Desktop Goose – デスクトップマスコットのインストールと使い方

スポンサーリンク
desktop-goose-icon

ガチョウ がデスクトップ を自由に徘徊する カスタマイズ可能な ペットアプリ 

Desktop Goose は SamPerson 氏 が開発している ガチョウが デスクトップを 歩き回って 画像 や テキスト を引っ張ってくるなどの いたずらをするジョークソフト。

MOD (改造データ ) の使用を有効にすることで 公開されている 拡張データの利用 や プログラミングの心得があれば 自作の MOD を適用することも可能になっている。

goose_1

インストールが不要なスタンドアローンアプリなので 実行ファイルを起動するだけで ガチョウがデスクトップにやってくるが「かわいい」だけで実用性は全く無いが、一度 デスクトップを徘徊させると妙にハマってしまう。

desktop-goose-001

Desktop Goose 自体が使用するリソースは メモリが 30 MB ほどで CPU の使用率も微々たるものだが、デスクトップを徘徊するため「 デスクトップ ウインドウ マネージャー ( dwm ) 」でも本体と同等の メモリ や CPU を使用するほか GPU のリソースを 結構 消費するので、低スペックの PC , 特に グラフィックが 非力な PC では 負荷が大きく、他のアプリと同時に実行すると 処理に支障を来す可能性がある。

システム要件

バージョン 0. 3 現在

OS:Windows  7 /  8 / 8.1 / 10

ソフトの入手先

SnapFiles Desktop Goose ダウンロードページlink

Desktop Goose 公式サイト link

 

Desktop Goose のインストール

Desktop Goose は 7-Zip の自己解凍ファイルで提供されており、ダウンロードしたファイルをクリックして解凍すれば「 Desktop Goose 」フォルダが生成される。

desktop-goose-002

公式サイトよりも ダウンロードがスムーズなので SnapFiles から Desktop Goose を ダウンロード。

desktop-goose-003

7-ZIP の自己解凍ファイルをダウンロードするので クリックして起動。

desktop-goose-004

解凍先の指定。
デフォルトでは 自己解凍ファイルと同じ場所に解凍する。

desktop-goose-005

解凍したフォルダ内になる「 GooseDesktop 」の実行ファイルを開くと「 GooseDesktop 」が起動する。

Desktop Goose の使い方

Desktop Goose には デフォルトで ガチョウの画像 や テキストファイル が格納されているので、起動するだけでも楽しめるようになっている。

ガチョウ は マルチモニタ環境では プライマリモニタ のみに表示され モニタを跨ぐことはない。

desktop-goose-006

GooseDesktop を起動すると デスクトップを徘徊して 画像 や テキスト をデスクトップの 左右に 引っ張り出してくる。

desktop-goose-009

ガチョウが持ってくる 画像 や テキスト は「 最前面 」に表示される。

goose_2

ガチョウを何度もクリックしたり ガチョウが引張ってきた 画像 や テキストを閉じると 怒ってマウスカーソルを持っていってしまう。

desktop-goose-007

「 GooseDesktop 」を終了する場合は「 ESC 」キーを長押しすると 画面 左上に バーが表示されるので、ゲージがいっぱいになるまで「 ESC 」キーを押し続ける。

「 GooseDesktop 」を終了すると ガチョウが引っ張ってきた 画像 や テキストも終了する。

GooseDesktop の設定

「 GooseDesktop 」はガチョウの 鳴き声 と 足音 の ミュート , マウスカーソルに対する攻撃の有無 , ガチョウの カラー , デスクトップを徘徊する時間 を設定できる。

desktop-goose-008

GooseDesktop は「 DesktopGoose 」フォルダ内にある「 config.ini 」で設定を行う。

設定を行う際は 「 DesktopGoose 」を終了させる。

desktop-goose-010

「 config.ini 」を開くと メモ帳 で表示され、設定を変更後に上書き保存すると反映される。

サウンド ( ガチョウの 鳴き声 と 足音 ) をミュートにする

SilenceSounds=False → SilenceSounds=True

マウスカーソルへの攻撃を無効にする

Task_CanAttackMouse=True → False

マウスカーソルへのランダム攻撃を有効にする

AttackRandomly=False → True

ガチョウのカスタム カラー設定を使用する

UseCustomColors=False→ True

ガチョウの ボディーカラー ( デフォルトで白の部分 )

GooseDefaultWhite=#ffffff → 任意のHTMLカラーコードを指定

ガチョウの ボディーカラー ( デフォルトでオレンジの部分 )

GooseDefaultOrange=#ffa500 → 任意のHTMLカラーコードを指定

ガチョウの輪郭カラー

GooseDefaultOutline=#d3d3d3 → 任意のHTMLカラーコードを指定

desktop-goose-011

上記のガチョウは以下の設定

UseCustomColors=True
GooseDefaultWhite=#7e837f
GooseDefaultOrange=#ffff00
GooseDefaultOutline=#7e837f
ガチョウがデスクトップを徘徊する時間

MinWanderingTimeSeconds=20
MaxWanderingTimeSeconds=40
FirstWanderTimeSeconds=20

デフォルト設定では GooseDesktop を起動後 ガチョウが現れてから 20秒間 デスクトップを徘徊して、何らかのアクションを起こした後 次回から最低 20 秒 最大40秒 の間で デスクトップを動き回る。

MinWanderingTime と MaxWanderingTime の値を大きくすることで ガチョウがデスクトップを徘徊する時間が長くなり、画像 や テキスト を引っ張ってくる回数が減少する。

ミーム の追加

「 GooseDesktop 」の ミーム は ガチョウが持ってくる 画像 や テキスト を意味しており、任意の 画像 や テキストを追加できる。

desktop-goose-012

ミームは「 Assets 」フォルダに追加する。

desktop-goose-013

画像ファイルは「 Images 」フォルダ内の「 Memes 」フォルダ , テキストファイルは「 Text 」フォルダ内の「 NotepadMessages 」フォルダへ追加する。

使用できる画像フォーマットは JPEG / PNG / GIF で、テキスト は「 メモ帳 」を使用して作成する。
ファイル名にルールはなく指定フォルダに追加するとランダムでガチョウが引っ張ってくるようになる。
画像ファイルは ソース解像度に関係なく ガチョウが持ってくる際にはサイズ調整される。

 

goose_3

心の声をガチョウに代弁してもらうこともできる。

MOD の利用

「 GooseDesktop 」は MOD を有効にすることで 改造データを適用してカスタマイズすることができる。

desktop-goose-015

MOD を使用する場合は 「 config.ini 」を開いて「 EnableMods=False 」を「 EnableMods=True 」に変更して保存。

設定を行う際は 「 DesktopGoose 」を終了させる。

desktop-goose-016

MOD を有効にして「 DesktopGoose 」すると「 MOD はサードパーティ製で 悪意のあるコードが含まれている可能性がある 」といった内容の ダイアログが表示されるので 使用する場合は「 はい 」。

ダイアログに表示されているように MOD の使用は セキュリティリスクがあるので要注意。

goose_4

「 DesktopGoose 」には デフォルトで「 RainbowStrobe 」という MOD を実装しているため 「 config.ini 」で MOD を有効にするだけで ガチョウが七色に点滅するようになる。

ランチャーの使用

MOD の ダウンロード や アンインストール , 「 GooseDesktop 」の 起動 や 終了 は 公開されている ランチャーを使用することで簡単に実行できる。

GitHub Desktop Goose’s Resource Hub Launcher ダウンロードページ link

desktop-goose-018

GitHub の Desktop Goose’s Resource Hub Launcher ダウンロードページから「 ResourceHubLauncher.exe 」をクリックして 実行ファイルをダウンロード。

desktop-goose-019

ダウンロードした「 ResourceHubLauncher.exe 」を開いて「 We Coudn’t find the Goose.exe file. 」と表示されたら「 Yes 」。

desktop-goose-020

ファイルエクスプローラが開くので 「 GooseDesktop 」の実行ファイルを指定する。

desktop-goose-021

「 ResourceHub Launcher 」が開く。

2020-09-16-38

「 Available mods: 」からインストールする MOD を選択して コンテキストメニュー ( 右クリックメニュー ) から「 Install 」。

desktop-goose-024

「 Unable automatically install. 」と表示されたら「 OK 」。

自動インストールはできなくても MOD はダウンロードされている。

desktop-goose-025

多くの MOD は ZIPファイル で解凍作業が必要なため 「 Yes 」でファイルエクスプローラを開く。

desktop-goose-026

MOD の ZIPファイルを選択して コンテキストメニューから「 すべて展開 」。

desktop-goose-027

解凍したフォルダは 一段下の階層に展開されるので「 Mods 」フォルダの直下に移動する。

desktop-goose-029

 

「 Mods 」フォルダの直下に移動したら ZIPファイルは不要なので削除。

desktop-goose-030

「 Run Goose 」をクリックすると「 Installed mods 」に表示されている MOD を反映した状態で「 GooseDesktop 」が起動する。

desktop-goose-031

不要な MOD は「 Installed mods 」のリストで選択してコンテキストメニューから「 Uninstall 」で削除できる。

goose_5

MOD リストページ link

MOD によって使用方法は異なるが 上記のリストページから 詳細を確認できる。





関連記事

folder-painter-icon

Folder Painter のインストールと使い方

フォルダの色 や フォルダアイコン を簡単に変更できる ユーティリティツール Folder Painter は ドイツの Sordum.org で提供されている フォルダのカラー と アイコンをコンテキストメニュー ( […]

jam-software-treesize-free-icon

TreeSize Free のインストールと使い方

ディスク ボリュームをスキャンして フォルダやファイルのサイズを 階層表示するファイルエクスプローラ TreeSize Free は ドイツのソフトウェアベンダー「 JAM SOFTWARE 」が開発している ディスクの […]

peazip-icon

PeaZip File Archiver のインストールと使い方

7-Zip の代替に最適なオープンソースの多機能 ファイルアーカイバ PeaZip は オープンソースで開発が進められている ファイルの 圧縮・解凍ソフトで、暗号化 や 自己解凍アーカイブの作成 , ファイルの分割 / […]

revouninstaller-icon

Revo Uninstaller のインストールと使い方

アンインストール後に残ったファイルを検出して削除する 人気のアンインストーラー Revo Uninstaller は ブルガリア の「 VS REVO GROUP 」が開発している アンインストーラー で、アプリが実装し […]

explorer-plusplus-icon

Explorer++ のインストールと使い方

シンプルで使いやすい オープンソースの 無料 マルチタブファイルマネージャー Explorer ++ ( Explorer plusplus ) は GitHub で公開されている 日本語に対応した オープンソース の […]