Tutanota の設定と使い方

totanota-icon

エンドツーエンドの自動暗号化機能で メールを保護する 無料メールサービス

Tutanota ( トゥータノータ ) は ドイツの Tutao GmbH が提供している オープンソースの セキュアな匿名メールサービスで、エンドツーエンド ( E2E ) でメールを暗号化するだけでなく、ログの保存や トラッキングを行わないなど セキュリティ と プライバシー保護 が強化されている。

Tutanota の送受信は メール と 添付ファイルを暗号化して TLS ( 暗号化された通信 ) で 送信するだけでなく、受信した メールも Tutanota のサーバで暗号化して保存されており、送受信されたメールから IPアドレスを取得せず ログも保存されないため、メールの内容はもとより送信者の匿名性も確保されている。
個人利用の場合 は 1 ユーザー  1 アカウントのみ、1 GB の容量を Tutanota ドメインに限り無料で利用できる。

システム要件

バージョン 3. 1002 現在

OS:対応ブラウザがサポートしているバージョン

Tutanota がサポートしているブラウザ

Mozilla Firefox/ Opera/ Chrome/ Safari/ Microsoft Edge

上記ブラウザの最新版をサポート。

アカウントの登録 / ソフトの入手先

Tutanota 公式サイト

Tutanota の 新規登録

Tutanota は アカウント作成後 アカウントが承認されるまで 48時間の待機時間が必要なため、作成後すぐには利用できない。

無料アカウントは 6 ヶ月間 使用していないと自動的に削除される。 

tutanota-secure-email-service-001

Tutanota の公式サイトにアクセスして「 新規登録 」をクリック。

tutanota-secure-email-service-003

無料で利用する場合は プライベートFree を選択。

Totanota-002-1

無料アカウントのダイアログを確認し、問題なければチェックを入れて「 OK 」。

Tutanota-003

アカウント名 と パスワードを設定後、契約条件・プライバシーポリシー・年齢に 問題がなければ チェックして「 次へ 」。

匿名性を優先させるのであれば アカウントは 名前 など個人を特定できる情報の使用は避ける。

Totanota-003-1

表示されている時刻を hh:mm の形式で入力して「 OK 」。

Tutanota-004

パスワード や 二段階認証 を失念した場合に ログインできる リカバリーコードが表示されるので 保存して「 OK 」。

Tutanota-005

パスワードを入力して「 ログイン 」。

Tutanota-006

新規作成した アカウントは 48時間後に自動承認され、承認されるまではメールの送受信など利用できない。

IP アドレスのブロック

VPN 接続の場合 不正と見做され ブロックされる場合がある。

tutanota-secure-email-service-008

ブロックされた場合は VPN を切断するか サーバを変更して 再登録する。

Tutanota デスクトップクライアント のインストール

Tutanota は 一般的な メールサービスで使用されている通信プロトコル IMAP/ POP3  を使用していないため、ThunderbirdWindows Mail などのメールクライアントは使用できないが、オープンソース の デスクトップアプリが提供されている。

tutanota-secure-email-service-012

デスクトップアプリを使用する場合は Tutanota 公式サイト のトップページを 下にスクロールし、Windows アイコンをクリックして インストーラーをダウンロード。

Totanota-005-1

ダウンロードしたインストーラーを起動し、Tutanota デスクトップクライアントを使用するユーザーを選択して「 次へ 」。

Totanota-006-1

インストール先に こだわりがなければ デフォルト設定で「 インストール 」。

Totanota-007-1

「 完了 」でセットアップが完了。

Tutanota-007

ブラウザでアクセスした時と同じ画面が表示されるので、ログイン情報を入力して「 ログイン 」。

カラーテーマ を 切り替える場合は さらに から編集。

Tutanota-008

レスポンシブデザインの メールクライアントが起動したら インストール完了。

メールクライアントも アカウント作成後 48時間 は利用不可。

Tutanota の設定

設定では 表示名・署名・書式 の編集を行う。

署名の変更

Tutanota はデフォルトで 安全で広告なしのメールボックスのTutanotaにより送信されました:という 署名が 設定されているので 任意で変更する。

Tutanota-009

署名の変更は 左下の 設定 アイコンをクリック。

Tutanota-010

左サイドバーから メール を選択して 送信メール設定 にある メールの署名 の編集アイコン から編集する。

左サイドバーが表示されない場合は 左上のハンバーガーボタンから メール を選択。
デフォルト
Tutanotaにより安全に送信されました。
カスタム
ユーザーが自由に設定。
なし
署名なし
送信者名の設定

メール送信先に表示される 送信者名 は デフォルトで メールアドレスになっている。

Tutanota-011

送信者名 の 編集アイコン をクリックして 表示する 送信者名を設定。

メールフォーマットの指定

Tutanota はデフォルトで HTML 形式 になっているので、必要に応じて プレーンテキスト に変更する。

Tutanota-012

送信メール設定 にある 書式設定 のリストから 選択。

プレーンテキストに変更すると フォーマットツール は使用できない。

Tutanota の使い方

Tutanota は Gmail や Outlook など 一般的な ウェブメールのように ブラウザからアクセスするか、 Tutanota のメールクライアントを使用する。

Tutanota-014

メールクライアント も ブラウザ と同じ レスポンシブデザイン になっており、ウインドウの横幅に応じて メニュー や 本文表示 の体裁が変化する。

メールの送信

メールの暗号化は アイコンをクリックするだけで 有効/ 無効 を切り替えることができる。

Tutanota-015

ブラウザ や メールクライアントの 横幅 が 1140px 以上の場合は 左ナビゲートメニュー の上部に「 新規メール 」のボタンが表示される。

Tutanota-016

横幅 が 1140px 未満の場合は に 右上に 新規メール作成の アイコンが表示される。

Tutanota-017

新規メールの作成画面が開くので 送信先 に 相手のメールアドレス を入力。

複数のアドレスに同時送信する場合は カンマ ( , ) で区切って追加する。
メールを送信すると 送信先のアドレスは自動的に連絡先へ登録され、次回以降は オートコンプリート機能が有効になる。

Tutanota-018

CCBCC送信先 の右にある 表示 ボタン をクリックすると 入力ボックス が展開する。

Tutanota-019

送信先 に入力したアドレスを 削除する場合は アドレスをクリックし、表示されるメニューから 削除 を選択。

Tutanota-021

Tutanota-020

Tutanota はデフォルトで メール本文 と 添付ファイルの暗号化が有効になっており、送信先 を入力すると パスワード の設定項目が表示され、 件名 に表示されている 南京錠のアイコン をクリックして 暗号化の 有効/ 無効 を切り替える。

設定したパスワードは 別途 メールの送信先に通知が必要で、複数アドレスに同時送信する場合の個別設定は不可。
パスワードは ワンタイムパスワード ではなく ( 1回ごとに変更することも可能 ) メールアドレスに紐付けられるため、1度設定したパスワードは 次回以降 自動表示される。

Tutanota で 暗号化された メールの送受信では 受信側が 付与されたパスワードを使用して Tutanota のメールサーバへアクセスが必要で、通常のメールよりも 本文を見るまでのステップが多く 受信側に作業負担を強いることになるため、メールへアクセスするパスワードを固定することで 受信者の負担が軽減される。

Tutanota-025

件名 と 本文 を入力。

Tutanota-022

メールフォーマットが HTML の場合は フォーマットツール アイコンをクリックすると 画像の挿入・箇条書き・太文字 ・ハイパーリンク などのツールアイコンが表示される。

Tutanota-023

添付ファイルは クリップアイコンをクリックして 添付するファイルを指定。

Tutanota-024

メールが作成できたら 右上の 送信する で メールを送信。

Tutanota-026

メールが送信される。

受信メール

受信メール は フォルダ で管理する。

Tutanota-027

フォルダは あなたのフォルダ の箇所にある「 + 」をクリックして追加。

Tutanota-028

受信メールを開き 右上に表示される ツールメニューの フォルダ アイコンで振り分けができるほか、メールのタイトル一覧から フォルダへ ドラッグ でも移動可能。

受信側の暗号化メール

Tutanota で暗号化されたメールを Tutanota 以外の メーラーで受信した場合、Tutanota のサーバにアクセスが必要になる。

Tutanota-030

暗号化された メールを受信すると メールへアクセスするための URL が記載された 定型文 がTutanota から送信される。

totanota-024

暗号化されたメールを表示する をクリックするとブラウザが開いて パスワードの入力を求められる。

Tutanota-031

Tutanota のメールサーバにアクセスして 暗号化された メールを閲覧できる。

暗号化されていないメールは 通常のメール同様に 受信後に閲覧可能。

関連記事

Proton-Mail-icon

Proton Mail 独自ドメインの追加

Proton Mail で 独自ドメイン のメールを送受信する  Proton Mail は 有料プランで 独自ドメインを追加でき、暗号化される Proton Mail のメールサーバ で 独自ドメインのメールを送受信で […]

Proton-Mail-icon

Proton Easy Switch の使い方

Gmail や Outlook など IMAPプロトコル が利用可能なプロバイダから Proton Mail   へ メールをインポート Proton Easy Switch は Gmail・Outlook など IMA […]

Proton-Mail-icon

Proton Mail Bridge for Windows のインストールと設定

メールクライアントアプリ で Proton Mail の送受信を可能にする 機能拡張ツール Proton Mail Bridge for Windows は Proton Mail の 有料プランを契約しているユーザーに […]

Gmail-icon2

Outlook・Yahooメール を Gmailで使用する Gmailify

Yahooメール や Hotmail/ Outlook.com を関連付けて Gmail から送受信する Gmailify は Yahoo!メール や Hotmail/ Outlook.com のログイン情報 を入力する […]

Gmail-icon2

Gmail の 委任設定「代理機能」

Gmail へのアクセス権限を付与する代理機能 Gmail には 自身のメールアカウントへの アクセス権を付与する 代理機能 があり、アクセス権限を付与された 代理人は  メールの 閲覧・送信・削除 ほか、ラベル や フ […]