Free Download Managerのインストールと使い方

インターネットが爆発的に普及しだした2000年前後は、画像・動画・アプリケーションなどがウェブ上から入手できるようになったものの、ナローバンドからブロードバンドへの過渡期でもあり、ダウンロードの速度は悩みの種だった。

この頃に人気を博したのがダウンロードを高速化するだけでなく、サイト全体や特定のページをダウンロードしたり、拡張子を指定してダウンロードするHTMLスパイダーなどの機能を持った「ダウンローダー」と呼ばれるソフトウェア。

ナローバンド時代はダウンロードにかかる時間が長いため、途中で回線が切断されてダウンロードが失敗するなんてことは日常茶飯だったが、ダウンローダーには失敗したダウンロードの再開機能のほか、ダウンロードのスケジュールも設定できるものが多く、24時間稼働でダウンロードすることも可能になり、当時の環境ではPCライフを大きく改善するアプリケーションだった。

Free Download Managerもダウンローダー全盛期に登場したフリーソフトで、一時はセットアップ時に「Software Informer」などのマルウェアやアドウェアのインストール選択項目があったのだが、現在はGPLライセンスに基づいた無料のオープンソースのソフトウェアになっている。

ブロードバンドで通信速度は飛躍的に向上したが、取り扱うコンテンツのサイズも肥大化しており、Free Download Managerを使用するメリットは健在。
また、Free Download ManagerはBitTorrentに対応しているので、BitTorrentでのダウンロードも可能になる。

システム要件

バージョン5.1.28.6375現在

OS:Windows 7以降(32bit & 64bit)
※バージョン3.9.7の利用でWindows XP・Vistaにも対応

ソフトの入手先

Free Download Manager ダウンロードページ



BitTorrentとは
ダウンロードページで見かける「BitTorrent」とは、P2P(Peer to Peer)を使用するファイル転送用の通信規約(プロトコル)。
なんのことだか分かりにくいが、通常はファイルをダウンロードする際は、自分のPC(クライアント)からファイルが保存それているサーバにアクセスするのに対し、P2Pはネットワークに接続されたPC間でファイルの転送を行う。

例えばファイルをメールで送る場合、メールは一旦サーバに届き、受信側がサーバにアクセスしてファイルを受け取るが、P2Pの場合はサーバを介せず相手のPCを直接呼び出してファイルの転送を可能にする。

P2Pで有名なのはWinnyやWinMX、Cabosなどのファイル共有ソフトで、これらのソフトを使用すると共有フォルダ内のファイルが公開状態となり、P2Pのネットワークに加入していれば誰でもアクセスできるようになる。
そのため2004年にはWinny上でマルウェアの感染が流行し、企業や官公庁なども含め、PC内に保存してある非共有のデータがWinny上に流出するという事態に発展した。

BitTorrentもWinnyと似ているが、BitTorrentを利用したユーザーはダウンロードするファイルの一部を、ネットワークに加入している複数のユーザー(ピア)から受け取り、ダウンロードしたファイルの一部を提供するという仕組みになっている。
また、BitTorrentはファイルをダウンロードする際、はじめにトラッカー(ピアの接続情報を提供するサーバ)にアクセスする「.torrent」という拡張子のファイルをダウンロードし、トラッカーからPeer(ピア)の情報を受け取って本体のダウンロードが開始する。

BitTorrentもファイル共有の性質があるため、Winnyなどと同様の使い方が可能で、公開されているトラッカーの一覧サイトなどでは違法ファイルも多く、マルウェア感染のリスクもあるので、利用する場合はネットリテラシーと良識が必要。
ただ、「BitTorrent=違法行為」というわけではなく、LibreOfficeやGimpなどのフリーソフトではBitTorrentで配布されているものもある。

ナイフが凶器に使用されると「ナイフを規制しろ!」となるのに、凶器が包丁だと「包丁を無くせ!」とはならない矛盾と同じで、自分が使用しないものに関しては極論を持ち出して糾弾する人が多いものの、ツールに罪はなく使う側の問題だったりする。

Free Download Managerのインストール

2017年6月時点の現行バージョンは2017年3月に公開された5.1.27が最新の安定版。
セットアップウィザードは英語表記のみだが、インストール後は日本語化されており、アドウェアなどのインストールがないので、セットアップ時に注意すべき点は特に無い。

ダウンロードページからインストールするPCの環境に合わせて、32ビットもしくは64ビットインストーラーをダウンロードする。
32bit版は「Free Download 32-bit」のボタンを、64bitは「Download 64-bit version」のリンクをクリック。

Windows XPやVistaで使用する場合は下段のバージョン3.9.7を利用。

ダウンロードしたインストーラーを起動するとセキュリティ警告が出るので「実行」。

セットアップセットアップウィザードが開始するので「Next」をクリック。

インストール先の指定。
特にこだわりがなければデフォルトのまま「Next」。

スタートメニューのショートカット作成もデフォルトのまま「Next」。

追加タスクは上から「デスクトップにショートカットを作成」「タスクバーにクイックランチアイコンの作成」「.torrentファイルの関連付け」「マグネットリンクの関連付け」。
必要な項目にチェックを入れる。

BitTorrentを使用しないのであれば「Associate with .torrent files」とAssociate with magnet links」のチェックは外しておく。

インストールの準備ができなので最終確認をして「Install」をクリック。

セットアップが終了するとFree Download Manager(FDM)起動し、FDMのウェブサイトが開くので、サイトは閉じておく。

Google Chromeがインストールされている環境では、ChromeにFDMの拡張機能を追加するか訊いてくるので、追加する場合は「はい」をクリック。

Chromeのモニタリング機能は、Chromeでファイルをダウンロードする際、自動的にFDMが起動してダウンロードするもので、ダウンロードの度にFDMを起動する必要が無いので結構便利。

Chromeのモニタリングに成功したというメッセージが出るので「OK」をクリックすると、ChromeウェブストアのFDMの拡張機能が開く。

「Chromeに追加」をクリック。

権限を確認して「拡張機能を追加」をクリックして完了。

ChromeにFDMの拡張機能が追加される。

FirefoxやIEの場合はFDMインストール後に設定する。

使用方法

基本的な使い方はFDMにダウンロードURLを貼り付けるのだが、ダウンロードボタンのURLがファイルへの直接リンクでないものが多いため、ブラウザの拡張機能やアドオンを有効にすることを推奨。

FDMの使い勝手が良いのは、有料コンテンツなどをダウンロードする際、ダウンロードに失敗しても無料で再ダウンロードが可能なこと。
具体的にはロシアのMP3のダウンロードサイトでアルバムを購入する場合、ダウンロードボタンをクリックするとチャージしてある残金から差し引かれる仕組みのため、ダウンロードに失敗して再ダウンロードすると課金されてしまうが、FDMならダウンロードURLを記憶しているので再ダウンロードが可能になったりする。

FDMの基本設定

ブラウザとの連携やダウンロード・アップロードの速度などは設定メニューで調整する。

FDMを起動後、右上の「三」から「設定」を選択。

微妙に中華っぽいフォントになっているが、気にせず各項目を確認していく。

デフォルトのダウンロードフォルダはWindowsの「ダウンロード」フォルダになっているので、Windowsのダウンロードフォルダを他のドライブへ移動していなければ、Cドライブにファイルをダウンロードすることになるため、Cドライブ以外のドライブが選択可能なら、リスクヘッジとしてダウンロードフォルダは別ドライブへの作成を推奨。

Chromeはセットアップ時に拡張機能を追加していれば、予めチェックが入っている。

FirefoxやIEを利用する場合は、それぞれチェックを入れる。

Firefoxにチェックを入れた後、Firefoxを起動するとアドオンのインストール確認が表示されるので、「このインストールを許可する」にチェックを入れて「次へ」をクリックするとFDMとの連携が完了する。

IEの場合もブラウザ起動時にメッセージが出るので「有効にする」をクリックすればOK。

この作業をするとブラウザから普通にダウンロードする際、FDMが自動起動するようになる。

その他の項目は基本的にデフォルトのままで特に問題ない。

ダウンロード

ブラウザとの連携設定をした場合は特別な操作は不要で、普通にブラウザでファイルをダウンロードすれば、自動的にFDMが起動する。

ブラウザの「ファイルを保存」ではなく、FDMのウインドウが開くので、ダウンロード先を確認して「ダウンロード」をクリックするだけ。

「設定」でデフォルトのままであれば、「キャンセル」をクリックするとブラウザを使用した通常ダウンロードが開始する。
この設定はダウンローダーを使用してのダウンロードを拒絶するサイトに対応したもので、ブラウザを使用した通常ダウンロードへの移行がスムーズになる。

ダウンロードが開始すると「詳細」ではダウンロードの進捗の他、ファイルサイズやダウンロード速度が確認できる。

「進捗状況」ではダウンロードの進捗が視覚的にで確認できる。

進捗状況を見ても分かる通り、FDMは1つのファイルを複数の断片にしてダウンロードしており、理論的には接続数が増えるほどダウンロード速度が向上する。

「ログ」ではFDMの処理が確認できる。

ダウンロード開始後から接続した回線数が増え、それに比例してダウンロードが早まっていくのが分かる。

ダウンロードのトラフィックは通常「高い」で処理され、「設定」がデフォルトの状態であれば「ダウンロード速度」は「無制限」、「接続の最大数」は「200」、「同時ダウンロードの最大数」は「12」になっており、トラフィック(通信量)を最大限に使用してダウンロードする。
ただし、多くのサーバは負荷を軽減するため接続数に制限があり、FDMは設定値で実行するわけではなく、設定値内で自動調整を行う。

また、「高い」の状態でダウンロードしながらウェブサイトの閲覧やネットゲームなどをすると、トラフィックが不足して遅延が発生する可能性があり、状況に応じて「標準」や「低い」でFDMが使用するトラフィックに制限をかける必要がある。

「手動」を選択すると「ダウンロード速度」と「アップロード速度」の設定が任意で行える。

「アップロード速度」はBitTorrentを使用する場合のもので、BitTorrentを使わなければ関係はない。

「カタツムリ」をクリックすると「カタツムリモード」になる。
「カタツムリモード」はダウンロード速度を「2KB/秒」に制限し、接続数も1回線になり、ダウンロード停止に近い状態でダウンロードを続行するもので、カタツムリに申し訳ないほどダウンロードは遅くなるが、その分トラフィックが開放されるので、状況に応じて利用すると便利かも。

ダウンロードが失敗した場合は、上部ペインのリストから失敗したファイルにチェックを入れ、コンテキストメニュー(右クリックメニュー)から「やり直し」を選択すると、ダウンロードが再実行される。

ファイルのダウンロード時に開くFDMのウインドウにある「スケジュール」にチェックを入れると、ダウンロードを実行する時間設定が可能になる。
時間はドロップダウンリストから選択できるが、直接入力も可能なので1分単位で設定できる。

設定は曜日と時間で、From~Toの間でダウンロードを実行し、設定時間外は一時停止で待機状態になるが、PCが起動していることが大前提で、スケジュール設定中はスリープモードにはならない。

スケジュールが設定されるとリストに時計のアイコンが表示される。

複数のファイルをリストに追加した場合、ダウンロードの優先順位を設定することができる。
優先順位は「高い」「標準」「低い」の3種類で、リストからファイルを選択し、コンテキストメニューの「設定された優先度」から指定する。

優先度を設定した場合、同時にダウンロードを開始すると明らかな差がでるので、意外と便利な機能だったりする。

リスト内のファイルを選択し、上部のゴミ箱アイコンをクリックすると、「ファイルを削除」と「リストから削除」2択のダイアログが表示される。

「ファイルを削除」は文字通り、ダウンロードしたファイルを削除するものなので注意が必要だが、削除されたファイルはゴミ箱に移動しているだけなので復元は可能。

「リストから削除」はダウンロードしたファイルを残したままリストから削除するもので、リストから削除してしまうと復元できず、ファイルの再ダウンロードは不可能なので要注意。

「ファイルを削除」と「リストから削除」はコンテキストメニューからも実行できるが、コンテキストメニューでは「ファイルを削除」が「Delete Files」と表記されている。

BitTorrent

BitTorrentを利用する場合も、ブラウザと連携していれば、通常のダウンロードと同じ要領でファイルをダウンロードできる。

高機能フォトレタッチソフト「Gimp」のダウンロードページには通常ダウンロードのほかに「via BitTorrent」とBitTorrent経由でのダウンロードリンクがある。

ブラウザとFDMが連携した状態で「via BitTorrent」のボタンをクリックすると、FDMがBitTorrentを認識してダウンロードウインドウが開くので、通常ダウンロードと同様に「ダウンロード」をクリックするだけ。

ダウンロードが開始すると「詳細」にファイルの情報のほか、「シェア比」や「ピア」「ノード」などBitTorrent特有の情報が表示される。

「DHTノード」は認識しているピアの数で、「ピア」は実際に接続してファイルをダウンロードしているピアの数を表示している。

BitTorrentには「トラッカー」という「ピア」の情報を提供する元締めがあり、torrentファイルからトラッカーにアクセスしてピアの情報を取得後、他のピアからファイルの断片をダウンロードする一方、ダウンロードしたファイルを他のピアにアップロードし、ダウンロードが完了するとアップロード専用の「シーダー」になる。

「シェア比」とはピアの受信量と送信量の比率で、BitTorrentでは受信量と同じ送信量(シェア比 1以上)になるまでシーダーとしてファイルを提供することが推奨されている

FDMではデフォルトで「シード」が有効になっているので、BitTorrentでファイルをダウンロード後、しばらくすると「詳細」の「有効シード数」の箇所で数値が動き始め、シーダートしてファイルのアップロードが開始する。

シーダートしての機能を無効にする場合は、「詳細」の「有効シード数」のチェックを外すだけ。
リストからファイルを選択後、コンテキストメニューの「シードを有効」をクリックしてチェックを外しても同じ。

また、リストからファイルを削除したり、ダウンロードしたファイルを移動、削除してもシーダートしての機能が失われる。

ダウンロード速度について

BitTorrentはダウンロード速度が早いのかと言えば、GimpやLibreOfficeでテストした結果、いずれもFDMで通常ダウンロードしたほうが断然早かった。

ファイルサイズ213MBのLibreOfficeをダウンロードした場合
BitTorrent:約44秒
FDMの通常ダウンロード:約20秒
ブラウザの通常ダウンロード:約21秒

FDMの通常ダウンロードとブラウザのダウンロードも僅差だが、BitTorrentは明らかに遅い。
その上、BitTorrentのマナーを守ろうとすれば、ダウンロード後も結構、長い期間シーダーとしてファイルを提供する必要がある。
ちなみにLibreOfficeの場合、ダウンロード後の1時間でアップロードしたファイルサイズは1MB、シェア比は0.5%しか消化できていない。

通常ダウンロードで提供されているものであれば、BitTorrentを使用するメリットは皆無に近いというのが率直な感想だが、環境にも左右されるのでダウンロードの一手段としては有効かも。

YouTubeからのダウンロード

Freemake Video Downloaderほど多機能ではないが、Free Download ManagerもYouTubeの動画ダウンロード機能を実装している。

動画をダウンロードするには、対象の動画を開いた状態でアドレスバーのURLをコピー。

FDMを開いてペーストすると、クリップボードの情報を認識して、ダウンロードのダイアログが表示されるので「OK」をクリック。

対象の動画を認識するので「品質」を選択して「ダウンロード」をクリック。

FDMでは保護されているコンテンツもダウンロードできるため、使用の際には注意が必要。

Caution
保護されている動画をダウンロードすると、著作権法30条で定められている「技術的保護手段の回避」に該当するため違法。
更に2012年10月施行の改正著作権法により、保護がかかっていなくても「著作権を侵害している違法ファイルを、違法なものであると知りながらダウンロードする行為」が禁じられ、親告罪ではあるが罰則が適用されるようになった。





ツール系ユーティリティソフト

Spybot Anti-Beaconのインストールと使い方

Windows10はユーザーの情報を収集することで、能動的にユーザーが欲している情報を提案するような環境を目指しているお … “Spybot Anti-Beaconのインストールと使い方” の続きを読む

Synergyのインストールと使い方

Synergyは1組のマウスとキーボードを複数のPCで共有する非常に便利なアプリケーション。 LAN経由で複数のパソコン … “Synergyのインストールと使い方” の続きを読む

Synergy2のインストールと使い方

Synergyがバージョン2.0になって大きく進化した。 ただし現バージョン2.0.9では、クライアント側にカーソルが位 … “Synergy2のインストールと使い方” の続きを読む

FileZillaのインストールと使い方

FileZilla ClientはオープンソースのFTPクライアントソフト。 セットアップウィザードは英語だが、ソフト自 … “FileZillaのインストールと使い方” の続きを読む

FileASSASSINのインストールと使い方

FileASSASSINはエクスプローラやシステムによってロックされているファイルのロックを強制的に解除する無料のユーテ … “FileASSASSINのインストールと使い方” の続きを読む





Freemake Video Downloaderのインストールと使い方

Freemake Video DownloaderはYouTube、ニコニコ動画、Veoh、FC2など一般動画のほか、xVideoやpornhubなど海外のムフフな動画もダウンロードできる、強力なダウンローダー。

バージョン2.0.xの頃はインストール時に他のアプリのインストールもなく、ビギナーに優しいフリーソフトだったのだが、最新のバージョン3.8.0では無関係のアプリや、Freemakeの広告をランダムに表示するプログラム、アンチウイルスソフトでブロックされるようなDLLなどがインストールされるようになり、胡散臭さが醸し出されるようになった。

また、Freemake Video Downloaderは一般的なダウンローダーでは落とせない、プロテクトのかかってるコンテンツもダウンロードできるため、使用の際には注意が必要。

Caution
保護されている動画をダウンロードすると、著作権法30条で定められている「技術的保護手段の回避」に該当するため違法。
更に2012年10月施行の改正著作権法により、保護がかかっていなくても「著作権を侵害している違法ファイルを、違法なものであると知りながらダウンロードする行為」が禁じられ、親告罪ではあるが罰則が適用されるようになった。

システム要件

バージョン3.8.0現在

Freemake Video Downloderにはシステム要件の記載がOSのバージョンのみなのだが、Microsoftの .NET Framework4.5を使用するため、「 .NET Framework4.5」のシステム要件を満たしておく必要がある。

OS:WindowsXP(SP3) 以降
CPU:Intel / AMD 1GHz以上のPC互換機
RAM:512MB以上
HDD:4.5GB以上の空き容量
※Microsoftの .NET Framework4.5が必須

ソフトの入手先

Freemake Video Downloder 公式ダウンロードページlink



Freemake Video Downloaderのインストール

セットアップウィザードは日本語に対応しているが、インストーラーを起動するとPanda Free AntivirusがPUP(怪しいプログラム)として自動削除するようになった。

ダウンロードページにある「ダウンロード」をクリックすると、ページが切り替わり「Video Downloader」のインストーラーのダウンロードが開始する。

ご丁寧にダウンロードしたインストーラを起動するところまで誘導してくれる。

インストーラーを起動したらブラウザは閉じてOK。

インストーラーを起動するとセキュリティ警告がでるので「実行」。
次に言語選択がでるので「日本語」のまま「OK」。

セットアップが開始。
「障害レポートの自動送信」はチェックを外しておく。

コンポーネントの選択では必ず「カスタムインストール」を選択
「デスクトップ上にアイコン。。」は任意でOK。

.Net Framework4.0(以降)がインストールされていない環境のみ、「.Net Framework4.0をインストールする」の項目が表示されるのだが、現行のバージョンが4.5になっているためなのか、自動インストールの.Net Framework4.0はセットアップウィザードが停止する現象を確認したのでチェックは外しておく

インストール先は特にこだわりがなければデフォルトでOK。

「追加ソフトのインストール」と表示されている通り、Video Downloaderとは無関係なソフトのインストール設定。

基本的に不要なので「インストールの同意」という文言のある部分のチェックを外す

ここで表示されるアプリはランダムで変更され、表示が1回の場合もあれば複数回のときもあるので要注意。

インストール時にPanda Antivirusのバージョン16では「Fusion.dll」が「Infected(感染)」として検出され、PC再起動時に削除された。
ただ、同じPanda Antivirusのバージョン15では検出されず、念のためトレンドマイクロのオンラインスキャンも実行してみたが脅威は検出されなかったので、Panda Antivirusバージョン16の誤検出の可能性が高いものの、同ファイルが削除された環境でもFreemake Video Downloderは動作する。

これでセットアップ完了。

.Net Framework4.0がインストールされていない環境で「完了」をクリックするとエラーメッセージが表示されるので「OK」。

ブラウザが開いてFreemakeのページが表示されるので、「.Net Framewok 4.5 Client profile」のリンクをクリック。

Microsoftのサイトへ移動して「.Net Framewok 4.5 」のダウンロードページになるので、言語選択で「Japanese」を選択。

日本語に切り替わるので「ダウンロード」をクリック。

推奨ダウンロードは無視して「次へ」をクリックするとインストーラーのダウンロードが開始。

ダウンロードしたインストーラーを起動したらセキュリティ警告がでるので「実行」。

EULA(エンドユーザーライセンス)を確認して、問題なければ「同意する」にチェックをいれてから「インストール」をクリック。

インストールには少々時間がかかる。

「.Net Framewok 4.5 」のインストールが完了したら「完了」をクリックして終了。

Freemakeの製品にはインストール時に自社の製品をアピールするアドウェアのような常駐プログラムがインストールされるため、全てのインストールが完了したら最後に「AdwCleaner」の実行を推奨。

AdwCleaner のインストールと使い方

AdwCleanerはアドウェアとハイジャッカーの駆除に特化したフリーソフト。 インストールが必要なく、ダウンロードした … “AdwCleaner のインストールと使い方” の続きを読む

使用方法

基本操作はダウンロードしたい動画のURLをコピーしてFreemake Video Downloderに貼り付けるだけ。
現在のバージョンではダウンロードした動画の冒頭と末尾にFreemakeのロゴが挿入され、有料のPremium Packを購入することでロゴを削除できる他、オンラインストレージへの保存やエンコード機能を追加できる。

メイン画面はシンプルなのだが、起動直後、中央に表示される「インストール」はFreemakeが提供する他のアプリだったり、有料のプレミアムパックなので、クリックしないよう要注意。

メイン画面の左下にある「オプション」では各種設定が可能。

「一般的なオプション」のデフォルト設定で「ポップアップを開く」「Video Grab Proを使用する」にチェックが入っている。

インストール後に「AdwCleaner」を実行しないとタスクトレイの上にポップアップ広告がランダムに表示されるが、「オプション」の「ポップアップを開く」のチェックを外すことで非表示にすることができる。
ただし、ポップアップのプログラムはFreemake Video Downloder本体をアンインストールしても削除されないため、「AdwCleaner」の実行を推奨。

「Video Grab Pro」は、2013年にDDos攻撃を実行するウイルスが発見された人気の動画ダウンローダー「Orbit Downloader」のコアコンポーネント。

「Orbit Downloader」そのものは2014年に開発が停止しており、Freemake Video Downloaderに実装されている「Video Grab Pro」も同時期のものだと思われる。
一部、過去のバージョンで「Video Grab Pro」をONにするとニコニコ動画のダウンロード時にエラーが発生していたようだが、現バージョン(3.8.0)では「Video Grab Proを使用する」にチェックが入っていても問題なくダウンロードできる。

当たり前だがFreemake Video Downloaderが実装している「Video Grab Pro」にウイルスは仕組まれていないのだが、使用に抵抗があるようならチェックを外しておく。
「Video Grab Pro」がオフの状態でもYouTubeやニコニコ動画など、Freemake Video Downloaderがサポートしているサイトであればダウンロードに支障はない。

「接続」タブは有料のプレミアムパック購入時のみ変更可能で、無料の場合のダウンロード速度は4Mbps固定になる。

サポートされているサイトはメニューバーの「ヘルプ」から確認できる。
YouTubeやニコニコ動画の他に「Hulu」の表記もあるが、残念ながらHuluの動画はダウンロード不可。

動画をダウンロードするには、対象の動画を開いてブラウザのアドレスバーに表示されているURLを選択してコピー(Ctrl + C)する。

URLをコピーしたら、Freemake Video Downloderの「URLを貼り付ける」をクリック。

動画を認識すると、ダウンロード可能なファイルフォーマットが表示される。
ファイルフォーマットは品質順に表示され、一番上にあるものが最高品質。

「アクションの選択」では「動画ダウンロード」と「オリジナルオーディオ」のみ選択可能で、現バージョンでの「動画変換」は有料のプレミアムパックが必要。

オリジナルオーディオは動画ファイルから音声部分の抽出が可能な場合にのみ表示され、FLVなど一部のファイルでは表示されない。
音声ファイルはMP3かAACが主流で、MP3の場合はMP3ファイル、AACの場合はM4Aファイルで保存される。
ただし、無償版では動画からオリジナルオーディオをダウンロードする場合に3分という上限が設けられているので、無償版ではあまり実用性がない。

ダウンロードの「品質」と「アクション」を選択し、ファイルの保存先を確認したら「ダウンロード」をクリック。
無料バージョンだと「Freemakeのブランドは、動画の最初と最後に追加されます」というメッセージがでるので「続ける」をクリックでダウンロードが開始。

「ブランドを削除する」を選ぶとプレミアムパックの購入ページが開く。

ダウンロードしたファイルには上図のブランド表示が追加される。

バージョン2.x.xのときにはブランドの挿入など無かったのだが、これもフリーソフトの宿命なので仕方ない。

ブランド表示を回避する裏技としては、YouTubeのみ「チャンネル」のURLをFreemake Video Downloderに貼り付ける方法がある。

「チャンネル」の「ホーム」もしくは「動画」のページを開いてURLをコピーしてFreemake Video Downloderに貼り付ける。

読み込みに少々時間がかかるが、ページに表示されている動画が一覧で表示されるので、ダウンロードしたい動画にチェックを入れる。

「品質」や「アクション」は一括指定なので任意で選択して「ダウンロード」をクリック。

指定した動画がブランドロゴ無しでダウンロードされる。

ニコニコ動画も同様の手順でダウンロードが可能だが、YouTubeのように一括ダウンロードは不可。

ニコニコ動画にログインしていない状態でダウンロードを開始するとログインを求められる。

ワンクリックダウンロード

ダウンロードするファイル形式やパラメータ、ダウンロード先などが決めっている場合は、「ワンクリックダウンロードモード」を「ON」にすると手間が省ける。

「ワンクリックでダウンロードモード」のボタンをクリックすると「ON」になる。

設定するのはダウンロードファイルの「品質」「種類」「保存先」の3項目。
それぞれの項目をクリックするとドロップダウンリストが表示される。

品質は3段階で、「最高品質」はダウンロード可能な最高の解像度、「最小サイズ」は文字通りダウンロード可能な最小サイズのファイルをダウンロードする。
「最適なパラメーター」を選択するとHD画質のファイルであっても640×360前後の解像度でのダウンロードになる。

「then」では設定画面の「アクション選択」と同様の設定が可能で、王冠マークは有料のプレミアムパック。
「iPad / iPhoneに変換する」「Androidに変換する」「iPad / iPad2」「PSPに変換する」「3GPに変換する」は、いずれも解像度、ビットレートが下がるため、オリジナルに比べ画質は劣化する。

「WMV」や「MKV」へのエンコードはオリジナルの設定で変換可能だが、汎用性に問題があるので、普通に「ダウンロード」を選択してオリジナルの動画をダウンロードし、必要であればXMedia RecodeFreemake Video Converterでのエンコードを推奨。

最後にダウンロード先を指定すれば設定完了。

終了する際に毎回表示されるプレミアムパックの購入画面は、MicrosoftがWindows10の時にやらかした「キャンセル」という選択肢がない仕様なので、無慈悲に右上の「X」で閉じればOK。

有償のプレミアムパッケージの購入を検討する場合、支払いが自動更新になっており、Freemakeのサイトには自動更新をキャンセルするページがないのが非常に厄介
PayPalで支払えばPayPalの管理ページから自動更新をキャンセルできるので、プレミアムパッケージ購入はクレジットカードではなく、PayPalの利用を推奨。

PayPal利用の薦め

PayPalは米国発祥の決済代行サービスで、国際部門はシンガポール法人が拠点になっている。 最近は様々な決済手段が横行し … “PayPal利用の薦め” の続きを読む





エンコーダー

DVDFab11 Video Converter(動画変換)のインストールと使い方

DVDFab11 Video Converter(動画変換)は操作や設定が簡素化されたエンコーダーアプリ。 DVDFab … “DVDFab11 Video Converter(動画変換)のインストールと使い方” の続きを読む

WonderFox DVD Video Converterのインストールと使い方

WonderFox DVD Video ConverterはWonderFoxがリリースしているDVDリッピングソフト「 … “WonderFox DVD Video Converterのインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab DRM除去 for Appleのインストールと使い方

Appleが展開しているiTunesストアでコンテンツを購入したり、定額制のApple Musicを利用している場合、コ … “DVDFab DRM除去 for Appleのインストールと使い方” の続きを読む

HandBrakeのインストールと使い方

HandBrakeは手軽にMP4またはMKVファイルに変換できるエンコーダーで、保護のかかっていないDVDやBlu-ra … “HandBrakeのインストールと使い方” の続きを読む

WonderFox HD Video Converter Factory Pro(HD動画変換プロ)のインストールと使い方

HD Video Converter Factory Pro(WonderFox HD動画変換プロ)は、WonderFo … “WonderFox HD Video Converter Factory Pro(HD動画変換プロ)のインストールと使い方” の続きを読む