Kaspersky Rescue Disk の作成と使い方

スポンサーリンク
kaspersky-tdsskiller-icon

マルウェア感染で アクセスできなくなった Windows から 脅威を駆除する 無料ツール

Kaspersky Rescue Disk は Windows に インストールするのではなく Gentoo Linux ベースの OS を Live CD / Live USB で起動して Windows を稼働させずに マルウェアを駆除するツールのため、使用するためには USB メモリ や CD / DVD など 起動ディスクを作成するメディアが必要。

起動ディスクの作成 や パソコンのブート設定 など インストールして使用する マルウェア駆除ツールと比較すると 難易度は高くなるが、Windows が起動していると検出できない ランサムウェア などのマルウェアに対して有効。

Rescue Diskは、ファイル名が ”KRD2018_Data” のフォルダを作成します。既定では、OS がインストールされているドライブの直下に作成されます(標準的な構成の場合 C ドライブ直下)。このフォルダには、定義データベース、レポート、トレース、および隔離のファイルが含まれます。必要に応じて、このフォルダを 削除 できます。
ドライブの空き容量が 1 GB 未満の場合、RAM 上に “KRD2018_Data” フォルダが作成されます。コンピューターを再起動すると、フォルダ内のファイルは全て削除されます。
Rescue Disk は、OS 上のファイルに変更を加えます。これは、OS の動作に影響する場合があることを意味します。Rescue Disk を使用する前に、OS のバックアップコピーを作成することを推奨します。
Rescue Disk は、Gentoo Linux に基づいて作成されています。Rescue Disk を使用する前に、ご利用のハードウェアとの互換性を確認いただくことを推奨します。

システム要件

バージョン 18 現在

CPU : 動作クロック 1 GHz 以上
RAM : 1 GB 以上の空きメモリ
HDD : 1 GB 以上の空き容量

起動ディスク : 1GB 以上の USB ドライブ
CD / DVD を使用する場合は 書込み可能な CD / DVD ドライブ

インターネット接続環境必須

ソフトの入手先

Kaspersky Rescue Disk 公式 ダウンロードページ link



Kaspersky Rescue Disk のダウンロード と 起動ディスク作成

Kaspersky Rescue Disk は ISO イメージファイル で 起動ディスクイメージ が配布されているので ダウンロードして USB ドライブ ( USB メモリ ) か CD / DVD の起動ディスクを作成する。

kaspersky-rescue-disk-001

公式ダウンロードページの「 ダウンロード 」をクリックして ISO イメージファイルをダウンロード。

USB ドライブ で 起動ディスクを作成

USB ドライブ ( フラッシュメモリ )  の起動ディスク を作成する場合は Rufas を使用 する。

Rufas-icon

Rufus Create bootable USB のダウンロードと使い方

USB メモリ の 起動メディア を作成するフリーソフト Rufus ( ルーファス ) は 起動ディスクの ISO イメージファイル から USB 起動メディア を作成する 日本語をサポートした オープンソースのフリー […]

Rufus Create bootable USB-007

USB フラッシュ メモリ を PC に接続すると Rufus が認識して「 デバイス 」に表示される。

kaspersky-rescue-disk-005

Rufas を起動して「 選択 」から ダウンロードした Rescue Disk の ISO イメージファイルを指定。

ISO ファイルを読み込むと「 ブートの種類 」が「 krd.iso 」になる。

Rufus Create bootable USB-012

ブートローダー「 Grub 」のバージョンに関する ダイアログが表示された場合は 「 はい 」でダウンロードを推奨。

rufus-013

ISO ファイル によっては 選択を求められるので 推奨される ISO イメージモード にチェックを入れて「 OK 」。

kaspersky-rescue-disk-015

プログレスバー が 100% になり「 準備完了 」と表示されたら書き込み完了。

CD / DVD を使用

CD / DVD を使用して 起動ディスクを作成する場合は CD / DVD に書込み可能な ドライブと CD / DVD のブランクディスク が必要で BurnAware を使用して 起動ディスクを作成する。

Kaspersky Rescue Disk の ISO ファイル は 約 600 MB なので CD-R でも書込み可能。
BurnAware-icon

BurnAware Free のインストールと使い方

CD・DVD・BDに書き込みを行う無料のライティングアプリ BurnAware は CD , DVD , Blu-ray に対応しており、通常のライティングだけではなく ISOイメージファイルの作成などができる。 現バー […]

kaspersky-rescue-disk-021

「 ISO書き込み 」を選択。

kaspersky-rescue-disk-023

「 参照 」から ダウンロードした ISO イメージファイルを指定して「 書き込み 」で実行。

Kaspersky Rescue Disk の起動

Kaspersky Rescue Disk を使用するには 作成した Rescue Disk で PC を起動する。

Kaspersky Rescue Disk は Gentoo Linux ベースの OS 。

win10-cleaninst088

作成した Rescue Disk をセットして PC を起動して Windows が起動する前に「 Del 」または「 F2 」などのキーを押して BIOS / UEFI を呼び出して Boot メニューを開き、USB メモリの Rescue Disk は USB ,  CD / DVD は 光学ドライブを 1st Boot に設定して 再起動するか、Windows が起動する前に「 Boot オプション 」を呼び出して Rescue Disk をセットしている ドライブを指定して起動。

BIOS / UEFI や Boot オプション の呼び出しは 使用している PC や マザーボード の取説を参照。

kaspersky-rescue-disk-024

正常に 読み込まれると Windows ではなく Kaspersky Rescue Disk 起動するので「 English 」が選択されている状態で「 Enter 」。

kaspersky-rescue-disk-025

「 Kaspersky Rescue Disk. Graphic mode 」を選択して「 Enter 」。

kaspersky-rescue-disk-026

プログラムがロードされる。

kaspersky-rescue-disk-027

ハードウェアの互換性に問題がなければ Windows のような GUI をした Rescue Disk が開く。

「 グラフィックインターフェイスが読み込まれない。」「  ハードウェアの一部が機能しない。」などの問題が発生した場合は ハードウェアの互換性が 疑わしいが 無料ツールのため Kaspersky のサポートは受けられないため 利用不可。

kaspersky-rescue-disk-034

PC が 有線接続で インターネットに接続している場合は 自動認識される。

Wi-Fi を使用している場合は ネットワークアイコンをクリックして Wi-Fi への接続設定が必須。 

kaspersky-rescue-disk-029

表示されている EULA ( 使用許諾書 ) を確認して 問題なければ チェックを入れて「 Accept 」。

kaspersky-rescue-disk-031

「 Rescue Tool 」が起動する。

kaspersky-rescue-disk-033

定義データが古い場合は 上部にメッセージが表示されるので「 Update now 」をクリックして更新。

kaspersky-rescue-disk-032

「 Rescue Tool 」はデスクトップにある「 Kaspersky Rescue Tool 」から起動できる。

Kaspersky Rescue Disk の使い方

Kaspersky Rescue Disk の「 Rescue Tool 」には 「 Rescue Tool スキャン 」「 Windows Unlocker 」「 USB Recover 」があり 通常は「 Rescue Tool スキャン 」を使用する。

Rescue Tool スキャン

Rescue Tool スキャン は Windows や 指定ドライブを 検査して マルウェアの 駆除を行う。

kaspersky-rescue-disk-036

「 Rescue Tool スキャン 」が起動したら「 Cange parameters 」をクリック。

kaspersky-rescue-disk-037

デフォルト設定 では マルウェアが潜んでいる可能性が高い場所が選択されているので、任意でシステムドライブ ( C ドライブ ) や 他の ボリューム にチェックを入れて追加することもできる。

kaspersky-rescue-disk-038

「 + Add object… 」から 各ボリュームに保存されている オブジェクトを個別に指定することも可能。

kaspersky-rescue-disk-039

設定ができたら「 Start scan 」をクリックして実行。

脅威が検出された場合は 下記参照

検出した脅威に対して実行する処理を選択する方法 link

Windows Unlocker

Windows Unlocker は Windows の起動を ブロックしている マルウェアを 駆除するツールで レジストリの修復を行う。

「 Rescue Tool スキャン 」を実行しても Windows が起動しない 場合にのみ 使用する。
正常に起動する 状態で Windows Unlocker を実行すると 起動に支障を来す可能性がある。

kaspersky-rescue-disk-040

「 Rescue Tool 」の上部にある「 Tools 」から「 Windows Unlocker 」を ダブルクリックで開く。

kaspersky-rescue-disk-041

「 Start scan 」で実行。

kaspersky-rescue-disk-042

「 OK 」で 検出された 項目を修正。

kaspersky-rescue-disk-046

レジストリのバックアップを保存。

デフォルト設定では デスクトップにある「 Product folder 」に保存される。
Rescue Disk では Windows のように レジストリファイル のコンテキストメニュー からの 修復は不可。

kaspersky-rescue-disk-047

「 Scan Completed 」の画面を「 Close 」で閉じて 処理完了。

USB Recover

USB Recover は「 Rescue Tool スキャン 」を実行して マウス や キーボード など USB で 接続しているデバイスが反応しなくなった場合に使用。

USB Recover はレジストリを修正するため Windows に支障を来す可能性がある。

rescue-disk-043

「 Rescue Tool 」の上部にある「 Tools 」から「 USB Recover 」を ダブルクリックで開く。

rescue-disk-044

「 Start scan 」で実行。

rescue-disk-045

復元可能な項目があれば表示されるので「 OK 」で実行。

Windows Unlocker と同じく レジストリのバックアップを保存して「 Scan Completed 」の画面を閉じて 完了。

シャットダウン

Rescue Tool での処理が完了したら PC を再起動して Windows を起動する。

rescue-disk-049

「 スタート 」から「 Leave 」を選択。

rescue-disk-050

「 Shut Down 」をクリック。

Kaspersky Rescue Disk が 終了したら USB ドライブ または CD / DVD ドライブ の 起動ディスクを取り出して PC を起動して Windows が正常に読み込まれるか確認。
BIOS / UEFI の 起動設定を変更している場合は Windows の 動作確認後 に 1st Boot の設定を復元。

rescue-disk-051

Kaspersky Rescue Disk を使用すると Widnows の C ドライブ 直下 に「 KRD2018_Data 」が生成され、フォルダ内には バックアップ用に 保存した レジストリファイルも保存されている。

不要であれば「 KRD2018_Data 」は  削除しても問題ない。
関連レポート
Infect-icon

パソコンのウイルス感染が疑わしい時の対処法

無料で出来る コンピュータウイルスの感染が疑わしいときの対処法 と マルウェアの基礎知識 Windows は リアルタイム保護 や ファイヤーウォール などの セキュリティ機能 Windows Defender を実装し […]





関連記事

kaspersky-tdsskiller-icon

Kaspersky Rescue Disk の作成と使い方

マルウェア感染で アクセスできなくなった Windows から 脅威を駆除する 無料ツール Kaspersky Rescue Disk は Windows に インストールするのではなく Gentoo Linux ベース […]

mcafee-icon

McAfee LiveSafe のインストールと使い方

試用が可能な 大手 セキュリティーベンダー McAfee の セキュリティソフト McAfee は 何かと世間を騒がしている ジョン・マカフィー氏 が創業した 大手 セキュリティーベンダーで、「 McAfee LiveS […]

roguekiller-icon

RogueKiller Anti Malware のインストールと使い方

既存のセキュリティツールの補完に最適な 無料のアンチマルウェアアプリ RogueKiller Anti Malware はフランスのソフトウェアベンダー「 Adlice Software 」が開発しているアンチマルウェア […]

kaspersky-tdsskiller-icon

Kaspersky TDSSKiller のインストールと使い方

通常のセキュリティソフトでは検出が難しいルートキットの駆除に特化したカスペルスキーの無料アプリ Kaspersky TDSSKiller はウイルス対策ソフトからの検出を回避する ルートキット駆除専用アプリ。 バックグラ […]

brightfont-spywareblaster-icon

BrightFort SpywareBlaster のインストールと使い方

 スパイウェア や アドウェア など インターネット上の脅威から ウェブブラウザ を保護する システムリソースを消費しない無料のセキュリティツール  SpywareBlaster は 米国のソフトウェアベンダー Brig […]