Bliss OS for PC のインストールと設定

Android x86 よりも ARMアプリとの互換性が高く、セキュリティアップデートも提供される Android OS

Bliss OS for PC はモバイル用の Android を x86 系のコンピュータで使用できるようにした オペレーティングシステムで、Windows / Linux 搭載の パソコン で動作し、開発中のビルドに関しては 最新のセキュリティアップデートが提供される。

現在  Android 9.0 をベースにした Bliss OS 11Android 11 をベースにした Bliss OS 14が開発中で、 Bliss OS 11が安定版としてリリースされている。

システム要件

過去 4 年間にリリースされた x86 / x64 互換 PC。

サポートしているCPU
Intel Core i / Celeron M / Atom / AMD Ryzen / AMD A Series / Athron
AMD A Series / Athron は SSE4.2 をサポートしているモデル。
Intel Core2Duo は一部のモデルが未サポート。

Chromebook で x86 / x64 の CPU を実装し、USB ブートが可能なモデルも利用可能。

ソフトの入手先

Bliss OS for PC  公式ダウンロードページ

Bliss OS for PC の インストール

Bliss OS には Google Play ストア がセットされた GMS、Aurora Store がセットされた FOSS、最小限のアプリのみをセットした Stock が提供されている。

Aurora StoreF-Droid で提供されている オープンソースの Google Play ストア 代替えアプリで、デバイス や 言語を偽装して アプリをダウンロードすることもできる。

Bliss-OS-for-PC-007

安定版 としてリリースされている Bliss OS 11Standard Version から FOSS または GMS の 「 SourceForge 」 をクリックして ISO ファイルをダウンロード。

USB 起動ドライブ の作成

ダウンロードした Bliss OS 11 の ISO イメージファイル を Rufus を使用して 起動ディスクを 作成するため、2 GB 以上の フォーマット可能な USBメモリ を用意する。

Live USB として利用する場合は USB 3.0 を推奨。
Rufus の使用方法は 下記参照
Rufas-icon

Rufus Create bootable USB のダウンロードと使い方

USB メモリ の 起動メディア を作成するフリーソフト Rufus ( ルーファス ) は オープンソースで開発されている 日本語をサポートした USB メモリ用の ライティングソフトで、OS のディスクイメージファイ […]

Bliss-OS-for-PC-004

ダウンロードした Bliss OS 11 の ISO ファイルを USB メモリに書き込んで起動ディスクを作成する。

Bliss-OS-for-PC-005

ISOHybrid のダイアログが表示されたら ISO イメージモードで書き込む を選択して「 OK 」。

Bliss OS の インストール 目次

Live USB での起動

作成した 起動ドライブを Live USB で起動して Bliss OS の動作確認を行う。

gparted033

OS が起動する前に Del または F2 などのキーを押して BIOS / UEFI を呼び出し、Boot メニューで UEFI:~ の USB メモリを 1st Boot デバイスに設定後 保存して再起動。

Bliss-OS-for-PC-006

ブートメニュー は Android x86 と同じで、一番上にある Run Bliss-OS without installation を選択して Enter キー。

Bliss-OS-for-PC-009

デバイスによって異なるが、初回起動時は 数分 ~ 10 分程度かかる。

Bliss OS は 初回起動時にセットアップがなく、Wi-Fi などが未接続の状態で起動する。

Windows とのデュアルブート

Windows がインストールされている PC に Bliss OS を追加して デュアルブート環境にする場合は、Advanced Android-x86 Installer For Windows の利用を推奨。

Advanced-Androidx86-Installer-icon

Advanced Android-x86 Installer For Windows の使い方

Android x86 や Bliss OS を Windows から インストールできる インストーラー Advanced Android-x86 Installer For Windows は Supreme-Gam […]

Advanced-Androidx86-Installer-044

Advanced Android-x86 Installer For Windows を使用すると Windows から直接 Bliss OS をインストールできるほか、ブートローダーも Windows からアンインストールできるため、Bliss OS が不要になった場合に 元の環境に戻しやすい。

Bliss OS の Live USB から インストールして Windows とデュアルブートにする場合は、Android x86 の Windows とのデュアルブート を参照。

Bliss OS の オートインストール

Bliss OS をインストールする PC のデータをすべて消去して Android デバイスにする場合は、パーティションの作成からインストールまで すべて自動で実行する  AUTO 機能 が利用できる。

AUTO 機能 が利用できるのは Bliss OS 11 のみで、Bliss OS 14Bliss OS 15 では利用不可。

gparted033

OS が起動する前に Del または F2 などのキーを押して BIOS / UEFI を呼び出し、Boot メニューでUEFI:~ の USB メモリを 1st Boot デバイスに設定後 保存して再起動。

BlissOS-009

Bliss OS の起動ディスクを読み込んだら Advanced options… を選択して Enter

BlissOS-010

Auto_Installation – Auto Install to supecified harddisk を選択。

インストールする ドライブの選択画面が表示されたら インストールするドライブを選択。

androidx86-023

ストレージのデータを消去して Bliss OS をインストールすることの確認が表示されるので「 Yes 」。

androidx86-024

既存のパーティションが削除され、新たに Bliss OS 用のパーティション作成と Bliss OS のインストールが実行される。

BlissOS-011

インストールが完了したら Reboot を選択して「 OK 」。

画面が黒くなったら USBメモリを抜いておく。

BlissOS-012

Bliss OS が起動したらインストール完了。

Bliss OS の設定

Bliss OS は 初回起動時のセットアップがなく、Wi-Fi や 言語 などが未設定の状態で起動する。

BlissOS-013

Bliss OS が起動すると ロック画面になるので、タッチパネルの場合は上にスワイプ、カーソルで操作する場合は上にドラッグして ロックを解除。

BlissOS-016

Desktop Mode では デバイスによって 設定画面 の操作がしずらいため、Lawnchair を選択して「 ALWAYS 」。

BlissOS-017

ホームアプリのアクセス許可を求められるので「 ALLOW 」で許可。

BlissOS-018

基本操作は Android デバイスと同じで、ホーム画面を上にスワイプ ( ドラッグ ) して アプリ一覧を表示させる。

BlissOS-019

Settings を選択。

BlissOS-022

Settings のメニュー System を選択。

BlissOS-023

Languages & input を選択。

BlissOS-024

Languagesを選択。

BlissOS-025

Add a language から 日本語 を追加。

BlissOS-027

追加した 日本語 を上にドラッグして メイン言語に設定。

仮想キーボード は Gboard がデフォルトで有効になっているので、言語設定をすると 日本語入力が可能になる。

BlissOS-041

時刻が正しくない場合は システム日付と時刻 にある タイムゾーンの選択地域日本タイムゾーン東京 を選択。

BlissOS-028

ネットワークとインターネット で Wi-Fi を設定。

BlissOS-020

Network & internet を選択して Wi-Fi を設定。

BlissOS-029

オンラインになったら Aurora Store を開く。

BlissOS-036

Aurora Store は 初回起動時に セットアップウィザードが開くので 利用規約に同意し、インストーラー は デフォルトの Session installer を選択して「 次へ 」。

BlissOS-038

テーマアクセント を選択後、承認 をタップ ( クリック ) して ストレージへのアクセス許可 と 不明なアプリのインストール を許可して「 完了 」。

BlissOS-039

ログイン方法は 匿名 を使用。

BlissOS-035

Aurora Store から アプリのダウンロードが可能になる。

関連記事

android-icon

Android x86 の 更新 と アップグレード

PC で動作する Android x86 の アップデート と アップグレードの手順 Android x86 は  OTA ( Over The Air ) による セキュリティパッチの配信がないため、リリースされた 最 […]

OperationSystem

GRUB エラーの対処法

ブートローダー GRUB のエラー対応 GRUB ( ジーラブ ) は Linux を導入する際にインストールされることが多い 高機能なブートローダーで、MBR ( Master Boot Record ) に保存されて […]

android-icon

Android to Flash Tool の 使用手順

Google Pixel を ファクトリーイメージにフラッシュバック Google Pixel や Nexus など Google がリリースしたデバイスは、ファクトリーイメージ を Google が公開しており、Lin […]

BlissOS-icon

Bliss OS for PC のインストールと設定

Android x86 よりも ARMアプリとの互換性が高く、セキュリティアップデートも提供される Android OS Bliss OS for PC はモバイル用の Android を x86 系のコンピュータで使用 […]

android-icon

Android x86 のインストールと設定

PC にインストール可能なオープンソースの Android OS Android-x86 はモバイル用の Android を x86 系のコンピュータで使用できるようにした オープンソースで開発されている OSで、サポー […]