Copernic Desktop Search のインストールと使い方

Copernic icon

Copernic Desktop Search の特徴

  • ローカル・ネットワークドライブ・クラウドストレージ上のファイル検索ツール
  • ファイルをインデックス化して高速検索
  • Outlook・Thunderbirdのメッセージや、ブラウザのブックマーク・履歴のインデックス化も可能
  • 豊富な検索オプションを使用して効率的にファイルを検索
  • ファイルのメタデータでの検索をサポート
  • オフィスファイル・PDFなどのコンテンツテキストのほか、画像内の文字もインデックス化

Copernic Desktop Search でインデックス化すると、コンテンツ内のテキスト検索も可能なため、最も非効率的な「保存したファイルを探す」時間が大幅に短縮できる。

開発元

  • 開発元:N. Harris Computer Corporation
  • 開発元の拠点:カナダ

1996年に設立された Copernicは 2010年に Constellation Softwareの子会社である N. Harris Computer Corporation に買収され、現在は N. Harris Computer Corporationの一部門としてアプリを開発している。

ダウンロード

30日間のフル機能が利用できる試用期間がある。

システム要件

  • バージョン:8.2.3
  • OS:Windows 7/ 8.x/ 10/ 11
  • RAM:2GB以上(4GB以上を推奨)
  • ストレージ:1GB以上の空き(2GB以上を推奨)

サポートしているクラウドサービス

  • Google Drive
  • OneDrive
  • Dropbox
  • Microsoft 365 Outlook
  • Microsoft Teams
  • Microsoft SharePoint

クラウドサービスに直接アクセスしてインデックス化するため、クラウドサービスのデスクトップアプリは必要ない。

インストール

CopernicDesktop Search 002

CopernicDesktop Search 005

CopernicDesktop Search 006

公式サイト から Desktop Search の「DOWNLOAD」でダウンロードページを開き、メールアドレスを入力して「GET THE FREE TRIAL NOW」をクリックするとフル機能を利用できるライセンスファイルが送信されるので、添付されている licenseKey.lic ファイルを保存し、ダウンロード URLからインストーラーをダウンロードするか、Free edition をダウンロード。

氏名などの入力は省略可。

メールを受信しない場合は サポート に状況を連絡すると対応してくれる。

Copernic Free 002

使用言語を選択して「OK」。

Copernic Free 003

Microsoft Visual C++ 2019ランタイムが未インストールの環境ではダイアログが表示されるので、「はい」を選択後に Copernicのセットアップウィザードを「完了」で閉じ、自動的にダウンロードが開始する VC_redist.x64 を保存してインストール。

Copernic Free 004

Microsoft Visual C++ 2019ランタイムがインストールされている環境ではセットアップウィザードが開くので「次へ」。

Copernic Free 005

使用許諾書に問題なければ 使用許諾契約書に同意します をチェックして「次へ」。

Copernic Free 007

インストール先を確認して「次へ」。

Copernic Free 009

「インストール」でインストールを実行。

Copernic Free 010

ユーザーアカウント制御のプロンプトが表示されたら「はい」で許可。

Copernic Free 011

「完了」でセットアップ完了。

Copernic Free 013

Copernic Free 014

Copernic Desktop Searchが起動するとウエルカム画面になるので「次へ」で進める。

製品のアクティベート

CopernicDesktop Search 007

CopernicDesktop Search 008

メニューバーの 拡張/ ライセンス を開き、「ライセンスファイルのインポート」からメールに添付されていた licenseKey.lic ファイル選択。

CopernicDesktop Search 009

CopernicDesktop Search 012

CopernicDesktop Search 011

ダイアログが表示されたら「OK」でフル機能が利用可能になり、初期設定でファイルのインデックス化が開始する。

ブラウザ拡張機能のインストール

ブラウザの閲覧履歴とブックマークをインデックス化する場合は、拡張機能をインストールする。

サポートしているのは Google Chromeと Microsoft Edgeのみで、ブックマークバーに追加したブックマーク(お気に入り)はインデックス化されない。

Firefoxは表示されているが利用不可。
Braveなどの Chromium系ブラウザは拡張機能をインストールしても利用できない。

Copernic Free 015

メニューバーの ツール から オプション を選択。

Copernic Free 026[1]

Copernic Free 027

左サイドパネルから ブラウザ を選択し、インデックス化するブラウザの 拡張機能をインストール のリンクから拡張機能をインストール。

設定

Copernic Free 015

メニューバーの ツール から オプション を選択。

Copernic Free 019

Copernic Free 017

左サイドパネルから ファイル を開き、インデックス化されているドライブやフォルダを確認。

Copernic Free 028

インデックス更新時に優先したいフォルダは 優先順位のインデックス を有効にする。

Copernic Free 020

Copernic Free 021

Copernic Free 022

インデックス化が不要なフォルダは選択して「削除」するか、インデックスアクション で「スキップ」する。

Copernic Free 018

インデックス化されるファイルは ファイルタイプ で選択。

対象のフォルダでは選択されているファイルタイプのみインデックス化されるので、除外されたファイルは検索結果に表示されない。

Copernic Free 023

Copernic Free 024

Copernic Free 025

ネットワーク上で共有されているフォルダは「追加」で新規フォルダを追加し、 3点リーダーからインデックス化するフォルダを指定後、インデックス化するファイルタイプを選択。

Copernic Free 031

Copernic Free 055

Copernic Free 056

.exe.apk などインデックス化の対象に含まれていないファイルは、左サイドパネルの 先端 を開いて ファイルタイプ の「追加」から入力。

Copernic Free 029

Copernic Free 030

Copernic Free 054

左サイドパネルから インデックス作成&パフォーマンス を開き、スケジュール でインデックスを更新するタイミングを設定し、日々のインデックス作成タスクを実行 にパソコンが起動している時間を入力。

更新間隔の「時」は時刻ではなく、「1」に設定すると 1時間毎に更新を実行する。

インデックス化を設定したローカルフォルダはリアルタイムでインデックスが更新されるが、ネットワークドライブ上のフォルダは更新されないため、利用頻度に応じて更新間隔を設定する。
インデックスの更新はシステムリソースを消費するため、更新頻度を増やすと低スペックのパソコンではパフォーマンスが低下する。

Copernic Free 031

Copernic Free 033

Copernic Free 034

インデックス化しないカテゴリーは 先端 表示するカテゴリー で無効にすると、ホーム画面の不要なタブが非表示になる。

Copernic Free 031

Copernic Free 032
デフォルトで 匿名利用統計の送信 が有効になっているので、拒否する場合は 先端その他 で無効にする。

インデックス化パフォーマンス

Copernic Desktop Searchはインデックスを更新する際、CPUの使用率が高いとインデックスの作成を中断する設定になっているため、パフォーマンスへの影響が少ない反面、CPUの使用率が高い状態が続くとインデックスが更新されない。

Copernic Free 035
Copernic Free 036
インデックスの作成を優先させる場合は、ツールインデックス化パフォーマンス無制限 を選択する。

インデックスの手動更新

Copernic Free 052

インデックス更新のタイミングが合わない場合は、ツールインデックスをアップデート で更新するカテゴリーを選択して手動で更新できる。

クラウドストレージの追加

CopernicDesktop Search 018

CopernicDesktop Search 019

左サイドパネルから クラウド接続管理 を開き、インデックス化するクラウドサービスのアカウントに接続。

CopernicDesktop Search 020

Copernic Desktop Searchのアクセスを許可。

Microsoftのサービスは個人アカウントでも Microsoft 365の企業アカウントでも利用できる。

CopernicDesktop Search 024

CopernicDesktop Search 022

アクセスを許可すると該当のクラウドサービスが「未承認ミショウニン」になり、クラウドストレージのインデックス化が有効になる。

アクセスを許可しても「認証」と表示されている場合は「認証」をクリック。

CopernicDesktop Search 025

CopernicDesktop Search 026

クラウドストレージはルートフォルダが選択されているので、指定したサブフォルダのみインデックス化する場合は、「追加」からサブフォルダを追加後、ルートフォルダを「削除」する。

CopernicDesktop Search 023

Microsoft 365(Outlook)はメッセージのほかにカレンダーや ToDoタスクなどのインデックス化もできる。

Eメールのインデックス化

CopernicDesktop Search 013

CopernicDesktop Search 015

初期設定で Windows Mail や Thunderbird に登録されているメールアドレスのメッセージはインデックス化されるので、インデックスが不要なアドレスは 左サイドパネルの Eメールと開催者 で無効にする。

CopernicDesktop Search 016

ユーザーが作成したラベルやフォルダが日本語の場合は文字化けするが、メッセージは日本語でも正しくインデックス化される。

メッセージタイトルのほか、メッセージの内容もインデックス化される。

画像のテキスト検索

CopernicDesktop Search 027

CopernicDesktop Search 028

画像のテキスト検索は画像ファイルを OCRで文字認識するモジュールで、左サイドパネルで中国語表記になっている 画像テキスト識別 を開き、抽出する言語を有効にする。

Copernic Desktop Search の使い方

Copernic Free 038

Copernic Desktop Search(CDS)は Windows起動時に自動実行され、システムトレイに常駐してバックグラウンドで動作してインデックスを更新する。

Copernic Free 040

Copernic Free 041

システムトレイの CDSをダブルクリックするか、Ctrl キーを 2回押すと CDSが開くので検索バーにキーワードを入力して Enter キーで検索を実行すると、検索結果がカテゴリー別に表示される。

CopernicDesktop Search 036

CopernicDesktop Search 037

CopernicDesktop Search 038

テキスト・画像・音声・動画ファイルは検索結果を選択すると下ペインにプレビューが表示され、検索結果をダブルクリックすれば関連付けられているアプリでファイルが開く。

Officeファイルや PDF、e-Pubなど CDSがサポートしているファイルは、コンテンツテキストも検索対象になるので、検出したファイルを選択するとプレビューにはテキストが含まれているページが表示される。

CopernicDesktop Search 043

接続したクラウドストレージのファイルもインデックス化されるので、ローカルと同じように表示される。

CopernicDesktop Search 039

CopernicDesktop Search 040

CopernicDesktop Search 041

Eメールをインデックス化していると、メッセージの内容も検索対象になる。

Copernic Free 048

Copernic Free 049

ブラウザのブックマークと履歴も該当ページのプレビューで確認できる。

Copernic Free 047

Copernic Free 046

ファイルはメタデータの検索もサポートしており、検索するカテゴリーを選択して 精査 に検索するメタデータを入力して検索できる。

Copernic Free 053

検索結果からファイルの場所を開くなどの操作はコンテキストメニュー(右クリックメニュー)から選択。

購入方法

Copernic Desktop Search は 1年と 3年更新のサブスクリプションタイプで提供され、利用可能なモジュール別に 3タイプのパッケージがあり、グローバルな決済代行サービス 2Checkout で決済される。

CopernicDesktop Search 030

CopernicDesktop Search 031

公式サイト で購入するプランの「BUY NOW」をクリック。

  • Basic
    クラウドストレージと Officeファイル、PDFのコンテンツテキストの検索をサポート。
  • Advanced
    Basicにメールクライアントのメッセージと Microsoft 365、PDF/Aなどの検索モジュールを追加。
  • Elite
    Advancedに Teams や SharePoint、画像テキストなどが追加されたフルパッケージ。

ライセンスは 1ユーザーに対して 1台のパソコンのみ利用でき、別のパソコンにライセンスを移行する場合は、使用中の Copernic Desktop Searchをアンインストールしてから、新しいパソコンにインストールして サポート に連絡が必要。

CopernicDesktop Search 032

CopernicDesktop Search 033

サブスクリプションの期間を選択し、サブスクリプションの自動更新を無効にする場合は Auto renewal編集 から No を選択。

CopernicDesktop Search 034

支払い方法は PayPal・クレジットカード・コンビニ決済 が可能。

コンビニ決済は「その他のお支払い方法」から選択。

CopernicDesktop Search 035

必要な情報を入力して決済する。

決済後に 2Checkoutから licenseKey.lic ファイルが添付されたメールが送信されるので、添付ファイルを保存して Copernic Desktop Search を アクティベート する。

サブスクリプションのキャンセル

自動更新になっているサブスクリプションのキャンセルは、決済完了時に送信されるメール本文の 定期購入のキャンセル から行う。

OS2GO-004

定期購入をキャンセル をクリックして サブスクリプションをキャンセル。

購入時のメールを紛失した場合は 2Checkout管理ページからサブスクリプションをキャンセル できる。
関連記事
SearchMyFiles icon

Nirsoft SearchMyFiles のインストールと使い方

ワイルドカードを使用したファイル/ フォルダの検索が可能なほか、重複ファイルや重複したファイル名、空のフォルダの検索など豊富な検索オプションを選択できる無料の検索ツール

Agent Ransack icon

Agent Ransack Lite のインストールと使い方

マルチスレッドをサポートした高速な検索アルゴリズムを採用し、ブール演算子を使用した検索が可能な ローカルドライブやネットワークドライブの無料ファイル検索ツール

everything-icon

Everything のインストールと使い方

Index Everything の特徴開発元ダウンロードシステム要件インストール設定Everything の 使い方 Everything の特徴 日本語をサポートした無料の高速ファイル検索アプリ …