スポンサーリンク

Defraggler のインストールと使い方

スポンサーリンク

HDD の断片化解消と SSD の最適化も可能な 無料メンテナンスソフト

Defraggler は Avast に買収された 英国のセキュリティベンダー「 Piriform 」が開発している ハードディスクの断片化 解消 や SSD の空き領域 最適化 などが行える ディスクメンテナンスアプリで、Windows と同じ 保護技術を使用しているので ファイルの破損 や 消失 のリスクが低く、ファイル や フォルダ単位での断片化 解消機能なども実装している。

システム要件

バージョン 2. 22 現在

OS : Windows XP / Vista / 7 / 8 / 8.1 /10 ( 32 & 64bit )

ソフトの入手先

Defraggler公式ダウンロードページ

Defraggler のインストール

Defraggler のインストーラーに アドウェア や スパイウェア は含まれていない。

以前のインストーラーに含まれていた CCleaner や Google Chrome の バンドル  ( win32/bundled.toolbar.google.D ) は 削除されている。 

Piriform Defraggler-001

ダウンロードページ から「 Free 」の「 Download 」をクリックして インストーラーをダウンロードする。

Piriform Defraggler-003

ダウンロードしたインストーラーを起動して ユーザーアカウント制御の ダイアログが表示されたら「 はい 」で許可。

Piriform Defraggler-002

セットアップウィザードが起動するので 右上のランゲージリストから「 Japanese 」を選択して 日本語表記に変更する。

Piriform Defraggler-004

使用許諾書 と プライバシーポリシー  を確認して 問題がなければ 「 インストール 」。

インストール先の変更 や インストールオプション を選択する場合は「 カスタマイズ 」から設定。

Piriform Defraggler 008

「 Defraggler を実行 」をクリックしてセットアップ完了。

Windows 10 のデフラグ

Windows 10 は デフォルト設定で 毎週 すべての ドライブで デフラグが自動実行されている。

Piriform Defraggler-005

デフラグ のスケジュールを無効にする場合は「 スタート 」の「 Windows 管理ツール 」にある「 ドライブのデフラグと最適化 」を開き「 スケジュールされた最適化 」の「 設定の変更 」を選択。

Piriform Defraggler-006

「 スケジュールに従って実行する 」のチェックを外して無効にする。

デフラグ のスケジュールを無効にする場合は Defraggler のスケジュール設定 か 定期実行 を推奨。

Defraggler の使い方

Defraggler では「 HDD の デフラグ 」「 SSD の最適化 」「 ファイル / フォルダ のデフラグ 」「 ディスクの状態確認 」ができる。

Piriform Defraggler-016

Defraggler を起動すると ユーザーアカウント制御のダイアログが表示されるので「 はい 」で許可。

Piriform Defraggler-015

Defraggler は 上ペインに認識している各ドライブが一覧表示され 下ペインに選択したドライブの情報が表示される。

HDD の デフラグ

HDD は データの書き込み と 削除 を繰り返すことで データのフラグメンテーション ( 断片化 ) が発生する。

Piriform Defraggler

HDD は プラッタ(磁気ディスク)という円盤部分をモーターで回転させ 磁気ヘッドが プラッタ上を往復することで データの読み書きを行っており、データの断片化が進むと 円盤の回転数 と ヘッドの移動量が大幅に増加するため 遅延が発生し、ハード ディスクの物理的な故障の遠因にもなる。

デフラグとは 発生した フラグメンテーションを解消するという「 Defragmenter 」の略称で、連続したデータに置き換える作業を意味している。
ディスクの状態
デフラグは 分散しているデータを連続的な 読み込みと書込 を実行して 再配置する 負荷 の大きな作業で、ディスクの状態によっては プラッタ や 磁気ディスクが物理的に損傷する可能性があるため、デフラグを実行する前に ディスクの状態を確認する。
経年劣化による異常などを検知するため ハードディスクは 自己診断機能 S.M.R.A.T ( Self-Monitoring, Analysis and Reporting Technology ) を実装しており、メーカーが設定した「 しきい値 」を基準にして ディスクの健康状態を確認できる。

Piriform Defraggler-010

Defraggler は 自動的に S.M.R.A.T のデータを読み取って「 ディスク状態 」に表示する。

Piriform Defraggler-011

「 状態 」タブでは S.M.R.A.T の値を確認できる。

ディスクの解析 / エラーチェック

ディスクの状態が「 良好 」であることを確認したら ディスクの断片化率 を解析する。

Defraggler-008

断片化率の確認は 対象のディスクを上ペインで選択後 下ペインの「 解析 」をクリック。

Defraggler-009

「 解析 」を実行すると「 ゴミ箱を空にする 」ダイアログが表示されるので 特別な理由がない限り削除して空きスペースを作っておく。

Defraggler-013

解析が終了すると下ペインに解析結果が表示される。

断片化率 20 ~ 30% 以上 が デフラグ実行の目安。

Piriform Defraggler 011

断片化が進行している場合は デフラグ時のリスク軽減のため メニューバーの「 アクション 」にある「 Advance 」から「 ドライブのエラーチェック 」を実行。

「 ドライブのエラーチェック 」は 上ペインでドライブを選択後 コンテキストメニュー ( 右クリックメニュー ) の「 拡張 」からも実行可能。

Defraggler-014

ベリファイ は データの読み込み / 書き込みのエラーチェックを行うもので、問題が検出された場合は HDD のデフラグを中止し From HDD to SSD などで 詳細なディスク分析を推奨。
デフラグ

デフラグを実行する場合 アプリケーションが起動している状態では ファイルの移動が行えず、デフラグが延々と終了しなかったり 断片化が正常に解消されなかったりするため、起動しているアプリケーションは常駐ソフトも含め 可能な限り終了させる。

 Windows 10 では 毎週 1 回の頻度でスケジュールが設定されているが、 Piriformでは 1ヶ月に 1回 の実行を推奨している。
デフラグは HDD の容量 や 断片化の割合にもよるが 数時間単位の処理になり、デフラグ中 PC 操作は 原則禁止なので 実行するタイミングに注意する。
巨大ファイルをドライブ後方へ移動

動画ファイル や 圧縮ファイル , イメージファイル など サイズが大きく 変更が少ないファイルは ドライブの後方に配置することで ドライブ全体の アクセス効率が向上する。

Defraggler-017

「 巨大ファイルをドライブ後方に移動 」は デフォルトで 無効になっているため 有効にする場合は メニューバーの「 設定 」から「 オプション 」を選択。

Defraggler-018

「 デフラグ 」のタブを選択し 「 ドライブのデフラグ中に巨大なファイルをドライブ後方へ移動 」にチェックを入れる。

ファイルの最小サイズは デフォルトで 250MB だが 移動したいファイルの最小サイズ , 移動するファイルのカテゴリー や 拡張子の編集も可能。

Defraggler018

準備が整ったら 「 デフラグ 」をクリックして実行。

Defraggler024

デフラグの進捗状況は ドライブマップと 断片化の割合 で確認でき、おおまかな終了時間も表示される。

SSD の 最適化

SSD ( Solid State Drive ) はランダムアクセスが可能で データが断片化していてもアクセス速度に影響がないため デフラグは不要で、Defraggler も Windows 標準の デフラグ も SSD に デフラグは行わず、パフォーマンスを向上させるため 削除データを消去する「 TRIM コマンド 」 が実行される。

SSD は データの上書きができず 上書きする場合は データの消去 と 書き込み 処理が行われるので パフォーマンスを維持するには「 空白の領域 」が必要になり、使用期間が長いとパフォーマンスが低下していたが Windows 7 以降 は 削除されたデータを事前に消去する機能「 TRIM 」が実装され パフォーマンスの低下は大幅に軽減されている。

Defraggler025

「 解析 」を行った後に「 最適化 」を実行。

Defraggler-019

Defragler は SSD に対して TRIM コマンドを実行して 空白領域を作る。

最適化中は 空き容量が一時的に減少するが 最適化 終了後は開放される。

ドライブマップ

ドライブマップは ドライブの断片化状況を視覚的に表したもので、ブロックをクリックすると ブロック内のファイルを確認できる。

Defraggler032

ドライブマップで表示されているブロックは色で区分けされており、下ペインの「 ドライブマップ 」タブで各項目をクリックすると マップで強調表示される。

デフラグ実行後 断片化の割合が 0%で表示されていても、バックアップファイル や 動画ファイルなど 極端に大きなファイルが断片化して 再配置ができなかった場合 ドライブマップのブロックは「 断片化 」ので表示される。
「 巨大ファイルをドライブ後方に移動 」を有効にすることで 回避できる可能性が高いが、ドライブ後方への移動できないファイルは ドライブ外へファイルを移動してから ドライブのデフラグ後にファイルを戻す程度しか対策がない。

ファイル単体のデフラグ と クイックデフラグ

Defragler は 断片化が顕著なファイルを単体でデフラグする事が可能で、時間が無い時に実行できる「 クイックデフラグ 」も用意されている。

Defraggler027

対象のドライブを「 解析 」後に「 ファイルリスト 」タブを開くと ファイル名と「 断片数 」や「 サイズ 」「 形式 」などが表示され、任意のファイルにチェックを入れて「 デフラグ 」を実行すると対象のファイルのみデフラグが実行される。

Defraggler028

「 クイックデフラグ 」は下ペインの「 デフラグ 」ボタンのドロップリストから選択可能。

「 クイックデフラグ 」の初期設定は時短のため「 50MBを超える断片化を含むファイルをスキップする 」設定になっており 動画ファイルなどのデフラグは実行されない。

Defraggler-020

「 クイックデフラグ 」の設定は「 オプション 」の「 クイックデフラグ 」タブで「 独自ルール適用 」にチェックを入れて 任意の条件に変更できる。

 

関連記事

FromHDDicon

FromHDDtoSSD v2 のインストールと使い方

ハードディスク・SSD の劣化状況 無料診断アプリ FromHDDtoSSD v2 は データ復旧サービス会社 IUECデータソリューションセンター が開発している SSD / HDD の 劣化状態を診断する ユーティリ […]

hdcleaner-icon

KurtZimmermann HDCleaner のインストールと使い方

多くのツールを実装した無料のオールインワンのディスクメンテナンス フリーソフト  HDCleaner はドイツの Kurt Zimmermann 氏が開発している ディスク メンテナンス のトータルソリューション アプリ […]

aomei-pa-icon

AOMEI Partition Assistant Standard のインストールと使い方

パーティションの変更やディスクのクローンなどが行える定番フリーソフト AOMEI Partition Assistant は 中国のソフトウェアベンダー「 AOMEI Technology  」が開発しているストレージ管 […]

gpartedicon

GParted Free Partition Manager のインストールと使い方

USB メモリから起動する 無料のブータブル パーティション エディタ GParted は ディスク パーティション のサイズ変更、コピー、移動、削除、作成が行える無料の パーティション エディタ。 GParted は […]

crystaldisk-icon

CrystalDiskInfo のインストールと使い方

RAIDもサポートしている SSD / ハードディスクの無料診断ツール CrystalDiskInfo は SSD / HDD に搭載されている 自己診断機能 S.M.A.R.T(Self-Monitoring, Ana […]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ディスク メンテナンスメンテナンス系ユーティリティソフト
Easy Innovation Zone
タイトルとURLをコピーしました