OpenShot Video Editor のインストールと使い方

OpenShot-3.0-icon

OpenShot Video Editor の特徴

  • 無料で提供されている高機能動画編集アプリ
  • タイムライン編集が可能
  • オープンソースで開発
  • エフェクトやフィルタも実装
  • 日本語をサポート

開発元

  • 開発元:OpenShot Studios
  • 開発元の拠点:米国

ダウンロード

バージョン 2.4.2から 32bit 版もリリースされている。

システム要件

  • バージョン:3.1.1
  • OS: Windows 7/ 8.x/ 10/ 11
  • CPU:64ビットをサポートするマルチコアプロセッサ
  • RAM:4GB以上(16GB 推奨)
  • ストレージ:500MBの空き容量
可能な限りハイスペックな環境を推奨。

サポートしているファイル形式

  • 入力フォーマット
    FFmpegライブラリを使用しているため、主要な動画ファイル・画像ファイル・音声ファイルを取り込むことが可能。
  • 出力フォーマット
    AVI, FLV, MOV, MP4, MPEG2, OGG, WEB M

インストール

OpenShot-3.0-001

公式サイト のダウンロードボタンをクリックしてインストーラーをダウンロード。

32bit 環境の場合は 32bit のリンクをクリック。

OpenShot-Video-Editor-002

ダウンロードしたインストーラーを起動し、ユーザーアカウント制御のプロンプトが表示されたら「はい」で許可。

OpenShot-Video-Editor-003

セットアップで使用する言語を選択して「OK」。

OpenShot-3.0-002

使用許諾書に問題なければ「同意する」にチェックを入れて「次へ」。

OpenShot-3.0-003

インストール先を確認して「次へ」。

OpenShot-3.0-004

追加するタスクを選択して「次へ」。

Add an exception to the Windows Firewall は匿名の使用データとエラー情報を送信するオプションなので、不要であればチェックを外す。

OpenShot-3.0-006

「インストール」でインストールを実行。

OpenShot-3.0-007

「完了」でセットアップ完了。

OpenShot-3.0-009

OpenShot Video Editorの初回起動時に Windows Defenderのファイアウォールがブロックした場合はアクセスを許可する。

OpenShot Video Editor の使い方

openshot-video-editor-007

インターフェイスは 簡易表示拡張表示 があり、上部メニューバーの 表示 にある 表示形式 で切り替える。

デフォルトは簡易表示で、拡張表示はエフェクトやトランジションなどが表示される。

OpenShot-3.0-011

簡易表示では左上が 素材、右上が プレビュー 、下が タイムライン のペインで 、素材 のペインには プロジェクトファイルトランジションエフェクト絵文字 のタブがある。

プロジェクトファイル – 素材の追加

制作する動画で使用する動画・画像・音声などの素材は プロジェクトファイル に追加する。

OpenShot-3.0-012

素材は プロジェクトファイル にドラッグするか、ツールアイコンの「+」から追加。

コンテキストメニュー(右クリックメニュー)や Ctrl + F でも追加可能。

OpenShot-3.0-013

追加したファイルを削除する場合は、対象のファイルを選択してコンテキストメニュー(右クリックメニュー)から プロジェクトから削除 を選択。

OpenShot-3.0-014

進行中の作業内容は Ctrl + S か、メニューバーの ファイル から プロジェクトを保存 を選択すると .osp という OpenShot Video Editorファイルとして保存できる。

OpenShot-3.0-015

使用する素材をタイムラインの トラック にドラッグで配置。

トラックはレイヤーになっているので映像や音源などを重ねて合成することができる。

OpenShot-3.0-016

追加した動画や画像などは クリップ と呼ばれ、クリックすると赤枠で選択されていることを確認できる。

タイムライン上の ルーラー(再生位置マーク)を任意の箇所にスライドすることで右上にプレビューが表示される。

OpenShot-3.0-017

タイムラインの上にあるスライドバーには追加したクリップの配置が表示され、表示範囲の変更(タイムラインの目盛り変更)や、表示範囲をスライドさせてタイムラインの表示位置を移動できる。

OpenShot-3.0-018

プレビューは 再生一時停止早送り(巻き戻し)クリップの最後尾(先頭)に戻る の操作ができる。

カット編集(トリミング)

動画を任意の箇所で分割して必要な部分だけを残すツールは、クリップの分裂スライスカミソリツール がある。

クリップの分裂

クリップの分裂 はプロジェクトファイルに追加されたファイルを任意の位置で分割する。

OpenShot-3.0-019

編集したいクリップ選択してコンテキストメニューから クリップを分裂 を選択。

OpenShot-3.0-020

編集画面が開くので開始位置と終了位置を指定して「作成」をクリック。

クリップの名前 は未入力でも可。

トリミングする位置は 一時停止状態でキーボードのカーソルを使用すると 1ミリ秒単位で移動できる。

OpenShot-3.0-021

編集したクリップは プロジェクトファイル  に追加される。

内容を確認する場合はクリップを選択後にコンテキストメニューから ファイルをプレビュー で再生画面が開く。

スライス

スライス はタイムラインに配置されたクリップを任意の位置で分割する。

OpenShot-3.0-022

クリップを選択して分割する位置にルーラーを合わせ、コンテキストメニューの スライス で、カットした位置から右側を使用する場合は 右を保持 、左側を残す場合は 左を保持、両方残す場合は 両側を保持 を選択。

不要なクリップはコンテキストメニューから クリップを削除 で削除できる。

カミソリツール

カミソリツール はタイムライン上のクリップを直接分割できる。

OpenShot-3.0-023

タイムラインのツールアイコンから ハサミのアイコンを選択し、カミソリの先に表示される青色の点線(左端の線)を任意の位置でクリックするとクリップが分割される。

ツールを解除する場合はアイコンを再クリック。

クリップのプリセットメニュー

クリップにはフェードなどのトランジションのほか、逆再生・スロー再生・倍速再生・回転などのプリセットメニューが用意されている。

OpenShot-3.0-024

クリップにフェードの効果を付与する場合は、クリップを選択してコンテキストメニューの フェード から 始端終端全体 のフェードイン・フェードアウトが選択できる。

フェードなどはトランジションでも可能だが、クリップのプリセットメニューのほうが効率的。

OpenShot-3.0-025

クリップの逆再生や再生速度の変更は タイム で編集。

通常再生は 順方向、逆転再生は 戻る を選択。

トランジション

トランジション はクリップ間をスムーズに遷移させるための視覚効果で、最も一般的なのがフェードアウト・フェードイン。

OpenShot Video Editor はトランジションの自動追加機能があり、追加したクリップを前のクリップに重ね合わせると指定したトランジションが自動的に適用される。

OpenShot-3.0-026

トランジションを適用する場合は トランジション タブを選択し、プリセットから適用する効果を選択。

OpenShot-3.0-GIF1

クリップを前のクリップに重ね合わせると、選択したトランジションが自動的に追加される。

OpenShot-3.0-027

トランジションの左上にある「▽」をクリックすると コピー反転削除 のメニューが表示される。

反転 はトランジションが適用されている範囲が逆転して適用されるため、フェード の場合は 次のクリップ がフェードアウトしてから 前のクリップ がフェードインした後に次のクリップ が再生される

OpenShot-3.0-028

トランジションは始端・終端にカーソルを合わせて任意の長さに調整可能だが、効果の適用にはクセがあるのでプレビューで確認しながら開始位置と終了位置を決める。

エフェクト

エフェクト はクリップ自体に付加する効果で、ぼかし輝度とコントラストインターレース解除クロマキー などがあり、エフェクト タブに切り替えて使用する。

OpenShot-3.0-029

使用するエフェクトを選択して適用するクリップへ ドラッグ で追加。

ぼかし輝度とコントラスト彩度など複数のエフェクトを 1つのクリップに適用することが可能。

OpenShot-3.0-030

エフェクトを削除する場合は削除するエフェクトにカーソルを合わせ、コンテキストメニューから エフェクトを削除 を選択。

絵文字

絵文字 は動画に挿入するステッカーで、アニメーションにすることもできる。

OpenShot-3.0-032

追加した絵文字のクリップを選択し、コンテキストメニューの アニメーション表示 から任意の動作を指定。

OpenShot-3.0-GIF3

追加した 絵文字の編集内容がアニメーションになる。

OpenShot-3.0-033

アニメーションの部分は範囲が表示されるので、カミソリツールなどでアニメーションの部分をカットすることも可能。

タイトル(テキスト)の入力

タイトル はテンプレートからイメージに近いものを選択して追加する。

自由なテキスト入力はサポートしていない。

OpenShot-3.0-034

タイトル画面はメニューバーの タイトル から タイトル を選択するか、Ctrl + T で呼び出す。

OpenShot-Video-Editor-020

左のテンプレート一覧からデザインを選択し、 右ペインで表示するテキスト入力やフォント・サイズ・文字色を編集する。

背景はデフォルトが透過になっており、カラーを指定すると透過の効果が失われ、テンプレートによっては完全な透過にならないものもある。

openshot-video-editor-026

作成したタイトルをタイムラインへ追加。

openshot-video-editor-gif2

追加したタイトルはクリップのようにコンテキストメニューからフェードやズームアウトなどの効果を追加できる。

openshot-video-editor-025

動画タイトル では 3Dアニメーションのタイトルを作成することも可能だが、使用する場合は別途 オープンソースの 3DCGソフト Blender が必要。

出力

OpenShot-3.0-035

動画の出力は上部の 録画アイコン をクリック。

OpenShot-Video-Editor-022

出力の設定画面が開くので ファイル名保存先 を指定。

OpenShot-Video-Editor-023

プロファイル のリストから使用目的に近い形式を選択するか、デフォルトのまま 全ての形式 を選択。

OpenShot-Video-Editor-024

ターゲット で出力するファイル形式を選択。

Intelの CPUを使用し、MP4に出力する場合は QSV(ハードウェアエンコード)を利用できる。

OpenShot-Video-Editor-025

プロファイル で  全ての形式 を選択すると 映像プロファイル が全て表示されるので、出力する解像度とフレームレートを設定。

使用した素材の解像度よりも高い解像度で出力するとアップスケーリング(拡大)されるため画質に締りがなくなり、ソースよりもフレームレートを低くすると動画の滑らかさが失われる。

OpenShot-Video-Editor-028

品質 を低・中・高 から選択して「動画を書き出し」で 出力処理を実行。

OpenShot-Video-Editor-026

ビットレートなどの専門知識がある場合は映像プロファイルを使用せず、詳細 タブで任意の値を指定することもできる。

openshot-video-editor-029

出力したファイルを再生確認して問題なければ完成。

関連記事
VideoProc-Converter-icon

VideoProc Converter AI のインストールと使い方

動画 / 音声ファイルのエンコード・動画編集・DVD のリッピング・動画ダウンロード・デスクトップキャプチャ機能 を実装した リーズナブルな 多機能ファイルコンバーター

Winxvideo AI icon

Winxvideo AI のインストールと使い方

AIを使用した動画・写真の高画質化やアップスケーリング、フレームレートの向上のほか、ファイル変換や編集機能、画面・ウェブカメラの録画、動画のダウンロードも可能な動画・画像エンハンサー

invideo-icon-1

オンライン ビデオメーカー InVideo の使い方

Index InVideo の特徴開発元アクセスシステム要件サポートしているファイル形式アカウントの作成InVideo の使い方 InVideo の特徴 簡単操作のオンライン動画制作サービス 豊富なテ…

iMyfone-Filme-063

iMyfone Filme のインストールと使い方

Index iMyfone Filme の特徴開発元ダウンロードシステム要件サポートしているファイル形式インストール設定iMyfone Filme の使い方 – ファーストビデオiMyfo…