アップグレード後のWindows10 クリーンインストール

LINEで送る
Pocket

Windows10を無償アップグレードした場合、Windows10のプロダクトキーはProduKeyなどのアプリを使用して確認できるが、残念ながら再インストール時にプロダクトキーを入力してもライセンスは認証されない
無償アップグレードの場合はデジタルライセンス認証として、使用してるパソコンのハードウェアとWindows10が紐付けられるため、一度Windows10にアップグレードしたパソコンであればハードウェアを交換しない限りWindows10のライセンスは認証されるものの、マザーボードや電源ユニット、SSD/HDDなどのパーツを換装した場合、異なるパソコンという判断が下されてしまう。
また、MicrosoftはWindows10より電話でのライセンス認証サポートを打ち切ったため、Windows8以前で表示されていた「インストールID」の表示もない。

ただ、その回避策としてMicrosoftアカウントにパソコンを紐づけ、パーツ交換時などでライセンス認証が通らなかった場合、Microsoftアカウントからパソコンの認証を行えるようになっている。

システム要件

CPU:1GHz以上
RAM:2GB以上
HDD:20GB以上の空き容量
グラフィックカード:DirectX 9 以上
ディスプレイ:800 x 600 以上

システム要件はWindows7と同じだが、このスペックは「取り敢えず動く」ための必須条件。

ツールの入手先

Microsoft  Windows10 公式ダウンロードページ



クリーンインストールの手順

Windows10へ無償アップグレードしたPCには、Windows10のプロダクトキーは不要だが、万が一に備えてアップグレード前のWindows7もしくはWindows8(8.1)のプロダクトキーを用意し、Microsoftアカウントにパソコンを登録してから、クリーンインストールメディアを作成してインストールを実行する。

Microsoftアカウントへのヒモ付

デジタルライセンス認証が通らない場合に備え、クリーンインストールの前にMicrosoftアカウントでログインする。

「スタート」→「設定」を開いて「アカウント」を選択。

「Microsoftアカウントのサインインに切り替える」をクリック。

すでにMicrosoftアカウントでサインインしている場合は、「本人確認」ができているか要確認。

Microsoftアカウントを取得している場合はサインイン。

未取得の場合は「作成しましょう!」のリンクをクリックし、受信可能なメールアドレスを入力し、ウィザードに従ってアカウントを作成する。

「現在のWindowsパスワード」はオフラインアカウントで使用してるパスワードで、パスワード未設定の場合は空白のまま「次へ」。

PINの設定はスキップできないので「次へ」。

任意の数字を入力してPINを設定する。

PIN設定後、ユーザー情報に「このPCで本人確認を行う必要があります」と表示されているので「確認する」をクリック。

Microsoftアカウントとして登録したメールアドレスにセキュリティコードを送信するため「次へ」をクリック。

セキュリティコードが記載されたメールを受信したら、表示されている画面にコードを入力。

本人確認が完了したら「ユーザー情報」の「Microsoftアカウントの管理」をクリック。

「Microsoftアカウント」でサインインをクリックして、メールアドレスとパスワードを入力してサインイン。
すでにサインインしている場合はスキップされ、下図の管理ページが表示される。

「デバイス」の項目に使用しているパソコンが表示されていればOK。

表示されてるデバイス名は、「スタート」→「設定」→「システム」→「バージョン情報」が確認できる。

インストールメディアの作成

Windows10を無償アップグレードした場合、手元にはUSBフラッシュメモリやDVD-Rなどの外部メディアがないので、アップグレード後にクリーンインストールが必要になった際は、まず外部メディアを作成する必要がある。

win10-cleaninst001

Windows10のクリーンインストール用メディアを作成するため、Microsoftのウェブサイトから外部メディアの作成ツールをダウンロードする。
ダウンロードページにある「ツールを今すぐダウンロード」をクリック。

win10-cleaninst002

「MediaCreationTool」というアプリケーションをダウンロードするので、ダブルクリックで実行。

win10-cleaninst003

「ライセンス条項」が表示されるので、内容を確認してから「同意する」をクリック。

win10-cleaninst004

「他のPC用にインストールメディアを作る」を選択。
使用しているPCをクリーンインストールする場合でも「他のPC用に・・・」を選択する。

win10-cleaninst005

「このPCにオススメのオプションを使う」のチェックを外す。

win10-cleaninst008

「このPCにオススメのオプションを使う」のチェックを外すと、各項目の変更が可能になるので、クリーンインストールするPCが現在使用しているWindowsと同じ「アーキテクチャ」を選択する。

win10-cleaninst007

メッセージが出るので「OK」をクリック。

win10-cleaninst009

「USBフラッシュ ドライブ」と「ISOファイル」の選択画面になる。
お手軽なのはUSBフラッシュ ドライブ。

USBフラッシュ ドライブは、一般的にUSBメモリとかUSBフラッシュなどと呼ばれているもので、特別なデバイスがあるわけではない。

USBメモリが認識されるとリムーバブルドライブの一覧に表示されるので、複数ある場合はWindowsを書き込むUSBメモリを選択して「次へ」。

Windows10のダウンロードが開始。

しばらくするとUSBのインストールメディアが完成する。

USBメモリを認識しない場合

USBメモリを選択した場合、相性の問題でWindowsのセットアップウィザードがUSBメモリを認識しない時がある。

win10-cleaninst010

8GBのUSBメモリを挿しても「USBフラッシュドライブが見つかりません」の表示。

win10-cleaninst011

PCの方ではしっかりと認識されているので、USBドライブが悪いわけではなく、MediaCreationToolの問題。

USBメモリを認識しない場合は「戻る」で、メディアの選択画面に戻って「ISOファイル」を選択して「次へ」

win10-cleaninst013

ISOファイルの保存先を指定したらWindows10のISOファイルがダウンロードされるので、DVDにコピーせずに「完了」でツールを終了。

DVD-Rのブランクメディアがあり、素直にISOファイルをDVD-Rに書き込んでセットアップする場合は、ImgBurnBurnAwareなどのライティングソフトを使用。

MediaCreationToolが認識しなかったUSBメモリを使用する場合は、Rufusというフリーソフトを使用する。

Rufusのダウンロードと使い方

Rufusは起動ディスクのISOイメージファイルからUSB起動メディアを作成するフリーソフト。 セットアップ作業がなく、 … “Rufusのダウンロードと使い方” の続きを読む

USBメモリを使用したインストール

Windows10をインストールするパソコンに、作成したインストール用のUSBメモリを挿してパソコンを再起動。

Windowsが起動する前にBootメニューを表示させることが可能であれば、Bootメニューを開いて一覧からUSBメモリを選択。

win10-cleaninst030

Bootメニューを使用せず、BIOSまたはUEFIで1st Boot ドライブの設定を変更する場合は、インストール完了後に再起動するタイミングでBoot設定を元に戻す必要がある。

※BIOSもUEFIもメーカーによって仕様が異なるので、詳細はPCやマザーボードに付属の説明書を参照。

win10-cleaninst022

起動設定が正しくできていれば、Windowsのセットアップが開始する。

win10-cleaninst023

「今すぐインストール」をクリック。

win10-cleaninst024

ライセンス認証でプロダクトキーの入力を求められるが「プロダクトキーがありません」をクリック。

win10-cleaninst025

インストールするOSを選択。

当然だがアップグレードした際のOSと同じものを選ばないとライセンス認証でエラーがでる。

win10-cleaninst026

「ライセンス条項」に同意して「次へ」。

win10-cleaninst027

「カスタム:Windowsのみをインストールする」をクリック。

win10-cleaninst028

既存のパーティションが表示されるので、Windowsをインストールするプライマリドライブを選択。

パーティションを変更する場合は、既存のパーティションを選択して「削除」して「未割り当ての領域」にしてから、「新規」でパーティションのサイズを割り当てる。

パーティションを削除した時点で、保存されていたデータは全て消失するので、データの保存用に使用していたドライブや、市販のPCでリカバリ用のデータが保存してあるドライブなど、誤って削除すると残念な感じになってしまうので、パーティションを削除する時は要注意。
ライセンスは前述の通り、パソコンのハードウェア構成に紐付けられているため、パーティションを削除しても問題ない。

win10-cleaninst029

Windowsのインストールが開始。
インストール完了後、パソコンが再起動するとWindows10の初期設定ウィザードが始まる。

Bootメニューを使用せず、BIOSやUEFIのBoot設定を変更している場合は、「処理が完了します」が終了してパソコンが再起動するタイミングで、再度BIOSやUEFIを起動して1st BootにWindowsをインストールしたドライブを指定する。

クリーンインストールで最も厄介なのは、インストール作業そのものではなく、USBメモリからの起動設定だったりする。

クリーンインストールが完了したら、「スタート」→「設定」→「更新とセキュリティ」を開き、「ライセンス認証」を確認。

「Windowsはデジタルライセンスによっライセンス認証されています」と表示されていればインストール完了。

ライセンス認証に失敗する場合

無償アップグレードした時のパソコンの構成を変更し、クリーンインストールを実行すると別のパソコンと判断され、デジタルライセンス認証に失敗する。
クローン化したSSDやHDDを構成の異なるパソコンで使用した場合も同様で、クローン接続時はデジタルライセンス認証されているが、そのデバイスでクリーンインストールを実行するとデジタルライセンス認証が通らなくなる。

ライセンス認証が通らなかった場合は「Windowsはライセンス認証されていません」と表示される。

有効なデジタルライセンスまたはプロダクトキーをお持ちでないため、このデバイスのWindowsをライセンス認証できません。(0x803F7001)

表示される説明文はWindows10のバージョンによって異なっているが、説明文にはそれほど意味がない。

Microsoftアカウントを使用して再認証を行う

Microsoftアカウントにパソコンを紐づけしている場合は、ライセンス認証画面の「トラブルシューティング」からMicrosoftアカウントにアクセスしてライセンス認証を行うことができる。

ライセンス認証画面の下にある「トラブルシューティング」をクリック。

トラブルシューティングが完了してもライセンス認証は通らないので、「このデバイス上のハードウェアを最近変更しました」をクリック。

紐づけしたMicrosoftアカウントを入力して「次へ」。
続いてパスワードを入力して「次へ」。

「現在のWindowsパスワード」はWindows起動時に入力するパスワード。
未設定の場合は空白のまま「次へ」。

Microsoftアカウントに登録されているパソコンが表示されるので、「現在使用中のデバイスは、これです」にチェックを入れて「アクティブ化」をクリック。

緊張の一瞬。

問題がなければライセンス認証されて完了。

Microsoftアカウントに紐づけしていない場合

パソコンをMicrosoftアカウントに紐付けせず、バンザイアタックでクリーンインストールをした場合、Windows10へアップグレードする前のWindows7またはWindows8(8.1)の正規プロダクトキーはあれば、Windows10のライセンスを再認証できる可能性がある。

「スタート」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択。

「slui 3」と入力。
“slui”と”3″の間は半角スペースを入れる。

ライセンス認証画面と同時に「プロダクトキーの入力」画面が開くので、Windows7もしくはWindows8(8.1)のプロダクトキーを入力して「次へ」。

Produkeyなどを使用して確認したWindows10のプロダクトキーではないので要注意。

「Windowsのライセンス認証」画面になるので「ライセンス認証」をクリック。

入力したプロダクトキーが有効であればライセンス認証されて完了。

ただし、Windows7またはWindows8(8.1)のライセンス認証でインストールID表示され、電話の自動音声でライセンス認証を行ったものは認証が拒否される。





Windowsのセットアップ

Windows10への無償アップグレード方法

2016年7月29日に終了したWindows7・Windows8(8.1)ユーザーに対する無償アップグレードは、その後「 … “Windows10への無償アップグレード方法” の続きを読む

Windows10の Wake On Lan (WOL)設定

Wake On Lan(WOL)はスリープ状態やシャットダウンしているパソコンに対して、マジックパケットと呼ばれる信号を … “Windows10の Wake On Lan (WOL)設定” の続きを読む

識別されていないネットワーク・デフォルトゲートウェイがない場合の対処法

PCケースを換装した際にネットワーク設定でトラブルが発生した。 症状はポピュラーな「識別されていないネットワーク」で、タ … “識別されていないネットワーク・デフォルトゲートウェイがない場合の対処法” の続きを読む

アップグレード後のWindows10 クリーンインストール

Windows10を無償アップグレードした場合、Windows10のプロダクトキーはProduKeyなどのアプリを使用し … “アップグレード後のWindows10 クリーンインストール” の続きを読む

Windows oldフォルダの削除方法

Microsoftは2017年4月に「毎年3月と9月頃に機能更新プログラムをリリースする」と発表し、Windows10は … “Windows oldフォルダの削除方法” の続きを読む




LINEで送る
Pocket