダウンロードページ から 直接ダウンロードした ISO ファイルでも カスタマイズ可能。

Rufus-3.21-022

USB メモリ のフォーマットに関するダイアログ が表示されるので「 OK 」。

Rufus-011-1

プログレスバー が 100% になり 準備完了 と表示されたら「 閉じる 」で Rufus を閉じ、USB メモリ を取り外して終了。

Windows 11 のクリーンインストール

作成した インストールメディアを使用して Windows 11 をインストールする。

win10-cleaninst088

インストールメディアを パソコンにセットして電源を入れ、Windows が起動する前に Boot メニューを開き、一覧から インストールメディアを選択 するか BIOS / UEFI で 1st Boot ドライブの設定を変更する。

BIOS / UEFI は メーカーによって仕様が異なるので PC や マザーボードに付属の説明書を参照。

Win11-CleanInstall-003

起動設定が正しくできていれば Windows のセットアップが開始する。

windows10-clean-install-010

「 今すぐインストール 」をクリック。

windows10-clean-install-011

ライセンス認証 で プロダクトキー の入力を求められるので、Windows 10 からアップグレードした場合は プロダクトキーがありません をクリック。

Windows 7/ 8.1 の プロダクトキー を入力してライセンス認証することも可能。

Win11-CleanInstall-004

インストール する OS を選択。

アップグレードしている場合は 同じエディションを選ばないと ライセンス 認証 でエラーになる。

windows10-clean-install-013

ライセンス条項 に問題がなければ「 同意します 」にチェックを入れて「 次へ 」。

Rufas の 設定でバイパスしているので システムチェックは実行されない。 

windows10-clean-install-014

カスタム: Windows のみを インストール する を選択。

windows10-clean-install-015

既存のパーティションが表示されるので Windows がインストールされているパーティションシステムパーティション回復パーティション を削除 し、未割り当ての領域 を選択して「 次へ 」。

パーティションを削除した時点で 保存されていたデータは 全て消失する。

windows10-clean-install-016

Windows の インストール が開始。

VirtualBox-Windows11-021

インストールはすべて自動で行われ、インストール 完了後に何度かパソコンが再起動した後  Windows 11 のセットアップが開始する。

Win11-with-VitualBox-030

ハードウェア構成を変更したパソコンで プロダクトキーがありません を選択した場合は、アカウントに登録したデバイスを選択して 復元する。

デジタルライセンスの復元回数には 上限があるため、頻繁にデバイスの更新を行うと ライセンスが認証されなくなる。
BIOS/ UEFI の Boot 設定を変更している場合は Windows 10 のセットアップ 完了後に BIOS/ UEFI を起動して1st Boot に Windows を インストール したドライブを指定。

upgrade-windows11-036

Windows 11 が起動したらインストール完了。

ライセンス認証の確認

クリーン インストール が完了したら ライセンス 認証 を確認する。

Win11-CleanInstall-005

スタート設定 から システム ライセンス認証 を開く。

Win11-CleanInstall-006

ライセンス認証の状態アクティブになっていればインストール 完了。

関連記事

Windows11-icon

Windows 11 のクリーンインストール

Windows 11 の クリーンインストール とライセンス認証の手順 Windows 11 は Windows 10 と同様に デジタルライセンス認証 と 従来の プロダクトキー による認証があり、パソコンのハードウェ […]

Windows11-icon

Windows 10/ 11 の リセット ( 初期化 )

Windows 10/ 11 の 設定 から実行できる Windows の初期化 Windows 10/ 11 は サードパーティ製のアプリを すべて削除し、Windows を初期状態に リセットする機能があり、SSD/ […]

Windows10-icon

Windows 10 の クリーンインストール

無償アップグレードした Windows 10 の クリーンインストール とライセンス認証の手順 Windows 10 は デジタルライセンス認証 と 従来の プロダクトキー による認証があり、パソコンのハードウェアと W […]

Windows11-icon

Windows 10/ 11 の リペアインストール

通常の修復方法では解決できない Windows の問題を 修復 Windows 10/ 11 は旧バージョンの環境に 新しいバージョンを上書きする インプレースアップグレード が可能で、個人ファイル や インストールされ […]

Windows7-Install-001

Windows 7 のセットアップと入手方法

Windows 7 の ISOファイルの入手 と セットアップ 方法 Windows 7 は 2020年 1月 14日に延長サポートが終了し、2023年 1月 10日 に 悪意のあるソフトウェアの削除ツール – […]