OpenShot Video Editor のインストールと使い方

スポンサーリンク
openshot-icon

タイムライン編集が可能な日本語をサポートしたオープンソースの無料動画編集アプリ

OpenShot Video Editor は動画ファイルのトリムやエフェクト、クロマキー合成、スロー再生などの編集ができる日本語をサポートした  オープンソース の無料 ビデオエディタ。

バージョンアップする度に安定性と操作性が向上しており、用意されているエフェクトやフィルタも多く、タイムライン上にコンテンツを配置して作成していくので、作業そのものは比較的わかりやすく PC ビギナーでも簡単に動画編集ができる。

以前は 64bit 版のみの提供だったが バージョン 2.4.2 から 32bit 版もリリースされている。

システム要件

バージョン 2 .5 .1 現在

OS:Windows 7 / 8 / 10 ( 32 & 64bit )
CPU:64ビットをサポートするマルチコアプロセッサ
RAM:4GB以上(16GB推奨)
HDD:500MBの空き容量

※可能な限りハイスペックな環境を推奨

ソフトの入手先

OpenShot Video Editor ダウンロードページlink



OpenShot Video Editor のインストール

オープンソースで開発されているため、アドウェアやサードパーティ製アプリのバンドルもなく、セットアップは至ってシンプル。
インストール後にファイヤーウォールのアクセス許可を求めてくるが、ブロックしたままでも特に支障はない。

openshot-video-editor-001

ダウンロードページの「 Download v 2 .5 .1 」をクリックしてインストーラーをダウンロード。

32bit 環境の場合は「 32bit 」のリンクをクリック。

openshot002

インストーラーを起動して ユーザーアカウント制御のメッセージがが表示されたら「 はい 」で許可。

言語選択のウインドウが開くので、「 日本語 」になっていることを確認して「 OK 」。

openshot003

使用許諾書を確認して問題なければ「 同意する 」にチェックを入れて「 次へ 」。

openshot004

インストール先の指定。
特にこだわりがなければデフォルトのまま「 次へ 」。

openshot-video-editor-005-1

追加のタスクには「 デスクトップにショートカットを作成する 」「 .osp 拡張子の関連付け 」「 ファイヤーウォールへ例外を追加 」があり、「デスクトップにショートカットを作成する 場合はチェックを入れて「 次へ 」。

「 .osp 拡張子の関連付け 」「 ファイヤーウォールへ例外を追加 」はデフォルトのまま有効にしておく。

openshot-video-editor-006

インストールの設定内容を確認し、問題なければ「 インストール 」をクリック。

openshot-video-editor-002

OpenShot Video Editor セットアップ完了。

OpenShot Video Editor の使い方

動画制作の手順そのものはシンプルで「 素材の追加 」→「 素材の配置 」→「 素材の編集 」→「 エフェクトやトランジションを追加 」→「 出力 」という流れになる。

OpenShot Video Editor は FFmpeg ライブラリを使用しているため、 主要な動画ファイル・画像ファイル・音声ファイルを取り込むことができ、出力も AVI / FLV / MOV / MP4 / MPEG2 / OGG / WEB M をサポートしている。

openshot-video-editor-007

OpenShot Video Editor のインターフェイスは「 簡易表示 」と「 拡張表示 」があり、上部メニューバーの「 表示 」→「 表示形式 」で切り替えが可能。

デフォルトは簡易表示になっており、拡張表示はエフェクトやトランジションなどが表示されるだけなので モニタの大きさなどを加味して変更すると良いかも。

openshot-video-editor-008

簡易表示は大きく3つのペインに分かれており、左上が「 素材 」のペイン、右上が「 プレビュー 」のペイン、下が「 タイムライン 」のペインで、一般的なビデオエディタと同じ構成になっている。

素材が表示される左上のペインには「 プロジェクトファイル 」「 トランジション 」「 エフェクト 」があり、タブで切り替えを行う。

openshot-video-editor-003

素材になる動画や音声の追加は「 プロジェクトファイル 」を表示した状態でファイルをドラッグ・アンド・ドロップするか、上部メニューアイコンの「 + 」またはコンテキストメニュー(右クリックメニュー)から「 ファイルのインポート 」を選択。

「 Ctrl + F 」でもファイルの追加が行える。

openshot-video-editor-004

追加したファイルを削除する場合は、対象のファイルを選択してコンテキストメニューから「 プロジェクトから削除 」を選択。

openshot-video-editor-009

使用する素材を下ペインのトラックにドラッグアンドドロップで配置する。

トラックはレイヤーのようなもので「 トラック1 」が最も下の階層になる。
ただし、あくまで重ねているだけなので、音源などは上層トラックに配置しても、下層トラックの音源が消えるわけではない。

openshot-video-editor-011

追加した動画や画像などは「 クリップ 」と呼ばれ、クリックすると赤枠で選択されていることを確認できる。

タイムライン上のルーラー(再生位置マーク)を任意の箇所にスライドすることで、右上のペインにプレビューが表示される。

openshot-video-editor-010

タイムラインの目盛りはタイムラインのメニューアイコンの横にあるスライドバーで任意に変更が可能。

openshot-video-editor-012

プレビューは通常のプレーヤーと同様に「 再生 」・「 一時停止 」・「 早送り(巻き戻し) 」・「 クリップの最後尾(先頭)に戻る 」の操作ができる。

openshot-video-editor-030

進行中の作業は「Ctrl + S」もしくはメニューバーの「ファイル」→「プロジェクトを保存」で、「 .osp 」という OpenShot Video Editor ファイルとして保存できる。

カット編集(トリミング)

動画を任意の箇所でカットして分割し、必要な部分だけを残すには、クリップを編集する方法のほか、タイムライン上でルーラーを使用する方法とカミソリツールを使用する方法がある。

openshot-video-editor-014

編集したいクリップ選択してコンテキストメニューから「 クリップを分裂 」を選択。

openshot-video-editor-015

編集画面が開くので開始位置と終了位置を指定して「 作成 」ボタンをクリック。

トリミングする位置は一時停止状態でキーボードのカーソルを使用すると1ミリ秒単位で移動できる。
「 クリップの名前 」の箇所には任意でファイル名を入力でき 未入力でも可。

openshot-video-editor-016

編集したクリップはプロジェクトファイル(左上のペイン)に追加される。
内容を確認する場合は、クリップを選択後にコンテキストメニューから「 ファイルをプレビュー 」で再生画面が開く。

openshot-video-editor-017

タイムライン上でクリップを編集する場合は、プレビューでクリップを再生し、カットしたい位置で一時停止にしてから、コンテキストメニュー(右クリックメニュー)を出して「 スライス 」を選択し、カットした位置から右側を使用する場合は「 右を保持 」、左側を残す場合は「 左を保持 」、両方残す場合は「 両側を保持 」を選択。

両側を保持で残した場合も、不要なクリップは選択後にコンテキストメニューから「 クリップを削除 」で削除できる。

openshot-video-editor-018

タイムラインの上の動画分割は「 カミソリツール 」でも可能で、ハサミのアイコンしているカミソリツールを選択すると、カーソルがカミソリアイコンに変わり、カミソリの先に青色の点線が表示されるので、任意の位置でクリックするとクリップが分割される。

クリップのプリセットメニュー

クリップには予めいくつかの効果が用意されており、メニューから選択することでフェードなどトランジションと同様の効果を得ることができたり、逆再生やスロー再生、倍速再生、回転などが可能になっている。

openshot-video-editor-019

クリップにフェードの効果を付与する場合、クリップを選択してコンテキストメニューの「 フェード 」で始端・終端・全体に対してフェードイン・フェードアウトの選択ができる。
同様の効果は後述のトランジションでも可能だが、クリップのプリセットメニューのほうがお手軽。

openshot034

クリップを逆再生させたり、再生速度を変更する場合は「 タイム 」で可能。
通常再生は「 順方向 」、逆転再生は「 戻る 」を選択する。

その他にもアニメーション表示、クリップの回転やボリューム調整などが行える。

トランジション

トランジションはクリップ間をスムーズに遷移させるための視覚効果で、最も一般的なのがフェードアウト・フェードイン。

OpenShot Video Editor が実装している便利機能の1つが、トランジションの自動追加で、追加したクリップを前のクリップに重ね合わせると指定したトランジションが自動的に適用される。

openshot-video-editor-021

トランジションを適用する場合は「 トランジション 」タブを選択してから、プリセットから適用する効果を選択。

openshot-video-editor-gif1

クリップを前のクリックに重ね合わせると選択したトランジションが自動的に追加される。

2019-10-13-25

トランジションの左上にある「 ▽ 」をクリックしたら「 コピー 」「 反転 」「 削除 」のメニューが出るので、必要に応じて選択する。

「 反転 」はトランジションが適用されている範囲が逆転して適用されるため、「 フェード 」の場合は「 次のクリップ 」がフェードアウトしてから「 前のクリップ 」がフェードインした後に「 次のクリップ 」が再生されるので、通常は使用しない。

openshot-video-editor-023

トランジションは始端・終端にカーソルを合わせて任意の長さに調整可能だが、
効果の適用にはクセがあるので、プレビューで確認しながら開始位置と終了位置を決める。

エフェクト

エフェクトはクリップ自体に付加する効果で「 ぼかし 」「 輝度とコントラスト 」や「 インターレース解除 」や「 クロマキー 」などがあり、トランジションと同様 「 エフェクト 」をタブに切り替えて使用する。

openshot-video-editor-024

エフェクトを適用する場合は、使用するエフェクトを選択して適用するクリップへドラッグ・アンド・ドロップで追加。

openshot031

「 ぼかし 」「 輝度とコントラスト 」「 彩度 」など複数のエフェクトを1つのクリップに適用することが可能。

openshot032

エフェクトを削除する場合は、削除するエフェクトにカーソルを合わせてコンテキストメニューから「 エフェクトを削除 」を選択。

タイトル(テキスト)の入力

現バージョン( v4.4.2 )の OpenShot Video Editor は 自由なテキスト入力はサポートしておらず、テンプレートからイメージに近いものを選択して挿入する。

openshot035

タイトル画面を出すには上部メニューの「 タイトル 」→「 タイトル 」を選択するか、「 Ctrl + T 」で呼び出す。

openshot036

左のテンプレート一覧からデザインを選択し、右側の「 行 」の項目に表示する文字列を入力。
後は任意でフォントやサイズ、文字色を変更する。

背景に関してはデフォルトが透過で、カラーを指定すると透過の効果が失われる。
※テンプレートによっては完全な透過にはならない。

openshot-video-editor-026

作成したタイトルをタイムラインへ追加。

openshot-video-editor-gif2

追加したタイトルはクリップと同様、コンテキストメニューからフェードやズームアウトなどの効果を追加できる。

openshot-video-editor-025

「 動画タイトル 」は3Dアニメーションのタイトルを作成することも可能だが、使用する場合は別途、オープンソースの3DCGソフト Blender が必要になる。

Blender ダウンロードページ link

出力

動画の制作がそれなりに完成したらファイルへ出力する。
OpenShot Video Editor では豊富なプロファイルが用意されているため、ビットレートやフレームレート、解像度などの設定が分からなければ、用途に近いものを選べば問題ない。
ただし、使用した素材の解像度よりも高い解像度で出力するとアプスケールされるため、画質に締りがなくなる。また、素材よりも高画質な設定にしても無駄にファイルサイズが増えるだけで画質が良くなるわけではない。

openshot-video-editor-028

動画の出力は上部の「 録画アイコン 」をクリック。

openshot-038

出力の設定画面が開くので、ファイル名と保存先を任意で指定。

openshot-039

「 プロファイル 」のリストから使用目的に近い形式を選択するか、デフォルトのまま「 全ての形式 」を選択。

openshot-041

「 ターゲット 」で出力するファイル形式を選択。

デフォルトはMP4になっているので、よく分からない時はデフォルトのままでOK。

openshot-042

プロファイルで「 全ての形式 」を選択すると、映像プロファイルも全て表示される。デフォルトは1024 x 576(PAL)で解像度が低めに設定されているので、使用している素材を考慮して映像プロファイルを選択する。

openshot-043

ビットレートなどの専門知識がある場合は、映像プロファイルを使用せず、「 詳細 」タブで任意の値を指定することも可能。

出力設定ができたら「 動画を書き出し 」をクリック。

openshot-video-editor-029

出力したファイルを再生確認して問題なければ完成。





関連記事

mifi-losslesscut-icon

MIFI LosslessCut – 無劣化カット編集アプリのインストールと使い方

動画や音声を再エンコードせず無劣化でカット編集するオープンソースのアプリ MIFI LosslessCut は Mikael Finstad 氏が開発している 動画 / 音声 の無劣化カット編集に特化した オープンソース […]

avidemux-icon

Avidemux のインストールと使い方

動画のカット編集が無劣化で行えるオープンソースの無料 動画編集ソフト Avidemux はオープンソースで開発が進められているノンリニア編集の無料動画エディタで、動画のカット編集が無劣化で行えるほか、エフェクトやフィルタ […]

movavivideoeditor-icon

Movavi Video Editor のインストールと使い方

低価格で操作性の良いビデオ編集ソフト Movavi Video Editor は 低価格ながら操作性が良く フィルタやトランジション , エフェクト のほか ステッカー など使えるテンプレートが用意されており、簡単に遊び […]

openshot-icon

OpenShot Video Editor のインストールと使い方

タイムライン編集が可能な日本語をサポートしたオープンソースの無料動画編集アプリ OpenShot Video Editor は動画ファイルのトリムやエフェクト、クロマキー合成、スロー再生などの編集ができる日本語をサポート […]

aviutil-icon

AviUtl のインストールと使い方

タイムライン編集が可能な無料動画編集ソフトの定番 AviUtl はタイムライン編集ができ、多くのプラグインが公開されている無料動画編集の定番ソフト 。 設定可能な項目が多いため、プラグインの導入も含め、ある程度の動画に関 […]