Wise Care 365 Free のインストールと使い方

wisecare-icon

Windows を 高速化する無料の PC 最適化アプリ

Wise Care 365 は 香港のソフトウェアベンダー Lespeed Technology が開発している パソコン の最適化/ 高速化 アプリで、不要なファイル・レジストリ削除 や Windows のチューンアップができ、復元機能を実装しているため 最適化を実行後に システムが不安定になった場合は ロールバックすることができる。

日本では LODESTAR JAPAN という国内企業が正規代理店になっている。

システム要件

バージョン 6. 3. 2 現在

OS: Windows XP/ Vista/ 7/ 8/ 10/ 11
CPU : Pentium 233 MHz 以上
RAM:1 GB 以上
HDD:50 MB 以上の空き容量

ソフトの入手先

Wise Care 365 Free 公式ダウンロードページ

Wise Care 365 Free のインストール

ベースが有料アプリのため、セットアップ時にサードパーティ製アプリのバンドルやアドウェア等はなく、

WiseCare-001

ダウンロードページから「 無料版ダウンロード 」をクリック。

WiseCare-002

Free soft-Download.comというダウンロードサイトへ移動するので「 ダウンロード 」をクリック。

WiseCare-003

ダウンロードした Zipファイル を選択し、コンテキストメニュー ( 右クリックメニュー ) から すべて展開

WiseCare-004

解凍したフォルダ内にある インストールフォルダの WiseCare365_JP を起動し、ユーザーアカウント制御のダイアログが表示されたら「 はい 」で許可。

Windows XP にインストールする場合は WindowsXP専用 フォルダのインストーラーを実行。

WiseCare-006

使用許諾書・プライバシーポリシーに問題がなければ「 インストール 」。

インストール先を変更する場合は カスタムインストール から編集。

WiseCare-007

「 完了 」をクリックしてセットアップ終了。

WiseCare-010

Wise Care 365 が起動する。

設定

Wise Care 365 はデフォルトで 自動起動スキャンとクリーンアップのリマインド機能 ( Wise Turbo ) が有効で、起動時間を計測する Bootup Booster も自動実行されるよう設定されているが、Wise Care 365 を常駐させるメリットは ほとんどないため 無効にする。

WiseCare-011

右上のハンバーガーボタンから 設定 を選択。

WiseCare-012

左サイドバーの 一般 から Windows 起動時に実行するコンピューター起動時に Wise Bootup Booster を実行するWise Turboを自動的に実行する のチェックを外して無効にする。

WiseCare-013

Wise Careは ホーム画面を閉じると タスクトレイに常駐する設定になっているため、左サイドバーの トレイメインプログラム終了時にトレイを閉じる を有効にする。

WiseCare-014

システムトレイの上に表示される CPU の使用率 と メモリクリーナー を実行できる ウィジェットが 不要であれば、Wise Care 365 起動時に自動的にウィジェットを表示する を無効にする。

ウィジェットは Wise Care 365 を終了すると閉じる。

WiseCare-015

左サイドバーの クリーナー を選択し、 安全な削除方法を使用する にチェックを入れて有効にする。

WiseCare-016

レジストリのスキャン方法 で推奨されている 標準 は スキャン結果に 安全でない 項目も表示されるため、ビギナーは 安全な削除項目のみ の使用を推奨。

Wise Care 365 Free の使い方

Wise Care 365 は システムクリーナーシステムチューニングプライバシー保護 のモジュールを実装しており、スキャン最適化 の 2 ステップで処理が完了する。

インストール後 2 週間 は Wise Care 365 Pro の試用期間になるので 全機能を利用できる。

PC 診断

ホーム画面の PC 診断システムクリーナーシステムチューニングプライバシー保護の主要項目のみを実行するモジュールで、Wise Care 365 Free では利用不可

診断対象の項目

・履歴の削除
・キャッシュ・ログ・一時ファイルなどの削除
・無効/ 不要なレジストリの削除
・Windows の高速化・パフォーマンスの設定
・セキュリティ関連の設定

PC 診断システムチューニング が実行されるため レジストリが大幅に変更される。

WiseCare-017

「 今すぐチェック 」をクリックするとスキャンが開始。

WiseCare-018

スキャン結果は各項目を展開すると詳細が確認でき、無視するをクリックすると最適化対象から外すことができる。

WiseCare-019

設定ができたら「 今すぐ修復 」で最適化が開始。

システムクリーナー

システムクリーナー は 一時ファイル・キャッシュ・ゴミ箱に移動されたファイル や 不要なレジストリ を削除するモジュールで、PC 診断 よりも スキャン項目が多い。

WiseCare-020

システムクリーナー を選択後、左サイドバーから実行する モジュールを選択。

レジストリクリーナー
無効なレジストリ や 不要なレジストリを検出。
一般的なクリーナー
Windows の一時ファイル・ブラウザのキャッシュ・ごみ箱 などのファイルを検出。
高度なクリーナー
各ドライブをスキャンし、スキャンディスク時に生成される .chk ファイルなどを検出。
システム軽量化
Windows アップデートファイルなど 主に Cドライブの容量を圧迫するファイルを検出。
レジストリクリーナーは デフォルトで削除前の自動バックアップが有効になっており、システムが不安定になった場合は復元できる。

WiseCare-021

「 スキャン 」を実行。

WiseCare-022

スキャンが完了したら 下部にある 推奨設定 をクリック。

安全でない項目を検出 は 削除するとシステムの安定性に影響を与える可能性が高い項目で、推奨設定 を選択すると 除外される。

WiseCare-023

「 問題なし 」をクリックして 削除を実行。

レジストリの復元

レジストリクリーナーを実行後に システムが不安定になった場合は レジストリを復元する。

WiseCare-024

右上のハンバーガーボタンから 復元 を選択。

WiseCare-025

レジストリの復元 タブから 復元するバックアップファイルを選択して「 復元 」で実行。

システムチューニング

システムチューニング は Windows の高速化 や パフォーマンス向上 の設定を行うモジュールで、主に 体感速度の向上に関連する レジストリの編集が実行される。

WiseCare-026

システムチューニング を選択後、左サイドバーから実行する モジュールを選択。

システム最適化
レジストリ編集 や 初期設定 を変更して システムのパフォーマンスを向上する。
ディスクデフラグ
SSD は TRIM、HDD はデフラグを実行し、HDD の場合は「 最適化 」で デフラグしたデータの再配置できる。
レジストリのデフラグ
レジストリの断片化 や 肥大化を解消するが、レジストリの断片化 や 肥大化 は Widnows XP でパフォーマンス低下の要因になっていたが、Windows Vista 以降は システムが改善されているため、実行しても大きな効果が得られない。
スタートアップ管理
PC 起動時に実行される プログラムを無効して 起動を高速化できるが、自動起動するプログラムの多くはバックグラウンドで機能しているため、停止するとサービスに支障を来す可能性がある。
システム最適化の復元

システム最適化 で 変更した項目は デフォルト設定に 復元できる。

WiseCare-027

システム最適化 を実行後、復元したい項目を選択して 右下にある 既定値 をクリック。

WiseCare-028

ダイアログが表示されるので「 OK 」で、システム最適化 が 最適な状態 から 最適化されていません に表示が切り替わる。

WiseCare-030

ハンバーガーボタンから 設定 を開き、チェック項目システムチューニング で復元したい項目のチェック外してから PC を再起動。

すべての項目を復元する場合は 全項目のチェックを外す。

プライバシー保護

プライバシー保護 では データの抹消 や パスワードの生成 ができ、Wise Care 365 Pro では ブラウザ の履歴削除 や ウェブサイトの通知を無効化できる。

WiseCare-031

プライバシー保護 を選択後、左サイドバーから実行する モジュールを選択。

削除データ完全消去
削除されたファイルで復元可能なファイルを ワイプメソッド使用して 抹消する。
ファイル完全削除
指定ファイルを ワイプメソッド使用して 抹消する。
パスワード生成
指定した条件に合わせて ランダムなパスワードを生成する。

ワイプメソッドは 乱数を 1 回書き込む Peseudo random Data のほか、固定値 で 2 回、乱数を 1 回書き込む 米国 国防総省が使用していた US DoD 5220.22-M、固定値で 2 回、乱数 を 5 回書き込む Schneier’s 、固定値 と 乱数を 35 回 書き込む Gutmann が選択可能。

システム監視

システム監視 では 実行中のプロセス や パソコンのハードウェア、Windows のバージョン・プロダクトキーなどを確認できる。

関連記事

wisecare-icon

Wise Care 365 Free のインストールと使い方

Windows を 高速化する無料の PC 最適化アプリ Wise Care 365 は 香港のソフトウェアベンダー Lespeed Technology が開発している パソコン の最適化/ 高速化 アプリで、不要なフ […]

hdcleaner-icon

KurtZimmermann HDCleaner のインストールと使い方

多くのツールを実装した 無料のオールインワンのディスクメンテナンスアプリ HDCleaner はドイツの Kurt Zimmermann 氏が開発している 多機能 ディスクメンテナンスアプリで、不要ファイル や レジスト […]

ccleaner_icon

CCleaner のインストールと使い方

不要ファイルを削除する 定番の 無料 メンテナンスソフト CCleaner は Avast 傘下のソフトウェアベンダー Piriform が開発しているメンテナンスソフトで、無料版でも ジャンクファイル や レジストリ […]

glaryutilities-icon046

Glary Utilities Free のインストールと使い方

不要ファイル削除 や PC の高速化 など多くのモジュールを実装した 無料の オールインワン ユーティリティアプリ Glary Utilities は 中国のソフトウェアベンダー Glarysoft が開発している PC […]

EaseUS-Partition-Master-icon-1

EaseUS Partition Master Free のインストールと使い方

パーティションの変更やディスクの最適化が行える無料のディスク管理アプリ EaseUS Partition Master は 中国のソフトウェアベンダー CHENGDU YIWO Tech Co., Ltd. が開発してい […]