Windows10の初期設定

Windows10はデスクトップPCからタブレットやスマホなどのモバイル端末まで対応したオールマイティタイプのOSで、パーソナルアシスタントのCortanaをはじめ、PIM(個人情報管理)が強化されているものの、デスクトップやノートPCを「ものづくり」の道具として利用していると、余計なお世話的な機能でしかない。
その上、使いもしない機能のために、PCの使用状況や現在地などの個人情報を送信するなど、余計なお世話を通り越して単に迷惑なだけ。

そんな親切の押し売り機能を停止して、融通の聞かない道具に戻すのが今回の目的なのだが、当然ながらWindows10の魅力は半減どころかなくなってしまうので、実践する場合は慎重に。





プライバシー設定

Windows10を初期設定でセットアップすると情報がダダ漏れ状態なので、プライバシーに関する設定は見直したほうが無難。

「スタート」メニューからギアアイコンの「設定」をクリックして、「プライバシー」を選択。

プライバシーオプションは全て「オフ」。
ただ、「オフ」にしても情報送信が完全に停止するわけではなく「最小限」になるだけなので、通信を遮断するためにSpybot Anti-Beaconを使用する。

Spybot Anti-Beaconのインストールと使い方

Windows10はユーザーの情報を収集することで、能動的にユーザーが欲している情報を提案するような環境を目指しているおり、初期設定のまま使用すると、様々な情報がMicrosoftに送信される仕様になっている。 ただ、全 … 続きを読む

Windows Updateの無効化

Windows10になってから半強制になったWindowsUpdate。
Windows10 Proならグループポリシーで従来通りの設定が可能だが、Homeでは再起動のタイミングを遅らせるか、WindowsUpdateを停止させるくらいしかできない。

「Windows Update」を停止するには、「スタートメニュー」を右クリックして「コントロールパネル」→「管理ツール」の一覧から「サービス」を開く。

「サービス」の中から「Windows Update」を探してダブルクリックか、コンテキストメニュー(右クリックメニュー)から「プロパティ」を選択。

「スタートアップの種類」を「手動」にして「適用」もしくは「OK」で、Windows Updateの自動更新は停止状態なる。
ただし、セキュリティの面からWindows Updateは不可欠なので、サービスを「無効」にした場合は定期的に手動での更新が必要。

Windows Update 配信最適化の無効化

自動更新そのものよりも問題なのは、更新したファイルをBitTorrentのようにP2Pで見ず知らずの人へ提供している可能性があるということ。
Microsoftのサーバ負担は激減するだろうが、ユーザーの許可なくファイル送信が実行されているのは、安全だからOKという問題ではないと思うのだが。。。

「設定」→「更新とセキュリティ」を開き、「詳細オプション」をクリック。

更に「更新プログラムの提供方法を選ぶ」をクリック。

「複数の場所から更新する」をオフにする。

Spybot Anti-Beaconを実行していると、P2Pの通信もブロックされるが、念のため各サービスも停止しておく。

「コントロールパネル」→「管理ツール」→「サービス」の中から「Delivery Optimization」を「無効」にして「OK」をクリック。

「Delivery Optimization(配信の最適化)」がP2Pの元凶となるサービス。

続いて「Background Intelligent Transfer Service」も「無効」にしておく。
このサービスはバックグラウンドでファイルを転送するものだが、「無効」にしても手動でWindowsUpdateを実行すると「自動(遅延開始)」に切り替わるので、Spybot Anti-Beaconの導入を推奨。

おすすめアプリの非表示

Windows10の超お節介機能がスタートメニューに表示される「おすすめアプリ」の表示。

何を基準にオススメしてくるのか、不必要なゲームアプリが表示されることが多い。

「設定」→「個人用設定」で「スタート」を開き、「ときどきスタート画面におすすめを表示する」を「オフ」にする。

その他の項目も必要に応じて「オフ」でもOK。

アプリの自動更新停止と削除

プリインストールされているアプリはゲーム主体で、大したものはなく、無駄にハードディスクの容量を占めているだけなので、ストアの自動更新を停止してからGeek Uninstallerを使用して削除する。

「スタートメニュー」から「ストア」を開く。

上部のユーザーアイコンをクリックして「設定」を選択。

「アプリ更新」をオフにする。

GeekUninstallerで「Windows Store Apps」を表示して、「Store」を除いて使用しないアプリを削除。
ただし、アプリによってはストアから入手できないものもあるので、「後から使うかも。。。」と思うアプリは事前に入手できるか調べたほうが無難かも。

アプリは削除してもアップデートのタイミングで性懲りもなく復活することがあるので、イタチごっこだったりする。

ロック画面の非表示

起動時に表示されるロック画面は、タブレットやスマホのほか、会社のPCなどでは有用だが、自宅のPCでは鬱陶しいだけなので非表示にする。

Windows10がHomeではなくProだったら、グループポリシーで編集可能だが、Homeでは使用できないので、レジストリを修正する。

作業そのものは難しくないのだが、レジストリというWindowsの設定項目を保存しているデータベースを編集するので、修正箇所を間違ったりすると、Windowsが起動しなくなったりするため要注意。

スタートメニューを右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択。

「regedit」と入力して「OK」。

レジストリエディターが開いたら、「HKEY_LOCAL_MACHINE」→「SOFTWARE」→「Policies」→「Microsoft」→「Windows」の順序に開いていく。

別の階層でも同じフォルダ名が存在するので、展開する場所を間違えないよう要注意。

「Windows」を選択してコンテキストメニュー(右クリックメニュー)から「新規」→「キー」をクリック。

「新しいキー#1」が追加されるので名称を「Personalization」に変更。
名称の編集はコンテキストメニューから「名前の変更」を選択。

※Spybot Anti-Beaconを実行していれば「Personalization」キーは作成されているのでで、新規に作成する必要はない。

追加した「Personalization」を選択して、右のスペースでコンテキストメニューを開き、「新規」→「DWORD(32ビット)値」をクリック。

新しいエントリーが追加される。

「NoLockScreen」に変更。

作成した「NoLockScreen」をダブルクリックするか、「NoLockScreen」を選択した状態でコンテキストメニューを開き「修正」を選択。

「値のデータ」を「0」から「1」に変更して「OK」をクリック。

レジストリエディターを閉じて完了。

Cortanaの停止

最後にWindows10最大の魅力でもあるパーソナルアシスタント「Cortana」を停止する。

Cortanaを停止させる方法

Wikndows10の新機能コルタナは便利なのだが、個人的には秘書が必要なほどスケジュールが詰まっているわけでもなく、暇だからといってCortanaと会話する気など毛頭ないので、入力した情報をせっせとMicrosoftに … 続きを読む

 





Windows関連のレポート

Windows10の初期設定

Windows10はデスクトップPCからタブレットやスマホなどのモバイル端末まで対応したオールマイティタイプのOSで、パーソナルアシスタントのCortanaをはじめ、PIM(個人情報管理)が強化されているものの、デスクト … 続きを読む

Windows7のWindows Updateが終わらない時の対処法

HPの15インチのノートPC ProBook 450 G2を購入後、いそいそと別途購入した500GBのSSDへ換装し、Windows7 64 Proをインストールしたまでは良かったのだが、Windowsを更新するためにW … 続きを読む

Cortanaを停止させる方法

Wikndows10の新機能コルタナは便利なのだが、個人的には秘書が必要なほどスケジュールが詰まっているわけでもなく、暇だからといってCortanaと会話する気など毛頭ないので、入力した情報をせっせとMicrosoftに … 続きを読む

Windows7の高速化と基礎知識

パソコンが遅いと作業効率は悪くなるし、イライラするし、精神衛生上よろしくない。 そこまで生き急いでどうする、と思ったりもするが、やはりPCは早いに越したことはない。 パソコンの処理速度は当然ながらパソコン本体のスペックに … 続きを読む

Windows10が起動しない。

2016/9/30 先般、「障碍者向け支援技術製品をご利用のお客様向け Windows 10 無償アップグレード」というサービスで、Windows7以降のOSであれば無償アップグレードできるという記事をアップしたのだが、 … 続きを読む