自転車をカスタマイズ

LINEで送る
Pocket

カスタマイズする際のパーツはピンきり。しかもステムやハンドルにはサイズもあり、通販で適当に買うとリスクが高い。ペダルなど専用工具が必要なパーツもある。
アーレンキー(六角レンチ)で簡単に交換できるのはサドルくらい。グリップは2.5mm~3.0mmのアーレンキーやパーツクリーナーなどのケミカルが必要になる場合もあるので、工具が揃っていることを確かめてから購入したほうが賢明。

調子に乗ってパーツを購入すると、取付作業時に専用工具が必要なことに気づいて工具を追加購入というパターンに陥ってしまう。
更にアヘッドやステムにはサイズがあるため、これらも適当に購入すると痛い目にあう。購入した時点で間違いに気付けば交換もできるのだが、パッケージをビ リビリに破り捨て、油でドロドロのグローブで掴み、実際にパーツを取り付ける段になって初めてサイズが違うことに気付くと、時すでに遅し。

そのようなわけで現在、使いものにならない新品のパーツがいくつか転がっている。無論、専用工具も増えた。
自転車のパーツはパソコンのパーツと比べても安い。確かに安いのだが、専用工具や転がっている新品のパーツを見ると本当に安いのか少々疑問が残る。

カスタマイズは失敗も含め自分で作業をするから楽しいんだ!と割り切れる人以外は、自転車屋さんに頼んだほうが無難かも。
ただ、自分で作業をすれば構成が分かるので、簡単な調整などができるようになるメリットはある。



サドルの交換

サドルはサドルに付いている棒(シートポスト)ごと交換するものだと思っていたのだが、購入する時に初めてサドルとシートポストは別物だと知った。
無論、シートポストを差し替えるだけではないのでサドルの交換には一手間かかるが、自転車のパーツでは最も交換しやすい部分というだけでなく、サドルの位置や傾き加減を調整することで乗り心地が向上する部分なので、パーツ交換をするしないに関わらず、一度は調整してみる価値はある。

使用する工具はアーレンキー(六角レンチ)のみだが、シートポストの形状によってはメガネレンチもしくはスパナが必要になる。
サドルの底部には二本の金属のラインが走っており、そのラインを挟む感じで固定してある。上図はボルト1本で留められていたが、シートポストによっては2本のボルトで固定しているものもある。

ボルトを緩めてサドルを取り外したところ。

新しいサドルのラインをシートポストに挟み、ボルトで仮止めする。

上図ではサドルのほぼ中央にシートポストがきているが、この位置をサドルのハンドル側に寄せると、ハンドルとシートの位置が離れ、逆に寄せると近くなる。

サドルとハンドルの距離が離れると前傾姿勢になり、近づくと上体が起きる。

ボルトの固定部分で角度調整も可能。

サドルは地面と平行にするのが基本だが、個人的に若干前下りのほうが乗りやすいので、左図のように角度を付けている。

これでサドルの交換が完了。
作業は至って簡単だが、敢えて注意点を上げるならボルトをしっかりと締めることくらい。

今回使用したのはアーレンキー(六角レンチ)のみ。

グリップ & バーエンド

ハンドルのグリップはパーツクリーナーさえあれば簡単に交換できる。
ただ、エルゴノミクスデザインのグリップにする場合は、アーレンキーなどで完全に固定できるロックオングリップがオススメ。
ロックオンタイプでないと交換した後、力を入れたはずみでグリップが回ってしまい残念な感じになる。

ロックオンタイプならボルトを緩めるだけで簡単に外れるが、左図のようなロックオンタイプでないグリップはパーツクリーナーを使用する。

パーツクリーナーのノズルをグリップの隙間から差し込んでスプレーしながらグリップを回すと徐々に緩んでくる。
パーツクリーナーがないからといってオイルを使用すると悲惨なことになるので念のため。

グリップを外したところ。

エルゴノミクスデザインのグリップをはめる。

今回はロックオンタイプのグリップを使用したのでバーに通すのは簡単だが、ロックオンタイプでないグリップはなかなか通らなので、外すときと同様にパーツクリーナーをグリップの筒に吹きつけて作業すると良い。

バーエンドも取り付けるので、位置を決めて左図赤矢印部分をアーレンキー(六角レンチ)で締めて固定する。
ただし、調子に乗って締め過ぎると残念なことになるので要注意。

エルゴノミクスデザインのグリップは、手のひらに当たる部分を若干上げ気味に付けると手首の負担が軽減してGood。

バーエンドも取り付ける。

トルクレンチがあれば取り付けの際に指定されたトルクで固定できる。

今回使用したBBBのバーエンドのトルクは上図のように「8Nm(ニュートンメートル)」になっている。

これで取り付け完了。

使用した工具はアーレンキーのみだが、パーツクリーナーは必須。

ペダル

ペダルの交換はハンドルグリップと同程度の難易度かと思っていたが、交換するには専用工具が必要になる。その名もペダルレンチ。

ペダルの交換専用の工具で他に使い道はない上、ペダルを交換するには必須という難儀なシロモノ。価格は2500円前後なので、1回の交換なら自転車屋で行ったほうが断然安く付く。

ペダルとクランクの接続部分は特殊な形状をしており、ペダルレンチの形状からモンキーレンチで代用できる気もするが未確認。

ペダルは左右ともペダルを漕ぐ方向の逆側に回して外すのだが、こいつが予想以上に固い。よく自転車の後ろにまわり、反対側のクランクを持って回すと書かれているが、そのような体勢で回るほどヤワではなかった。
反対側のクランクを固定すれば良いのだろうが、そんな気の利いた物も手近になく、力を振り絞って回してみるがビクともしない。
我ながらなんとも非力。

結局、ペダルレンチをかました状態で、ペダルレンチをハンマーで叩いてようやく回った。
ハンマーを使えとはどこにも書かれていないので、間違いなく非推奨だと思われるが、左右ともハンマーの活躍で外すことができた。

真新しいペダルをある程度まで手でねじ込んでいく。
ちなみにペダルにはネジのヘッド部分にRとLの印があり、右(R)と左(L)が区別できるようになっている。

つける時は外す時の逆方向、左のペダルは左回し、右ペダルは右回しで取り付ける。

ハンドルバー ・ ステム ・ アヘッド

ハンドルバーは何となく理解できるとして、「ステム」やら「アヘッド」となどは交換する際に初めて知ったパーツ。

もともとハンドルバーを交換しようと思い立ったのは、15年前のMad Rockのハンドルが、GLIDEのそれと比べて華奢に感じたからで、その原因はステムの形状にあり、Mad Rockがクイルステムで、GLIDEはアヘッドステムだった。

上図がMad Rockのノーマルステム(クイルステム)
そこでクイルステムをアヘッドステムにしようと思ったわけだが、もともと作りが異なるものなので、ステムアダプターというものを使用することで、通称「なんちゃってアヘッド」になるらしい。

で、さっそくステムアダプターを購入したのだが、これがクセモノだった。左図が「なんちゃってアヘッド」にするために必要なステムアダプター。
なぜ2本あるのかと云えば、それはサイズを間違って購入したからにほかならない。

はじめに購入したのが右側で、同時にステムとハンドルも購入したわけだが、いざ取り付けようとしたら、ステムの大きさとアダプターの大きさが全然合わず涙目になった。
ステムアダプターには「ノーマル」「オーバーサイズ」「ノーマルからオーバーサイズ」と3種類ある。
ちゃんと初めに測れば良かったのだが、取り敢えず「ノーマル」なら間違い無いだろうと思って購入したのが、大きな間違いだった。

ステムやハンドルにはバークランプ径25.4mmというサイズが明記されてあったので、どちらも同じバークランプ径のものを購入したのだが、ステムにはバークランプ径の他にも 1インチと1-1/8インチというサイズがあることを後で知った。

ノーマルサイズは1インチサイズのステム用でステム部分で25.4mm、コラム径(ステムアダプターを差し込むフォークのパイプ)は22.2mm。
ノーマルからオーバーサイズはコラムが22.2mmでステムが28.6mm。
オーバーサイズはコラムが25.4mmでステムが28.6mm。

Mad Rockはフォークコラムが22.2mm、購入したBBBのステムは1-1/8インチなので、必然的に22.2mm-28.6mmのノーマルからオーバーサイズのステムアダプターになる。

上図の状態から始めはどうやって外すのかと思ったが、よく見ると単にフタがついているだけだった。

フタを外すと左図のようになるので、後はアーレンキーで緩めるだけ。

芯?を外してしまうと、簡単にハンドルが外せる。
左図のようにこのハンドルはクイルステムで、ステムとハンドルも一体化しているタイプなので、これをアヘッドタイプにするためには、前述のステムアダプターとステム、ハンドルバーが必要になる。

上図矢印部分がコラム径。ここが22.2mmある。

ステムアダプターにベッタリとグリスを塗りたくる。

間違って購入したステムアダプターが返品できなかったのは、この状態で気付いたからに他ならない。

フォークに差しこむ。
ハンドルの高さ調整は、このステムアダプターを任意の高さにしてボルトを締めるだけだが、この時点では合わせようがないので、取り敢えず差し込んだ状態でOK。

ステムアダプターの芯?を取り外し、ステムをステムアダプターに仮止めする。
更にハンドルバーをステムに通して仮止め。

今回購入したバズーカーのハンドルバーには中心線が入っていたので、左図矢印部分のようにステムの間から確認しながら、ステムアダプターとステム、ステムとハンドルバーを固定。

後はハンドルの高さを調整して完成♪
使用した工具はアーレンキーのみだがグリスは必要。





メンテナンスとカスタマイズ

自転車のVブレーキ交換と調整

ブレーキは自転車の各パーツの中でも命に関わる重要な箇所で、ブレーキシューは消耗品のため、効き具合の確認や定期的なブレーキ … “自転車のVブレーキ交換と調整” の続きを読む

自転車のフロントディレイラーとシフターの換装と調整

フロントディレイラーの取り替えには、チェーンやクランクの取り外し・取り付け作業が伴い、リアディレイラーと比べると、取り付 … “自転車のフロントディレイラーとシフターの換装と調整” の続きを読む

自転車のカセットスプロケット交換とギア比

スプロケットは「ギア」のことで、単に「スプロケット」という場合は「リアスプロケット」を指し、フロントのクランクに付いてい … “自転車のカセットスプロケット交換とギア比” の続きを読む

自転車のチェーン交換

自転車のチェーンは使用していると、ピンとピン穴が摩耗して隙間ができ、隙間の分だけ伸びることで、スプロケットの歯とチェーン … “自転車のチェーン交換” の続きを読む

自転車のリアディレイラーとシフターの換装と調整

リアディレイラーは後輪の変速装置で、頻繁に取り替えを行うようなパーツではないが、チェーンやワイヤーの伸びなど消耗や経年劣 … “自転車のリアディレイラーとシフターの換装と調整” の続きを読む

自転車のボトムブラケット(BB)とクランク交換

BBと表記されることが多い「ボトムブラケット」は、ペダルを漕いだ際に回転する部分で、クランクはBBに固定することになる。 … “自転車のボトムブラケット(BB)とクランク交換” の続きを読む

自転車のタイヤサイズとタイヤ交換

自転車のタイヤは「3000km」か「1年」が交換時期の目安らしく、意外と早いことに驚いた。 タイヤが摩耗していれば分かり … “自転車のタイヤサイズとタイヤ交換” の続きを読む

完全ブルホーン化

なんちゃってブルホーンにしたらブレーキに不安が残ったため、フラット側でもバーエンド側でもブレーキをかけることができる、そ … “完全ブルホーン化” の続きを読む

なんちゃってブルホーン化

フラットハンドルは力が入りやすく、ドロップハンドルやブルホーンはロングライドやスピードの点で優っているらしいので、通勤距 … “なんちゃってブルホーン化” の続きを読む

自転車をカスタマイズ

カスタマイズする際のパーツはピンきり。しかもステムやハンドルにはサイズもあり、通販で適当に買うとリスクが高い。ペダルなど … “自転車をカスタマイズ” の続きを読む

自転車のメンテナンス

自転車に限らず、メンテナンスというのは結構クセモノで、どこまでするのか微妙なところもあるが、取り敢えず自分の身を守るため … “自転車のメンテナンス” の続きを読む





LINEで送る
Pocket