Windows10 Clean install – Windows10のクリーンインストール

スポンサーリンク
Microsoft-Tile-icon

無償アップグレードした Windows 10 の クリーン インストール  と ライセンス認証の手順

Windows 10 は年 2 回のメジャーアップグレードが実施され、Home Edition は自動的に更新されるが、 Microsoft が公開している インストールメディアの作成ツールを使用することで 最新バージョンの Windows 10 をクリーンインストールすることができる。

Windows 10 は デジタルライセンス認証 と 従来の プロダクトキー による認証があり、無償アップグレードした Widnows 10 はデジタルライセンス認証によってアクティベートされている。

デジタルライセンス認証 は 使用してるパソコンのハードウェアと Windows 10 が紐付けられるため、一度 Windows 10 にアップグレードしたパソコンであれば ハードウェアを交換しない限り Windows 10 はライセンス 認証されるが、マザーボードや電源ユニット , SSD/HDD などのパーツを換装した場合は 異なるパソコンという判断が下されてライセンスが通らない。

また、Microsoft は Windows 10 より電話での ライセンス 認証 サポートを打ち切ったため、 Windows 8 以前で表示されていた「 インストール ID 」の表示もないため、Widnows 10 のプロダクトキーを購入していない場合は クリーンインストールの前に 現在使用している 環境でライセンス認証が通るか確認が必要。

Windows 10 を無償アップグレードした場合でも ProduKey などのアプリを使用すれば プロダクトキーは確認できるが、デジタルライセンス認証された環境下で 取得した Windows10 の プロダクトキー を入力しても認証されない。

Microsoft アカウント

Windows 10 ( 1909 ) の Home Edition から セットアップ時にローカルアカウントが選択できなくなり、Microsoft アカウント の使用が強制されるようになったが、Microsoft アカウントでログインしていない場合は デジタルライセンス 認証 が通らない場合に備え、 クリーン インストール の前にMicrosoftアカウントでログインして 現在の環境をアカウントに登録しておく。

Microsoft アカウント の取得については下記参照
Microsoft-Tile-icon

Microsoftアカウントの取得と設定

Microsoft オンラインアカウントの作成と管理 「 Microsoftアカウント 」はもともと Microsoft が提供している OneDrive などのウェブサービスを利用する際に使用されていたものが、MS O […]

無償アップグレード後のWindows10クリーンインストール 040

「 スタート 」→「 設定 」を開いて「 アカウント 」を選択。

windows10-clean-install-003

ローカルアカウントを使用している場合は「 Microsoft アカウントでのサインインに切り替える 」をクリック。

windows10-clean-install-004

Microsoft アカウントのログイン情報を入力してサインイン。

windows10-clean-install-005

「 現在の Windows パスワード 」はローカルアカウントで使用してるパスワードで、パスワード未設定の場合は空白のまま「次へ」。

windows10-clean-install-006

PINの設定はスキップできないので「次へ」。

windows10-clean-install-007

任意の数字を入力してPINを設定する。

windows10-clean-install-018

PIN設定後 ユーザー情報に「 本人確認を行う必要があります 」または「 お使いのデバイス間でパスワードを同期するために本人確認をしてください 」と表示されているので「 確認する 」をクリック。

windows10-clean-install-023

Microsoftアカウントとして登録したメールアドレスにセキュリティコードを送信するため「 *****@****** にメールを送信 」をクリック。

windows10-clean-install-022

セキュリティコードが記載されたメールを受信したら 表示されている画面にコードを入力。

windows10-clean-install-024

本人確認が完了したら「 ユーザー情報 」の「 Microsoft アカウントの管理 」をクリック。

windows10-clean-install-025

ブラウザが開いて アカウントマネージャーのページが表示されるので「 デバイス 」の項目に使用しているパソコンが表示されていれば 登録完了。

表示されてるデバイス名は「 スタート 」→「 設定 」→「 システム 」→「 バージョン情報 」で確認と名称の変更が可能。

システム要件

CPU : 1 GHz 以上
RAM : 2 GB 以上
HDD : 20 GB 以上の空き容量
グラフィックカード : DirectX 9 以上
ディスプレイ : 800 x 600 以上

システム要件は Windows 7と同じ

ツールの入手先

Microsoft  Windows 10 公式ダウンロードページlink



インストールメディアの作成

Windows 10 を無償アップグレードした場合、手元には USB フラッシュメモリや DVD などの外部メディアがないので、アップグレード後に クリーン インストール が必要になった際は インストールメディアを作成する必要がある。

インストールメディアは USBメモリ もしくは DVD-R が利用でき、USB メモリは最低 8GB 以上の容量が必要。

無償アップグレード後のWindows10クリーンインストール 001

Windows 10 の クリーン インストール 用メディアを作成するため、Microsoftのウェブサイトから外部メディアの作成ツールをダウンロードする。

Microsoft  Windows 10 公式ダウンロードページlink

ダウンロードページにある「ツールを今すぐダウンロード」をクリック。

windows10-clean-install-026

「 MediaCreationTool (バージョン)」というアプリケーションをダウンロードするので ダブルクリックで実行。

windows10-clean-install-028

ユーザーアカウント制御が表示された場合は「はい」で許可。

「 ライセンス 条項」が表示されるので 内容を確認して問題なければ「同意する」をクリック。

windows10-clean-install-030

「 別の PC のインストール メディアを作成する」を選択。

使用しているPCを クリーン インストール する場合でも「 別の PC に・・・」を選択する。

windows10-clean-install-031

「この PC におすすめのオプションを使う 」のチェックを外す。

windows10-clean-install-032

「このPCにオススメのオプションを使う」のチェックを外すと 各項目の変更が可能になるので、 クリーン インストール する PC が現在使用している Windows と同じ「 アーキテクチャ 」を選択する。

windows10-clean-install-033

「 USBフラッシュ ドライブ 」と「 ISOファイル 」の選択画面になる。
お手軽なのはUSBフラッシュ ドライブ。

USBフラッシュ ドライブは 一般的に USBメモリ とか USBフラッシュ などと呼ばれているもの。

windows10-clean-install-034

USB メモリが認識されるとリムーバブルドライブの一覧に表示されるので、複数ある場合は Windows を書き込む USB メモリを選択して「次へ」。

windows10-clean-install-035

Windows 10 のダウンロードが開始。

windows10-setup-005

しばらくするとUSBの インストール メディアが完成する。

USBメモリを認識しない場合

相性の問題などで Windows のセットアップウィザードが USB メモリを認識しない場合は、 一度 ISO イメージファイルで出力してから Rufus を使用して USBメモリに書き込むか、PC が DVD-R への書き込みをサポートした光学ドライブを実装していれば DVD-R への書き込みを行う。

DVD-R を使用する場合は アーキテクチャを 64bit か 32bit のいずれかを選択する必要があり、「 両方 」を選択して出力する場合は DVD-R DL( 2層 ) の書き込みをサポートしたドライブとブランクメディアが必要。

windows10-setup-012

USBメモリを認識しない場合は「戻る」で メディアの選択画面に戻り「 ISOファイル 」を選択して「次へ」

windows10-setup-013

ISO ファイルの保存先を指定したら Windows 10 の ISO ファイル がダウンロードされるので「完了」でツールを終了。

作成した ISOイメージファイルを Rufus を使用して USBメモリ に書き込みを行う。

Rufas-icon

Rufus Create bootable USB のダウンロードと使い方

USB メモリ の 起動メディア を作成するフリーソフト Rufus ( ルーファス ) は 起動ディスク の ISO イメージファイル から  USB 起動メディア を作成するオープンソースのフリーソフト。 セットアッ […]

DVD-R のブランクメディアに書き込みを行う場合は BurnAware , Astroburn Lite などのライティングソフトを使用。

無償アップグレードした PC へのクリーンインストール

Windows 10 へ無償アップグレードしたPCには Windows 10 の プロダクトキー は不要だが、万が一に備えてアップグレード前の Windows 7もしくは Windows 8(8.1)の プロダクトキー を用意し、Microsoftアカウントにパソコンを登録してから、 クリーン インストール メディアを作成して インストール を実行する。

win10-cleaninst088

Windows 10 を インストール するパソコンに、作成した インストール 用の USB メモリを挿してパソコンを再起動。

Windows が起動する前に Boot メニューを表示させることが可能であれば Boot メニューを開いて一覧から USB メモリを選択。

win10-cleaninst030

Boot メニューを使用せず  BIOS または UEFI で1st Boot ドライブの設定を変更する場合は  インストール 完了後に  Boot 設定を元に戻す必要がある。

※ BIOS も UEFI もメーカーによって仕様が異なるので 詳細は PC やマザーボードに付属の説明書を参照。

windows10-clean-install-009

起動設定が正しくできていれば Windows のセットアップが開始する。

windows10-clean-install-010

「 今すぐインストール 」をクリック。

windows10-clean-install-011

ライセンス認証 で プロダクトキー の入力を求められるが「 プロダクトキーがありません 」をクリック。

windows10-clean-install-012

インストール する OS を選択。

アップグレードした際の OS と同じものを選ばないと ライセンス 認証 でエラーがでるので要注意。

windows10-clean-install-013

「 ライセンス条項 」を確認して問題なければ「 同意します 」にチェックを入れて「次へ」。

windows10-clean-install-014

「 カスタム: Windows のみを インストール する 」をクリック。

windows10-clean-install-015

既存のパーティションが表示されるので Windows をインストール するプライマリドライブを選択。

パーティションを変更する場合は 既存のパーティションを選択して「 削除 」し「 未割り当ての領域 」にしてから「 新規 」でパーティションのサイズを割り当てる。

パーティションを削除した時点で 保存されていたデータは全て消失するので、データの保存用に使用していたドライブや 市販の PC でリカバリ用のデータが保存してあるドライブなどは、誤って削除しないよう注意が必要。

Windows のライセンス は パソコンのハードウェア構成に紐付けられているため パーティションを削除しても問題ない。

windows10-clean-install-016

Windows の インストール が開始。

インストールはすべて自動で行われ、インストール 完了後に何度かパソコンが再起動した後  Windows 10 のセットアップが開始する。

セットアップに関しては下記参照
Microsoft-Tile-icon

Windows10 Setup – Windows10(1909)のセットアップ

Windows10 Home ( 1909 ) のセットアップと ユーザーフォルダ名の変更 Windows 10 は メジャーアップグレードのたびに セットアップが微妙に変更されており、バージョン 1809 以降は オン […]

Windows10 クリーンインストール-033

BIOS や UEFI の Boot 設定を変更している場合は Windows 10 のセットアップ 完了後に BIOS / UEFI を起動して1st Boot に Windows を インストール したドライブを指定しておく。

Windows10 クリーンインストール-064

クリーン インストール が完了したら「 スタート 」→「 設定 」→「 更新とセキュリティ 」を開き「 ライセンス 認証 」を確認。

Windows10 クリーンインストール-065

「 Windows はデジタル ライセンス によっ ライセンス 認証 されています」と表示されていれば インストール 完了。

ライセンス 認証 に失敗する場合

無償アップグレードした時のパソコンの構成を変更し、 クリーン インストール を実行すると別のパソコンと判断され、デジタル ライセンス 認証 に失敗する。
クローン化したSSDやHDDを構成の異なるパソコンで使用した場合も同様で、クローン接続時はデジタル ライセンス 認証 されているが、そのデバイスで クリーン インストール を実行するとデジタル ライセンス 認証 が通らなくなる。

win10-cleaninst063

ライセンス 認証 が通らなかった場合は「 Windows は ライセンス 認証 されていません」と表示される。

有効なデジタル ライセンス または プロダクトキー をお持ちでないため、このデバイスの Windows を ライセンス 認証 できません。(0x803F7001)

表示される説明文は Windows 10 のバージョンによって異なっているが、説明文にはそれほど意味がない。

Microsoftアカウントを使用して再認証 を行う

Microsoft アカウントにパソコンを紐づけしている場合は ライセンス 認証 画面の「 トラブルシューティング 」から Microsoft アカウントにアクセスして ライセンス 認証 を行うことができる。

ただし PC ベンダーの OEM 版の Windows や OEM 版 のプロダクトキーを使用して認証した Wondows は、 Microsoftアカウントを使用しても 他の PC に移行(利用規約違反)することはできない

利用規約違反を承知の上で OEM 版の Windows を移行したい場合は メーカー提供のリカバリディスクではなく DSP 版でも良いので Windows 7 / 8 のインストールディスクで  Windows 7 / 8 をインストール(ライセンスは電話認証が必要)してから Windows 10 へ無償アップデートをすれば クリーンインストールが可能かも。

win10-cleaninst066

ライセンス 認証 画面の下にある「 トラブルシューティング 」をクリック。

win10-cleaninst067

トラブルシューティングが完了しても ライセンス 認証 は通らないので、「 このデバイス上のハードウェアを最近変更しました 」をクリック。

win10-cleaninst068

ローカルアカウントを使用している場合は、紐づけした Microsoft アカウントのログイン情報を入力。

win10-cleaninst069

「 現在の Windows パスワード 」は ローカルアカウントで Windows 起動時に入力するパスワード。
未設定の場合は空白のまま「次へ」。

win10-cleaninst070

Microsoft アカウントに登録されているパソコンが表示されるので「現在使用中のデバイスは、これです」にチェックを入れて「アクティブ化」をクリック。

win10-cleaninst072

問題がなければ ライセンス 認証 されて完了。

Microsoftアカウントに紐づけしていない場合

パソコンを Microsoft アカウント に紐付けせず バンザイアタックで クリーン インストール をした場合、 Windows 10 へアップグレードする前の Windows 7 または Windows 8(8.1)の正規 プロダクトキー はあれば、 Windows 10  Home Edition であれば ライセンスを再認証 できる可能性がある。

win10-cleaninst073

「 スタート 」を右クリックして「 ファイル名を指定して実行 」を選択。

win10-cleaninst074

「slui 3」と入力。
“slui” と “3” の間は半角スペースを入れる。

win10-cleaninst075

ライセンス 認証 画面と同時に「 プロダクトキー の入力 」画面が開くので Windows 7 もしくは Windows 8(8.1)の プロダクトキー を入力して「 次へ 」。

Produkey などを使用して確認した Windows 10 の プロダクトキー ではないので要注意。

win10-cleaninst076

「 Windows の ライセンス 認証 」画面になるので「 ライセンス 認証 」をクリック。

win10-cleaninst077

入力した プロダクトキー が有効であれば ライセンス 認証 されて完了。

※ Windows 7 または Windows 8(8.1)の ライセンス認証 で インストール ID が表示され、電話の自動音声で ライセンス認証 を行ったものは 認証 が拒否される

スタートメニューの変更

Windows 7 から Windows 10 へアップグレード後、馴染みのないスタートメニューが使いづらい場合は、 OpenShll を導入することで Windows 7 ライクなスタートメニューにすることもできる。

openshell-icon

Open Shell / Classic Shell のインストールと使い方

Windows 10 のスタートメニューを Windows 7 スタイルに変更するユーティリティソフト Open Shell はWindows のスタートメニューを Windows 7 やXPのようなクラシックスタイルに […]





関連記事

Microsoft-Tile-icon

Hide lock screen Windows10 – ロック画面非表示設定

Windows 10 の ロック画面非表示とスクリーンセーバの 設定 Windows 10 で表示されるロック画面は主に「 起動時 」「 スリープ復帰時 」「手動ロック時 」「 一定時間 操作がない時 」に表示される。 […]

Microsoft-Tile-icon

Uninstall Microsoft Store Apps – 不要なストアアプリの削除

不要なストアアプリのアンインストールと自動更新の停止 Windows 10 は Windows 8 で導入された Modern UI と従来のデスクトップのUIが統合され、2019年 末にサポートが終了した Window […]

Microsoft-Tile-icon

Windows10 Setup – Windows10(1909)のセットアップ

Windows10 Home ( 1909 ) のセットアップと ユーザーフォルダ名の変更 Windows 10 は メジャーアップグレードのたびに セットアップが微妙に変更されており、バージョン 1809 以降は オン […]

Microsoft-Tile-icon

Windows 10 Safe Mode と削除できないフォルダの削除

Windows10のセーフモード起動とアクセス拒否で削除できないフォルダの削除 普通に Windows 10 をセットアップした場合、ローカルアカウントでも Microsoft アカウントでも作成したアカウントは「 フル […]

Microsoft-Tile-icon

Windows10 Clean install – Windows10のクリーンインストール

無償アップグレードした Windows 10 の クリーン インストール  と ライセンス認証の手順 Windows 10 は年 2 回のメジャーアップグレードが実施され、Home Edition は自動的に更新されるが […]




タイトルとURLをコピーしました