Greenshot のインストールと使い方

Print Screen キーで指定した場所に 自動保存できる オープンソースの 軽量 スクリーンショットアプリ 

Greenshot は ドイツの Jens Klingen 氏 が代表を務める Greeanshot 開発チーム が開発している オープンソースの 無料 スクリーンショットアプリで、Print ScreenAlt + Print Screen など Windows 標準のホットキーを使用して キャプチャした画像を 任意の場所に自動保存できる。

システム要件

バージョン 1. 2. 10. 6 ( Stable 版 )

.NET Framework : 2.0 以上

ソフトの入手先

Greenshot stable版公式 ダウンロードページ

Greenshot unstable版 公式 ダウンロードページ

Greenshot のインストール

Greenshot の インストーラーにアドウェア や スパイウェアは含まれていない。

Greenshot のインストール前に Dropbox / OneDrive で スクリーンショットの自動保存 を有効にしている場合は 無効にする。

greenshot-screen-capture-tool-001

ダウンロードページの「 LATEST STABLE 」をクリックして 安定版 のインストーラーをダウンロード。

Windows 11 Pro を使用している場合は 最新の unstable版 をダウンロードする。

Greenshot-001

ダウンロードしたインストーラーを起動し、ユーザーアカウント制御のダイアログが表示されたら「 はい 」で許可。

greenshot-screen-capture-tool-003

セットアップウィザードは 日本語 未サポートのため English のまま「 OK 」。

Greenshot-004

使用許諾書に問題なければ I accept the agreement をチェックして「 Next 」。

Greenshot-005

Greenshot の更新履歴が表示されるので「 Next 」。

greenshot-screen-capture-tool-006

インストール先に こだわりがなければ デフォルト設定で「 Next 」。

Greenshot-006

リストの 日本語 言語ファイルを有効にし、その他 必要なプラグインを選択して「 Next 」。

プラグイン は 追加インストールができないので、必要と思われる機能は すべてインストールしておく。
デフォルトで有効になっているプラグイン

External command Plugin :
Greenshot から ペイント など外部アプリを起動するプラグイン。
Imgur Plugin :
画像共有 / 管理サイト「 Imgur 」へアップロードするプラグイン。
Office Plugin : ( MS Office が未インストール場合は利用不可 )
MS Office を起動するプラグインで、Greenshot のキャプチャ画像を Officeアプリに貼り付けた状態で起動する。
OCR Plugin :
Microsoft Office Document Imaging (MODI) に依存した プラグインで、MODI は Microsoft Office 2010 で削除されているため Microsoft Office 2010 以降を使用している場合は利用できない。

greenshot-screen-capture-tool-008

スタートメニューへの登録はデフォルトのまま「 Next 」。

Greenshot-007

Greenshot を シームレスに使用するため、Start Greenshot with Windows Start を有効にして PC 起動時に Greenshot を自動起動させる。

Greenshot-008

インストールの準備ができたので「 Install 」。

Greenshot-009

「 Finish 」でセットアップ完了。

初期設定

Greenshot を使用する前に「 設定 」で基本動作をカスタマイズする。

Greenshot-010

Greenshot は タスクトレイ に 常駐 しているので Greenshot のアイコンをクリックして メニューから Preferences… を選択。

Greenshot-011

General タブにある Language のリストから 日本語 を選択。

Greenshot-013

ホットキー の項目で 使いやすい キーを割り当てる。

キーの割当は 変更する項目の テキストボックスをクリックして 割り当てる キーを押す。

greenshot-018

キャプチャー タブでは マウスポインターのキャプチャ や 通知・拡大鏡の表示 などの設定が可能。

greenshot-019

拡大鏡の表示 は ウインドウキャプチャー の インタラクティブモード や 範囲選択キャプチャー の際に マウスポインター の箇所を拡大表示する機能で  スペース キー で オン / オフ を切り替える。

Greenshot-014

ウインドウキャプチャー は デフォルトで 自動 になっており アクティブウインドウ をキャプチャする。

リストにある 自動 以外の 表示通りにキャプチャするデフォルトカラーを使用する などは Windows Vista / Windows 7 で エアロスタイルを使用している場合に有効。

greenshot-021

インタラクティブモード では アクティブウインドウではなく ユーザーが キャプチャするウインドウを選択できる。

greenshot-022

出力 タブの 保存場所 では キャプチャした画像の 保存先 を指定でき、NAS など ネットワークドライブを選択することも可能。

greenshot-023

保存されるキャプチャ画像のファイル名は デフォルトで yyyy-mm-dd-hh_mm_ss- (ウインドウタイトル ) になっており、ファイル名パターン の “ yyyy-MM-dd HH_mm_ss-${title}” の箇所を編集して 変更可能。

使用できる プレースホルダー は「 ? 」で表示される。

greenshot-024

画像フォーマット で 出力するファイル形式を指定。

greenshot-025

設定した 出力先 へ キャプチャ画像を 自動保存 する場合 は、 撮影後の操作 タブで 撮影後の操作を毎回選択する のチェックを外し、ディレクトリに保存 ( デフォルトの保存先を使用 ) を有効にする。

greenshot-026

プラグインを使用する場合はチェックを入れて有効にする。

任意のアプリ にキャプチャ画像を引き渡したい場合は プラグイン タブにある External command Plugin環境設定 で アプリを追加すると  撮影後の操作 で選択可能になる。

greenshot-027

プラグイン タブで External command Plugin を選択して 環境設定 をクリック。

greenshot-028

「 New 」をクリック。

greenshot-029

Name に 任意の表示名を入力し  Command の「 … 」から キャプチャ画像を渡す アプリの 実行ファイル を指定して「 OK 」。

greenshot-030

設定 画面を一度 閉じてから 再度 開くと 追加した アプリが 撮影後の操作 に表示される。

ネットワークドライブが表示されない場合

画像の保存先 に ネットワークドライブが表示されない場合は レジストリを編集する。

Explorer-Patcher-for-Windows-11-033

ファイル名を指定して実行 ( WIN + R ) で regedit と入力して レジストリエディタ を開く。

Greenshot-025

アフドレスバーに 下記のパスを入力して フォルダを開く。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\System

Greenshot-026-1

右ペインで コンテキストメニューを開き 新規 から DWORD (32ビット )値 を選択。

Greenshot-027

新しい値#1 が追加されるので 名前を EnableLinkedConnections に変更。

Greenshot-028-1

EnableLinkedConnectionsをダブルクリックで開き 値のデータ1 に変更して「 OK 」、レジストリエディタを閉じて PC を再起動すると ネットワークドライブ の参照が可能になる。

Greenshot の使い方

Greenshot は Windows 標準の スクリーンショット と同様に Print ScreenAlt + Print ScreenCtrl + Print Screen などのホットキーで操作できる。

基本操作

初期設定ができたら 基本操作は ホットキー で割り当てた キーを使用して スクリーンショット を撮る。

greenshot-031

タスクトレイのアイコンから スクリーンショットを撮ることも可能。

greenshot-032

マルチディスプレイ 環境の場合 タスクトレイの Greenshot では スクリーン全体をキャプチャ で キャプチャするモニタの指定ができる。

ホットキー で スクリーン全体を キャプチャすると アクティブになっているモニタ の全画面が保存される。

Windows 11 での不具合

Greenshot は Windows 11 でも動作するが、Windows 11 Pro など 環境によって Alt + Print Screen で エラーが発生し、保存場所 で ネットワークドライブ が参照できない場合がある。

Greenshot-015

Alt + Print Screenで発生する 予期しないエラーMessage に 要求されたレジストリ アクセスは許可されていません。と表示されている場合は、最新の unstable 版 を使用するか stable 版 を管理者権限で実行することでエラーを回避できる。

Greenshot-016

管理者権限で実行する 場合は Greenshot の実行ファイルを選択して プロパティを開き、 管理者としてこのプログラムを実行する を有効する。

管理者権限で実行すると 起動時に UAC ( ユーザーアカウント制御 ) のダイアログが表示され 、パソコン起動時の自動実行が無効になるため、起動時の自動実行を タスクスケジューラに設定する。

Microsoft-RichCopy-032

スタート のコンテキストメニュー ( 右クリックメニュー ) から コンピュータの管理 を開いて タスクスケジューラ を選択。

Greenshot-019

右ペインの 操作 から タスクの作成 を選択。

Greenshot-020-1

名前 に Greenshot など任意の名前を入力し、最上位の特権で実行する を有効にする。

Greenshot-021-1

トリガー タブ を選択して「 新規 」をクリック。

Win11-Customize-1001

タスクの開始ログオン時 を選択して「 OK 」。

Greenshot-023

操作 タブ の「 新規 」をクリックして プログラム / スクリプト の項目で Greenshot の実行ファイル を指定して「 OK 」。

Greenshot-024

モバイル PC の場合は 条件 タブ にある 電源 の項目も設定して「 OK 」。

関連記事

greenshot-icon-1

Greenshot のインストールと使い方

Print Screen キーで指定した場所に 自動保存できる オープンソースの 軽量 スクリーンショットアプリ  Greenshot は ドイツの Jens Klingen 氏 が代表を務める Greeanshot 開 […]

Stardock-Start11-icon

Stardock Start11 のインストールと使い方

Windows 11 の スタートメニュー と タスクバーを カスタマイズする ユーティリティツール Stardock Start 11 は 米国のソフトウェアベンダー Stardock Systems が開発している […]

Genymobile-scrcpy-icon

Genymobile scrcpy のインストールと使い方

Android デバイス の画面を パソコンに 表示し、マウス・キーボードで操作可能にする無料ツール scrcpy ( スクリーンコピー ) は 米国にのソフトウェアベンダー Genymobile が開発している オープ […]

IconViewer-icon

Bot Productions IconViewer のインストールと使い方

アプリケーションのアイコンを保存する 無料のユーティリティツール IconViewer は 米国のソフトウェアベンダー Bot Productions が開発した アプリのアイコンを保存する Windows エクスプロー […]

ReNamer-icon

ReNamer Lite のインストールと使い方

置換・削除・挿入など 柔軟な条件設定で ファイル名 をリネーム ReNamer Lite は ロシアの Denis Kozlov 氏が開発している ファイル / フォルダ名の変換ツールで、プレフィックス ( 接頭辞 )・ […]