Windows7の高速化と基礎知識

Microsoft-Tile-icon

Windows7 の 無駄を削って高速化

パソコンの処理速度は パソコン本体のスペックに因るところが大きいものの Windows の初期設定では「 見た目 」に 随分と労力 ( リソース )を使っており、スペックが低い PC では 負担が大きく 処理速度に影響を与えているほか、初期設定は万人向けのため 敢えて動作を緩慢にしているところもあり、設定を変更するだけでも 体感速度を向上させることができる。

高速化の基礎知識

パソコンは CPU の換装・メモリの増設・グラフィックカードなどを追加しない限り 性能は向上しないので、整理見た目の修正初期設定の変更 を行って 高速化を図る。

Windows7 Speedup 001

パソコンは与えられた指示を CPU と メモリ のほか 近年は グラフィックで使用する GPU でも 処理を行っており、モニタ に アイコンを 1つ表示させるだけでも CPU や GPU で処理を行い メモリ を消費している。

タスクバー の上に マウスカーソルを移動させ コンテキストメニュー ( 右クリックメニュー ) から タスクマネージャーの起動 を選択し、タスクマネージャーの パフォーマンス タブを開くと CPU と メモリの使用状況をリアルタイムで確認することができる。

Windows7 Speedup 002

リソースモニタ の CPU や メモリ に並んでいる .exe は 実行ファイルと呼ばれるもので、 Windows が使用しているものもあれば ユーザーが インストールした アプリケーションが使用しているものもある。

Windows7 Speedup 017

タスクトレイ に並んでいるアイコンは 常駐プログラム で、多くは Windows の起動時に自動で読み込まれ バッググラウンドで活動している。

常駐プログラムが増えれば CPU や メモリ を占有するため 作業をする際に利用できるリソースが少なくなり 結果として動作が遅くなる。

CPU は 全ての処理を実行するのだが、実行しているプログラムが増えて 処理能力を上回ってくると 処理しきれず 少しずつ遅延が生じてくる。

遅延の要因は CPU が処理する際にアクセスするメモリの容量不足で、CPU と メモリ は 2つ合わせて の役割をするが、メモリ は 容量が不足してくると 溢れた情報を ハードディスクの空き領域に 一時保存する スワップ を行い、CPU は処理する際に 速度が大幅に低下する ハードディスクへアクセスするため 処理に遅延が生じる。

処理速度を向上させる際 CPU と メモリ の リソース に空きを作るのは 最も手っ取り早く 効果も上がる 手段になる。

PC のクリーンアップ

PC  最適化のユーティリティソフト を使用すると レジストリ や 不要ファイルの削除のほか「プリフェッチデータの削除スタートアップアプリの編集 などができる。

システムメンテナンス アプリ

プリフェッチの削除

プリフェッチ ( prefetch ) は アプリケーションの起動を早めるなど システムのパフォーマンス向上を目的としたメモリ管理機能で、ユーザーの 使い方 を記録・分析して ユーザーの癖 を掴むことで 次に起動するであろうプログラムを先読みする仕組み。

glaryutilities-027

プリフェッチ は パフォーマンスを向上させる機能なのだが、ログデータが肥大化することでプリフェッチの読み込みに時間がかかり、Windows の起動がもたつく原因になるため 定期的に削除することで OS の起動が安定する。

スタートアップ ( 自動起動 ) プログラムの管理

スタートアップ は Widnows の起動時に 自動実行されてバックグラウンドで動作するプログラムで スタートアップ に登録されているプログラムが多いほど PC の起動に時間を要する。

glary-utilities-022

システムメンテナンス アプリで 表示されるアプリは 停止しても Windows に支障 はないものの、セキュリティアプリ や オンラインストレージサービス など バックグラウンドで動作が必要なアプリのほか、ランチャー や 仮想ドライブ のように Windows の機能を強化するアプリなど 停止することで使い勝手が悪くなるものも多いため、 アプリの重要性や使用頻度を加味した設定が必要。

視覚効果の変更

Windows 7 は Vista から受け継がれた Windows Aero という GUI ( グラフィック・ユーザー・インターフェース ) が使用されいる。

Windows7 Speedup 006

Windows XP と比較すると Windows Vista や Windows 7 は 透明化 などの 視覚効果が有効になってお、 見た目が美しい反面 リソースの消費量も多くなっている。

Windows7 Speedup 008

GUI の設定は コントロールパネル の システムとセキュリティ にある システム の左サイドバーから システムの詳細設定 をクリックするか、 コンピュータ のコンテキストメニュー から プロパティ を開き システムの詳細設定 を選択。

「 システムのプロパティ 」が開いたら「 詳細設定 」タブを選択し「 視覚効果 」タブを選択。

Windows7 Speedup 007

視覚効果の設定を パフォーマンスを優先する に変更すると 一切の 視覚効果 が オフ になり Windows 9x 系 に戻った感じの GUI になるが パフォーマンスは 最も向上する。

Windows7 Speedup 009

全ての視覚効果を オフ にすると 見た目が 残念すぎるという場合は 視覚効果 で 一旦 パフォーマンスを優先する を選択後  アイコンの代わりに縮小版を表示するウインドウとボタンに視覚スタイルを使用するスクリーンフォントの縁を滑らかにする の 3項目のみにチェックを入れて「 適用 」をクリックすると、透明効果・影 ・アニメーション などが 無効になるので 体感的に動作が早くなる。

Windows7 Speedup 010

透明感が欲しい場合は Windows 7 ベーシックの設定に デスクトップコンポジションを有効にする透明感を有効にする の項目を追加すれば、デフォルトの GUI と見た目が ほとんど同じで デフォルトよりも 動作が早くなる。

マウスポインターの移動速度

視覚効果 と同様に 設定を変更することで早く感じられるのが マウスポインターの移動速度。
「 速度を上げる 」=「 感度が上がる 」ため マウス を少し動かすだけで マウスポインターが大きく移動することになる。

winspeedup011

マウスポインターの速度を変更するには「 コントロールパネル 」→「 ハードウェアとサウンド 」から「 デバイスとプリンター 」の項目にある「 マウス 」をクリックして「 マウスのプロパティ 」を開き「 ポインターオプション 」タブの「 速度 」を調整する。

不要フォントの削除

Windows で使用する フォント ( 書体 ) は デフォルトで 英字を中心に揃っているが、市販のソフトをインストールする際に 日本語フォントが追加されたり、フリーフォントを追加したりと フォントフォルダ は 肥大化する傾向にある。

フォントは OS だけでなく 文字を使用するアプリケーションで読み込まれるため、フォント数の増加に比例して アプリケーションの起動時間が長くなる。

特に日本語フォントを多くインストールすると 動作パフォーマンスが低下するため、現在のWindows には 使用したフォントのキャシュを作成する仕組みが備わっているものの、フォントキャッシュも肥大化する傾向にあるため、パフォーマンス優先で考えるなら インストールする日本語フォントは少ないに越したことはない。

使用しない日本語フォントが大量にインストールされている場合は フォントフォルダから外すことでパフォーマンスの改善は期待できるが、2 ~ 3のフォントを外す程度ではパフォーマンスに与える影響はほとんどない。

winspeedup012

パフォーマンスを優先するなら 未使用のフォントは 極力「 Fonts 」フォルダから外したほうが良く「 Fonts 」フォルダは「 Cドライブ 」→「 Windows 」→「 Fonts 」でアクセスできる。

Windows が標準搭載している フォントには システムが使用しているものがあるため 削除は避ける。
Windows 7 に 標準搭載されている日本語フォントは メイリオMeiryo UIMSゴシックMS UI GothicMS PゴシックMS明朝MS P明朝 の 合計 7書体のみ。

Windows 7 の日本語フォント環境について

不要アプリケーションの削除

使用していないアプリケーションの削除は スタートアップ管理 と共通している部分もあるが、自動起動してバックグラウンドで動作して リソースを無駄に消費している場合もあるため 削除しておく。

revo-uninstaller-012

プログラムの削除 は アンインストールを支援する アンインストーラー の利用を推奨。

アンインストーラー

レジストリの編集

Windows は 使いやすくするため に 敢えて「 間 」をとっている箇所があり、Windows の スタートメニュー は 初期設定で サブメニューがある メニューにマウスポインターを合わせると サブメニューが開くまで 400ミリ秒の遅延 が発生する。

400ミリ秒の遅延 は ビギナーでも しっかりとメニューを操作できる 絶妙な待機時間で 「 間 」がなくなると 却って使いづらくなるが、操作に慣れると 400ミリ秒も必要ないので 遅延時間を短縮することで パソコンの反応速度が向上したような感じになる。
メニュー表示の遅延設定は レジストリというアプリケーションの設定情報などが格納されたデータベースの値を変更するため要注意。

winspeedup013

スタートメニューファイル名を指定して実行regedit を入力して「 OK 」。

winspeedup014

レジストリを変更するため 安全のため バックアップを作成。

レジストリエディタを起動した状態で「 ファイル 」→「 エクスポート 」を選択して任意のファイル名を付けて保存。

復元が必要になった場合は レジストリエディタを起動して「 ファイル 」→「 インポート 」を選択後 保存したファイルを指定して「 開く 」。

winspeedup015

左にあるナビゲーションのフォルダ・ツリーで「 HKEY_CURRENT_USER 」→「 Control Panel 」→「 Desktop 」 を 順に展開して、右側に表示されるリストから「 MenuShowDelay 」を ダブルクリック。

winspeedup016

文字列の編集 ウインドウが開くので 値のデータ を 400 から任意の数値に変更したら「 OK 」でウインドウを閉じ レジストリエディタも閉じて、パソコンを再起動すると変更したレジストリの値が反映される。

0 にすると遅延がなくなるが 使いづらくなるので 100 くらいがオススメ。

「MenuShowDelay」の編集は本来の「間」を短縮もしくは無くすだけで、視覚効果の無効化や不要ファイルの削除など、パフォーマンスを向上させる方法ではないものの、最も動作が早くなったと体感できる技だったりする。

デフラグについて

一昔前まではパソコンの最適化と言えば ディスクのフラグメンテーション ( 断片化 ) を解消する「 デフラグメンテーション ( デフラグ )」で、Windows に標準搭載されている デフラグツール の 使用頻度については 以前から 諸説紛々していた。

Defrag

一つのデータが連続して書き込まれずに 複数の空き領域に分割されて配置 された場合  データの読み込みは 連続したデータと比較して処理が多くなるだけで なく、ハードディスクのデータを読み込むヘッドの移動量も大幅に増加するため、データの読み込みと書き込み速度が低下 と ハード ディスクの物理的な故障の原因にもなりかねない。

デフラグを実行すると断片化が解消されて ファイルへのアクセス速度が向上する他 ハードディスクの物理的な負荷も軽減するのだが、デフラグ作業は点在しているデータを一つにまとめ 再配置 していくため ハードディスクに連続的な読み込みと書込が実行され 大きな負荷がかかるため、健全な状態のディスクなら問題ないが ディスクが劣化していれば 致命的な損傷を与えかねないので、デフラグはディスクの状況把握が重要。

Defraggler-icon

Defraggler のインストールと使い方

HDD の断片化解消と SSD の最適化も可能な 無料メンテナンスソフト Defraggler は Avast 傘下のソフトウェアベンダー Piriform が開発しているディスクメンテナンスアプリで、 ハードディスクの […]

関連記事

Microsoft-Tile-icon

WindowsApps フォルダのアクセスと復元

WindowsApps フォルダ のアクセス と 初期状態への復元方法 WindowsApps フォルダ は Windows にプレインストールされているアプリ や Microsoft ストアからインストールしたアプリが […]

Microsoft-Tile-icon

項目が見つかりません。と表示されるフォルダの強制削除の手順

「 項目が見つかりません。」と表示されて削除できないフォルダの削除方法 特定のファイル や フォルダ が 名前の変更 や 削除 できない場合、システム や ファイルエクスプローラ がロックしていることが多く、セーフモード […]

Microsoft-Tile-icon

Windows10 / 11のユーザーフォルダ名変更方法

Windows 10 / Windows 11 で 自動設定されるユーザーフォルダ名の変更方法 Windows 10 Home はバージョン 1809 からローカルアカウントが使用できなくなり、ユーザーフォルダ名は Mi […]

Microsoft-Tile-icon

Windows 11 のカスタマイズ

変更された Windows 11 の UI を使い慣れた クラシックスタイルに カスタマイズ Microsoft は Windows 8 で総スカンを食らった UI の大幅な変更を 懲りもせず Windows 11 で再 […]

Microsoft-Tile-icon

Window 11 非対応 PC のアップグレード方法

TPM や セキュアブート などの システム要件を満たしていない デバイスを Windows 11 にアップグレード Windows 11 は システム要件が 厳しくなり、AMD Ryzen 第 1 世代 、Intel […]