なんちゃってブルホーン化


フラットハンドルは力が入りやすく、ドロップハンドルやブルホーンはロングライドやスピードの点で優っているらしいので、通勤距離が19kmになるのを機に、フラットハンドルからブルホーンバーにしようと思い立ったのだが、いろいろと調べていると結構、面倒くさいことが分かった。
GIANT GLIDEはMTBとママチャリを足して2で割ったような自転車で、ノーマル時のスペックは安価なMTB用のパーツが多用されている。
対してブルホーンバーはロード寄りのハンドルなので、それをMTB寄りのチャリに実装するのは少々無理がある。

よくMTBのドロップ化という記事を見かけるが、当然ながら改造する自転車の仕様によって、改造の手順も難易度も異なってくる。
GLIDEの仕様は残念な感じで、箸にも棒にもかからない。かかるのは手間と費用だけ。
そこでお手軽に見た目だけの「なんちゃってブルホーン」化することにした。



パーツと工具

バーエンド

なんちゃってブルホーンに必須のバーエンド。
最近の流行りは短めのバーエンドらしく、150mmのものはほとんどない。
バーエンドは力がかかる箇所なので固定にはトルクレンチの使用を推奨。

ブレーキレバー

Vブレーキが引ける数少ない補助ブレーキレバー。

このブレーキレバーにはブレーキケーブルが付属しておらず、ロード用のブレーキケーブルが必要。
GIANT ESCAPE R3のようにミニVブレーキを実装していれば、このブレーキレバーではなく、ロード用(キャリパーブレーキ用)のレバーを使用することになる。

ブレーキケーブル

SHIMANOのブレーキケーブル。
ケーブルの両端がMTB用とロード用になっているので、レバーがどちらでも安心。
しかもアウターケーブルとエンドキャップ付き。

バーテープ

それらしく見せるためのバーテープ。
グリップにバーエンドを付けた状態だとブルホーンに見えないので、バーテープで演出。

作業手順

ブルホーンはロード寄りのハンドルなので、フラットハンドルと比べてバーの幅が短い。

cross_bull6

本来のブルホーンバーはフラット部分が500mmもないが、操作性を考慮して580mmのフラットバーを左右40mmずつパイプカッターを使用してカットする。

cross_bull

パイプカッターで切断するとバリがほとんどなく切り口が綺麗なのだが、念の為に軽くヤスリがけ。

cross_bull4

ハンドルが出来たので、次にブレーキレバーを取り付ける。

シマノSHIMANOのスタンダードブレーキケーブルセットは上図のようにケーブルの両端がMTB用とロード用になっており、不要な方のタイコを切断して使用するので、ケーブルを取り付ける際に「タイコの種類が違う!」という事態を避けられる。
おまけにアウターケーブルとエンドキャップも付いてくる。
TEKTROの補助ブレーキレバーRL740はロード用のインナーワイヤーを使用するので、MTB用のタイコをワイヤーカッターでカットする。

cross_bull3

今回、敢えて補助ブレーキレバーを使用した理由は、上図のようにバーエンドとフラットバーの2箇所にレバーを取り付け、バーエンドを握っていても、フラットバー部分を握っていても、ブレーキを掛けられるようにするためだった。
バーエンドへのブレーキ取り付けには批判が多く、確かに危険が伴うので非推奨。
もちろんバーエンドの取り付けにはトルクレンチを使用しているが、それでも大丈夫だという保証は全くない。

ただ、イメージ通り取り付けてみたものの、フラットバー部分のレバーはしっかりと引けてブレーキもかかるのだが、バーエンドに取り付けたレバーの動作が微妙。
レバーを引いた時に飛び出る部分が、わずかにバーエンドの根本に干渉し、更にほぼ90度に曲げた状態でフラット部分のレバーへワイヤーを通しているのが原因と思われる。

色々と悩んだ挙句、最終的にはバーエンドのレバーは取り外すことにした。

cross_bull5

現在使用しているSERFASのエルゴノミックグリップを継続して使用するつもりだったが、ハンドルをカットしたので10mmほど長さが足らず断念。
結局、ノーマルなフラットバーに長めのバーエンドを付け、バーテープを巻いただけになった。

問題のブレーキはバーエンドを握っているときに、指先で何とかレバーを押せる程度で、しっかりとブレーキが効くわけではなく、とても咄嗟に反応できるレベルではない。
ブレーキに不安があるためか、信号などブレーキが必要になると思われる場面でやたらと気疲れするので、ブレーキの根本的な見直しをすることにした。





メンテナンスとカスタマイズ

自転車のVブレーキ交換と調整

ブレーキは自転車の各パーツの中でも命に関わる重要な箇所で、ブレーキシューは消耗品のため、効き具合の確認や定期的なブレーキシューの交換が必要になる。 ブレーキの種類 自転車のブレーキで一般的なのが「キャリパーブレーキ」と「 … 続きを読む

自転車のフロントディレイラーとシフターの換装と調整

フロントディレイラーの取り替えには、チェーンやクランクの取り外し・取り付け作業が伴い、リアディレイラーと比べると、取り付け位置などが少々厄介。 フロントディレイラーとリアディレイラーを同時に換装する場合、リアディレイラー … 続きを読む

自転車のカセットスプロケット交換とギア比

スプロケットは「ギア」のことで、単に「スプロケット」という場合は「リアスプロケット」を指し、フロントのクランクに付いているギアは「チェーンリング」と呼ばれている。 スプロケットにはギアを一枚一枚組み合わせていく「ボスフリ … 続きを読む

自転車のチェーン交換

自転車のチェーンは使用していると、ピンとピン穴が摩耗して隙間ができ、隙間の分だけ伸びることで、スプロケットの歯とチェーンが上手く噛み合わなくなって歯飛びするようになり、走行のパワーロスだけでなく、その状態が続くと最悪の場 … 続きを読む

自転車のリアディレイラーとシフターの換装と調整

リアディレイラーは後輪の変速装置で、頻繁に取り替えを行うようなパーツではないが、チェーンやワイヤーの伸びなど消耗や経年劣化が原因でギアチェンジに支障をきたすため、定期的な調整は必要だったりする。 リアディレイラーとシフタ … 続きを読む

自転車のボトムブラケット(BB)とクランク交換

BBと表記されることが多い「ボトムブラケット」は、ペダルを漕いだ際に回転する部分で、クランクはBBに固定することになる。 ボトムブラケット(BB)は複数の種類が存在するが、最も一般的なのがクランクの接合部分が四角い「スク … 続きを読む

自転車のタイヤサイズとタイヤ交換

自転車のタイヤ「3000km」か「1年」が交換時期の目安らしく、意外と早いことに驚いた。 タイヤが摩耗していれば分かりやすいのだが、ゴムは温度と湿度、日光などによって劣化していくため、見た目にキレイな状態でも、1年以上放 … 続きを読む

完全ブルホーン化

なんちゃってブルホーンにしたらブレーキに不安が残ったため、フラット側でもバーエンド側でもブレーキをかけることができる、そんな便利で都合の良いブレーキレバーはないものか、と、 ネットで検索していると、意外と簡単に見つかった … 続きを読む

なんちゃってブルホーン化

フラットハンドルは力が入りやすく、ドロップハンドルやブルホーンはロングライドやスピードの点で優っているらしいので、通勤距離が19kmになるのを機に、フラットハンドルからブルホーンバーにしようと思い立ったのだが、いろいろと … 続きを読む

自転車をカスタマイズ

カスタマイズする際のパーツはピンきり。しかもステムやハンドルにはサイズもあり、通販で適当に買うとリスクが高い。ペダルなど専用工具が必要なパーツもある。 アーレンキー(六角レンチ)で簡単に交換できるのはサドルくらい。グリッ … 続きを読む

自転車のメンテナンス

自転車に限らず、メンテナンスというのは結構クセモノで、どこまでするのか微妙なところもあるが、取り敢えず自分の身を守るためにも、安全に走行するできる最低限度の整備は行うべき。 普段のお手入れ 手入れと言っても大層なものでは … 続きを読む

自転車のメンテナンスツールとグッズいろいろ

自転車 メンテナンスの基本ツール

電車と自転車を併用しているためか、我ながら長続きしているチャリ通。 一般のママチャリについては定かではないが、クロスバイクやマウンテンバイクは予想以上にタイヤの空気が減る。 タイヤの他にも自転車はワイヤーなどむき出しのパ … 続きを読む

自転車グッズいろいろ

たかがチャリ通とはいえ、やはり快適さは重要。 便利さや安全性が付加されれば、乗るのも楽しくなるし、カスタマイズすれば愛着も湧いてくる。 見た目と機能性、実用性を備えたアイテムを探すのも意外と楽しかったりする。 手頃な自転 … 続きを読む