Androidデバイスの固定IPアドレスの設定方法


Androidデバイスは自動的にWiFiをキャッチするので、接続するSSIDをタップして、パスワードの入力、もしくはルーターの「WPS」ボタンを押して、デバイスの「WiFiの設定」→「詳細設定」から「WPSプッシュボタン」をタップすればSSIDやパスワードがわからなくても接続できる。
パソコンも同じだが、Androidデバイスも初期設定でDHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)になっているので、前回接続していたIPアドレスが使えない場合、空いているIPアドレスを検索して再接続する。

使用してるデバイスが全て「IPアドレスを自動取得(DHCP)」になっていれば問題はないが、パソコンに固定IPを使用していると、パソコンを起動したときにIPが競合して「インターネットアクセスなし」になることが稀にある。
この現象はパソコンで設定しているIPアドレスを、パソコンがシャットダウンしている間に、スマホやタブレットが我先にと使用することで発生するので、回避策としてはPCを常時起動しておくか、Androidデバイスを固定IPに変更するしかない。



固定IPアドレスの設定方法

はじめに固定IPにするSSIDが、すでに登録済みであれば削除する。
※バージョンはAndroid 8.0(Oreo)

「設定」→「ネットワークとインターネット」→「Wi-Fi」で、固定IPに変更するSSIDが「保存済み」になっている場合は、ロングタップして「ネットワークを削除」を選択。

削除後、しばらくすると再度、削除したSSIDを拾うのでタップして選択。

パスワード(暗号キー)を入力後、「詳細設定」をタップ。

「IP設定」の「DHCP」をタップしてリストを表示。

「静的」に変更。

「IPアドレス」にはAndroidデバイスで使用する固定IP。
「ゲートウェイ」には無線LAN機器に割り振られているLAN側IPアドレスを入力。

ネットワークプレフィックス長は基本的に「24」のままで問題ない。

「DNS1」は初期設定の「8.8.8.8」、「DNS2」も初期設定の「8.8.8.4」のままで「接続」をタップ。
ちなみに「8.8.8.8」「8.8.8.4」はGoogleのパブリックDNS。

ただ、ルーターにはDNSとしての機能が備わっているため、パソコンではデフォルトゲートウェイで使用したルーターのLAN側IPアドレスを使用するのが一般的で、AndroidデバイスでもDNS1にデフォルトゲートウェイと同じIPアドレスを入力し、DNS2を空欄にしても問題ない。

これでAndroidデバイスの固定IPの設定が完了。





Androidの設定

Androidデバイスの固定IPアドレスの設定方法

Androidデバイスは自動的にWiFiをキャッチするので、接続するSSIDをタップして、パスワードの入力、もしくはルーターの「WPS」ボタンを押して、デバイスの「WiFiの設定」→「詳細設定」から「WPSプッシュボタン … 続きを読む