BlueScreenView のインストールと使い方

monitor-icon

BlueScreenView の特徴

  • ミニダンプを表示するフリーソフト
  • ブルースクリーンが表示された際に作成されるミニダンプを元にブルースクリーンの内容を再現
  • エラーコードやエラー発生時に読み込まれていたファイルを確認できる

BlueScreenView-002

ブルースクリーンは Windowsに異常を来した際に表示されるメッセージ画面で、ブルースクリーンの内容はシステムがクラッシュする直前のメモリに保存されていた内容を出力したクラシュダンプ( ミニダンプ )に保存されている。

開発元

  • 開発者:Nir Sofer 氏
  • 開発者の拠点:イスラエル

ダウンロード

Fences
Start11
PassFab 4Winkey banner
ToDo Buckup
Revo Uninstaller banner1
Repairit banner
Fences
Start11
PassFab 4Winkey banner
ToDo Buckup
Revo Uninstaller banner1
Repairit banner

システム要件

  • バージョン:1.55
  • OS: Windows XP/ Vista/ 7/ 8.x/ 10
クラッシュ時のミニダンプ ファイル保存が必須。

インストール

Nir Soft BlueScreenView 004

公式サイトのリンクから使用環境に合わせて Download BlueScreenView 64-bit(in Zip file)または Download BlueScreenView(in Zip file)をダウンロード。

BlueScreenView-001

ダウンロードした Zipファイルを選択し、コンテキストメニュー(右クリックメニュー)から すべて展開 で解凍。

BlueScreenView-002

解凍したフォルダ内にある BlueScreenView を起動して使用する。

日本語化

BlueScreenView-005

BlueScreenView のダウンロードリンクの下にある各国のランゲージリンク一覧から Japanese のリンクをクリック。

BlueScreenView-003-1

ダウンロードした Zipファイル を解凍して  BlueScreenView_lng ファイルを BlueScreenViewの実行ファイルがあるフォルダに移動。

BlueScreenView-008

BlueScreenViewが日本語化されて起動する。

設定

BlueScreenView はクラッシュダンプを読み込むため、Windows 8/ 10/ 11で使用する際は事前にクラッシュダンプの出力設定をする。

BlueScreenView-004-1

Windows 11は WIN + Pause/ Break キーで システムバージョン情報 を開き、システムの詳細設定 を選択。

スタート のコンテキストメニュー から システム を選択しても バージョン情報 が開く。

BlueScreenView-009

Windows 10も WIN + Pause/ Break キーで システム詳細情報 を開き、システムの詳細設定 を選択。

BlueScreenView-005-1

システムのプロパティ が開くので、起動と回復 の「設定」をクリック。

BlueScreenView-006-1

デバック情報の書き込み のリストから 最小メモリダンプ を選択し、最小ダンプ ディレクトリ%SystemRoot%¥Minidump になっていることを確認して「OK」。

デバックの書き込み設定をミニダンプに変更すると、ミニダンプよりも情報量の多いメモリダンプは 出力されない。 

エラー発生時の再起動

システムがクラッシュした際 Windowsは自動的に再起動し、Windows 10/ 11は OS起動に 2回失敗すると 3回目で自動修復オプションが起動する設定になっている。

BlueScreenView-007-1

エラー発生時の再起動を停止する場合は、起動と回復 にある システムエラー自動的に再起動する のチェックを外して無効にする。

BlueScreenView の使い方

BlueScreenView はミニダンプに保存されているファイルを読み込んで起動する。

ブルースクリーンはソフトウェアかハードウェアに何らかの異常が発生して表示され、多くの場合は再起動で エラー が解消されるが、ブルースクリーンが頻発する場合はデータをバックアップ後に Windows のクリーンインストールやリカバリ の実行を推奨。

BlueScreenView-008-1

BlueScreenView 起動時にユーザーアカウント制御のプロンプトが表示されたら「はい」で許可。

Nir Soft BlueScreenView -015

過去にブルースクリーンが発生し、ミニダンプが保存されているパソコンで BlueScreenView を起動すると、ダンプファイルとファイルの内容が表示される。

  • 上ペイン:エラー 発生時のダンプファイル
  • 下ペイン:ダンプファイルに記載されている情報
  • 赤マーカー:エラー 発生時に読み込まれていたファイル
赤マーカーのファイルはエラー 発生時に読み込まれていただけで、必ずしも該当ファイルに問題があるわけではないので、イベントビューアー などで確認する。

バグチェックコード

システムエラーの原因を調べる場合は バグチェックコード を確認する。

バグチェックコード はWindows 7以前のブルースクリーン で STOP ERROR として表示されていた エラーコードで、Windows 10/ 11 でも Windowsアップデートなどのエラー発生時に表示される。

Nir Soft BlueScreenView -016

バグチェックをネットで検索すればエラーの原因解明の手掛かりになる可能性が高い。

オールドスタイル

メニューの オプション から 下ペインの モード XPスタイルのブルースクリーン を選択すると、下ペインに以前のスタイルで ブルースクリーンが再現される。

Nir Soft BlueScreenView -017

ダンプファイル

メニューの ファイル から プロパティ を選択するとダンプファイルの情報を確認できる。

Nir Soft BlueScreenView -018

表示されている情報は ファイル から 名前を付けて選択したアイテムを保存 でテキストファイルとして保存可能。

関連記事
CPU-Z-2.05-icon

CPU-Z for Windows のインストールと使い方

CPU・メモリ・マザーボード・グラフィックのモデル名や製造元のほか、動作クロックなどの詳細な仕様が確認できる定番の無料ハードウェア情報表示ツール

EaseUS-Key-Finder-icon

EaseUS Key Finder のインストールと使い方

Windows プロダクトキー、Adobeや Office のライセンスキーのほか、ウェブブラウザのパスワード復元、Windowsの資格情報復元などをサポートしたユーティリティツール