CleverGet スクリーンレコーダー のインストールと使い方

CleverGet-032

CleverGet スクリーンレコーダー の特徴

  • ストリーミング配信されている動画をフルスクリーンで録画
  • ニュースやライブ配信などダウンロードできない動画も保存可能
  • オーバーレイが表示されない専用プレーヤーを使用
  • CleverGetダウンロード の補完に最適

CleverGet スクリーンレコーダーは画面キャプチャのため、録画中は1倍速で再生する必要があり、広告や通信環境による再生への影響は回避できない。

開発元

  • 開発元:Leawo Software
  • 開発元の拠点:中国
中国国内での企業名は Shenzhen Moyea Software 。

ダウンロード

無料でダウンロードできるが、試用版には録画画面にウォーターマークが入る。

違法性

日本の著作権法では 私的使用の複製は認められているが 技術的保護手段の回避 が禁止されているため、個人使用であっても、電子的方法や磁気的方法 など、人が知覚できない方法で保護されたコンテンツの複製は著作権法に抵触する。

システム要件

  • バージョン:16.0.0.0
  • OS:Windows  7/ 8.x/ 10/ 11
  • CPU:Intel / AMD 1GHz 以上
  • RAM:1GB以上 推奨
  • グラフィックス :  NVIDIA GeForce GTX 260 以降

ダウンロードする動画のフォーマット

  • ファイル形式:MP4/ MKV
  • ビデオコーデック:H.264/ AVC
動画の最大解像度は使用するモニタに依存。

インストール

CleverGet ScreenRecorder 009

公式サイト の「無料ダウンロード」をクリックして CleverGet のインストーラーをダウンロード。

CleverGet-002

ダウンロードしたインストーラーを起動し、ユーザーアカウント制御のプロンプトが表示されたら「はい」で許可。

CleverGet-10.0.0.2-002

ライセンス契約に同意する をクリックして使用許諾書を確認し、問題なければ「インストール」をクリック。

CleverGet-10.0.0.2-003

インストールが完了したら「無料体験」。

CleverGet-v8-011

試用する場合は「次へ」。

CleverGet-006

ガイドを確認する場合は「スタート」、不要なら「スキップ」。

CleverGet-10.0.0.2-004

CleverGetが利用可能になる。

CleverGet-10.1.0-009

起動時に 登録センター が 表示されるので「X」で閉じる。

CleverGet スクリーンレコーダー の使い方

CleverGet ScreenRecorder 001

CleverGet ScreenRecorder 002

CleverGetを開き、アドレスバーに録画するストリーミング動画サイトの URLを入力するか、ホームのアイコンをクリック。

CleverGet ScreenRecorder 004

CleverGet ScreenRecorder 005

録画する番組を CleverGet内でフルスクリーン表示し、ツールバーの「REC」をクリック。

一時停止が可能であれば一時停止状態にしておく。

CleverGet ScreenRecorder 006

ダイアログが表示されたら「継続」。

CleverGet ScreenRecorder 007

CleverGet ScreenRecorder 008

設定画面が開くので、ファイル形式や保存先、解像度などを設定して「録画開始」。

一時停止にしている場合は「録画開始」後のカウントダウン中に再生を開始。

CleverGet ScreenRecorder 013

CleverGetのホーム画面が閉じて録画画面が開き、録画を開始する。

CleverGet ScreenRecorder 014

CleverGet ScreenRecorder 015

CleverGet ScreenRecorder 016

録画画面で録画の停止/ 再開 の操作も可能で、録画が完了したら右上の「✕」で画面を閉じると CleverGetのホーム画面が表示される。

CleverGet ScreenRecorder 017

録画したタイトルは ライブラリ の「録画した動画」に表示される。

録画画面が表示されない場合

CleverGetのバージョン 14.0 では、CleverGet スクリーンレコーダーをアクティベート後に録画画面が開かない不具合を確認している。

CleverGet ScreenRecorder 018

CleverGet ScreenRecorder 019

不具合の対処法は、CleverGetのコンテキストメニューから ファイルの場所を開く を選択し、フォルダ内にある offset.ini ファイルを削除し、CleverGetを再起動する。

バグはバージョン 15.0 で修正予定。

購入方法

CleverGet スクリーンレコーダー には 永続ライセンス版サブスクリプション版(1年間)が提供されており、サブスクリプション版は購入時に自動更新をキャンセルできる。

CleverGet ScreenRecorder 010

公式サイト の「購入する」をクリック。

CleverGet ScreenRecorder 011

購入するプランの「今すぐ購入」をクリックして 購入手続きに進み、クレジットカードで決済後、ライセンスキーを取得するための URLが記載された注文確認メールが届くので、メッセージのリンクからライセンスキーを取得する。

無期限版はセールになっていることがあるので キャンペーンページ を確認。

ライセンスの登録

CleverGet-012

ライセンスコードを取得したら、起動時に表示される 登録センター に取得したライセンスコードを入力し、矢印アイコンをクリックして認証。

サブスクリプションのキャンセル

サブスクリプション版の自動更新は 2Checkoutの管理画面から設定する。

関連記事