スポンサーリンク

MediaInfo の インストールと使い方

スポンサーリンク

日本語をサポートした使いやすい オープンソースの無料 コーデックチェッカー

MediaInfo は 動画 や 音声ファイルのコーデック や フレームレート , ビットレート , ファイルの再生時間などを表示する オープンソースの 無料 コーデックチェッカーで セットアップも含め日本語をサポートしている。

システム要件

バージョン 21. 03 現在

OS :  Windows 95 以降 Windows 10 までの全バージョン

ソフトの入手先

MediaInfo 公式ダウンロードページ

MediaInfo のインストール

MediaInfo のインストーラーには アドウェア や スパイウェア は含まれていない。

MediaInfo Codec Checker -017

ダウンロードページから「 Universal Installer 」の GUI をダウンロード。

MediaInfo Codec Checker -018

ダウンロードしたインストーラーを起動して ユーザーアカウント制御のメッセージが表示されたら「 はい 」で許可。

MediaInfo Codec Checker 027

言語選択が「 日本語 」になっていることを確認して「 OK 」。

MediaInfo Codec Checker 026

インストール先 に こだわりがなければ デフォルト設定で「 インストール 」をクリック。

MediaInfo Codec Checker -016

「 完了 」をクリックしてインストール作業終了。

MediaInfo-019

初回起動時のみ言語選択の設定画面が表示されるので「 Language 」のプルダウンリストから「 日本語 」を選択して「 OK 」をクリック。

言語は後からでも変更可能。

設定の変更

設定画面の呼び出しは メニューバーの「 オプション 」から「 設定 」を選択。

mediainfo041

「 シェルに統合 ( 右クリックメニューに登録 )」にチェックを入れた状態で「 シェルに統合 ( フォルダ )」にチェックを入れると フォルダを選択して コンテキストメニュー  ( 右クリックメニュー ) から MediaInfo を起動でき、フォルダ内の動画・音声ファイルを一度に表示することが可能。

mediainfo042

「 シェルでインフォチップ 」にチェックを入れると 動画・音声ファイルで対応しているものを選択するだけで、主要な情報がツールチップで表示される。

MediaInfo Codec Checker -020

出力フォーマットは プルダウンリストから変更できる。

MediaInfo の使い方

初期設定で コンテキストメニュー ( 右クリックメニュー ) が有効になっているので、ファイルを選択後に コンテキストメニューにある「 MediaInfo 」をクリックすると ファイルの詳細情報が表示される。

MediaInfo はフォルダの読み込みもサポートしており、同時に複数のファイルを 1つの画面で表示することも ファイル別に複数の画面を立ち上げることもできる。

MediaInfo-021

ファイルを選択後 コンテキストメニューから MediaInfo を直接起動できる。

MediaInfo-024

デフォルト設定では フォルダ のコンテキストメニューに MediaInfo は表示されないので、フォルダから一括してファイルを取り込む場合は サイドバーの ツールアイコンを使用するか「 設定 」で 「 シェルに統合 ( フォルダ )」にチェックを入れて コンテキストメニューからのアクセスを有効にする。

表示形式

MediaInfo の表示形式には「 基本 」「 シート 」「 ツリー 」「 テキスト 」や「 HTML 」「 XML 」のマークアップ言語、「 MPEG-7 」「 PBCore 」などのメタデータがある。

MediaInfo-022

表示形式は メニューバーの「 表示 」から変更でき、デフォルトの表示形式は「 設定 」で指定する。

動画・音声ファイルの コーデック や ビットレート を 調べる際は「 基本 」「 シート 」「 ツリー 」「 テキスト 」から選択。
基本

基本形式では ファイルの種類 / サイズ / 時間 / ビデオコーデック / オーディオコーデック / エンコーダー と  ビットレート / 解像度 / フレームレート / コーデック を確認できる。

MediaInfo Codec Checker 033

「 コンテナと全般情報 」に ファイルの基本情報 , 「 ビデオ 」と「 音声 」に ビットレート などの情報が表示される。

MediaInfo Codec Checker

複数のファイルを含むフォルダを読み込んだ場合 上部アドレスバーのドロップダウンリストで ファイルを切り替える。

シート / ツリー / テキスト

シート / ツリー / テキスト は ビットレートモード や 色深度 など「 基本 」よりも 表示される情報量が 多い。

MediaInfo-023

シート / ツリー / テキスト は 表示形式 が異なるだけで 表示される内容 は 同じ。

シート / ツリー / テキスト で表示される「 OBR 」は 総ビットレートモード ( Overall bit rate mode ) のことで ビデオ と オーディオ の ビットレートを合算したもの。

エクスポート

表示されている情報は「 CSV 」「 テキスト 」「 マークアップ言語 」「 メタデータ 」で 出力でき、メニューバーの「 ファイル 」から「 エクスポート 」を選択するか、サイドバーのツールアイコンから「 カスタム形式でエクスポート 」を選択して エクスポートの画面を開く。

MediaInfo-025

タブ から 出力するファイル形式を選択。

見やすさや 情報量 などから「 テキスト 」の使用を推奨。
「 CSV 」と「 シート 」は 文字コードが「 UTF-8 」で出力されるため MS Excel で 開く場合は Excel のメニューバーにある「 データ 」から「 データの取得 」を選択して「 テキストまたは CSV から 」で 文字コードを「 UTF-8 」に指定しなければ 文字化けする。

 

関連記事

dvd-shrink0011

4K UHD の基礎知識

4K UHD の解像度 や 視聴距離 と HDR などのスペックについて 2018年12月から BS / CS で開始された 4K 放送 は 地デジ放送よりも 解像度のほか 輝度 や 明度 が高く 画質が飛躍的に向上して […]

dvd-shrink0011

Blu-ray のコピーとリッピングの基礎知識

Blu-ray の規格 や リッピングアプリについて リッピングは DVD / Blu-ray のデータを 専用ソフトを使用してパソコンに取り込むことで、コピー / バックアップ / ダビング と同義で使用されるが、ソフ […]

dvd-shrink0011

DVD のコピーとリッピング の基礎知識

DVDのコンテンツを動画ファイルとして保存する手順と基礎知識 リッピングは DVD / Blu-ray のデータを 専用ソフトを使用してパソコンに取り込むことで、コピー / バックアップ / ダビング と同義で使用される […]

dvd-shrink0011

アーカイブファイルの基礎知識

ISOイメージファイルを含めたアーカイブファイルについて アーカイブ は「 記録・保存 」を意味しているが「 アーカイブファイル 」は 複数のファイルが入った フォルダ を ファイル化したもので、電子書籍 は アーカイブ […]

dvd-shrink0011

アナログビデオを動画ファイルにする方法

VHSビデオから動画ファイルを作成 録り溜めした ビデオテープ を デジタル化して DVD や 動画ファイルとして保存する際に必要なのは ビデオデッキ / パソコン / キャプチャー で DVD に焼くなら DVD-RW […]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コーデックチェッカー
Easy Innovation Zone
タイトルとURLをコピーしました