スポンサーリンク

Windows 10 の クリーンインストール

スポンサーリンク

無償アップグレードした Windows 10 の クリーンインストール  と ライセンス認証の手順

Windows 10 は年 2 回のメジャーアップグレードが実施され、Home Edition は自動的に更新されるが、 Microsoft が公開している インストールメディアの作成ツールを使用することで 最新バージョンの Windows 10 をクリーンインストールすることができる。

Windows 10 は デジタルライセンス認証 と 従来の プロダクトキー による認証があり、無償アップグレードした Widnows 10 は パソコンのハードウェアと Windows 10 が紐付けられるデジタルライセンス認証によってアクティベートされているため、一度 Windows 10 にアップグレードしたパソコンであれば ハードウェアを交換しない限り Windows 10 はライセンス 認証されるが、マザーボードや電源ユニット , SSD / HDD などのパーツを換装した場合は 異なるパソコンという判断が下されてライセンスが通らない可能性がある。 
ProduKey などのアプリを使用してデジタルライセンス認証された環境下で 取得した プロダクトキー では ライセンス認証できない。
Windows 10 の初期化

Windows 10 は 「Windows の初期化 」というインストールメディアが不要な クリーンインストール機能を実装している。

Microsoft-Tile-icon

Windows 10 の 簡易クリーンインストール

Windows10 の簡易 クリーンインストールの手順 Windows 10 には簡易的なクリーンインストールのツールが提供されており ツールを実行すると インストールされている サードパーティ製のアプリが すべて削除さ […]

Microsoft アカウント

デジタルライセンス 認証 が通らない場合に備え クリーンインストール の前に Microsoft アカウント の管理画面を確認する。

Windows10-CleanInstall-031

「 スタート 」から「 設定 」を開いて アカウント名の下にある「 Microsoftアカウント 」のリンクをクリックすると ブラウザが開くので Microsoftアカウント にサインイン。

「 設定 」の上部に アカウント名が表示されていない場合は「 アカウント 」を開いて「 ユーザー情報 」の「 Microsoft アカウントの管理 」を開く。

Windows10-CleanInstall-032

管理画面の「 デバイス 」の項目に使用しているパソコンが登録されているか確認。

PC ベンダーの OEM版 Windows や OEM版 のプロダクトキーを使用して認証した Windows は  Microsoftアカウントを使用しても 他の PC に移行 ( 利用規約違反 ) することはできない。
利用規約違反を承知の上で OEM 版の Windows を移行したい場合は メーカー提供のリカバリディスクではなく DSP 版でも良いので Windows 7 / 8 のインストールディスクで  Windows 7 / 8 をインストール(ライセンスは電話認証が必要)してから Windows 10 へ無償アップデートをすれば クリーンインストールが可能。

システム要件

CPU : 1 GHz 以上
RAM : 2 GB 以上
HDD : 20 GB 以上の空き容量
グラフィックカード : DirectX 9 以上
ディスプレイ : 800 x 600 以上

ツールの入手先

Microsoft  Windows 10 公式ダウンロードページ

インストールメディアの作成

最新の Windows 10 をダウンロードして インストールメディアを作成する。

インストールメディアは USBメモリ と DVD-R が利用でき、USB メモリは 8GB 以上の容量が必要。

Windows10-CleanInstall-033

Microsoft  Windows 10 公式ダウンロードページ にアクセスして 「 ツールを今すぐダウンロード 」をクリックして プログラムをダウンロード。

Windows10-CleanInstall-034

ダウンロードした「 MediaCreationTool 」を開く。

Windows10-CleanInstall-035

ユーザーアカウント制御の ダイアログが表示されたら「 はい 」で許可。

windows10-clean-install-028

「  ライセンス 条項 」が表示されるので 内容を確認して問題なければ「 同意する 」。

windows10-clean-install-030

「 別の PC のインストール メディアを作成する 」を選択。

使用している PC をクリーンインストール する場合でも「 別の PC のインストール メディアを作成する 」を選択する。

windows10-clean-install-031

「 この PC におすすめのオプションを使う 」のチェックを外すと 各項目が 変更可能になるので、 クリーンインストール する PC と同じ アーキテクチャ を選択するか アーキテクチャが わからない場合は「 両方 」を選択。

DVD-R を使用する場合 「 両方 」は選択不可。

windows10-clean-install-033

「 USBフラッシュ ドライブ 」と「 ISOファイル 」の選択画面になるので  USBメモリ を使用する場合は 「 USBフラッシュ ドライブ 」を選択。

DVD-R で起動ディスクを作成する場合は ISO ファイル を選択して Windows 10 の ISO ファイル がダウンロード後 ライティングソフトを使用して DVD-R に書き込む。

windows10-clean-install-034

USBメモリが認識されると リムーバブルドライブの一覧に表示されるので Windows を書き込む USB メモリを選択して「 次へ 」。

windows10-clean-install-035

Windows 10 のダウンロードが開始。

windows10-setup-005

しばらくすると USB のインストール メディアが完成する。

USBメモリを認識しない場合

相性の問題などで Windows のセットアップウィザードが USBメモリを認識しない場合は ISO イメージファイルで出力後 Rufus を使用して USBメモリに書き込む。

Rufas-icon

Rufus Create bootable USB のダウンロードと使い方

USB メモリ の 起動メディア を作成するフリーソフト Rufus ( ルーファス ) は オープンソースで開発されている 日本語をサポートした USB メモリ用の ライティングソフトで、OS のディスクイメージファイ […]

無償アップグレードした PC へのクリーンインストール

デジタルライセンス認証されている PC に に 作成した インストール 用の USB メモリをセットしてパソコンを再起動。

win10-cleaninst088

Windows が起動する前に Boot メニューを開いて一覧から USB メモリを選択 するか BIOS / UEFI で 1st Boot ドライブの設定を変更する。

BIOS / UEFI は メーカーによって仕様が異なるので PC や マザーボードに付属の説明書を参照。

windows10-clean-install-009

起動設定が正しくできていれば Windows のセットアップが開始する。

windows10-clean-install-010

「 今すぐインストール 」をクリック。

windows10-clean-install-011

ライセンス認証 で プロダクトキー の入力を求められるが「 プロダクトキーがありません 」をクリック。

windows10-clean-install-012

インストール する OS を選択。

アップグレードした際の OS と同じものを選ばないと ライセンス 認証 でエラーがでる。

windows10-clean-install-013

「 ライセンス条項 」を確認して問題なければ「 同意します 」にチェックを入れて「 次へ 」。

windows10-clean-install-014

「 カスタム: Windows のみを インストール する 」をクリック。

windows10-clean-install-015

既存のパーティションが表示されるので Windows をインストール するプライマリドライブを選択。

パーティションを変更する場合は 既存のパーティションを選択して「 削除 」し「 未割り当ての領域 」にしてから「 新規 」でパーティションのサイズを割り当てる。
Windows のライセンス は パソコンのハードウェア構成に紐付けられているため パーティションを削除しても問題ない。
パーティションを削除した時点で 保存されていたデータは 全て消失するので、データの保存用に使用していたドライブ や 市販の PC でリカバリ用のデータが保存してあるドライブなどは 削除しないようにする。

windows10-clean-install-016

Windows の インストール が開始。

インストールはすべて自動で行われ インストール 完了後に何度かパソコンが再起動した後  Windows 10 のセットアップが開始する。
セットアップに関しては下記参照
Microsoft-Tile-icon

Windows10(1909)のセットアップ

Windows10 Home ( 1909 ) のセットアップと ユーザーフォルダ名の変更 Windows 10 は メジャーアップグレードのたびに セットアップが微妙に変更されており、バージョン 1809 以降は オン […]

Windows10 クリーンインストール-033

BIOS / UEFI の Boot 設定を変更している場合は Windows 10 のセットアップ 完了後に BIOS / UEFI を起動して1st Boot に Windows を インストール したドライブを指定しておく。

ライセンス認証の確認

クリーン インストール が完了したら「 ライセンス 認証 」を確認する。

Windows10-CleanInstall-037

「 スタート 」の「 設定 」から「 更新とセキュリティ 」を開く。

Windows10-CleanInstall-038

左サイドバーの「 ライセンス認証 」を選択して「 ライセンス認証 」の項目に「 Windows はデジタル ライセンス によって ライセンス 認証 されています」と表示されていれば インストール 完了。

ライセンス 認証 に失敗する場合

無償アップグレードした時のパソコンの構成を変更した状態で クリーンインストール を実行すると デジタル ライセンス 認証 に失敗する。

クローン化した SSD  HDD を構成の異なるパソコンで使用した場合も同様で、クローン化したドライブ接続時はデジタルライセンス 認証 されているが、そのデバイスで クリーンインストール を実行するとデジタル ライセンス 認証 が通らなくなる。

win10-cleaninst063

ライセンス 認証 が通らなかった場合は エラーコード 0x803F7001 で「 Windows は ライセンス認証 されていません」と表示される。

Microsoft アカウントを使用して再認証 を行う

Microsoft アカウントにパソコンを紐づけしている場合は ライセンス 認証 画面の「 トラブルシューティング 」から Microsoft アカウントにアクセスして ライセンス 認証 を行うことができる。

PC ベンダーの OEM版 Windows や OEM版 のプロダクトキーを使用して認証した Windows は  Microsoftアカウントを使用しても 他の PC に移行 ( 利用規約違反 ) することはできない。
利用規約違反を承知の上で OEM 版の Windows を移行したい場合は メーカー提供のリカバリディスクではなく DSP 版でも良いので Windows 7 / 8 のインストールディスクで  Windows 7 / 8 をインストール(ライセンスは電話認証が必要)してから Windows 10 へ無償アップデートをすれば クリーンインストールが可能。

win10-cleaninst066

ライセンス 認証 画面の下にある「 トラブルシューティング 」をクリック。

win10-cleaninst067

トラブルシューティングが完了しても ライセンス 認証 は通らないので「 このデバイス上のハードウェアを最近変更しました 」をクリック。

win10-cleaninst068

Microsoft アカウントのログイン情報を入力。

win10-cleaninst070

Microsoft アカウントに登録されているパソコンが表示されるので「 現在使用中のデバイスは、これです 」にチェックを入れて「 アクティブ化 」をクリック。

win10-cleaninst072

問題がなければ ライセンス 認証 されて完了。

Microsoftアカウントに紐づけしていない場合

パソコンを Microsoft アカウント に紐付けせず クリーン インストール をした場合 Windows 10  Home Edition のみ  Windows 10 へアップグレードする前の Windows 7 / Windows 8(8.1)の正規 プロダクトキー はあれば ライセンスを再認証 できる可能性がある。

win10-cleaninst073

「 スタート 」を右クリックして「 ファイル名を指定して実行 」を選択。

win10-cleaninst074

slui 3 と入力して「 OK 」。

win10-cleaninst075

ライセンス 認証 画面と同時に「 プロダクトキー の入力 」画面が開くので Windows 7 / Windows 8(8.1)の プロダクトキー を入力して「 次へ 」。
Produkey などを使用して取得した デジタルライセンス のプロダクトキー では認証不可。

win10-cleaninst076

「 Windows の ライセンス 認証 」画面になるので「 ライセンス 認証 」をクリック。

win10-cleaninst077

入力した プロダクトキー が有効であれば ライセンス 認証 されて完了。

 Windows 7 / Windows 8(8.1)の ライセンス認証 で インストール ID が表示され 電話の自動音声で ライセンス認証 を行ったものは 認証 が拒否される。
Windows 10 では 電話の自動音声による ライセンス認証が未サポートのため、Windows 7 / Windows 8(8.1)の ライセンス認証 が通らない場合は Windows 7 / Windows 8(8.1)を クリーンインストールしてから Windows 10 に無償アップグレード することで 新たな 構成の PC で ライセンス認証された Windows 10 が利用できる。
Microsoft-Tile-icon

Windows10 への無償アップグレード方法

Windows 7 / Windows 8 から無料で Windows 10 へ アップグレード 正規ライセンス の認証を受けた Windows 7 / Windows 8 ( 8.1 ) が動作しているパソコンは Mi […]

スタートメニューの変更

Windows 7 から Windows 10 へアップグレード後、馴染みのないスタートメニューが使いづらい場合は、 OpenShll を導入することで Windows 7 ライクなスタートメニューにすることもできる。

openshell-icon

Open Shell / Classic Shell のインストールと使い方

Windows 10 のスタートメニューを Windows 7 スタイルに変更するユーティリティソフト Open Shell はWindows のスタートメニューを Windows 7 や XP のようなクラシックスタイ […]

 

関連記事

Microsoft-Tile-icon

Windows10 / 11のユーザーフォルダ名変更方法

Windows 10 / Windows 11 で 自動設定されるユーザーフォルダ名の変更方法 Windows 10 Home はバージョン 1809 からローカルアカウントが使用できなくなり、ユーザーフォルダ名は Mi […]

Microsoft-Tile-icon

Windows 11 のカスタマイズ

変更された Windows 11 の UI を使い慣れた クラシックスタイルに カスタマイズ Microsoft は Windows 8 で総スカンを食らった UI の大幅な変更を 懲りもせず Windows 11 で再 […]

Microsoft-Tile-icon

Window 11 非対応 PC のアップグレード方法

TPM や セキュアブート などの システム要件を満たしていない デバイスを Windows 11 にアップグレード Windows 11 は システム要件が 厳しくなり 2017年 以前に生産されたモデルの多くは Wi […]

Microsoft-Tile-icon

UUP dumpを利用した Windows 11 の入手方法

ウェブツール UUP dump を利用して Windows 11 の ISO ファイルをダウンロード  インサイダー用に公開されている Windows 11 を Windows Update のサーバからダウンロードして […]

Microsoft-Tile-icon

無印 Windows7 からのアップグレード手順

自動更新できなくなった 無印 Windows 7 を SP1 へアップグレードする方法 2009年 10月 にリリースされた Windows 7 は 2020年 1月 12日にサポートが終了し、無印の Windows 7 […]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Windowsのインストールと設定
Easy Innovation Zone
タイトルとURLをコピーしました