Android版 ProtonVPNの使い方

LINEで送る
Pocket

「ProtonVPN」はスイスのVPNプロバイダ「ProtonVPN AG」が提供している、無料で最高クラスのセキュアな通信が可能なVPNアプリ。
日本語は未サポートだが、分かりやすいインターフェイスなので困ることはない。

EUは2018年5月よりGDPR(一般データ保護規則)が施行され、個人情報の取扱が強化されたが、スイスはGDPRの適用地域ではなく、スイス連邦のFADP(連邦データ保護法)によって規制されている。
GDPRが適用される国は、自国の個人情報保護法よりもGDPRが優位になるが、スイスではFADPによって規制が行われ、GDPRに沿って改定されたFADPは、個人の刑事責任を規定するなど、GDPRよりも厳しい項目もあり、「ProtonVPN」は「some of the  world’s strongest privacy laws」という規制の元で運用されている。

「ProtonVPN」はAndroidのほかiOS、Windows、macOS、Linuxで利用でき、無料プランでもキルスイッチやDNSリーク対策が適用され、ProtonVPN AGのポリシーによりユーザーのアクティブログは残さないという徹底ぶりで、しかもデータ量に上限はなく、アクセス権限も適正で、広告も表示されない。
使用できるデバイスは1台で、接続サーバは「日本・オランダ・アメリカ」の3カ国に限定されるが、幸いにも東京にサーバがあるため、通信速度は比較的安定している。

有料プランでは、接続サーバの制限解除、P2Pのサポート、使用できるデバイス数の増加、通常のVPNサーバよりもセキュアなSecure Coreの利用、onionドメインへのアクセスなどが可能になる。

システム要件

バージョン1.4.0現在

Android 4.4(KitKat) 以降

アクセス権限

  • ネットワーク接続の表示
  • Wi-Fiの接続と切断
  • ネットワークへのフルアクセス
  • 起動時の実行

アプリの入手先

Google Play ストア ProtonVPN アプリダウンロードページ

ProtonVPN公式サイト



ProtonVPNのインストール

ProtonVPNはアプリインストール後に登録が必要。

Playストアからアプリをインストール。
Google Datallyを含め、他のVPNアプリは終了もしくは無効にしておく。

ProtonVPNのインストールが完了したらアプリを起動。
紹介画面になるので「SKIP」をタップ。

ブラウザが起動してプラン選択画面になる。
デフォルトで「Plus」が選択されているので「Free」をタップして月額が「0ユーロ」になっていることを確認したら下にスクロール。

「Free selected」の箇所で「GET FREE」をタップ。

「Email」に受信可能なメールアドレスを入力して「GET PROTONVPN FREE」をタップ。

入力したメールアドレスに「Proton Verification Code」というタイトルのメールが届くので、メールに記載されている6桁の数字を入力して「VALIDATE」をタップ。

認証されるとアカウントの作成画面になるので、任意のユーザー名とパスワードを設定して「COMPLETE」をタップ。

アプリはすでにダウンロード済みなので、アカウントを作成したらブラウザは閉じる。

ProtonVPNアプリで作成したユーザー名とパスワードを入力してログイン。
次回からのログインをスキップするなら「Remember me on this device」を有効にしておく。

初めてログインしてから7日間は有料の「Plus」が使用可能。
「GOT IT」で次へ。

ProtonVPNのアイコンをタップ。

接続リクエストで「OK」をタップするとProtonVPNが利用可能になる。

使用方法

使用する前にアカウントの作成が必要になるが、設定項目はほとんどなく、1タップでVPNへの接続が完了する。

ProtonVPNでVPN接続を有効にするには、アプリ起動後にProtonVPNのアイコンをタップするだけ。
デバイスから最も近い地域(東京)にある混雑していないサーバへ接続される。

接続を切断する場合は「DISCONNECT」をタップ。

VPN接続 除外アプリの設定

Netflixやprime Videoなど一部のアプリではVPN接続では拒否されるので、ProtonVPNを維持した状態で使用できるように、VPN接続から除外設定していく。

これらのサービスを停止して、再度コンテンツをダウンロードしてみてください

Netflixで動画を再生すると上記のようなメッセージがでる。

特定のアプリやIPを除外する場合は、必ずProtonVPNを切断した状態で左上のメニューアイコンをタップ。

メニューリストから「Settings」をタップ。

「Split Tunneling」を有効にして、アプリを指定する場合は「Exclude Apps」の「MANAGE」をタップ。

アプリが一覧表示されるので、VPN接続から外すアプリの「ADD」をタップして「DONE」で確定。

通信速度

無料プランで利用できるサーバが日本にあるため、日本国内で利用する場合は通信速度でVPN接続を意識することがほとんどない。

国内にあるWi-Fiフリースポットを使用する際の無料でできるセキュリティ対策であれば、ProtonVPNは最強かも。





Androidアプリの基礎知識

Android版 VPNアプリの安全性

インバウンドの増加を促進するため、様々な場所で増えているのがWiFiのフリースポット。 モバイル通信は契約プランによって … “Android版 VPNアプリの安全性” の続きを読む

Android版 セキュリティアプリの信頼性

セキュリティアプリのテストを行う独立組織「AV-Comparatives」が2019年3月に発表した「Android T … “Android版 セキュリティアプリの信頼性” の続きを読む





LINEで送る
Pocket