Windows XP SP3 のセットアップと入手方法

WindowsXP-icon

Windows XP SP3

  • 現行の CPUは Windows XPをサポートしていないため、新たに Windows XPを利用する場合は中古パソコンか、現行のパソコンに仮想マシン環境が必要
  • 2020年7月後半に SHA-1ベースのエンドポイントが廃止されたため、Windows XPは Windows Update経由で更新プログラムを受信できないので、サードパーティアプリを使用してアップデートする
  • Windows Updateと同じ理由により、オンラインでのライセンス認証もできないため、電話での認証が必要
  • デフォルトのブラウザ IE 8ではウェブサイトにアクセスできないため、XPをサポートしたブラウザのインストールが必要

Windows XP SP3 の ISOファイル 入手方法

Microsoft は Windows XP SP3の ISOファイルを公開していないため正規の方法では入手できないが、倫理・利用規約・著作権・セキュリティリスクなど諸々の問題を無視すれば、日本語版の Windows XP Professional SP3Windows XP Home SP2 の ISOファイルは Internet Archiveから入手でき、バージョンによってはプロダクトキーも表示されている。

Windows XP-011

ダウンロードページの右にある DOWNLOAD OPTIONSISO IMAGE をクリックすると、ISOファイルをダウンロード する。

使用する際は  VirusTotal の利用を推奨。

インストールメディアの作成

Internet Archiveから ISOファイルをダウンロードした場合は Rufus ImgBurn などを使用して インストールメディアを作成する。

windows-xp-sp3-001

Rufus を使用して USBドライブのインストールメディアを作成する場合は USB 2.0 以下を使用し、パーティション構成MBR で作成する。

Windows XPは USB 3.0をサポートしていないため、USB 2.0 ポートがないパソコンでは USBドライブを認識できない。

windows-xp-sp3-002

Windows XPは SATAの AHCIをサポートしていないため、UEFI/ BIOS の SATA ModeIDE Mode に変更。

ACHI Mode でインストールを実行すると ブルースクリーンになり 0x0000007B (0xF78D2524,0xc0000034,0x00000000,0x00000000) のエラーが表示される。

Widnows-XP-023

作成したインストールメディアを使用して Windows XPをインストールする。

Windows XP Service Pack3 へのアップデート

Windows XP SP2 以前のバージョンをインストールした場合は、Microsoft Updateカタログ から Windows XP Service Pack3(KB936929) をダウンロードしてアップデートする 。

WindowsXP-SP3-Update-003

XPのブラウザ(IE 8)は古すぎて使用できないため、他のデバイスで Microsoft Updateカタログ から KB936929 をダウンロードして XPにコピー。

WindowsXP-SP3-Update-005

Windows XPでダウンロードした更新プログラムを起動し、セットアップウィザードに従ってインストール。

ライセンス認証

SHA-1ベースのエンドポイントが廃止され、オンラインでのライセンス認証ができなくなったため、Windows XPをクリーンインストールした場合は 電話 でのライセンス認証が必要。

WindowsXP-SP3-Update-025

今すぐインターネット経由でライセンス認証の手続きを行います を選択して「次へ」。

WindowsXP-SP3-Update-026

ユーザー登録は行いません を選択して「次へ」で進むと ライセンス認証サーバーと接続できません。 と表示されるので「電話」を選択。

WindowsXP-SP3-Update-013

ステップ 1日本 を選択し、表示される電話番号に電話して、自動音声の案内に従って ステップ 3インストールID を入力、発行された 確認ID をライセンス認証画面に入力して「次へ」で取得する。

Windows XP はプリインストールされている OSのプロダクトキーでもライセンス認証が可能だが、プリインストールされている OSのプロダクトキー再利用は規約違反になる。

WSUS Offline Update

Windows Update経由で更新できないため WSUS Offline Update を使用して、Windows XPの更新プログラムを一括インストールする。

WindowsXP-SP3-Update-014

WSUS Offline Update 公式サイト の右サイドバー から Archives にある 04.06.2019 Version 9.2.5 をクリックして Zipファイルをダウンロード。

WindowsXP-SP3-Update-015

ダウンロードした Zipファイル を解凍して wsusoffline925フォルダを XPにコピーし、XP上でフォルダ内の UpdateGenerator を起動。

WindowsXP-SP3-Update-016

Windowsタブにある Windows XPJapanese にチェックを入れる。

WindowsXP-SP3-Update-017

デフォルト設定で「Start」。

Include C++ Runtime Libraries and .NET Frameworks を有効にすると エラーになる。

WindowsXP-SP3-Update-018

コマンドプロンプトが開いて更新プログラムのダウンロードが開始する。

処理の途中で3 回ほど Sigcheck.exe に関するエラーダイアログが表示されるので「OK」で続行。

WindowsXP-SP3-Update-020

ダウンロードが完了するとダイアログが表示され、ログを確認する場合は「はい」、不要なら「いいえ」を選択して UpdateGenerator を「Exit」で閉じる。

WindowsXP-SP3-Update-022

wsusoffline925フォルダ内にある clientフォルダを開く。

WindowsXP-SP3-Update-023

UpdateInstaller を起動。

WindowsXP-SP3-Update-028

Automatic reboot and recallShow log file を有効にして「Start」。

WindowsXP-SP3-Update-029

自動的に2回再起動して更新プログラムのインストールが完了するとログファイルが開くので、ログファイルから Warning: UpdateKB で始まるプログラムを確認し、KB4500331 を加えて手動で Microsoft Update カタログ からインストールする。

Windows XPのデフォルトブラウザ IE 8 では Microsoft Updateカタログ にアクセスできないので、Windows XPをサポートしたウェブブラウザのインストールが必要。

XPをサポートしたブラウザのインストール

Windows XPのサポートは Google Chrome が 2016年 4月、Firefox(企業向けの延長サポート版)が 2018年 6月で終了しているため、MyPalSeaMonkeyPale Moon などの旧バージョンをインストールする。

 Windows XPをサポートしている現行のブラウザ Chedot Browser(v 7.1.9)は証明書の取得でエラーが発生して利用できない。

MyPal Browser

MyPal Browser は Windows XPで動作させることを目的としたブラウザで、オープンソースで開発が継続されている Pale Moon のフォーク。

WindowsXP-SP3-Update-030

MyPal Browser 公式サイト からインストーラーをダウンロード。

Windows XPの IE 8 を使用する場合は http://www.mypal-browser.org/ にアクセス。

WindowsXP-SP3-Update-032

デフォルト設定でインストール。

WindowsXP-SP3-Update-033

言語パックのページから使用しているバージョンのフォルダを開き、 mypal-lang-ja.xpi ファイルをダウンロード。

WindowsXP-SP3-Update-035

ダウンロードした mypal-lang-ja ファイルを開き、一覧からプログラムを選択するProgram Filesフォルダにある MyPal フォルダ内の mypal を指定。

WindowsXP-SP3-Update-036

インストール画面が開くので 「Install Now」。

WindowsXP-SP3-Update-037

アドレスバーに about:config と入力して Enter キー。

WindowsXP-SP3-Update-038

「I promise to be careful」をクリック。

WindowsXP-SP3-Update-040

検索バーに general.useragent.locale と入力して Enter キーを押し、抽出された general.useragent.locale をダブルクリック

WindowsXP-SP3-Update-041

ダイアログに ja と入力して「OK」で閉じ、MyPal を再起動。

WindowsXP-SP3-Update-042

日本語表示になる。

SeaMonkey

SeaMonkey は Mozilla Foundationから独立して 開発が継続されているインターネット統合アプリで、バージョン 2.50で Windows XPがサポートから外されたため、XPをサポートしているバージョン 2.49.5のオフラインインストーラーを使用する。

Widnows-XP-024

公式サイト から 日本語Windows x86 の「Download」をクリックしてインストーラーをダウンロード 。

Widnows-XP-025

デフォルト設定でインストール。

Widnows-XP-026

MyPalのような日本語化が必要なく動作も軽いが、旧バージョンのためセキュリティリスクがある。

更新プログラムのインストール

ブラウザをインストールしたら Microsoft Updateカタログ へアクセスして、WSUS Offline Update でインストールできなかった更新プログラムをインストールする。

WindowsXP-SP3-Update-043

インストールする更新プログラムを検索し、Windows XPの「ダウンロード」から 日本語 のリンクをクリックしてインストーラーをダウンロード後、プログラムをインストール。

kb4012598/ kb4012583/ kb4022747/ kb4018271/ kb4018466/ kb3197835/ kb4024323
kb4025218/ kb4024402/ kb4019204/ kb4500331

セキュリティアップデートをインストールしても Windows XPの利用はリスクが高いため、オンラインでの利用は非推奨。

関連記事
Windows7-Install-001

Windows 7 のセットアップと入手方法

サポートの終了により 公式サイトから入手できなくなった Windows 7 SP1 の ISOファイルの入手方法とインストールメディアの作成、Windows Update 時のエラー対策など Windows 7 のセットアップと入手方法

Reset-icon

Windows 10/ 11 のリセット(初期化)

Index Windowsの初期化システム要件Windows のリセット方法 Windowsの初期化 Windows 10/ 11 は サードパーティ製のアプリをすべて削除し、Windowsを初期状態…

Windows11-icon

Windows 11 のクリーンインストール

Index Windows のデジタルライセンスMicrosoftアカウントWindows 11 のシステム要件Windows 11 の初期化インストールメディアの作成Windows 11 のクリーン…