Ralpha Image Resizer のインストールと使い方

ralpha

シンプルで使いやすい画像の リサイズ・リネーム アプリ

Ralpha Image ResizerNilpo 氏が開発した 画像のリサイズ・フォーマット変換 を高速に一括処理できる 無料ソフトで、リサイズ・リネーム・フォーマット変換 のほかに 余白の追加・トリミング・色調補正 など 簡易レタッチ機能も実装している。

システム要件

ラスト バージョン 170111

OS : Windows XP/ Vista/ 7
CPU : Intel Pentium3 / AMD Athlon 以降の PC 互換機

Windows 10/ 11 で動作確認済。

ソフトの入手先

窓の杜 Ralpha Image Resizer ダウンロードページ

Ralpha Image Resizer のインストール

Ralpha Image Resizer は インストールが不要な スタンドアロンアプリで、アドウェア や スパイウェア は含まれていない。

Ralpha-003

窓の杜の Ralpha Image Resizer 紹介ページにある「 窓の杜からダウンロード 」をクリックして Ralpha Image Resizer の Zip ファイルをダウンロード。

Ralpha-035

ダウンロードした Zipファイルを選択し、コンテキストメニュー( 右クリックメニュー )から すべて展開 で解凍。

解凍した Ralphaフォルダは 任意の場所に保存。

Ralpha-036

フォルダ内にある Ralpha の 実行ファイル を起動して利用する。

基本設定

Ralpha Image Resizer は 処理を実行する際の 上書き処理 や 連続処理の連番 などが 設定できる。

Ralpha-037

処理の設定は メニューバーの 設定 にある システム設定 を選択。

Ralpha-038

上書きの回避サブフォルダの処理 など 使用環境に合わせて設定する。

連続して作業する際には 変換後にリストから削除 を有効にすると、追加したファイルを削除する手間が省ける。

Ralpha Image Resizer-006

連番初期値 と 連番リセットのタイミングの設定も可能。

初期値は開始する値が常に 1 以外 の場合に設定し、初期値が 都度変更する場合は変数 <s*> の利用する。

Ralpha-041

元ファイルを削除 は リサイズ 元のファイルを削除する機能で、削除されたファイルはゴミ箱ではなく完全に削除される。

Ralpha-042

リサイズ の画質調整 や 編集は 右ペインにある項目にチェックを入れ、設定 アイコンをクリックして 詳細設定 を行う。

Ralpha-044

リサイズはデフォルトで 指定サイズより小さなファイルは拡大処理されるため、不要であれば リサイズ拡大しない にチェックを入れる。

ファイル変換

ファイル形式 を変換する場合は フォーマット変換設定 で 事前に 変換するファイル形式を設定する。

Ralpha-046

設定 から ファイルフォーマット変換設定 を選択。

Ralpha-047

デフォルト設定では bmp/ jpeg/ png は 変換されず、WIC ( Windows Imaging Component ) を使用して表示している bmp/ jpeg/ png 以外の画像ファイルは jpeg に変換する設定になっている。

AVIF ファイルの表示

最新の画像コーデック AVIF を使用した画像ファイル を Ralpha で表示する場合は、Microsoft ストア から AV1 Video Extension をインストールする。

AVIF は ビデオコーデック AV1 の技術を使用した画像コーデックのため、Windows に AV1 Video の拡張機能をインストールすることで 表示が可能になる。

AV1-Video-007

Microsoft ストア から AV1 Video Extension をインストールすると WIC 経由 で AVIF を取り込むことができる。

Ralpha Image Resizer の使い方

Ralpha Image Resizer はリネーム や リサイズの設定後 ファイルを追加して処理を実行する。

Ralpha-045

ファイル や フォルダは ドラッグ で追加するか、ツールアイコンから 指定する。

Ralpha-052

大きさ で リサイズ設定、ファイル名生成規則で サイズ変換後のファイル名を設定。

処理後のファイルは デフォルトで 元ファイルがあるフォルダ内に resize フォルダを作成して 保存される。
ファイル名生成規則 resize\ を削除すると 元ファイルと同じフォルダに 処理後のファイルが保存される。

Ralpha-053

実行 アイコンをクリックするか、F5 キーで 設定した 処理を実行する。

即時変換 にチェックを入れると ファイルを追加した時点で変換が自動で行われる。
ソースが Exif 情報 や ICC プロファイル を保持している場合は リサイズ 後のファイルにも継続され、 フォーマット変換設定 で 設定したフォーマットで出力される。

リサイズ ( サイズ変換 )

リサイズ ( 画像のサイズ変換 ) は 比率 や サイズ指定 など 複数の条件から 選択できる。

Ralpha-049

大きさ のリストから サイズ変換 の条件を選択。

比率
指定した 倍率でリサイズする。
長辺基準 / 短辺基準
元画像の アスペクト比を維持したまま 長辺は 幅・高さの長い方を、短辺は 幅・高さの短い方を 指定したサイズにリサイズ する。
幅 / 高さ
元画像の アスペクト比を維持したまま 幅 / 高さ を 指定したサイズにリサイズ する。
長辺 x 短辺
アスペクト比を崩して 長辺は 幅・高さの長い方を、短辺は 幅・高さの短い方を 指定したサイズにリサイズ する。
幅 x 高さ

アスペクト比を崩して  幅・高さを 指定したサイズにリサイズ する。
内接
指定した幅・高さに収まるよう アスペクト比を維持してリサイズする。

リネーム ( ファイル名 生成規則 )

リネーム  ( ファイル名変更 ) や 連番の設定 などは ファイル名生成規則 で行う。

Ralpha-051

ファイル名 には変数が使用でき、デフォルトの resize¥ <old> は 元画像のあるフォルダ内に resize フォルダ作成し、resizeフォルダ内に 元画像と同じ ファイル名 の リサイズ された画像が保存される。

ファイル名に使用する変数は ファイル名 生成規則 の横にある をクリックすると変数一覧表示され、複数の変数を組み合わせることもできる。
<ymd> : 年月日
<ymdhns>: 年月日時分秒
<yy>: 年
<yyyy>: 年
<mm>: 月
<dd>: 日
<hh>: 時
<nn>: 分
<ss>: 秒
<old>: ファイル名
<ext>: 拡張子
<dir>: 相対パス
<pdir>: 親フォルダ名
<base>: ベースフォルダ名
<n*>: 連番( * は任意の桁数を指定 )
<s*>: 連番初期値( * は任意の開始番号を指定 )
<c*>: ファイル数( * 任意のファイル数を指定 )
変数の組み合わせ例
親フォルダ名を ファイル名 としてフォルダ内のファイルに3桁の連番を付ける場合
<pdir> <n3> 
任意ファイル名で 3 桁の連番を 100 から始めたい場合
 ファイル名 <n3> <s100> 

関連記事

Fotosuzer-icon

Fotosizer Standard Edition のインストールと使い方

画像のサイズ変更・リネーム・エフェクト・フォーマット変換 ができる 日本語をサポートした 無料の 画像リサイズアプリ Fotosizer は イギリスの Fotosizer.com が開発している 画像サイズ変更アプリで […]

ralpha

Ralpha Image Resizer のインストールと使い方

シンプルで使いやすい画像の リサイズ・リネーム アプリ Ralpha Image Resizer は Nilpo 氏が開発した 画像のリサイズ・フォーマット変換 を高速に一括処理できる 無料ソフトで、リサイズ・リネーム・ […]

imageresizer-icon

Icecream Image Resizer のインストールと使い方

画像サイズを変更するシンプルなフリーソフト Icecream Image Resizer は Icecream app というソフトウェアベンダーが提供している画像 リサイズ アプリ。 Androidアプリの Image […]