DVDFab Virtual Driveのインストールと使い方

LINEで送る
Pocket

DVDFab Virtual Drive(仮想ドライブ)はISOイメージファイルを再生するエミュレーター。
DVDやBDをリッピングの際、ISOイメージファイルで保存するなら必須のアプリで、インストールすると光学ドライブとして認識される。

システム要件

バージョン1.5.1.1現在

OS:Windows Vista / 7 / 8 / 8.1 /10
CPU:Pentium II 500 MHz(PC/AT互換 1GHz以上)
RAM:512MB(2GB以上)

※公式記載のシステム要件は上記のとおりだが、OSのシステム要件を下回っているので、使用するOSの推奨最小要件(カッコ内のスペック)を満たしている必要がある。

ソフトの入手先

DVDFab 公式ダウンロードページ



DVDFab Virtual Drive(仮想ドライブ)のインストール

DVDFab Virtual Driveはフリーソフトだが、サードパーティ製アプリのバンドルなどはなく、セットアップウィザードも日本語化されているので、インストールは簡単。

公式ダウンロードページの「無料体験」ボタンをクリック。

「無料体験」と表記されているが、DVDFab 仮想ドライブに試用期間などはなく、フリーソフトとして使用できる。

ダウンロードしたインストーラーを起動し、ユーザーアカウント制御のメッセージが出たら「はい」で許可。

言語選択ウインドウが「日本語」になっていることを確認して「OK」。

セットアップウィザードが開始するので「次へ」。

EULA(使用許諾書)の内容を確認の上、問題がなければ「同意する」にチェックを入れて「次へ」。

インストール先の指定。
特にこだわりがなければデフォルトのまま「次へ」。

スタートメニューへの登録もデフォルトのまま「次へ」。

ISOファイルのマウントや解除はタスクトレイのアイコンやコンテキストメニュー(右クリックメニュー)を使用するので、スタートメニューへ登録しなくても操作に支障はないので、スタートメニューへの登録が不要なら「プログラムグループを作成しない」にチェックを入れる。

デスクトップのショートカットアイコンも任意で選択して「次へ」。

インストールが開始すると「DVDFab.cn 記憶域コントローラー」のインストール許可のメッセージがでるので必ず「インストール」を選択。

「DVDFab.cn 記憶域コントローラー」は仮想ドライブのドライバーなので、インストールしないとドライブとして使用できない。

インストールが完了。

ウエルカム画面はDVDFabの製品紹介なので「OK」で閉じて終了。

使用方法

使用方法といってもISOイメージファイルのマウントと解除だけなので、操作は至ってシンプル。

ISOイメージファイルについては イメージファイルの基礎知識 を参照。

インストールしたらタスクトレイにアイコンが表示されているので確認。

タスクトレイに常時表示させるならアイコンをドラッグ。

タスクトレイのアイコンからコンテキストメニュー(右クリックメニュー)を表示させると、基本操作を設定を行うことができる。

表示させるドライブは最大18台まで可能だが、相当特殊な使い方をしない限り、ドライブ数は1~2台で十分。

仮想ドライブは設定した数だけ「コンピュータ」の「デバイスとドライブ」の項目に表示される。

マウントとアンマウント

基本的な操作はISOファイルのマウントとアンマウントで、マウントはコンテキストメニューからも実行できる。

ISOイメージファイルを選択し、コンテキストメニューを表示すると、任意のドライブに「マウント」が可能。

表示ドライブ数が多いと、コンテキストメニューがすごいことになるが、マウントのメニューはISOファイル選択時のみ表示される。

すでにマウントされているとファイル名が表示されるが、アンマウント(取り出し)しなくても、別のISOファイルをマウントすることが可能。

マウントは「光ディスクがドライブに入っている状態」と同じなので、マウント中はファイルがロックされており、ファイル名の変更などは行えないので要注意。
また、DVDFab 仮想ドライブは「マウント」とは別に、実際の光学ドライブと同様に「トレイ」のロードとイジェクトがあり、コンテキストメニューでマウントすると、対象のISOファイルがマウントと同時にトレイがロードされた状態になる。

マウントしたファイルを一括してアンマウント(解除)する場合は、タスクトレイのアイコンをクリックして「全て(の)ドライブマウント解除」を選択。

ドライブ個別にアンマウントする場合は、タスクトレイのアイコンからコンテキストメニューを出し、対象のドライブから「マウント解除」を選択。

ISOファイルをマウントしたまま、仮想ドライブのトレイをイジェクト(取り出し)することもできる。

イジェクトするとファイルはマウント(ロック)されたまま、対象のドライブからディスク名が非表示なる。

イジェクトしたファイルはトレイを「ロード」することで仮想ドライブがファイルの再読み込みを行う。

ドライブに入っているディスクをリロードした状態になるので、DVDやBlu-rayの自動再生を有効にしている場合は、設定されたプレーヤーで再生が開始する。

.miniso

DVDFab Virtual Driveは通常のISOイメージファイルのほかに「.miniso」という拡張子のイメージファイルの読み込みにも対応している。
「.miniso」とはDVDFab.cnが開発したイメージファイルで、DVDフォルダやBlu-rayフォルダ内に作成され、「.miniso」がフォルダ内にあるとDVDFab Virtual Driveは通常のISOファイルのように、フォルダで保存されているDVDやBlu-rayのコンテンツをマウントするとことが可能になる。

DVDFab Blu-rayコピーを使用してディスクをコピーした場合、デフォルトでminisoファイルの作成が有効になっている。

Blu-rayディスクには「BDMV」と「CERTIFICATE」フォルダが格納されているが、DVDFab Blu-rayコピーを使用してリッピングすると、「DVDFab.miniso」ファイルが付加されている。

DVDFab仮想ドライブで「.miniso」イメージファイルをマウントすると、Blu-rayフォルダを仮想ドライブでロードすることができるため、DVDやBlu-rayフォルダの直接再生をサポートしていないメディアプレーヤーや、再生がうまくいかない場合、非常に有効な対処法になる。

既存のDVDフォルダやBlu-rayフォルダには、DVDFab Virtual Driveでも「.miniso」イメージファイルの作成が可能で、タスクトレイのアイコンからコンテキストメニューを出して「.minisoイメージ作成」を選択。

「.miniso」イメージファイルを作成する既存のDVDフォルダやBlu-rayフォルダを指定して「スタート」をクリック。

「.miniso」イメージファイルの作成は瞬時に完了し、そのままDVDFab Virtual Driveでマウントすることができる。

「.miniso」がマウントされるとフォルダのコンテンツが再生される。

フォルダ名に日本語(2バイト文字)を使用しているとプレーヤーに表示されるタイトルが文字化けするものの、コンテンツの再生には問題ない。





DVDFab関連アプリ

DVDFab Passkey for DVD / Blu-rayのインストールと使い方

DVDFab Passkeyはタスクトレイに常駐し、ドライブに挿入されたDVDやBlu-ray、UHD Blu-rayデ … “DVDFab Passkey for DVD / Blu-rayのインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab11 UHD コピーのインストールと使い方

「DVDFab11 UHD コピー」は強力な保護技術解除機能を実装したDVD / Blu-rayのリッピング統合ソフト「 … “DVDFab11 UHD コピーのインストールと使い方” の続きを読む

DVDFabの最新セール情報と購入方法

DVDFabは中国のFengtao Software が開発した著名なリッピングソフトで、リッピングのほかエンコード、オ … “DVDFabの最新セール情報と購入方法” の続きを読む

DVDFab11 オールインワンのインストールと使い方

「DVDFab オールインワン」は強力な保護技術解除機能を実装したDVD / Blu-rayのリッピング統合ソフトで、D … “DVDFab11 オールインワンのインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab11 DVD ブルーレイ変換のインストールと使い方

「DVDFab DVD ブルーレイ変換(DVDFab DVD to Blu-ray Converter)」は、強力な保護 … “DVDFab11 DVD ブルーレイ変換のインストールと使い方” の続きを読む





LINEで送る
Pocket