第5世代 Amazon Fireで Androidアプリを使用する


AmazonのFire 第5世代はAndroid5.1 LolipopをベースにしたAmazonオリジナルのOSなので、Android用のアプリは動作するものの、アプリはAmazon のアプリストアから入手することになる。ただ、そのストアからダウンロードできるアプリが少ない。

そもそもFireのコンセプトが「Amazonのサービス」なので排他的になるのも仕方なく、ストアのアプリもエンタメ系が多い。
また、ブラウザも閲覧データを収集することで非難されている Silk一択というのも微妙なので、Fireを「なんちゃってAndroidデバイス」に変えてみる。

第7世代 Amazon Fire HD 8 2017バージョンでのPlayストアの利用

第7世代 Amazon Fire HD 8 でPlayストアを利用する

プライムデーで購入したAmazon Fire HD 8 は「第7世代」でFire OS 5.4.0.0。 Androidのバージョンでは「5.1.1」のLollipop。 Fire OSは相変わらず排他的で、Amazon … 続きを読む



開発者オプションの有効化

はじめにパソコンとFireが通信できるようADB(Android Debug Bridge)を有効にするため、「開発者オプション」を表示する。

amazon-fire-googleplay005

「設定」をタップして「端末オプション」をタップ。

amazon-fire-googleplay007

「シリアル番号」を7回タップ。

amazon-fire-googleplay008

3回目くらいから「あと◯ステップであなたも開発者です。」という挑発的な表示がでる。

amazon-fire-googleplay009

「開発者オプション」が表示されて完了。
めでたく開発者になった。

Googleのプレイストアを使用できるようにする

必要なものはインターネットに接続されているパソコンとFire。
プレイストアを利用するための一発プログラムが公開されているので、初めにプログラムをダウンロードする。
ROOT JUNKY SDL.comlink

物騒なタイトルのサイトだが、上記のサイトからプログラムを入手できる。

amazon-fire-googleplay001

トップページの一覧から「Amazon Fire 5th gen」をクリック。

amazon-fire-googleplay002

下段に「Amazon-Fire-5th-Gen-Install-Play-Store.zip」というリンクが表示されるのでクリック。

amazon-fire-googleplay003

ZIPファイルは自動的にダウンロードが開始するが、ダウンロードされない場合は表示されている「Amazon-Fire-5th-Gen-Install-Play-Store.zip」のリンクをクリックする。

amazon-fire-googleplay010

「設定」→「端末オプション」から「開発者オプション」をタップし、プレイストアをインストールするための下準備として「ADBを有効にする」を「ON」にする。

amazon-fire-googleplay011

警告がでるので「有効にする」をタップ。

amazon-fire-googleplay012

ADBを有効にしたらパソコンとFireをUSBケーブルで接続。
ここからはパソコンでの操作になる。

正しく接続されていれば「コンピュータ」を開くとFireを確認できる。

amazon-fire-googleplay013

ROOT JUNKY SDL.comからダウンロードした「Amazon-Fire-5th-Gen-Install-Play-Store.zip」を右クリックメニューで「展開」。
解凍したフォルダ内にある「1-Install-Play-Store」というバッチファイルを開く。

amazon-fire-googleplay014

セキュリティ警告がでるので「実行」。

amazon-fire-googleplay015

バッチファイルが起動してプログラムを実行。

amazon-fire-googleplay016

メニューが表示されるので、初めに「2」と入力して「Enter」キーを押す。

amazon-fire-googleplay035

インストールが開始すると「USBデバックを許可しますか?」というメッセージがでるので、「コンピュータを常に許可」にチェックを入れて「OK」をタップ。
チェックを入れないと頻繁にメッセージがでることになる。

amazon-fire-googleplay021

プログラムのインストールが開始すればOK。

amazon-fire-googleplay022

Enterキー(どのキーでも可)を押して終了。

amazon-fire-googleplay023

Fireに「Playストア」と「Google設定」のアイコンが表示されていればOK。
Fireを再起動して無事完了。

インストールが開始しない場合

使用している環境によっては「1-Install-Play-Store」を起動後、2の「Install Google Play Store ・・・」を選択してもインストールが開始しない場合がある。
と、いうより、開始しなかった。

amazon-fire-googleplay024

Iビームが点滅した状態のまま一向にインストールが開始しない。
初めは転送に時間がかかっているのかも。。と思ったが、何のアクションも起こらないので右上の「✕」で強制終了。

amazon-fire-googleplay017

おそらく原因はプログラムの転送に必要なドライバ。
そこで再度、「1-Install-Play-Store」を起動して、ADB ドライバーをインストールするため「1」でEnter。

amazon-fire-googleplay018

Enterキー(どのキーでも可)を押してインストール開始。

amazon-fire-googleplay019

デバイスマネージャーのウインドウが開いてドライバーのインストールが完了。

ここでデバイスマネージャーに「Fire」が表示されていれば次の「UniversalAdbDriver」のインストールは必要ないので、デバイスマネージャーに表示されているFireのドライバ更新に進んでOK。

amazon-fire-googleplay025

デバイスマネージャーに「Fire」が見当たらない場合は、「Amazon-Fire-5th-Gen-Install-Play-Store」フォルダの中にある「UniversalAdbDriverSetup.msi」を起動してインストールする。

amazon-fire-googleplay026

インストーラーを開くとセキュリティ警告が出るので「実行」。
セットアップウィザードが開始するので「Next」。

amazon-fire-googleplay027

インストール先はデフォルトのままでOK。
ドライバーを個人のアカウントのみで使用するのか、全てのアカウントで使用するのか選択。
デフォルトは「Just Me」になっているので、全てのアカウントで使用する場合は「Everyone」に変更。

amazon-fire-googleplay028

インストールの準備ができたので、「Next」をクリックしてインストール開始。

amazon-fire-googleplay029

インストールが終了したら「Close」でセットアップウィザードを終了。

amazon-fire-googleplay030

「コントロールパネル」にある「デバイスマネージャー」を開くと「Fire」が確認できるはず。

amazon-fire-googleplay031

デバイスマネージャーに表示されている「Fire」のアイコンをダブルクリックして開き、「ドライバの更新」をクリック。

amazon-fire-googleplay032

「コンピュータを参照してドライバーソフトウェアを検索します」を選択。
ドライバーの検索場所は、「参照」で「Amazon-Fire-5th-Gen-Install-Play-Store」フォルダを指定。

amazon-fire-googleplay033

セキュリティ警告が出るので、「このドライバーソフトウェアをインストールします」を選択。

amazon-fire-googleplay034

ドライバーがインストールされると、デバイスマネージャーの「Fire」が「Android Composite ADB Interface」に変更される。

この状態で再度、「1-Install-Play-Store」を開いて「2」の「Install Google Play Store・・・」を選択すると無事にインストールできるはず。

Googleの設定

Play ストアがインストールされたら、後はGoogleアカウントを設定するだけ。

amazon-fire-googleplay036

Googleの使用許諾や位置情報など、Androidデバイスのセットアップ時と同様の内容が表示されるので任意で設定。

amazon-fire-googleplay037

Nova Launcherを始め、定番アプリなどをインストールしてAndroid風にしたホーム画面。
ウィジェットが使えないのが少々残念。

amazon-fire-googleplay038

こちらはデフォルトのホーム画面。

Nova Launcherをデフォルト設定にしようと思ったら、Fireにはデフォルトランチャーの設定項目がなく、ESファイルエクスプローラーのRootエクスプローラーも未対応だったので断念。

Android風にしてもたものの、Fireの用途が主にKindleとPrimeビデオで、デフォルトのホームをメインで使っていたりする。





ANDROIDのセットアップと設定

Android版 Googleアカウント取得と設定

GoogleアカウントはGoogleが提供している、GmailやGoogleカレンダー、Googleドライブ、Googleフォトなどの各サービスを利用する際に必要なアカウントで、PC版であれば既存のメールアドレスでもGo … 続きを読む

Androidアプリのアクセス権限と個人情報

Androidは利用者が多いだけに、悪意のある攻撃者から標的にされやすく、Googleプレイストアで公開されているアプリでさえ、マルウェアが紛れていたりする。 マルウェアとは「悪意のあるソフトウェア」のことで、ウイルス、 … 続きを読む

Androidのセキュリティとサポート

Androidはオープンソースで提供されているので、デバイスの製造メーカーやキャリア各社がカスタマイズしており、アップデートは製造メーカーによって実施されている。 開発元のGoogleが提供しているアップデートは、Goo … 続きを読む

Remix OSのインストールと設定

Androidをパソコン用にした「Android-x86」を進化させ、よりパソコンに適した仕様にしたものがRemix OSで、マルチウインドウでAndroid用のアプリが動作する。 GoogleのChrome Bookに … 続きを読む

Android-x86の起動とインストール

Android-x86は、モバイル用のAndroidをx86系のコンピュータで使用できるようにしたOS。大雑把に言ってしまうと、Windowsが動作してるPCで、スマホやタブレットで使用しているAndroidが使えるよう … 続きを読む