Spybot Anti-Beacon のインストールと使い方

スポンサーリンク
antibeacon-icon

Windows のデータ送信を遮断するプライバシー保護アプリ

Windows 10はユーザーの情報を収集することで、能動的にユーザーが欲している情報を提案するような環境を目指しており、初期設定のまま使用すると、様々な情報が Microsoft に送信される仕様になっている。
この機能は「 プライバシー 」などの設定で関連項目をオフにしても、送信されるデータの内容が限定されるだけで、トラッキング(追跡)そのものが無効になるわけではなく、ユーザーの行動は記録され、利用規約の範囲内で Microsoft に送信されている。

Spybot Anti-Beacon は、スパイウェアの検出と駆除に特化した「 Spybot – Search & Destory 」と同じく「 Team Spybot 」が開発し、アイルランドの「 Safer-Networking Ltd 」によって配布されている  Windows 10のトラッキングをブロックするソフトウェア。
ワンクリックで勝手に実行されているトラッキングを遮断でき、元に戻して通信を開始することも可能になっている。
また、 Skype や Bing などが行っている通信も任意で遮断できるオプションも実装。

Windows 10を利用し、プライバシー管理に懸念が生じているなら必須のソフト。

バージョン 2.3.0 まではフリーソフトとして提供されていたが、2018年9月にGoogle Chrome、Firefoxの匿名使用統計データの送信ブロック、HP・レノボのPCに実装されている収集された匿名データの送信ブロックなど、 Microsoft 以外のソフトウェアに対応したバージョン3.0.5が有料版として正式にリリースされ、無料バージョンの場合はフルブロックに設定しても、完全に通信を遮断することができなくなった。

システム要件

バージョン3.4 現在

OS: Windows 7以降

ソフトの入手先

Spybot Anti-Beacon 公式ダウンロードページlink



Spybot Anti-Beacon のインストール

セットアップウィザードは英語表記だが、アドウェアもなくインストール作業は簡単。

Spybot Anti-Beacon free version 035

ダウンロードページにはリリースされた過去の Spybot AntiBeaconがすべて保存されているので、バージョンが最も新しい「 Spybot AntiBeacon-3.x-setup.exe 」をクリックしてダウンロードする。

ダウンロードしたインストーラーを起動すると、ユーザーアカウント制御のメッセージがでるので「 はい 」をクリックして許可。

Spybot Anti-Beacon free version 019

言語選択に日本語はないので、「 English 」のまま「 OK 」をクリック。

Spybot Anti-Beacon free version 020

EULA(使用許諾契約)が表示されるので確認して問題がなければ「 I accept the agreement 」にチェックを入れて「 Next 」。

Spybot Anti-Beacon free version 021

プログラムのインストール先を指定。
特にこだわりがなければデフォルトのままで「 Next 」。

Spybot Anti-Beacon free version 037

一度設定すれば後は放置するプログラムなのでデスクトップにショートカットは必要ないと思うが、必要なら「 Create a desktop shortcut 」にチェックを入れる。

「 Refresh inmmunization after each system restart 」は再起動後にトラッキングをブロックするものなのでチェックを入れておく。

「 Check for updates on program start 」はアンチビーコンを起動した際、バージョン確認を行うもので、アンチビーコンには自動アップデート機能がないため、有効にしておくことを推奨。

Spybot Anti-Beacon free version 023

インストール内容を確認して「 Install 」をクリック。

Spybot Anti-Beacon free version 038

「 Launch  Spybot Anti-Beacon 」のチェックが入った状態で「 Finish 」。

これでインストール完了。
Anti-Beacon が起動する際、ユーザーアカウント制御のメッセージがでるので「 はい 」をクリックして許可する。

Spybot Anti-Beacon の使い方

Spybot Anti-Beacon は常駐するようなアプリではなく、一度設定するだけでブロックが有効になる。
ただし、自動アップデート機能は実装していないため、定期的に Anti-Beacon を起動してバージョンを確認することを推奨。

Spybot Anti-Beacon free version 036

Spybot Anti-Beacon が起動したところ。

はじめて起動すると状態がよく分からないが「 Blocked telemetry options 」が「 0 out of 0 protected 」になっているので、テレメトリー(通信によるデータ収集)が全く遮断されていない状態。

Spybot Anti-Beacon free version 041

セットアップ時にバージョンの自動チェックを有効にしていれば、現在使用している Anti-Beacon が最新バージョンか確認できる。

Spybot Anti-Beacon free version 030

設定を行うには中央の「 Anti-Beacon 」をクリック。

Spybot Anti-Beacon free version 042

設定画面が開く。
バージョン2.xでは24しかなかったブロック項目が、現バージョン(3.4)では 70 に増えている。

antibeacon039

テレメトリーのブロックには「 None(無し) 」「 Minimal(最小) 」「 Recommended(おすすめ) 」「 Full(全部) 」の4タイプが用意されており、任意のタイプをクリックすると、各項目が「 permitted(許可) 」もしくは「 blocked(遮断) 」と表示される。
また、各項目をクリックすると個別に「 permitted 」と「 blocked 」の切り替えが可能。

各タイプはざっくりと以下のような感じ。

None:テレメンタリーのブロック解除

Minimal:プライバシーに関わる項目のみ。

Recommended:OneDriveやCortanaなど Windows 10の便利機能を有効にしたまま、他の通信をブロック。

Full: Windows が行っているテレメトリーを容赦なくブロックするため、OneDriveが起動せず、Bingや Windows Mailも使えず、Cortanaを有効にしていても使い物にならなくなる。

antibeacon040

設定できたら「 Apply(適用) 」をクリックして確定。

antibeacon044

バージョン2.3.0以前では「 Full 」に設定するとテレメトリーは完全に遮断されたのだが、現バージョンではクラウドクリップボードなど有料バージョンでのみ利用可能な項目がある。

antibeacon043

テレメトリーのブロックが有効になる。

主要な項目

Telementry Servies

テレメトリーサービスはデータ収集のプログラム。

Customer Experience Improvements Program

カスタマー エクスペリエンス向上プログラムは、 Windows が収集したシステム構成や Windows コンポーネントのパフォーマンス、イベントに関する統計情報などのファイルを Microsoft に送信する仕組み。

Application Impact Telemetry

アプリケーション関連のデータ収集プログラム。

Steps Recorder

ステップ記録はユーザーがコンピュータで行った動作を記録するもので、キーロガー(キー入力の監視)やスクリーンキャプチャなど複数のツールが含まれており、基本的にはトラブルシューティングなどのユーザー支援に使用される。

WiFi Senser

オープンホットスポットに接続した情報を収集するもの。
これらのデータを収集分析し、「 推奨 」できるホットスポットとしてデータベースに追加するらしい。

Apps use advertising ID

アプリケーションがGoogleの広告配信識別IDを使用するもの。
広告配信識別IDはユーザーの使用しているアプリや使用状況など匿名の情報を持っており、この情報を利用することでユーザーのニーズにあった広告(ターゲティング広告)を配信することが可能になる。

P2P Windows Update outside local network

Windows 10には Windows アップデートを実施する際、端末同士で通信を行うP2P(Peer to Peer)が有効になっており、 Microsoft のサーバではなくアップデートを実施した他のコンピュータからアップデートの受信が可能になっている。
更に「 ローカルネットワーク上のPCとインターネット上のPC 」が有効になっていると、どこの誰かも分からないユーザーのPCからアップデートを受信することになる。

Sensers

Windows に実装されている温度や場所のほか、 Windows 10にはアクティビティセンサー、歩数計、気圧計、近接センサーなどが追加されている。

Handwriting Data Sharing

タブレットなどで使用される手書き認識データは、手書きデータツールの機能向上のため、初期設定でデータが共有設定されており、サンプルが Microsoft に送信されている。

その他の項目については下記の公式サイトを参照。

Spyboy Anti-Beacon 公式ページlink





関連記事

openshell-icon

Open Shell / Classic Shell のインストールと使い方

Windows 10 のスタートメニューを Windows 7 スタイルに変更するユーティリティソフト Open Shell はWindows のスタートメニューを Windows 7 やXPのようなクラシックスタイルに […]

dvdfab-icon

DVDFab UHD Drive Tool のインストールと使い方

特定のUHD BD / BDXL再生ドライブのファームウェアをダウングレードするツール AACS 2.0 で保護されている 4K UHD Blu-ray をリッピングする際には、特定バージョンのファームウェアのドライブが […]

groupy-icon

Stardock Groupy のインストールと使い方

フォルダやアプリをグループ化してタブで切り替えが可能になる作業効率化 ユーティリティソフト Stardock Groupy は ファイルエクスプローラをタブ化するだけでなく、フォルダやアプリをグループ化してタブ切り替えを […]

synergy-icon

Synergy のインストールと使い方

1組のマウスとキーボードが複数の PC で共有できるユーティリティアプリ Synergy は 1組のマウスとキーボードを複数の PC で共有する非常に便利なアプリケーション。 LAN経由で複数のパソコンを1組のキーボード […]

folder-size-icon

Folder Size Explorer のインストールと使い方

フォルダのサイズを表示するファイルエクスプローラ 「 Folder Size Explorer 」はフォルダサイズを表示するスタンドアローンのファイルエクスプローラ。 普段はあまり気にすることもなく必要性も感じないのだが […]





タイトルとURLをコピーしました