Movavi Video Editor 2024 のインストールと使い方

Movavi-Video-Editor-2023-icon-1

Movavi Video Editor 2024 の特徴

  • タイムライン編集が可能な使いやすい多機能ビデオ編集ソフト
  • クオリティの高いビデオ編集が簡単にできる
  • フィルタ・トランジション・ステッカーなど豊富なテンプレートを利用できる
  • AI による背景除去やアップスケーリング機能を実装
Movavi Video Editor Plusはバージョン 23.0から Movavi Video Editorとしてリリース。

開発元

  • 開発元:Movavi Software
  • 開発元の拠点:キプロス

ダウンロード

無料版には機能制限がある他、作成した動画にはウォーターマークが入り、60秒しか出力できない。

システム要件

  • バージョン:24.0.2 
  • OS:Windows 7/ 8/ 10/ 11(64-bitのみ)
  • CPU:Intel / AMD デュアルコアプロセッサ 1.5 GHz 以上
  • RAM:2GB 以上
  • ストレージ:1GB 以上の空き容量
  • グラフィックス:Intel HD Graphics 2000/ GeForce Quadro FX 4800/ AMD Radeon HD 4330 以降

サポートしているファイル形式

  • 入力をサポートしている動画ファイル
    3GPP, 3GPP2, ASF, AVI, DivX, FLV, SWF, M2TS, MKV, MOV, MP4, MPG, WMV, M2T, MTS, TS, MPE, MOD, TOD, M4V, MFX, OGV, QT, RM, WebM, WTV
  • 出力をサポートしている動画ファイル
    AVI, FLV, SWF, M2TS, MKV, MOV, MP4, MPG, WMV, OGV, WebM

インストール

Movavi Video Editor 23.4.1 001

公式サイト の「無料ダウンロード」をクリックしてインストーラーをダウンロード。

Movavi VE 2024 001

ダウンロードしたインストーラーを起動し、使用許諾書に問題なければ EULAに同意します をチェックして「インストール」。

インストール先を変更する場合は インストール設定 から編集。

Movavi Video Editorは隠しフォルダになっている App Dataフォルダ内の Roamingフォルダにインストールされる。

Movavi VE 2024 004

インストールが完了すると Movavi Video Editorが起動してチュートリアルが開始するので、「次へ」で進めるか、チュートリアルが不要であれば すべてスキップ をクリック。

OpenGL

グラフィックカードが OpenGLをサポートしていない場合はダイアログが表示されるので、グラフィックカードのドライバを更新するか、ソフトウェア OpenGLをインストールする。

Movavi VE 2024 002

OpenGL のダイアログが表示されたら「OK」で閉じてグラフィックカードのドライバを最新バージョンに更新。

ドライバの更新手順がわからない場合は、ドライバをダウンロード のリンク先で確認。

Movavi VE 2024 003

グラフィックカードの OpenGLが使用できない場合は、Movavi Video Editor 起動時に ソフトウェア OpenGL のインストールに関するダイアログが表示されるので「OK」で実行。

設定

Movavi Video Editor は初期設定で 匿名の使用統計送信 が有効になっているので、不要であれば 環境設定 で無効にする。

Movavi VE 2024 005

メニューバーの 設定 から 環境設定 を開き、全般タブで該当項目のチェックを外す。

Movavi Video Editor 2024 の使い方

Movavi VE 2024 007

左サイドパネル から インポート を選択し、ファイルをドラッグするか「ファイルを追加」から指定。

Movavi VE 2024 012

追加したアイテムは プロジェクトファイル に追加される。

Movavi VE 2024 011

アイテムの操作はコンテキストメニュー(右クリックメニュー)で可能。

Movavi VE 2024 009

Movavi VE 2024 010

作業内容はプロジェクトファイルとして、 Ctrl + S か、メニューバーの ファイル から プロジェクトの保存 で保存。

Movavi Video Editor は オートセーブ機能があるので、強制終了した場合は直前のセーブポイントで復元できるが、Movavi Video Editorが正常に終了すると一時ファイルは削除されるため、プロジェクトの保存は必須。

保存したプロジェクトファイルは、追加したメディア ファイルへのリンク情報を保持しているだけなので、プロジェクトファイル に追加した元ファイルを移動/ 削除するとデータが消失する。

Movavi VE 2024 008

編集する動画や画像ファイルを プロジェクトファイル  からタイムライン上の ビデオトラック にドラッグして追加。

サンプルビデオ イントロ動画 に登録されているフリー素材も利用できる。

Movavi VE 2024 013

タイムラインには タイトルビデオサウンド のトラックがあり、レイヤーになっているので映像や音源などを重ねて合成できる。

Movavi VE 2024 014

動画の位置はタイムライン上の ルーラー(再生位置マーク)か、プレビューのルーラーをスライドして指定。

再生ボタンの前後にあるボタンは 1フレーム毎 の移動が可能。

Movavi VE 2024 016

タイムラインの目盛りは下部にある スケール で調整でき、最大 1ミリ秒(1000分の1秒)単位にできる。

Movavi VE 2024 017

作成する動画の解像度やアスペクト比はプレビューのメニューで指定。

デフォルトでアスペクト比 16:9、解像度 1920 x 1080 に設定されており、変更する場合は x:y を選択して設定画面で編集。

サウンドの追加

Movavi VE 2024 018

BGMや効果音などは Movavi Video Editorに登録されているフリー素材を利用でき、左サイドパネルの オーディオ から環境音や効果音、BGMをサウンドトラックに追加。

Movavi VE 2024 050

Movavi VE 2024 049

動画に含まれている音声の一部分のみを使用する場合は、クリップを選択してコンテキストメニューから オーディオを切り離す を選択。

Movavi VE 2024 051

Movavi VE 2024 052

Movavi VE 2024 053

切り離した音声が サウンドトラック に移動するので、サウンドクリップをダブルクリックするか、クリップ選択後 ツールアイコンの クリップのプロパティ で編集する。

表示時間の調整

Movavi VE 2024 019

追加した動画と画像のクリップは、ドラッグして表示時間を調整する。

画像ファイルは表示時間を自由に調整できるが、動画は元の尺を超えて伸ばすことはできない。

カット編集

Movavi VE 2024 020

クリップの分割はクリップを選択後、カットする位置にルーラーを移動してツールアイコンの 分割  をクリックするか、ツールアイコンの ブレード を選択して分割する箇所を直接クリックする。

カットする位置にルーラーを移動してコンテキストメニューの 分割 でも可能。

Movavi VE 2024 021

分割したクリップは独立したクリップとして編集が可能になる。

色調整

Movavi VE 2024 040

Movavi VE 2024 041

色調整 は画像や動画のコントラスト・彩度・ホワイトバランス・色調などを調整する機能で、ツールアイコンから 色調整 をクリックし、任意のフィルタのコンテキストメニューからクリップに追加。

Movavi VE 2024 042

色調整マジックエンハンス は色を強調してコントラストやホワイトバランスを調整するので、自動コントラスト 自動ホワイトバランス を適用するよりも自然な感じで見た目が良くなる。

トランジション

Movavi VE 2024 026

Movavi VE 2024 027

トランジション はクリップ間をスムーズに遷移させるための視覚効果 で、左サイドパネルの トランジション から任意のスタイルを選択し、コンテキストメニューからクリップに追加。

Movavi VE 2024 023

トランジションが追加されたクリップには右端にトランジションのマークが表示される。

トランジションの削除は選択して Del キー。

トランジションは 2秒程度のためタイムラインのスケールを変更しないとマークは視認できない。

Movavi VE 2024 024

トランジションマークをダブルクリックすると表示時間などの調整が可能。

タイトル – テキスト

タイトル は装飾されたテキストのほか、吹き出し・字幕 ・テロップなどのスタイルを選択できる。

Movavi VE 2024 028

Movavi VE 2024 029

左サイドパネルの タイトル から任意のスタイルを選択して テキストトラック へドラッグ。

Movavi VE 2024 030

クリップ編集 画面が開くので、表示するテキストや書式を設定して「適用」で確定。

Movavi-Video-Editor-Plus-033

テキストクリップを選択した状態であればプレビュー画面で直接編集も可能。

Movavi VE 2024 031

テキストは テキストトラック 内で複数のスタイルを重ねて表示できる。

効果

Movavi VE 2024 032

Movavi VE 2024 033

Movavi VE 2024 034

効果 はクリップに フィルタ オーバーレイ など特殊な効果を追加するもので、左サイドパネルの 効果 を開き、フィルタオーバレイ効果LUT を選択し、任意の効果をコンテキストメニューからクリップに追加。

フィルタは複数の効果を適用可能。

LUT(ラット)は映像の色調を変換するプリセット。

Movavi VE 2024 035

効果を適用するとクリップに fx と表示され、クリックするとクリップのプロパティが開いて設定や削除ができる。

要素

Movavi VE 2024 036

Movavi VE 2024 037

要素 はステッカーやフレーム、図形などの素材で、左サイドパネルの ステッカー から任意のスタイルを選択して テキストトラック へドラッグ。

テキストと同じようにステッカーも複数のスタイル 重ねて表示可能。

Movavi-Video-Editor-Plus-038

ステッカークリップを選択した状態であれば プレビュー画面で直接編集も可能。

トリミング

Movavi VE 2024 038

Movavi VE 2024 039

Movavi-Video-Editor-Plus-039

トリミングは指定した範囲を切り抜く機能で、左サイドパネルの その他のツール から トリミングと回転 を選択し、プレビューのバウンディングボックスを操作してトリミングする範囲を指定する。

トリミングした範囲が アスペクト比に合わない場合は 自動的にレターボックス(黒帯)が入り、出力解像度に満たない場合は アップスケーリングされる。

パンおよびズーム

Movavi VE 2024 038

Movavi VE 2024 043

Movavi VE 2024 044

パン(Pan)は水平方向に視点が移動する技法で、左サイドバーの その他のツール から パンおよびズーム を選択し、任意のスタイルをコンテキストメニューからクリップに追加。

Movavi VE 2024 045

クリップ上に始点と終点を表す ○が 2つ表示されるので、タイムラインのスケールを調整してクリックできるようにし、○をドラッグして視点の移動開始位置と終点を設定。

Movavi-Video-Editor-Plus-047

始点の ○をクリックし、プレビュー画面のバウンディングボックスを変形させて開始時に表示範囲を指定後、終点の ○を選択して視点移動後に表示する範囲を指定する。

movavivideoeditor-gif1

バウンディングボックスの大きさによって自動的にズームも適用される。

背景除去

Movavi VE 2024 038

Movavi VE 2024 046

Movavi VE 2024 048

Movavi VE 2024 047

背景除去 は AIを使用して人物の背景を除去する機能で、利用する場合は背景を除去するクリップを選択後、左サイドパネルの その他のツール から 背景除去 を開き、ビデオ を選択してモードを指定後に実行。

オーディオ タブでは音質の向上やエコーなどの効果、AIを使用した ノイズ除去 などを利用できる。

Movavi-Video-Editor-2023

背景を除去できるのは人物のみだが、かなりの精度で背景を除去できる。

録音/ 録画

Movavi Video Editorは録音と録画機能を実装しており、ボイス ナレーションをオーディオトラックに追加したり、ウェブカメラの画像をビデオトラックに追加して編集できる。

Movavi VE 2024 054

Movavi VE 2024 055

トラックの追加 から ビデオの録画オーディオ録音 を選択。

Movavi-VideoEditor-053

録音は使用するマイクを選択して「録音の開始」でマイクの音声が録音され、録音中はリアルタイムでオーディオトラックに追加される。

録画中にビデオを再生する を有効にすると、プレビューで映像を見ながらナレーションを当てることができる。

Movavi-VideoEditor-054

ビデオの録画 はキャプチャデバイスを選択するとデバイスの映像が表示され、「キャプチャを開始」で録画、「キャプチャを停止」でファイルが自動保存され、録画した動画は メディア保管庫 に追加される。

出力

Movavi VE 2024 056

Movavi VE 2024 057

動画の制作が完成したら「エクスポート」をクリックし、 動画 メニューからファイル形式を選択後、保存先ファイル名品質 を指定して「開始」。

設定が分からない場合は 動画MP4 を選択して デフォルト設定で出力。

デバイステレビ は選択したデバイスに適したプロファイルで出力される。

Movavi VE 2024 058

詳細 をクリックすると ビデオコーデック解像度ビットレート などを設定できる。

movavivideoeditor059

出力したファイルを再生確認して問題なければ完成。

購入方法

Movavi Video Editor は 1年間のサブスクリプションタイプ買い切りタイプ があり、買い切りタイプはライセンスに期限がなく、バージョン内のアップデート(マイナーアップデート)は無料。

Movavi Video Editorは毎年メジャーアップグレードしているため、買切りタイプでアップデートできるのは最長でも 1年間。

Movavi VE 2024 059

公式サイト からプランを選択。

Movavi-Video-Editor-007

ダウンロード保証サービス は購入から 2年以内はインストーラーをダウンロードできるもので、製品購入時にインストーラーをダウンロードして保管すれば不要

Movavi Video Editor 23.4.1 002

サブスクリプションタイプはデフォルトで自動更新が有効になっているので、無効にする場合は 詳細を表示 から編集する。

Movavi Video Editor 23.4.1 003

決済はクレジットカードや PayPal のほか国内の銀行振込(三井住友銀行)や コンビニ決済 も可能で、銀行振込・PayPal は「その他のお支払い方法」から選択。

製品のアクティベート

Movavi VE 2024 060

Movavi VE 2024 061

ライセンスコードを取得したら Movavi Video Editorのメニューバーにある ヘルプ から ライセンス認証 を選択。

Movavi VE 2024 062

取得したライセンスコードを入力して「ライセンス認証」で認証が完了すると、製品版として利用可能になる。

関連記事
VideoProc-Converter-icon

VideoProc Converter AI のインストールと使い方

動画 / 音声ファイルのエンコード・動画編集・DVD のリッピング・動画ダウンロード・デスクトップキャプチャ機能 を実装した リーズナブルな 多機能ファイルコンバーター

Winxvideo AI icon

Winxvideo AI のインストールと使い方

AIを使用した動画・写真の高画質化やアップスケーリング、フレームレートの向上のほか、ファイル変換や編集機能、画面・ウェブカメラの録画、動画のダウンロードも可能な動画・画像エンハンサー

invideo-icon-1

オンライン ビデオメーカー InVideo の使い方

Index InVideo の特徴開発元アクセスシステム要件サポートしているファイル形式アカウントの作成InVideo の使い方 InVideo の特徴 簡単操作のオンライン動画制作サービス 豊富なテ…

iMyfone-Filme-063

iMyfone Filme のインストールと使い方

Index iMyfone Filme の特徴開発元ダウンロードシステム要件サポートしているファイル形式インストール設定iMyfone Filme の使い方 – ファーストビデオiMyfo…