FlexClip Video Maker の使い方

FlexClip-icon
LINEで送る
Pocket

無料の動画編集 ウェブサービス

FlexClip Video MakerはFotoJetやDesignEvoと同じ「Pearl Mountain Technology社」が提供している完全無料のウェブサービスで、動画をアップしてタイトルやウォーターマーク、テキスト、BGMの挿入などベーシックな編集および出力が行える。
ただし、対応しているブラウザはGoogle Chromeのみで、EdgeやFirefoxでは使用できず、Chromeを使っていてもスマホからの利用は不可。

利用にはサインアップが必要で、メールアドレスとパスワードでアカウントを作成するか、FacebookまたはGoogleアカウントでログインが可能になる。

また、制作した作品をSNSなどで公開すると、Googleなどと同様で、公開したコンテンツに対してPearl Mountain Technology社にライセンスを付与することになるので、利用前にはプライバシーポリシーや利用規約の確認を推奨。

システム要件

使用ブラウザ:Google Chrome
※インターネットに接続されていること

WEBサイト

FlexClip Video Maker 公式サイトlink



FlexClip Video Makerの使い方

基本的には編集する動画をアップロードして、任意に編集した後に出力するという流れで、企業や商品のプロモーション、SNSやYouTubeなどの動画サイトで公開するショートムービーなどを手軽に作成したい場合に便利。
日本語化はされていないが、操作がシンプルなので直感的に使用できる。

複数の動画を結合することも、画像を挿入することも可能だが、追加する動画は最長1分、出力できる動画は最長で5分という上限がある。
また、出力の際の処理も動画の尺に比例して長くなるため、ストレスフリーで使用できるのは1~2分くらいかも。

サポートしている動画ファイルは現在スマホの動画撮影で主流の「MP4」のほか、ビデオコーデックに「H.264/MPEG-4 AVC」を使用した「MKV」くらいで、「H.264/MPEG-4 AVC」を使用した「avi」、「MPEG4-Visual」を使用した「mpeg4」、「mpeg2」や「wmv」もサポートされていない。

FlexClip001

はじめにアカウントの作成が必要なため、FlexClip Video Makerのトップページ右上にある「Sing-Up-Free」をクリック。

FlexClip002

「Email」に登録するメールアドレス、「Confirm Email」に登録するメールアドレスを再入力、「Password」に任意のポスワードを入力して「Sign Up」。

Facebook・Googleの各ボタンをクリックすると、指定したアカウントに紐づけされて登録できるのだが、FacebookもGoogleも膨大な個人情報を有しており、紐づけすることでプロフィール等へのアクセス権を与えることになるので、FlexClipだけではなく、サードパーティ製アプリとの連携は極力避けることを推奨。

FlexClip003

サインアップ後のメイン画面。
「Create New」をクリックして新規プロジェクトを作成する。

FlexClip004

作業画面は一般的な動画編集アプリと同じで3ペイン構成になっており、左ペインでは動画に追加するタイトルなどのテキスト、BGMなどの選択、右ペインで動画のプレビューのほかトリミングなどを行い、下ペインで動画や画像の追加を行う。

FlexClip027

作成する動画のアスペクト比は初期設定で「16:9」になっているが、「SETTING」で「1:1」またはスマホの縦撮り「9:16」に変更することができる。

動画にウォーターマーク(透かし)を設定する場合は「Watermark」をクリックして使用する画像を指定する。

FlexClip005

初期状態では、はじめに3秒の黒ベタフレームが設定されており、この部分に動画や画像を挿入する場合は、右ペインにあるアイコンをクリックしてファイルを指定する。
マイクのアイコンはナレーションの挿入で、PCにマイクがセットされていれば音声を録音できる。

FlexClip006

「Text」に登録されているフォーマットにはフェードやスリップなどのエフェクトが設定されており、それぞれ名称が効果を表している。
ただ、あくまで「タイトル表示」に使用する前提なので、字幕など動画に挿入するのは不向き。

「Text」を追加する場合は、任意のテキストをクリックするだけ。

FlexClip023

「Logo」では任意の画像ファイルをロゴとして使用できる。

FlexClip0231

名刺のようなフォーマットもある。

FlexClip007

追加したテキストをダブルクリックすると編集画面が開くので任意のタイトルを変更。

FlexClip009

FlexClipでは日本語フォントもサポートされており、「きんいろサンセリフ」「タロ子フォント」など無料の日本語フォントが選択できる。

FlexClip010

太文字・斜体・フォントサイズ・文字揃え・文字位置・エフェクトの編集は上記のアイコンから可能。

FlexClip011

新たに画像や動画、背景を追加する場合は、下ペインの「Storyboard」をクリックし、「Add Photo」「Add Video」「Add Background」から追加するコンテンツを選択して、画像・動画はファイルを指定する。

既存のクリップが選択されている状態で、別の動画や画像を指定するとコンテンツが置き換わり、編集していたクリップが消えてしまうので要注意

FlexClip012

動画を追加するとトリム設定画面になるので、黄色の選択範囲を移動させて60秒未満になるように使用する範囲を指定しいて「Trim Video」をクリック。

FlexClip013

動画の拡大縮小は上部の「Zoom」で調整でき、「Apply To All Storyboard」をクリックすると、下ペインのストーリーボードに追加した全てのコンテンツにズーム設定が適用される。

FlexClip015

動画に含まれている音声は上部のスピーカーアイコンをクリックして調整でき、「Mute」を有効にすることで動画を無音にすることもできる。

FlexClip017

ストーリーボードに追加するクリップには60秒未満という制限があるので、60秒以上の動画を使用する場合は、クリップを複製して使用する。
ストーリーボードに追加したクリップの「︙(三点リーダ)」をクリックし「Duplicate」を選択するとクリップが複製される。

FlexClip018

クリップは右ペインのプレビューにある「再生時間とハサミアイコン」の部分をクリックするとトリムの設定画面が開く。

縦向きのハサミアイコンは「Split」で、クリップを任意の箇所で切断して、2つのクリップに分けることができる。

FlexClip019

「Split」でクリップを分けるには、分ける箇所にハサミのアイコンを移動させて「Split Video」をクリックするだけ。

FlexClip020

クリップはドラッグで順序を変えることができる。

FlexClip034

ナレーションを入れる場合は「マイク」アイコンをクリック。

FlexClip031

接続許可を求めてくるので「許可」。

FlexClip032

マイクアイコンを押し続けると録音状態になる。

FlexClip033

アイコンがオレンジになったら録音中。

「Music」でBGMを使用していても、ナレーションの導入は可能だが、録音した音声は編集できないため、慣れないと難しいかも。

FlexClip016

BGMを使用する場合は左ペインの「MUSIC」で「Upload My Music」をクリックし、MP3やAAC、Waveなどの音声ファイルを指定する。

FlexClip021

アップロードした音声ファイルが表示される。

※作成した動画をSNSや動画サイトで公開する場合、著作権フリーや自作の楽曲を使用しないと著作権侵害になるため要注意。

FlexClip022

アップロードした音声もハサミアイコンをクリックするとトリム画面になるが、指定できるのはBGMの導入箇所のみで、音声の範囲指定はできないため、使用する音声は予め編集しておく必要がある。

FlexClip0232

不要なクリップは右上の「×」をクリック。

FlexClip0233

削除すると元には戻せないため確認の上で「Remove」。

FlexClip025

作成したクリップを通しで確認する場合は上部の「PREVIEW」をクリック。

FlexClip026

プレビューウインドウが開いてクリップが再生される。

FlexClip028

動画が完成したら出力するため「EXPORT VIDEO」をクリック。

FlexClip029

出力する動画の解像度を指定する。
フルHD「1080P」、HD「720p」、SD「480p」。

使用している動画や画像の解像度が、出力する解像度よりも低い場合は、アップコンバートされて画質が荒くなるため注意が必要。

FlexClip

出力ファイルは「MP4」のみで、使用されているビデオコーデックは「H.264/MPEG-4 AVC」、ビットレートはソースに関係なく1080pで8000kbps、720pで4000kbps、480pが2000kbpsで固定されている。

出力先はブラウザで設定されているダウンロード先で、保存先の変更等もブラウザの設定に依存する。

FlexClip030

作成したプロジェクトは自動保存されており、ログイン後の「My Projects」で選択すれば編集を続行できる。





動画編集

avidemux-icon

Avidemux のインストールと使い方

動画のカット編集が無劣化で行えるオープンソースの無料 動画編集ソフト Avidemux はオープンソースで開発が進められているノンリニア編集の無料動画エディタで … “Avidemux のインストールと使い方” の続きを読む

movavivideoeditor-icon

Movavi Video Editor のインストールと使い方

低価格で操作性の良いビデオ編集ソフト Movavi Video Editor は、低価格ながら操作性が良く、フィルタやトランジション、エフェクトのほかステッカー … “Movavi Video Editor のインストールと使い方” の続きを読む

openshot-icon

OpenShot Video Editor のインストールと使い方

タイムライン編集が可能な日本語をサポートしたオープンソースの無料動画編集アプリ OpenShot Video Editor は動画ファイルのトリムやエフェクト、 … “OpenShot Video Editor のインストールと使い方” の続きを読む

aviutil-icon

AviUtl のインストールと使い方

タイムライン編集が可能な無料動画編集ソフトの定番 AviUtl はタイムライン編集ができ、多くのプラグインが公開されている無料動画編集の定番ソフト 。 設定可能 … “AviUtl のインストールと使い方” の続きを読む

FlexClip-icon

FlexClip Video Maker の使い方

無料の動画編集 ウェブサービス FlexClip Video MakerはFotoJetやDesignEvoと同じ「Pearl Mountain Technol … “FlexClip Video Maker の使い方” の続きを読む





LINEで送る
Pocket