Proton Calendar の設定と使い方

Proton-Calender-icon

Proton Calendar の特徴

  • 無料で利用できるセキュアなオンラインカレンダー
  • エンドツーエンドでスケジュールを暗号化して保護
  • 公開カレンダーの追加もサポート
  • カレンダーを共有してスケジュールの確認も可能

開発元

  • 開発元:Proton AG
  • 開発元の拠点:スイス

アクセス

Protonアカウントでログインが必要。

プランの比較

無料 Mail Plus
カレンダー数 3 25
カレンダーの共有
カレンダーのアップグレードは Proton Mail Plusプランの購入が必要。

システム要件

  • バージョン:5.0.79
  • OS:対応ブラウザがサポートしているバージョン

サポートしているブラウザ

ブラウザは 安定版の 最新バージョンの利用を推奨。

アカウントの登録

ProtonMail 5.0.23 001

ProtonMail 5.0.23 003

Proton Mail 5.0.28 001

公式サイト の「Create a free account」 をクリックし、サブスクリプションの期間と利用するプランを選択。

  • Proton Free
    機能制限のある ProtonMail・カレンダー・オンラインストレージ・VPN・パスワードマネージャーを利用できる。
    使用可能なストレージ容量は 1GB。
  • Mail Plus
    ProtonMail・カレンダーのフル機能と、機能制限されたオンラインストレージ・VPN・パスワードマネージャーを利用できる。
    使用可能なストレージ容量は 15GB。
  • Unlimited
    すべてのモジュールでフル機能を利用できる。
    使用可能なストレージ容量は 500GB。

ProtonMail 5.0.23 005

Proton-Mail-015

画面右上の言語リストから使用言語 を選択し、希望のアカウント名とパスワードを設定。

ドメインは protom.meprotonmail.com が選択できる。

アカウントには アンダーバー(_)、ハイフン(-)、 ドット(.) を利用でき、匿名性を優先させるのであれば 名前 など個人を特定できる情報の使用は避ける。

ProtonMail 5.0.23 006

ProtonMail 5.0.23 007

有料プランは 決済通貨を選択し、クレジットカード か PayPal で決済。

無料プラン選択時は CAPTCHA が表示されるので、指示に従って認証する。

Proton-Mail-018

メールの送信先に表示する表示名を設定。

デフォルトでは アカウント名になっている。

Proton-Mail-019

パスワードを失念した際に使用する回復用のメールアドレスか、携帯電話番号を選択して入力し「選択済みを保存」。

Proton-Mail-5.0.15-016

ウエルカム画面が表示されたら「次へ」で 使用するテーマを選択。

Proton-Mail-5.0.15-027

「利用開始」で Proton Mailが利用可能になるので、https://mail.protonmail.com/login をブラウザのブックマークに追加。

Proton Mail 5.0.28 002

Proton Mailが開いたら、アプリセレクターから「Calendar」を選択。

カレンダーのインポート

カレンダーのインポートは、Googleカレンダー・Outlookの予定表の取込みと、iCal形式の .icsファイルの取込みをサポートしており、Googleカレンダー・Outlookの予定表は Proton Easy Switch を使用してインポートする。

Proton Mail 5.0.28 003

Proton Mail 5.0.28 004

Proton Mail 5.0.28 005

Proton Mail 5.0.28 006

.icsファイルの取込みは、右上の 設定 から「All settings」を開き、左サイドバーの インポート/ エクスポート から「ICS からインポート」を選択。

「Googleで続行」 は Googleが選択された状態の Proton Easy Switchが開く。

Proton-Calendar-019

インポートする ICSファイルを追加して「インポート」。

公開・共有カレンダーの追加

Proton Mail 5.0.28 007

Proton Calender 5.0.11 019

祝日やイベントなど iCal 形式 の公開カレンダーは、設定の左サイドバーから カレンダー を選択し、他のカレンダー の「URLからカレンダーを追加」を選択。

「祝日の追加」でカレンダーを追加できるようになったが、現バージョンでは日本の祝日は未サポートのため、公開カレンダーの追加が必要。

Proton-Calender-016

祝日は Google カレンダー設定 から 他のカレンダー設定日本の祝日 を選択し、カレンダーの統合iCal 形式の公開 URL をコピー。

ProtonCalendar-5.10-003

コピーした URLを Protonカレンダーの カレンダーの URL に貼り付けて「カレンダーを追加」。

Proton Calender 5.0.11 020

カレンダーの同期が完了すると 他のカレンダー日本の祝日 が追加され、カレンダーに祝日が表示される。

Outlook の予定表 で日本の休日を共有設定して ICS のリンクを追加すると、祝日がすべて Free と表示され、OfficeHolidays のカレンダーは 祝日がローマ字表記になる。

Proton Calender 5.0.11 021

追加したカレンダーの表示名やカラー の変更、削除は 他のカレンダー に追加されているカレンダー の 操作 で編集する。

カレンダーの基本設定

Proton-Calendar-003-1

カレンダーは デフォルトで My calendar が登録されており、カレンダーの 3点リーダー から 編集 で、表示名や通知の設定を編集できる。

Proton-Calendar-004-1

通知は デスクトップ通知メール が有効で、時刻設定されているスケジュールは 15分前、終日のスケジュールは1日前に通知されるため、使用環境に合わせて設定。

イベントの期間 は スケジュール登録時の開始時刻と終了時刻の間隔を設定。

カレンダーの表示スタイル

Proton Calendar は 日・週・月 の表示形式があり、デフォルトは に設定されている。

Proton-Calendar-005-1

表示スタイルは 右上の 日・週・月 を選択して切り替える。

Proton-Calendar-006-1

デフォルト表示を変更する場合は 設定 から 設定を開くを選択。

Proton-Calendar-007

左サイドバーから PROTPNCALENDER一般 を選択し、レイアウト で 表示形式や週の開始曜日 を変更すると設定が自動保存される。

カレンダーの作成

Proton-Calendar-020

Proton-Calendar-021

カレンダーの追加は、左サイドバーの マイカレンダー にある「+」から カレンダーを作成 を選択し、カレンダーの作成画面でカレンダー名や通知設定をして「保存」で追加

Proton Calendar の使い方

Proton Mail 5.0.28 008

Proton-Calendar-009

スケジュールの登録はホーム左上の「新しい予定」か、カレンダーをクリックし、スケジュール登録画面でスケジュールのタイトルを入力して時間を設定。

予定表をクリックして表示される スケジュール登録画面は簡易表示のため、スケジュールの 繰り返し通知設定 は「詳細設定を表示」で表示する。

Proton-Calendar-010

参加者Proton Mailのメールアドレス を追加すると、イベントへの招待メール が送信される。

Proton Mail以外のメールアドレスでは利用不可。

「場所」は地図サービスと連携していないため、住所を入力してもマップを開くことはできないが、入力した内容はコピーできる。

Proton-Calendar-011

複数のカレンダーを登録している場合は、スケジュールを追加するカレンダーを選択し、詳細を任意で入力後「保存」で追加。

カレンダーの共有

Proton-Calendar-022

左サイドバーの マイカレンダー から共有するカレンダーの 3 点リーダー をクリックして 共有 を選択。

Protonカレンダーの共有はスケジュール確認用の .ics ファイルを発行するもので、共有先からカレンダーに直接アクセスできるわけではない。

Proton-Calendar-023

選択したカレンダーが共有設定された状態で 設定カレンダー が開くので、Proton外に共有他のユーザーが見るもの を選択して「リンクを作成」。

  • 限定ビュー
    スケジュールのタイトルが すべて「Busy」と表示され、時間のみ確認できる。
  • フルビュー
    タイトル・参加者・場所 など 登録したスケジュールの内容を確認できる。

Proton-Calender-030

発行された 共有リンク にアクセスすると calendar.ics ファイルをダウンロードするので、カレンダーアプリなどにインポートすれば、共有リンクを発行した時点のスケジュールを確認できる。

関連記事
Proton-Mail-icon

Proton Mail for PC の設定と使い方

ゼロアクセス・アーキテクチャを採用し、ログの保存やトラッキングを行わないなど セキュリティとプライバシー保護が強化された 無料で利用できる セキュアなオープンソースの匿名 電子メール

ProtonVPN-icon

Proton VPN Free のインストールと使い方

Index Proton VPN Free の特徴開発元ダウンロード仕様安全性システム要件Proton アカウントの作成インストール設定Proton VPN Free の使い方DNS漏れの確認パスワー…