Copernic Desktop Search Free のインストールと使い方

Copernic icon

Copernic Desktop Search Free の特徴

  • ローカル・ネットワークドライブのファイル検索ツール
  • ファイルをインデックス化して高速検索
  • 豊富な検索オプションを使用して効率的にファイルを検索
  • ファイルのメタデータでの検索をサポート
  • ブラウザのブックマークや履歴の検索も可能

検索する際はインデックスの作成が必要で、インデックス化されていないファイルは検索の対象から除外される。

開発元

  • 開発元:N. Harris Computer Corporation
  • 開発元の拠点:カナダ

1996年に設立された Copernicは 2010年に Constellation Softwareの子会社である N. Harris Computer Corporation に買収され、現在は N. Harris Computer Corporationの一部門としてアプリを開発している。

ダウンロード

プランの比較

Free Basic Advanced
インデックス数の上限 25,000 無制限 無制限
ネットワークドライブの検索
テキストファイルのコンテンツテキスト検索*
OneDrive/ Google Drive/ Dropbox(クラウド上)の検索
Officeファイル/ PDFファイルのコンテンツテキスト検索
ローカルの Outlook(メールと連絡先)の検索
Thunderbird/ Eudora(メールと連絡先)の検索
Outlook 365(クラウド上)の検索
電子書籍のコンテンツテキスト検索
画像内のテキスト認識

※テキストファイルのコンテンツテキスト検索は、ローカルに保存されたファイルで英数字での検索であれば高確率で検出されるが、「かな漢」での検索では検出されないことが多い。

システム要件

  • バージョン:8.2.3
  • OS:Windows 7/ 8.x/ 10/ 11
  • RAM:2GB以上(4GB以上を推奨)
  • ストレージ:1GB以上の空き(2GB以上を推奨)

インストール

Copernic Free 001

公式サイト から Version 8 – Free editionDirect download をクリックしてインストーラーをダウンロード。

Copernic Free 002

使用言語を選択して「OK」。

Copernic Free 003

Microsoft Visual C++ 2019ランタイムが未インストールの環境ではダイアログが表示されるので、「はい」を選択後に Copernicのセットアップウィザードを「完了」で閉じ、自動的にダウンロードが開始する VC_redist.x64 を保存してインストール。

Copernic Free 004

Microsoft Visual C++ 2019ランタイムがインストールされている環境ではセットアップウィザードが開くので「次へ」。

Copernic Free 005

使用許諾書に問題なければ 使用許諾契約書に同意します をチェックして「次へ」。

Copernic Free 007

インストール先を確認して「次へ」。

Copernic Free 009

「インストール」でインストールを実行。

Copernic Free 010

ユーザーアカウント制御のプロンプトが表示されたら「はい」で許可。

Copernic Free 011

「完了」でセットアップ完了。

Copernic Free 013

Copernic Free 014

Copernic Desktop Searchが起動するとウエルカム画面になるので「次へ」で進める。

ブラウザ拡張機能のインストール

ブラウザの閲覧履歴とブックマークをインデックス化する場合は、拡張機能をインストールする。

サポートしているのは Google Chromeと Microsoft Edgeのみで、ブックマークバーに追加したブックマーク(お気に入り)はインデックス化されない。

Firefoxは表示されているが利用不可。
Braveなどの Chromium系ブラウザは拡張機能をインストールしても利用できない。

Copernic Free 015

メニューバーの ツール から オプション を選択。

Copernic Free 026[1]

Copernic Free 027

左サイドパネルから ブラウザ を選択し、インデックス化するブラウザの 拡張機能をインストール のリンクから拡張機能をインストール。

設定

Copernic Free 015

メニューバーの ツール から オプション を選択。

Copernic Free 019

Copernic Free 017

左サイドパネルから ファイル を開き、インデックス化されているドライブやフォルダを確認。

Copernic Free 028

インデックス更新時に優先したいフォルダは 優先順位のインデックス を有効にする。

Copernic Free 020

Copernic Free 021

Copernic Free 022

インデックス化が不要なフォルダは選択して「削除」するか、インデックスアクション で「スキップ」する。

Copernic Free 018

インデックス化されるファイルは ファイルタイプ で選択。

対象のフォルダでは選択されているファイルタイプのみインデックス化されるので、除外されたファイルは検索結果に表示されない。

Copernic Free 023

Copernic Free 024

Copernic Free 025

ネットワーク上で共有されているフォルダは「追加」で新規フォルダを追加し、 3点リーダーからインデックス化するフォルダを指定後、インデックス化するファイルタイプを選択。

Copernic Free 031

Copernic Free 055

Copernic Free 056

.exe.apk などインデックス化の対象に含まれていないファイルは、左サイドパネルの 先端 を開いて ファイルタイプ の「追加」から入力。

Copernic Free 029

Copernic Free 030

Copernic Free 054

左サイドパネルから インデックス作成&パフォーマンス を開き、スケジュール でインデックスを更新するタイミングを設定し、日々のインデックス作成タスクを実行 にパソコンが起動している時間を入力。

更新間隔の「時」は時刻ではなく、「1」に設定すると 1時間毎に更新を実行する。

インデックス化を設定したローカルフォルダはリアルタイムでインデックスが更新されるが、ネットワークドライブ上のフォルダは更新されないため、利用頻度に応じて更新間隔を設定する。

インデックスの更新はシステムリソースを消費するため、更新頻度を増やすと低スペックのパソコンではパフォーマンスが低下する。
Copernic Free 031
Copernic Free 033
Copernic Free 034
無料版では Eメールや連絡先などのインデックス化ができないので、先端 表示するカテゴリー で無効にすると、ホーム画面の不要なタブが非表示になる。

Copernic Free 031
Copernic Free 032
デフォルトで 匿名利用統計の送信 が有効になっているので、拒否する場合は 先端その他 で無効にする。

インデックス化パフォーマンス

Copernic Desktop Searchはインデックスを更新する際、CPUの使用率が高いとインデックスの作成を中断する設定になっているため、パフォーマンスへの影響が少ない反面、CPUの使用率が高い状態が続くとインデックスが更新されない。

Copernic Free 035
Copernic Free 036>
インデックスの作成を優先させる場合は、ツールインデックス化パフォーマンス無制限 を選択する。

インデックスの手動更新

Copernic Free 052

インデックス更新のタイミングが合わない場合は、ツールインデックスをアップデート で更新するカテゴリーを選択して手動で更新できる。

Copernic Desktop Search Free の使い方

Copernic Free 038

Copernic Desktop Search(CDS)は Windows起動時に自動実行され、システムトレイに常駐してバックグラウンドで動作してインデックスを更新する。

Copernic Free 040

Copernic Free 041

システムトレイの CDSをダブルクリックするか、Ctrl キーを 2回押すと CDSが開くので検索バーにキーワードを入力して Enter キーで検索を実行すると、検索結果がカテゴリー別に表示される。

Copernic Free 047

Copernic Free 046

ファイルはメタデータの検索もサポートしており、検索するカテゴリーを選択して 精査 に検索するメタデータを入力して検索できる。

Copernic Free 051

Copernic Free 050

テキスト・画像・音声・動画ファイルは検索結果を選択すると下ペインにプレビューが表示され、検索結果をダブルクリックすれば関連付けられているアプリでファイルが開く。

Officeファイルなど有料版でサポートしているファイルはプレビューに購入案内が表示される。

Copernic Free 048

Copernic Free 049

ブラウザのブックマークと履歴も該当ページのプレビューで確認できる。

Copernic Free 053

検索結果からファイルの場所を開くなどの操作はコンテキストメニュー(右クリックメニュー)から選択。

関連記事
SearchMyFiles icon

Nirsoft SearchMyFiles のインストールと使い方

ワイルドカードを使用したファイル/ フォルダの検索が可能なほか、重複ファイルや重複したファイル名、空のフォルダの検索など豊富な検索オプションを選択できる無料の検索ツール

Agent Ransack icon

Agent Ransack Lite のインストールと使い方

マルチスレッドをサポートした高速な検索アルゴリズムを採用し、ブール演算子を使用した検索が可能な ローカルドライブやネットワークドライブの無料ファイル検索ツール

everything-icon

Everything のインストールと使い方

Index Everything の特徴開発元ダウンロードシステム要件インストール設定Everything の 使い方 Everything の特徴 日本語をサポートした無料の高速ファイル検索アプリ …