Remix OS のインストールと設定

RemixOS-icon

Remix OS の特徴

  • Windowsのような操作感の Android-x86系 OS
  • Androidアプリがマルチウインドウで動作

Remix OS は Windowsとのデュアルブートが前提で、Windowsが起動した状態で HDD へインストールする。

Remix OS 030-1

2017年 7月 21日 Remix OS を開発している チーム・ジェイド は、Remix OS の開発リソースを企業向けに集中させるとし、コンシュマー向け Remix OS の開発停止を発表。
開発中だったコンシューマー向けの製品についても開発が中止され、Kickstarter の出資者には払い戻しが行われた。

開発元

  • 開発元:Jide OS Co.,Ltd(Tide System Technology)
  • 開発元の拠点:中国

Tide System Technologyはマルチデバイスで使用可能な Linuxと Androidを統合した Jide OS と、Jide OSを実装したモバイルPCやタブレットを開発し、2023年 中国国内向けに Jide Pro2 をリリースしている。

ダウンロード

最終バージョンは Android 6.0ベースの Remix OS 3.0。

システム要件

  • バージョン:3.0.207(開発終了)
  • CPU:2GHz 以上のデュアルコアプロセッサ
  • RAM:2GB 以上
  • HDD:8GB 以上の空き容量
USBメモリにインストールする場合は 8GB 以上 必要で、USB 3.0 以上の使用を推奨。

UEFI/ BIOSの設定

Remix-OS-013

Remix OS をハードディスクにインストールする場合は セキュアブート を無効にする。

インストール

remix-os-001

FOSSHUB から使用するアーキテクチャのパッケージをダウンロード。

Remix-OS-007

ZIPファイルをダウンロードしたらファイルを選択後、コンテキストメニュー(右クリックメニュー)から 展開 でファイルを解凍。

Remix-OS-003

フォルダ内の  Remix OS for PC Installation Tool を開き、ユーザーアカウント制御のプロンプトが表示されたら「はい」で許可。

Remix-OS-004

Remix-OS-005

Remix OS for PC Installation Tool が起動したら ISO Files の「Browser」をクリックし、解凍したフォルダ内にある Remix OS for PC Android M xxbit を指定。

Remix-OS-006

ハードディスクにインストールする場合は タイプハードディスク に変更して、インストール先のドライブを指定してから「OK」をクリック。

Remix OS は ハードディスクのほか、USBメモリやSDカード など USB接続のリムーバブルディスクへのインストールが可能。

ハードディスクにインストールすると PC 起動時にWindows と Remix OS の起動選択が可能になるが、USBドライブを使用する場合は BIOSやUEFI で ブート設定が必要

Remix-OS-009

USBメモリにインストールする場合は タイプ USBドライブ に変更すると、ドライブ が接続されている USBドライブの ドライブレター になるので「OK」をクリック。

USBドライブ に変更しても USBメモリのドライブレターに変わらない場合は USBメモリを認識していないため、USBメモリの 再接続 や  Remix OS for PC Installation Tool を再起動を試み、それでも認識しなければ USBメモリを交換する。

Remix-OS-008

ハードディスクへインストールする場合 Remix OS が使用する システムサイズを選択。

Remix OS のほか Android 用のアプリなどを追加していくため 32GBを推奨。

Remix-OS-010

USBメモリにインストールする場合は USBメモリ内のデータ消去に関するダイアログが表示されるので「OK」で続行。

Remix-OS-011

ハードディスクにインストールした場合は「今すぐ再起動」で パソコンを再起動。

USBドライブへインストールした場合は「終了」。

Remix-OS-015

ハードディスクにインストールした場合はパソコン起動時に OSの選択画面が表示されるので Remix OS を選択。

USBメモリからの起動はブートメニューを呼び出して、Remix OS をインストールした USBドライブを指定する。

Remix OS のセットアップ

remix-os016

OS の読み込みが完了したら言語選択画面が表示されるが、日本語は未サポートなので English を選択。

remix-os017

EULAを確認してから「Agree」をクリック。

remix-os018

接続可能な Wi-Fi が正常に表示された場合は セキュリティーキーを入力して接続。

何も表示されない時は 右上にある「Skip」をクリック。

remix-os019

Android 用のアプリをダウンロードするには Google Playをアクティブにする必要があるので、チェックが入った状態で「Next」。

remix-os020

Remix OSが起動。

初期設定で Wi-Fi を拾えなかった時は起動後も無反応なので再起動。

Remix OSはスリープから復帰した時などに Wi-Fi が無反応になることが多く、OSの再起動 で対処する

remix-os026

言語を日本語 に変更するため 設定アイコンの Settings を開いて PersonalLanguage & input をクリック。

remix-os027

Language をクリックして表示されるリストから 日本語 を選択。

remix-os029

日本語に変更完了。

remix-os021

Playストアを起動して Gboard などの 日本語IME をインストール。

remix-os022

IME をインストールする際にシステムが表示するので インストールを続行。

remix-os023

日本語 IME をインストールしたら 設定ハードウェアキーボードの設定 をクリック。

remix-os024

日本語109A配列 を選択。

remix-os025

キーボードレイアウト日本語109A配列 に変更して キーボードの日本語化が完了。

remix-os030

Android-X86 よりもWindows に近いので、マウス と キーボードでの操作は Remix OS が使いやすいが、タッチパネル操作の名残で 右クリック長押し ドラッグ など操作に癖があるため慣れが必要。

関連記事
Android-x86-icon

Android x86 のインストールと設定

モバイル用の Android を x86 系のコンピュータで使用できるようにした 古いパソコンのリユースに最適な オープンソースで開発されている オペレーティングシステムのインストールと設定

BlissOS-icon

Bliss OS for PC のインストールと設定

Android x86よりも ARMアプリとの互換性が高く、セキュリティアップデートも提供される Androidをベースにした オープンソースのオペレーティング Bliss OSのインストール手順

Prime OS icon

PrimeOS のインストールと設定

Android x86よりも ChromeOSに近いUIで PCが操作しやすく、Google Playストアを実装してアプリのインストールをサポートしている Android 11ベースの無料OS

Android-x86-icon

Android x86 の更新とアップグレード

Index Android-x86 の更新開発元ダウンロードAndroid-x86 の起動ディスク作成Android-x86の自動アップデート/ アップグレードディアルブート環境のアップデート/ アッ…