TreeSize Free のインストールと使い方

スポンサーリンク
jam-software-treesize-free-icon

ディスク ボリュームをスキャンして フォルダやファイルのサイズを 階層表示するファイルエクスプローラ

TreeSize Free は ドイツのソフトウェアベンダー「 JAM SOFTWARE 」が開発している ディスクの空き容量 と 使用状況 を確認できる 日本語をサポートした ファイルエクスプローラ風の ユーティリティツール。

Folder Size Explorer 002

Windows標準の ファイルエクスプローラで フォルダを開いて「 詳細 」にすると ファイルの情報が一覧表示されるが「 フォルダ 」サイズは表示されない。

普段はあまり気にすることはないものの 確認が必要な時は一転して非常に不便さを感じる。

jam-software-treesize-free-001

TreeSize Free は スキャンが早く 指定した ディレクトリ内の フォルダ / ファイル のサイズを 確認でき、コンテキストメニュー ( 右クリックメニュー ) から起動できるため非常に便利。

システム要件

バージョン 4. 4. 2 現在

OS:Windows  Vista / 7 / 8 / 8.1 /10( 32bit & 64bit )

ソフトの入手先

JAM Software TreeSize Free 公式ダウンロードページlink



TreeSize Free のインストール

TreeSize Free は インストーラー版と ポータブル版 が提供されており、アドウェア や サードパーティ製アプリのバンドルはなく、インストール版 の セットアップ は 日本語をサポートとしている。

jam-software-treesize-free-003

TreeSize Free は インストーラー版 と ポータブル版 が提供されているので リストから選択して「 Download 」。

ポータブル版 は 解凍して 任意の場所に保存。

jam-software-treesize-free-004

インストーラー版 は ダウンロードしたインストーラーを起動して ユーザーアカウント制御のダイアログが表示されたら「 はい 」で許可。

jam-software-treesize-free-005

言語選択画面は「 日本語 」のまま「 OK 」。

jam-software-treesize-free-006

使用許諾書を確認して問題なければ「 同意する 」にチェックして「 次へ 」。

jam-software-treesize-free-007

インストール先の指定。
こだわりがなければデフォルトのまま「 次へ 」。

jam-software-treesize-free-008

追加のタスク。
こだわりがなければデフォルトのまま「 次へ 」で インストールが開始する。

jam-software-treesize-free-009

「 完了 」でセットアップが終了。

TreeSize Free の使い方

TreeSize Free は 任意のディレクトリを指定すると ディレクトリ内を スキャンして フォルダ や ファイル の サイズ , 数 ,  占有率 を表示するので 基本操作は ディレクトリの指定のみ。

管理者権限での実行

TreeSize Free は デフォルト設定で 「 ユーザー権限 」になっているため Widnows フォルダ や Program Files フォルダ など アクセスに 管理者権限 が必要な ディレクトリは スキャンできず エラーになる。

jam-software-treesize-free-010

ユーザー権限で 管理者権限 が必要な ディレクトリを指定すると 管理者権限 に切り替えるようダイアログが表示される。

jam-software-treesize-free-011

「 管理者権限で再起動 」すると ユーザーアカウント制御のダイアログが表示され「 はい 」で許可すると TreeSize Free が起動して システムフォルダ にアクセスが可能になる。

jam-software-treesize-free-012

TreeSize Free を常に 管理者権限で使用する場合は 上部メニューバーの「 オプション 」から「 常に管理者権限で実行 」にチェックを入れて TreeSize Free を再起動。

「 常に管理者権限での実行 」を有効にすると TreeSize Free を起動する度に ユーザーアカウント制御のダイアログが表示されるようになる。

jam-software-treesize-free-014

ユーザー権限 で起動した後 管理者権限に切り替える場合は ツールバーの「 TreeSize Free を 管理者権限で起動する 」をクリックして 再起動する。

ディレクトリの選択

サイズ や 占有率 を表示する ディレクトリの選択は TreeSize Free の ホーム画面 は コンテキストメニュー から行う。

jam-software-treesize-free-015

ディスクボリューム や フォルダなどの ディレクトを選択して コンテキストメニュー から「 TreeSize Free 」を選択。

jam-software-treesize-free-016

ホーム画面 からディスクボリュームを選択する場合は「 ホーム 」「 スキャン 」タブにある「 ディレクトリの選択 」のリストから指定。

jam-software-treesize-free-017

ディレクトリをダイレクトに指定する場合は 「 フォルダ 」アイコンをクリックして 任意のディレクトリを選択。

jam-software-treesize-free-018

左ペインにツリー階層が表示され オブジェクトのサイズ や 親フォルダに対する占有率を確認できる。

treesize-free-025

ツリー表示されている オブジェクトは コンテキストメニュー が使用でき ダブルクリックで 開くこともできるので ファイルエクスプローラ としても利用可能。

表示設定

TreeSize Free はデフォルト設定で「 サイズ 」をベースにした表示なっているが「 ファイル数 」や「 占有率 」ベースに切り替えることもできる。

jam-software-treesize-free-019

表示 切り替えは ツールバーの「 サイズ 」「 ディスク上のサイズ 」「 ファイル数 」「 パーセント ( 親フォルダ占有率 ) 」から任意のアイコンをクリック。

jam-software-treesize-free-020

表示切り替えで変わるのは ツリー表示 と 横棒グラフ 部分で「 サイズ 」「 割当容量 」「 フォルダ数 」など基本項目は すべてのモードで表示される。

サイズ と 割当サイズ ( ディスク上のサイズ ) の違い
ディスクを構成する最小単位は セクタ だが ファイル は セクタを集めた クラスタを最小単位として保存されるため 実際の ファイルサイズ よりも ディスクで使用するサイズが基本的に大きくなる。

treesize-free-021

メニューバーの「 表示 」で「 階層マップ グラフ表示 」をクリックすると 階層 がビジュアル化される。

treesize-free-022

「 階層マップのグラフオプション 」で「 単独ファイルの表示 」や「 3D グラフの表示 」を有効にすることもできる。





関連記事

jam-software-treesize-free-icon

TreeSize Free のインストールと使い方

ディスク ボリュームをスキャンして フォルダやファイルのサイズを 階層表示するファイルエクスプローラ TreeSize Free は ドイツのソフトウェアベンダー「 JAM SOFTWARE 」が開発している ディスクの […]

explorer-plusplus-icon

Explorer++ のインストールと使い方

シンプルで使いやすい オープンソースの 無料 マルチタブファイルマネージャー Explorer ++ ( Explorer plusplus ) は GitHub で公開されている 日本語に対応した オープンソース の […]

q-dir-icon

Q-Dir Multi Pane File Explorer のインストールと使い方

ファイルエクスプローラの機能を維持したままウインドウを最大4分割できる 秀逸な 作業効率化 アプリ Q-Dir はドイツの Nenad Hrg 氏が作成した Widnows 標準のファイルエクスプローラ を最大 4 分割 […]

groupy-icon

Stardock Groupy のインストールと使い方

フォルダやアプリをグループ化してタブで切り替えが可能になる作業効率化 ユーティリティソフト Stardock Groupy は ファイルエクスプローラをタブ化するだけでなく、フォルダやアプリをグループ化してタブ切り替えを […]

folder-size-icon

Folder Size Explorer のインストールと使い方

フォルダのサイズを表示するファイルエクスプローラ 「 Folder Size Explorer 」はフォルダサイズを表示するファイルエクスプローラで、フォルダサイズだけでなくフォルダ数やファイル数のほか MD5 , SH […]