英国製の高級靴を直輸入

チャーチ(Church’s)、チーニー(Cheney)、トリッカーズ(Trickers)など、クラシカルで頑強な英国靴は日本でもかなり人気。
個人的にはデザインを優先させたものより、作りがしっかりしているものが良いので英国靴は◎。

靴についてのウンチクは置いておいて、とにかく商品価値の高い英国靴を本場の英国から直輸入。
無論、靴にはサイズがあるので、可能な限り購入する靴と同一のものを予め百貨店などで試履しておいた方が賢明。

オリジナルも手掛ける英国の靴専門店

Herring Shoesは自社オリジナルも制作している英国の靴の専門店。
サイトはナビゲートも明確で、3クリックルールも守られている、シンプルで使いやすく見やすいお手本のようなデザインになっている。

Herring4

Herring Shoesで取り扱っているのは、チャーチ・チーニー・トリッカーズ・ローク・バーカー・ティンバーランド・セバゴとヘリンのオリジナルブランド。
TimberlandとSEBAGOは米国のカジュアル靴メーカーなので、敢えて英国から輸入する必要はないかと思われるが、その他はいずれも英国を代表する靴メーカー。




商品購入の流れ

2011年末から2012年初めが1ポンド120円台の円高ポンド安で、その後はドル相場と同様に円高が進行し、2015年8月初めは1ポンド180~190円台で推移しているので、個人輸入による価格的なメリットはだいぶ薄れているが、それでもまだまだ直輸入の価値はある。

uk-import1

HERRING SHOSEのサイトもグローバル化し、アクセス情報から国を識別しているようで、初回アクセス時には上図のような表示がされる。
ここで、JAPANを選択することで、サイトの表示がポンドから円へ切り替わる。

uk-import2

通常ページでは左上に配送先が表示されており、国名をクリックすると配送先を変更でき、変更した国の通貨で価格が表示される。

Herring9

商品一覧のページから購入したい商品をクリックすると詳細ページが開き、カラーやサイズを選択できる。
カラーは表示されている画像をクリックして選択。

uk-import3

靴にはワイズとサイズがあり、言うまでもなくワイズは足の周囲、サイズは長さになる。

ワイズはMedium(F)とWide(G)のいずれかで、選択するのではなく、あくまで靴が幅広なのか普通なのかの目安でしかない。

サイズに関してはUSサイズとUKサイズが異なり、更にメンズとレディースでも異なるので少々ややこしいが、基本的には日本と同様におよそ5mmピッチになっている。

メンズサイズ
25.0cm→  UKサイズ6.5 USサイズ7.0 EUサイズ40
25.5cm→ UKサイズ7.0 USサイズ7.5 EUサイズ41

uk-import4

価格は”approx”と記載があるとおり、あくまで「概算」。
GBPは(Great Britain Pound)の略で、上図の場合は1ポンド191.67円のレートで計算されている。

uk-import5

「Add to Basket」をクリックすると、商品の詳細が表示される。
ex VATは英国の消費税(20%)を含まない商品価格で、通貨はポンドで表示される

uk-import6

「Checkout」をクリックすると購入商品の一覧と配送料金が計算される。
日本への配送料は、1足で20ポンド、2足で25ポンド、3足で30ポンド、4足で35ポンドなので、1足ずつ短期間で購入するなら、少し我慢して2足同時に購入したほうがお得なのだが、為替リスクがあるので微妙。

配送にはDHLとRoyal Mailが選択可能だが、日本へはDHLのほうが低料金。
ここでも商品代金に配送料を加算した金額が日本円で表示されているので目安になるが、輸入の際にはこの金額に関税と地方消費税が加算されることになる。

Herring14

一度購入するとメールアドレスや住所などが登録されるため入力の手間が省けるが、初回購入時には各ステップを順番に進めていくことになる。

金額を確認して「Checkout」をクリックすると、図のようにメールアドレスの入力画面になるので、メールアドレスを正しく入力し「next」。

Herring15

会員登録のため任意のパスワードを入力。
パスワードは同じものを2度入力する。

Herring16

住所の入力。当然だが全てローマ字入力。

Titlel :氏名につける冠を選択。男性ならMr、女性ならMrsが一般的。
First Name :名
Last Name :姓
Country :JAPANを選択
Postcode/Zip :郵便番号
Address Line1 :住所の◯◯市以降の部分を番地から入力する。
Address Line2 :マンション名などを入力。
Town :Cityと同じで「市」を入力。
Country/State :「県」を入力。
Telephone :日本の国番号「81」を先頭に付け、固定電話の場合は市外局番の先頭の「0」を外した番号。携帯の場合も「81」を先頭に付け、携帯番号の先頭にある「0」を省いた番号になる。

住所を全て入力したら「next」をクリック。

Herring17

赤枠部分に入力した住所や氏名が表記されるので確認する。
下から「日本」「郵便番号」「県」「市・区・郡」「町・村」「番地・建物名」「氏名」の順になっていればOK。

取り敢えず、「Japan」さえ間違えなければ日本に到着し、配送は国内の配送業者が行うので、例えばkobe-shiでもkobeでも問題はない。

Herring18

住所を確認後「next」をクリックすると再度、配送先の住所が表示される。
問題がなければ「next」。
住所を修正したい場合は、”edit this address”をクリックすると編集可能になる。

Herring19

続いて支払方法の選択。
図のようにクレジットカードはVISA・MASTER・AMEXが使用可能なほか、VISA DEBIT・MASTER DEBITも使用できるようだが、DEBITカードは使用したことがないため未確認。

日本国内で30%のシェアを持つと言われるJCBは使用できないが、PayPalが使えるため、どうしてもJCBで購入したい場合はPayPalにJCBカードを登録した上で、PayPalで支払えばOK。

Herring20

VISAをクリックすると図のように住所や氏名の情報が表示され、赤枠部分でクレジットカード番号、セキュリティコード、有効期限を入力する。
セキュリティコードはカード裏面のサインを記入する箇所に印字されている番号の下三桁。

必要な情報を入力し、「Pay」をクリックすると使用するクレジットカード会社の認証ページへ移行する。
いわゆる3Dセキュアという最も安全だと言われている認証方式で、クレジットカードの不正利用を阻止するため、最終認証を本人がパスワードを入力することで完了する。

3Dセキュアはクレジットカード会社によって初めから対応しているものと、クレジットカード会社のWEBサイトなどで手続きが必要なものがあるので、事前に確認しておいたほうがよいかも。

Herring21

クレジット決済が終了したら上図のページに移行し、注文番号が発行されて終了。

関税と消費税

商品を購入したら後到着を待つだけだが、革靴の輸入は16,666円以下であっても関税がかかるため、事前に支払うべき関税を算出しておいた方が賢明。
特に革靴の場合は税率が高いため、それなりの金額になってしまう。

仮に関税の支払を拒否すると、商品はHerring Shoseに返送されるが、送料などが請求される。

関税

個人輸入の場合、10万円未満の少額輸入貨物には簡易税率が適用され、課税対象額が1万円未満は免税になるのだが、残念ながら革靴に関しては簡易税率の適用外になる。
関税は課税標準価格は小売価格(購入した商品代金)の60%で算出され、革靴の税率は課税標準価格の30%または1足4,300円の高い方になっている。

輸入申告時に使用される為替交換レートは、米ドルの場合は申告日の前々週の平均値になっており、各レートは財務省の貿易統計、外国為替相場のページで公開されている。

財務省貿易統計 外国為替相場(課税価格の換算)link

消費税

消費税と地方消費税は課税標準価格が10,000円以上の場合に課税され、税率は内国消費税が6.3%、地方消費税が1.7%で算出される。
消費税は課税標準価格の1000円未満を切り捨てた金額に関税を加算した金額に課税され、内国消費税と地方消費税を合算した金額の100円未満を切り捨てた数値が徴収される。

試算

1足 200ポンドの靴を購入。 送料は25ポンド。 通貨レートは1ポンド180円。

関税の対象となる課税標準額は小売価格の60%で1000円未満は切り捨て。
£200 x 0.6 = £120
£120 x 180円 = 21,600円
課税標準価格」21,000円

革靴の税率は課税標準額の30%または1足4300円の高い方。
21,000円 x 30% = 6,300円
関税額は6400円。この額が4300円を下回れば関税額は4300円になる。

課税標準額に1000円未満を切り捨てた関税額を加算した金額が消費税の対象。
21,000円 + 6,000円 = 27,000円

内国消費税は6.3%。
27,000円 x 0.063 = 1,701円。

地方消費税は1.7%。
27,000円 x 0.017 = 459円。

内国消費税+地方消費税を合算して100円未満を切り捨てた2,160円から100円未満を切り捨てた2,100円が消費税。

クレジットカード会社のレートが1ポンド180円の時に、1足200ポンドの靴を1足輸入した場合にかかる費用は次のようになる。(クレジットカード事務処理コストは含めず)
商品代金 : 36,000円
送料 : 3,600円
関税 : 6,300円
消費税 : 2,100円
合計 : 48,000円


個人輸入の手引き

米国Amazonで購入

国内のAmazonと同様で、米国のAmazonもAmazonが直接販売している商品と、Amazonに出店している店舗がある。 Amazonで個人輸入する際にネックなのが現地法人の存在。基本的に現地法人が存在する企業の商品 … 続きを読む

英国製の高級靴を直輸入

チャーチ(Church’s)、チーニー(Cheney)、トリッカーズ(Trickers)など、クラシカルで頑強な英国靴は日本でもかなり人気。 個人的にはデザインを優先させたものより、作りがしっかりしているもの … 続きを読む

Rockyのワークブーツを直輸入

以前、米AmazonでRockyのタクティカルブーツを購入した際、Rockyも公式サイトでも海外発送を行っていることを知ったので、今回は直輸入してみた。 Rocky 公式サイト Rocky Brands株式会社は米オハイ … 続きを読む

個人輸入の基礎知識

個人輸入に抵抗がある人にその理由を聞くと、「注文した商品が届かなかったら」「注文した商品が破損していたら」などの回答が多い。 当然と言えば当然の回答で、同様に国内外を問わずクレジットカードの使用にも躊躇する傾向があり、言 … 続きを読む

個人輸入レポート

コマンドソールのTrickers Stowを輸入

2016/12/06 史上最低と言われた米国大統領選は、番狂わせでトランプ氏が勝利した。 市場は現金なもので、選挙中にトランプ氏が優勢になると下がっていたものが、選挙後の対応から期待感が高まり上昇に転じた。 と、いうわけ … 続きを読む

トリッカーズのカントリーブーツを輸入

2016/10/18 ポンドが安値で安定し始めているかと思ったら、10月7日に瞬間暴落(フラッシュ・クラッシュ)が起きた。 結局、当日は1ポンド129.798円で始まり、一時117.821円の安値を付け、終値は少し戻して … 続きを読む

TrickersとAlfred Sargentのカントリーブーツを輸入

2016/07/09(更新) 2016/07/05 絶妙なタイミングでHerring Shoesからサマーセールの案内が届いた。 6月23日に実施された国民投票の結果を受け、6月24日はポンドが暴落。 前日まで1ポンド1 … 続きを読む

ASUS Chromebook Flipを輸入

2016/06/17 5月20日、GoogleはChrome OSでPlay Storeを導入すると発表。今後はChrome OSでAndroidアプリが使えるようになるらしい。 ただし、当初は対応している機種が限定され … 続きを読む

アルフレッド・サージェントのカントリーブーツを輸入

2016/02/18 今年に入って円高に振れたので、この機に以前から気になっていたAlfred Sargentのカントリーブーツを注文してみた。 クオリティに対してのコストパフォーマンスに定評のあるアルフレッド・サージェ … 続きを読む

Loakeのカントリーブーツを輸入

2015/11/06 英国の中堅靴メーカー Loakeの靴が輸入できなくなるらしい、ということで、以前から目をつけていたカントリーブーツを購入。 今回も英国のHERRING SHOESを利用したのだが、珍しくグダグダな感 … 続きを読む

Rockyのブーツを輸入

2015/03/28 3年前に輸入したDannerのテクニカルブーツが痛み始めていたので色々と物色。 このテクニカルブーツというカテゴリーは、国内の販売店では取り扱いが非常に少ない。たまに見かけると極端に高いか安いかで、 … 続きを読む