CPU-Z for Windows のインストールと使い方

cpuz

CPU・メモリ・マザーボードなどのハードウェア情報表示 ツール

CPU-Z は フランスに拠点のあるソフトウェアベンダー CPUID が開発している ハードウェア検出アプリで、プロセッサのステッピング やリビジョンのほか メモリの CAS や RAS の情報なども確認できる。

Android版 の CPU-Z for Android は下記参照
cpuz

CPU-Z for Android の使い方

Android デバイス の システム情報を表示する 定番フリーソフト CPU-Z for Android は フランスに拠点のあるソフトウェアベンダー CPUID が開発している ハードウェア検出アプリで、デバイスの […]

システム要件

バージョン 2. 0. 1 現在

OS : Windows

バージョン が古いと最新の CPU をサポートしていないので、使用の際には最新バージョンへの更新を推奨。

ソフトの入手先

CPU-Z 公式サイト ダウンロードページ

CPU-Z のインストール

CPU-Z の インストーラーに アドウェア や スパイウェア は含まれていない。

CPUID-CPU-Z001

CPU-Z のダウンロードページにある DOWNLOAD のメニューから「 SETUP・ENGLISH 」をクリック。

CPU-Z はインストーラーと ZIPファイル が提供されており、インストーラーはシステムに応じたプログラムが自動的にインストールされ、デスクトップのショートカットやスタートメニューへの登録が行われる。

CPUID-CPU-Z002

「 DOWNLOAD NOW! 」をクリックして インストーラーをダウンロード。

CPUID-CPU-Z003

ダウンロードしたインストーラーを起動して、ユーザーアカウント制御 のダイアログが表示されたら「 はい 」で許可。

CPUID-CPU-Z004

使用許諾書 に 問題がなければ I accept the agreement にチェックを入れて「 Next 」。

CPUID-CPU-Z005

インストール先に こだわりがなければ デフォルト設定で「 Next 」。

CPUID-CPU-Z006

スタートメニューの登録もデフォルトのまま「 Next 」。

CPUID-CPU-Z007

デスクトップにシャートカットが不要ならチェックを外して「 Next 」。

CPUID-CPU-Z008

インストールの準備が完了したので「 Install 」。

CPUID-CPU-Z009

インストール完了。

日本語化

さよならストレス さんのサイトで 日本語化パッチが公開されているが、バージョン 1. 94 で更新が止まっているため、最新バージョンの CPU-Z では利用不可。

使用する CPU-Z のバージョンと 日本語パッチのバージョンは同じものを使用。

cpu-z-040

ダウンロードした ZIPファイルを選択して コンテキストメニュー ( 右クリックメニュー ) から「 すべて展開 」で解凍。

解凍したフォルダ内には CustomenSetup-en があり、インストーラーを使用してセットアップした場合は Setup-en、 Zipファイルの CPU-Z を使用している場合は en を使用する。

cpu-z-042

使用している CPU-Z に合わせて 32bit もしくは x64 を、CPU-Z がインストールされているフォルダにコピーしてから ファイルを開く。

CPU-Z のインストール先はデフォルトで  CドライブProgram Files にある CPUID 内の CPU-Z フォルダ。

cpu-z-043

インストールは一瞬で完了する。

cpu-z-044

日本語化完了。

CPU-Z の使い方

CPU-Z は 起動すると ハードウェアの情報を 取得して表示する。

CPU

CPU タブでは PC が実装している CPU ( 中央演算処理装置 ) の仕様 や リアルタイムで CPUコアの 動作クロックを確認できる。

CPUID-CPU-Z010

Processor

Name : 使用しているプロセッサの名称
Code Name : プロセッサ開発時のコードネーム
Max TDP : 熱設計電力 ( 発熱量の指標 ) 

Package : 対応しているソケット
Technology : 集積回路の線幅
Core Voltage : コア電圧
Specification : プロセッサの仕様
Family : プロセッサの世代
Model : プロセッサの設計情報

Stepping : コアのマイナーバージョンアップのステッピングナンバー
Revision : プロセッサの改訂番号
Instructions : 利用可能な拡張命令セット

Clocks

Core Speed : 現在の CPU コアの動作周波数
Multiplier : CPU のコアを何倍速で動作させているか
Bus Speed : バススピード
HT Link : ハイパートランスポート(AMDのみ)

Cache

L1 Data : データを保存する レベル1 キャッシュ ( データキャッシュ )のサイズ
L1 Inst : プログラムを保存する レベル1 キャッシュ ( 命令キャッシュ ) のサイズ
Level 2 : レベル 2 キャッシュのサイズ
Level 3 : レベル 3 キャッシュのサイズ

キャッシュ は 高速化が進んでいる CPU などの処理装置 と 高速化のボトルネックと言われているハードディスクのギャップを埋めるため CPU が実装している メインメモリよりも高速 な 小容量のメモリで、CPU が次に必要とする情報を予め キャッシュにロードし、CPU は L1 ( レベル1 ) キャッシュ → L2 キャッシュ → L3 キャッシュ の順で データを探し、キャッシュに必要なデータがない場合に メインメモリへアクセスを行う。
Selection / Cores / Threads

Selection : 選択している CPU ソケット
Cores:プロセッサのコア数

Threads:同時に処理できるスレッド数

Motherboard

Motherboard タブは マザーボードに関する情報が表示される。

CPUID-CPU-Z011

Motherboard

Manufacture : マザーボードの製造メーカー
Model : マザーボードの品名とリビジョン
BUS Specs : PCI バスの規格

Chipset : 採用しているチップセット
Southbridge : サウスブリッジの世代
LPCIO : ハードウェアのセンサーをモニタリングしているチップ

BIOS

Brand : Award や AMI などの BIOS メーカー
Version : BIOSのバージョン
Date:BIOS の最終更新日

Graphic Interface

Bus : グラフィックカードが使用している PCI-E 
Current Link Width :  動作している リンク幅
Current Link Speed : 現在の リンク スピード 

CPU 内臓のグラフィック機能を使用している場合はグレーアウトする。

Memory

Memory タブでは メモリの種類 や 容量 のほか キャスレイテンシ などの情報が確認できる。

CPUID-CPU-Z012

General (全般情報)

Type : メモリの種類
Channels : 動作チャンネル
Size : メモリの容量
DC Mode : メモリアクセスの状態
Uncore Frequency : CPUのコアから離れたプロセッサの動作周波数 ( 旧ノースブリッジ関連のクロック )

Timing (メモりタイミング)

DRAM Frequency : メモリの動作周波数
FSB:DRAM : FSB と DRAM のクロック比率
CAS #Latency : CAS レイテンシ
RAS # to CAS #Delay : RAS が送信されてから CAS が送信されるまでのクロック差
RAS #Precharge : RAS 送信終了から次に RAS 送信を開始できるようになるまでの時間
Cycle Time : RAS 送信開始から送信終了までの時間
Bank Cycle Time : RAS 送信から次の RAS 送信までに必要な時間

FSB:DRAM は メモリの基準クロックと DRAM のクロックで、現在 x86アーキテクチャの CPU で FSB ( フロントサイドバス ) は使用されていない。

SPD

SPD タブでは メモリスロット毎 の メモリ容量 や メーカーなどが表示され、Memory Slot Selection のドロップダウンリスト から 表示するスロットを選択する。

CPUID-CPU-Z013

Memory Slot Selection

Slot : 選択したメモリスロットのメモリ規格
Module Size : メモリモジュールのサイズ
Max Bandwidth : 最大バンド幅 ( データ転送レート )
Module Manuf : メモリモジュールの製造メーカー
DRAM Manuf : DRAM の製造メーカー
Part Number : メモリの型番
Serial Number : シリアルナンバー

SPD ( Serial Presence Detect  ) は メモリの仕様をシステムに知らせる仕組みで、マザーボードは SPD の情報を認識して メモリの動作設定を行っている。

Graphics

Graphicsタブでは 搭載している グラフィックカード の情報を表示する。

CPUID-CPU-Z014

Display Device Selection

Display Device Selection : ディスプレイデバイスの選択 ( デバイスが1つの場合はグレーアウト )

GPU ( Graphics Processing Unit )

Name : 使用しているビデオチップの名前
Board Manuf : グラフィックボードの製造メーカー
Code Name : ビデオチップのコードネーム
Technology : プロセスルール
TDP : 熱設計電力 ( 発熱量の指標 )

Clocks

Core : GPU コアの動作周波数
Memory : GPU に搭載されているメモリの動作周波数

Memory

Size : GPU に搭載されているメモリ容量
Type : GPU に搭載されているメモリの規格
Vender : メモリの製造元
Bus Width : バス幅

Bench

Bench は Ver 1. 73 から実装された機能で、参考値 Reference から 比較対象とする CPU を選択後、「 Bench CPU  」で 現在のマシンと Reference で選択した CPU の数値が表示される。

CPUID-CPU-Z015

テストは シングルスレッド と マルチスレッド で行われる。

CPUID-CPU-Z016

シングルスレッド・マルチスレッドの項目にある Reference のチェックボックスにチェックを入れると、チェックした 参考値を 100 とした場合の指数を表示。

CPUID-CPU-Z017

「 Stress CPU 」は CPU に負荷をかけるテスト。

表示される Reference の数値は 関係ない。

CPUID-CPU-Z018

「 Submit and Comprate 」は ベンチマークの結果を匿名で ベンチマークの検証サイト CPU-Z VALIDATOR  へ登録する機能。

CPUID-CPU-Z019

登録は 1回のみで 可能で、送信すると CPU-Z に ID が表示されるようになる。

登録された自分のPC情報を確認するには 下記のアドレスでアクセス可能で、 About タブの「 Validation 」に登録すると レコード登録 ができるようになる。
https://valid.x86.fr/ 自分のID

About

About タブには 各タブで表示されている情報を テキスト や HTML で保存するツールなどがある。

cpu-z037

Save Report

テキスト形式で保存する際は  .TXT 、HTML形式で保存する場合は .HTML を選択。

保存される情報は各タブで表示されている情報のほか CPU ID(機械語)なども含まれているため、情報量が多く 一見すると不可解だが 注意深く読んでいくと必要な情報が記載されている。
Driver Update

Driver Cloud というPCのドライバを検証するサイトが表示される。

Validation

CPU-Z の結果を公開登録する機能で、 オーバークロッカーのとんでもない数値が掲載されている。

CPU-Z VALIDATOR

Clocks

CPU の各コアのリアルタイムのクロックスピードを表示。

Timer

システムのタイマーチェック機能。

関連記事

piriform-speccy-icon

Piriform Speccy のインストールと使い方

CPU やメモリのマザーボードなどの情報表示ユーティリティ Speccy は Avast 傘下のソフトウェアベンダー Piriform が開発している パソコンのシステム情報を表示するユーティリティソフトで、ハードウェア […]

bluescreen-icon

BlueScreenView のインストールと使い方

ブルースクリーン表示に際に作成されるミニダンプ表示アプリ BlueScreenView は NirSofer 氏が開発している ミニダンプ の情報を元に ブルースクリーン に表示された エラー 内容を再現するアプリで、エ […]

techpowerup-gpu-z-icon

TechPowerUp GPU-Z のインストールと使い方

リアルタイムの使用率も確認可能なビデオカードとGPUの情報表示ユーティリティソフト TechPowerUp GPU-Z は パソコン好きが集まっている ハードウェアのレビューが中心のコミュニティサイト TechPower […]

win-productkey-icon

Windows Product Key Viewer のインストールと使い方

Windows の 認証 に必要な プロダクトキー 表示アプリ Windows Product Key Viewer は 米国のソフトウェアベンダー RJL Software が開発した ユーティリティアプリで、Wind […]

hwmonitor_icon

CPUID HWMonitor for Windows のインストールと使い方

MB・CPU・GPU などの ヘルスセンサーを読み取る 自作 PC ユーザーは必携のユーティリティアプリ HWMonitor は フランスに拠点のあるソフトウェアベンダー CPUID が開発している ハードウェアのヘルス […]