AOMEI MultCloud – クラウドストレージ一元管理サービスの使い方

スポンサーリンク
aomei-multcloud-icon

30 以上の オンラインストレージサービス を横断して ファイルの移動 や 同期 が可能な クラウドストレージ 一元管理サービス

AOMEI MultCloud は 複数のオンラインストレージを一元管理する クラウドアプリケーションで、シングルサインオン で 登録したすべてのオンラインストレージが利用できるだけでなく、オンラインストレージ間の ファイル移動 や フォルダ同期 の可能になっている。

複数のオンラインストレージを利用しているとデータ管理が煩雑になりがちで、便利なはずのサービスが却って使いづらくなることも多いが、一元管理することで作業効率は格段に向上し、ストレージ巻の同期や転送 で活用の幅も広がる。

サービスを提供しているのは ストレージ管理ソフト や バックアップソフト の開発を手掛けている 中国のソフトウェアベンダー「 AOMEI Technology 」だが、MultCloud は米国でホストされており サービスの提供も米国から行われているため、プライバシーポリシーや利用規約は 米国連邦法およびカリフォルニア州の法律に準拠している。

ストレージ間の転送量が 月間 30GB が上限で 同期方法などに制限はあるものの 基本操作は無料で利用でき、転送量が 30GB を超える場合は 有料プランへのアップグレードが必要になる。
有料プランは サブスクリプションタイプで 月間 転送量 150 GB のプランが 月額 1,180 円、データ転送量が無制限のプランは 年額 13,980 円 ( 一括払い ) になっている。

システム要件

バージョン 4 .5 .5 現在

特になし
Google Chrome , Firefox , Opera , Safari など 主要ブラウザの最新バージョンを推奨

ソフトの入手先

クラウドストレージ統合管理 AOMEI MultCloud 公式サイトlink

AOMEI MultCloud  の ゲストアクセス と アカウント作成

AOMEI MultCloud は メールアドレスを登録してアカウント作成して利用するほかに、メールアドレスの登録が不要な ゲストアカウントがあり、どちらも無料で利用できる。

アカウント の登録

アカウントの作成は メールアドレスなどの情報を入力後、確認メールに記載されている リンク をクリックして アカウントをアクティベートする。

aomei-multicloud-007

アカウントを登録して利用する場合は「 今すぐ登録 」をクリック。

aomei-multicloud-003

メールアドレス や ユーザー名 , パスワード を入力し、表示されている画像の英数字を 確認コード に入力して 利用規約などを確認後 「 アカウントの作成 」をクリック。

aomei-multicloud-004

アカウントが登録されると メールアドレスの確認メールが送信される。

aomei-multicloud-005

「 MultCloudアカウントを有効化 」というタイトルのメールが届いているので 本文の「 アカウントを有効化 」をクリック。

aomei-multicloud-006

アカウントが使用可能になる。

ゲストアカウント

ゲストアカウントはメールアドレスなどを登録せずに MultCloud を利用でき、後から メールアドレス をバインドしたり パスワードを更新することも可能だが、アカウント名は変更ができないため 任意のアカウント名を使用したい場合は アカウント作成が必要。

aomei-multicloud-001

未登録で AOMEI MultCloud を利用する場合は「 ゲストアクセス 」をクリック。

aomei-multicloud-002

ユーザーアカウントとパスワードが 生成されて MultCloud にログインした状態になり、メールアドレスを登録するまで 生成された アカウントとパスワードは ログイン時に毎回 上部に 約 10 秒 表示される。

ゲストアカウントは デフォルトで 自動ログインが有効になっているので、手動でログアウトしない限り 次回アクセス時にアカウントとパスワードの入力は不要だが、 ユーザーアカウントとパスワード は保存しておくことを推奨。

AOMEI MultCloud  の使い方

AOMEI MultCloud は オンラインストレージ間の橋渡しをするサービスで、オンラインストレージの認証には OAuth 2.0 が使用されている。

主な機能は MultCloud にサインイン するだけで 登録したすべてのオンラインストレージ や NAS に MultCloud 上でアクセスでき、オンラインストレージ間で ファイルの移動 や コピー&ペースト , ローカルからのアップロード , ローカルへのダウンロード 、似にフォルダの「 転送 ( 一方向同期 )」または「 同期 ( 双方向同期 )」設定ができる。

MultCloud は オンラインストレージ ではないので 転送 , 同期する ファイルなどのデータは MultCloud の サーバーには保存されない。

無料版では 月間 30GB のオンラインストレージ間のデータ転送が可能で、 MultCloud を経由した ファイルのアップロードとダウンロードは転送量に含まれない。

ファイル名や転送の制限などは MultCloud に登録するオンラインストレージサービスによって異なるが、MultCloud からアップロード可能なファイルの上限サイズは 1 GB になっているため、1 GB を超えるファイルをアップロードする場合は 各オンラインストレージサービスから直接行う必要がある。

MultCloud は リアルタイム同期ではないため、無料版では「 転送 (同期) の実行 」を手動で行う必要があり、有料版では 転送 ( 同期 ) をスケジュール化することで バックグラウンドどの自動実行が可能になっている。

サポートしているサービス
Google Drive / G Suits / Google Photos / OneDrive / OneDrive for business / Dropbox / Dropbox for business / box / Evernote / SugarSync / MEGA / Mediafire / ADrive / hubiC / Flickr / Yandex / Baidu / Cubby / pCloud / MyDrive / Amazon S3 / Hidrive / Cloudme / Backblaze / OwnCloud / Egnyte / Alfresco
上記のほか FTP / Web DAV / MySQL Backup をサポート
緑の太文字は MultCloud で接続確認済み。
※ Mediafire は Mediafire 側 の認証問題で 一部のアカウントで認証エラーが発生するため 新規アカウントの取得が必要になるケースがある

オンラインストレージの登録

Google Drive や OneDrive , Dropbox のように 認証方式に OAuth 2.0 を採用しているサービスの登録方法は同じ。

aomei-multcloud-008

初回 サインイン時にナビゲートが表示されるが  MultCloud で管理する オンラインストレージサービスを登録するため 左ナビゲーションメニューの「 クラウドを追加 」を選択。

aomei-multcloud-009

追加するサービスをクリックして「 次へ 」。

追加するサービスはアカウントを取得していることが前提

aomei-multcloud-013

追加するサービスの「 表示名 」を確認 または 変更して「 アカウントの追加 」をクリック。aomei-multcloud-010

オンラインストレージサービスにログインするアカウントを選択。

aomei-multcloud-011

アクセスの許可を求められるので「 許可 」。

aomei-multcloud-014

MultCloud に追加されて ストレージ内のファイルへアクセスが可能になる。

複数アカウントの登録

同じオンラインストレージサービスをマルチアカウントで利用している場合は、任意のアカウントで MultCloud に関連付けを行った後 オンラインストレージサービスの ウェブサイト で ログアウトしてから 再度 別アカウントで MultCloud に追加する。

WebDAV の登録

MultCloud は WebDAV で NAS を登録することもできる。

aomei-multcloud-015

左ナビゲーションメニューの「 クラウドを追加 」から「 WebDav 」を選択して「 次へ 」。

aomei-multcloud-016

WebDAV の接続情報を入力する。

NAS に WebDAV で接続する場合は 事前に NAS 側で WebDAVの設定が必要
 NAS Synology Diskstation の設定方法

Synology Diskstationの場合「 HTTPS 接続の有効化 」「 DDNS とSSL 証明書の取得 」「 ルーターのポートフォワーディング設定 」が必要。

Synology Diskstation ダイナミックDNS の導入による HTTPS 接続

aomei-multcloud-017

DDNS で 取得した ドメイン :  xxx. diskstation.me
NAS 上に作成した 共有フォルダ :  Folder A
HTTPS ポート : 5006
上記の設定で MultCloud から Folder A にアクセスをする場合


サーバー : https://xxx. diskstation.me:5006/Folder A
サーバーポート番号 : 443
ユーザー名とパスワードは NAS へのログイン情報

クラウドエクスプローラ

クラウドエクスプローラ は ファイルエクスプローラ と同様に MultCloud 上で 登録したオンラインストレージ間で ファイルの 移動 や コピーが可能で、ドラッグ・アンド・ドロップもサポートしている。

aomei-multcloud-021

上部メニューの「 クラウドエクスプローラ 」を選択。

フォルダや ファイルは ドラッグ・アンド・ドロップ でコピー できる。

aomei-multcloud-019

ファイルの操作は コンテキストメニュー ( 右クリックメニュー ) で行う。

アップロード / ダウンロード は ファイルのみ可能 ( フォルダは不可 )

クラウド転送

「 クラウド転送 」では「 フォルダ 」のコピー処理をタスクとして保存でき、スケジュール設定することで オンラインストレージ間 で 定期的なバックアップなどが可能になる。

aomei-multcloud-022

上部メニューの「 クラウド転送 」を選択。

aomei-multcloud-023

「 転送元 – 転送するディレクトリを選択する 」をクリック。

aomei-multcloud-024

登録しているオンラインストレージが表示されるので コピーするフォルダを選択。

aomei-multcloud-025

同じ要領で コピー先の ターゲットフォルダ を指定。

aomei-multcloud-026

「 タスク 」と表示されている箇所をクリックして 設定した処理の タスク名を入力。

aomei-multcloud-027

設定したタスクを実行する場合は「 今すぐ転送 」。

aomei-multcloud-028

設定したタスクを定期的に実行する場合は「 スケジュール 」をクリック。

公式サイトのプラン比較表で 無料版はスケジュール機能が未サポートになっているが 無料版でも利用可能。

aomei-multcloud-029

任意のスケジュールを設定して「 スケジュールを保存 」。

設定したスケジュールは PC がオフラインでも自動実行されるが、同一ファイルは上書きされないので 転送データ量は差分のみ。

aomei-multcloud-031

追加した タスク の確認やスケジュールの再設定 は アカウント名 の前にある タスクマネージャー のアイコンをクリック。

aomei-multcloud-032

タスク のメニュー からスケジュールの設定や 実行ログ の確認、タスクの削除ができる。

クラウド同期

「 クラウド同期 」は指定した フォルダ を同期するタスクで、無料版の場合は同期方法に「 一方向 」と「 双方向 」の選択ができる。

 MultCloud の同期は「 リアルタイム同期 」ではないため 手動で同期を実行するか スケジュール設定が必要
一方向同期 ( シンプル同期 )

「 フォルダ A 」から「 フォルダ B 」へ一方向同期を設定した場合、「 フォルダ A 」で行われるファイルの更新 や 追加 , 削除 が「 フォルダ B 」に反映されるが、「 フォルダ B 」で行われた ファイルの更新 や 追加 , 削除 は「 フォルダ A 」に反映されない。

「 クラウド転送 」と似ているが「 クラウド転送 」は 転送元でファイルが削除されても 転送先のファイルは削除されないが、「 クラウド同期 」は転送元でファイルを削除すると転送先でもファイルが削除される。

有料版にアップグレードすると 一方向同期 でも 同期元になく 同期先フォルダにあるファイルを削除したり、ファイルの移動 など シンプル同期を含め 7 通りの同期方法が選択可能。
双方向同期

「 フォルダ A 」と「 フォルダ B 」を双方向同期設定した場合、「 フォルダ A 」で行われるファイルの更新 や 追加 , 削除 が「 フォルダ B 」に反映され、「 フォルダ B 」で行われた ファイルの更新 や 追加 , 削除 も「 フォルダ A 」に反映される。

aomei-multcloud-034

上部メニューの「 クラウド同期 」を選択。

aomei-multcloud-037

「 SOURCE ( 同期元 ) 」と「 DESTINATION ( 同期先 ) 」をクリックして フォルダを指定。

aomei-multcloud-036

タスク名 を入力して 同期方法 を選択。

multcloud-038

「 今すぐ同期 」をクリックすると 設定したタスクが追加されて 同期が開始する。

同期の場合は スケジュールの設定を推奨

メールアドレスのバインド と アカウントの削除

ゲストアカウントへの メールアドレス関連付け や 作成した MultCloud アカウントの削除 はアカウントの設定で行う。

aomei-multcloud-039

アカウント名 の右にある ドロップダウンメニュー から「 設定 」を選択。

aomei-multcloud-041

メールアドレスの関連付けや パスワードの更新は「 一般 」タブで行う。

aomei-multcloud-040

アカウントの削除は「 オプション 」タブから実行。

ゲストアカウントのパスワードは MultCloud をリロードした際に上部に表示されるほか、タスクマネージャーにも常時 表示されている。





関連記事

amazon-photos-logo

Amazon Photos – 無制限オンラインストレージの使い方

解像度の制限なく画像ファイルのみ無制限に保存できるオンラインストレージ Amazon Photos は Amazon が提供している オンラインストレージサービス Amazonドライブ に保存されたデータから 画像 ファ […]

aomei-multcloud-icon

AOMEI MultCloud – クラウドストレージ一元管理サービスの使い方

30 以上の オンラインストレージサービス を横断して ファイルの移動 や 同期 が可能な クラウドストレージ 一元管理サービス AOMEI MultCloud は 複数のオンラインストレージを一元管理する クラウドアプ […]

AmazonDrive-icon

Amazon Drive のインストールと使い方

任意フォルダの自動バックアップや同期設定が可能な無料オンラインストレージ Amazon Drive は無料で取得できる Amazon アカウントで 5 GB のクラウドストレージを利用でき、 Google Drive B […]

netdrive-icon

NetDrive 3 のインストールと使い方

オンラインストレージを仮想ドライブ化するユーティリティソフト NetDrive は Dropbox や OneDrive , Google Drive などのクラウドストレージをマウントし、ネットワークドライブ や ロー […]

Google-Drive-icon

Google Drive の設定と使い方

Google が提供する 顧客満足度 No1 の オンラインストレージサービス Google Drive は Google が提供するオンラインストレージサービスで、ストレージ容量は Gmail  、 Google フォ […]