Withings Steel HR – スマートウォッチ の設定方法

スポンサーリンク
Reports-icon

心拍数 & アクティビティ・モニター を実装した Withings Steel HR のセットアップ

「 Steel HR 」は「 Withings 」が開発したスマートウォッチ。

Withings (ウィジングズ)はフランスに本社がある、いわゆる「 IoT(Internet of Things) 」のメーカーで、2016年4月にフィンランドが拠点の Nokia が買収を発表。
Nokia は2010年頃まで世界最大の携帯電話メーカーだったが、AppleのiPhoneが台頭して以降、スマートフォンのシェア拡大に苦戦し、2014年に携帯電話事業をMicrosoftに売却している。

Withings を買収した Nokia は、 Withings のブランドを Nokia に変更し、デジタルヘルス分野でコンシュマー向けの市場に復帰したものの、わずか2年後の2018年5月にヘルスケア事業を Withings へ売却することを発表し、 Withings は再び自社ブランドでの製品を展開することになった。

Withings Steel HR 003

で、手元に届いたのが買収から2年足らず、正確には2017年の2月に「 Nokia 」ブランドへの統一が発表されたので、売却までの1年ちょっとの間に生産された「 レア? 」な Nokia のブランドを冠したSteel HR。

Withings Steel HR 004

裏蓋?には「 Nokia Technologies (France) 」と技適マークの刻印がある。

Withings Steel HR 005

Withings の別モデル「 Activité 」にはスイス製という記載があるのだが、このSteel HRの製造国は「 Made in China 」。

ハードウェア要件

Android6.0以降で、Bluetooth Low Energy(BLE)対応のAndroidデバイス。



Steel HRの設定

Steel HRのみだと時計を動かすことすらできないので、取り敢えずSteel HRと同期するためのスマホが必須。

デバイス間の同期にはBluetoothが使用され、セットアップは Withings が提供しているアプリ「 Health Mate 」のインストールから始まる。

Withings Steel HR 006

取説には「 healthapp. Nokia .com 」へアクセスするよう記載されているが、iOSユーザーとAndroidユーザーを振り分けるだけなので、Androidユーザーは直接「 Playストア 」から「 Health Mate 」を入手して問題ない。

Google Playストア link

Withings Steel HR 007

アプリの提供元が「 Withings 」なのを確認してインストール。

インストールした「 Health Mate 」をタップして起動すると「 アカウントの選択 」が表示されるので、選択画面以外のところをタップしキャンセル。

Withings Steel HR 012

セットアップのトップ画面に戻るので「 サインアップ 」をタップ。

「 Health Mate 」がBluetoothの使用を求めてきたら「 許可 」。

Withings Steel HR 013

製品選択画面で「 ウォッチ 」をタップ。

Withings Steel HR 014

持っているモデル「 Steel HR 」をタップ。

Withings Steel HR 015

GPSによる位置情報へのアクセス権限を求めてくるので「 許可 」をタップ。
Androidから再度アクセス許可の確認メッセージが出るので「 許可 」。

Withings Steel HR 018

時計本体のリューズを押す。

Withings Steel HR 019

リューズを押すと時計本体の液晶部分に「 go healthapp. Nokia .com 」と表示される。
※ Withings ブランドの場合は「 go. Withings .com 」。

時計本体を起動したらスマホの画面に戻って「 次へ 」をタップ。

Withings Steel HR 020

スマホのBluetoothがSteel HRを検出したら「 次へ 」。

Withings Steel HR 021

Steel HRとスマホを接続するため「 ペアリング 」をタップ。

Withings Steel HR 022

Steel HRに6桁のPINコードが表示される。

Withings Steel HR 023

スマホに時計本体で表示されたPINコードを入力し、「 PINに文字書き号が含まれる 」「 連絡先と通話履歴へのアクセスを許可する 」は両方共チェック無しで「 OK 」をタップ。

PINコードは一定間隔でランダムに変更されるので要注意。

Withings Steel HR 024

Bluetooth接続が確立したら、続いて「 Health Mate 」の設定をするので「 次へ 」。

Withings Steel HR 025

アカウントの作成は任意のメールアドレスとパスワードを設定し、「 利用規約 」「 プライバシーポリシー 」を確認後、問題なければチェックを入れて「 次へ 」をタップ。

「 Withings からの商業用電子メッセージを受信 」はセールスメールのことなので任意で選択。

steelhr026

氏名・生年月日を入力、性別はアイコンをタップして「 次へ 」。

steelhr027更に身長・体重を入力して「 次へ 」。

steelhr028

「 接続されました! 」と表示されるのは、おそらくHealth Mateのアカウントが作成されたことを意味していると思われる。

続いて時計本体の針を動かすため「 調整 」をタップ。

steelhr029

「 ダイヤルを下にねじって 」という表現がややこしいが、単に画面のダイヤルを時計回りに回すと、Steel HRの短針が動くので、時計本体を見ながら短針を1周させて12時の位置にして「 次へ 」。

行き過ぎたら再度1周させて「 12時 」に合わせればOK。

steelhr030

短針と同様に、今度は長針を1周させて「 0分 」の位置に合わせて「 次へ 」。

steelhr031

アクティビティダイヤルも一周させて「 100% 」に合わせて「 次へ 」。

steelhr032

「 アクティビティダイヤル 」とは時針の下にあるダイヤルで、この後に設定する1日の歩数目標(アクティビティ)を100%として、リアルタイムで進捗確認ができる。

steelhr033

スマホの時刻に同期して時計が動き始める。

steelhr034

続いて「 Health Mate 」で「 アクティビティの目標設定 」「 トレーニング 」「 通知設定 」を行うため「 次へ 」。

steelhr035

質問に答えて「 次へ 」。

steelhr036

スライダーを上下させて1日の目標歩数(アクティビティ)を決めて「 確定する 」をタップ。

steelhr037

アクティビティダイヤルの説明が表示されるので「 次へ 」。

steelhr038

GPSアシストのチュートリアルが始まるので、操作を確認しつつ「 次へ 」で進めていく。

steelhr039

スマホからの通知を受信するには「 有効にする 」をタップ。

steelhr040

「 通知を有効にする 」を「 ON 」にして、「 着信 」「 メッセージ 」 」「 カレンダー 」で有効にする項目を「 ON 」にする。
「 メッセージ 」とは「 SMS 」のことで、メールやLINEはアプリで個別に指定が必要。

steelhr041

「 着信 」の通知を有効にすると許可を求めてくるので「 許可 」をタップ。

steelhr043

Steel HRで「 通知 」を受信したいアプリを個別に有効化する。

steelhr044

アプリの通知受信を有効化すると、初回のみ「 通知へのアクセス許可 」を求めてくるので「 続行 」。

steelhr045

「 通知へのアクセス 」設定画面で「 Health Mate 」を有効化すると、Androidから「 通知へのアクセス許可 」の確認画面が出るので「 許可 」。
「 通知へのアクセス 」にある左上の「 ← 」で通知の設定画面に戻り、HangoutやWhatsApp、LINEなど通知を受け取るアプリをすべて有効化する。

steelhr046

「 始めましょう 」をタップすればセットアップ完了。

Steel HRのリセット方法

Steel HRの時計本体を工場出荷状態にリセットは、時計のリューズを操作して行う。
本体のリセットを実行しても、スマホに同期したデータが消えることはなく、再度ペアリングを行うことで、リセット前の状態に戻すことができる。

Withings Steel HR 048時計本体のリューズを5~6秒長押しして「 FACTORY RESET 」が表示されたら、一度リューズを戻してから、更に1秒ほど長押しして「 RESET IN 5 CLICKS 」を表示させる。

Withings Steel HR 049

「 RESET IN 5 CLICKS 」が表示されてからリューズを押すと、カウントダウンが始まるので5回押す。

Withings Steel HR 050

「 RESET 」と表示されたらSteer HR本体が初期化され、工場出荷状態になる。

ただし、Steel HRとスマホの接続を解除するには、更に「 Health Mate 」の「 デバイス 」から「 Steel HR 」を解除する必要がある。

bag-icon

Withings Steel HRのレビュー

心拍数 & アクティビティ・モニターを実装したスマートウォッチ 2018/11/26 以前から気にはなっていたものの、今ひとつ物欲が掻き立てられなかったのがスマートウォッチ。 日常的にスポーツをしているわけでもな […]





レポート

パスワードの管理 – Password Manage

パスワードの管理方法 と 漏洩 リスク 本人認証をする上で最も使用されている方法が ログイン ID と パスワード の入力。 最も原始的な パスワード 解析は、ユーザーIDと パスワード の組み合わせを一つずつ試していく […]

Reports-icon

Essential Phone 3度目のメジャーバージョンアップ

Essential Phone  が Andoroid 10 へ バージョンアップ 2019年9月3日に「Pixel」向けに配信が開始された Andoroid 10。 今回のバージョンアップからコードネームはお […]

Reports-icon

Googleがやらかしたコアアップデートの影響

5ヶ月間で3度のコアアップデートによりトラフィックが半減 Googleの検索アルゴリズムは毎日のように更新されており、年に数回の激震が走るのだが、サイトのトラフィックが近年 稀に見る悲惨な数値になっている (;´д`)ト […]

Microsoft-OneDrive-icon

OneDriveの黒歴史

OneDriveが断行してきた改悪と幻の容量無制限 先日Dropboxの無料プランで利用できるデバイスが3台までに制限され、有料プランDropbox Plusが機能強化と同時に値上げされた。 ただ、この程度の変更はOne […]

okayado_icon_80

ココナラでイラスト作成を依頼

姉妹サイト「オカヤドカリ飼ってます。」のアイコンをココナラで作成依頼 まだ MacのLC575を使っていた頃、イラストレーターをしていた知人に「どうしたら絵が書けるのか?」と訊ねたところ、「絵が上手いと思い込んで書き続け […]